ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

心身共に健康に働く「ウェルビーイング」どう実現するのか~石川善樹×小島玲子×松澤巧×矢野和男×森浩生

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2019
第6部分科会D「健康経営とウェルビーイング 働く人の心と身体のサステイナビリティ」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

人材の流動性が高まり人手不足が深刻化する昨今、優秀な人材の獲得、社員定着化による離職率の改善への取り組みは、業界を超えた共通課題である。その中において、従業員のメンタル面、フィジカル面双方の状態を健康に保ち、従業員の健康維持・増進に投資する「健康経営」は、企業価値向上にむけて、経営陣にとってプライオリティ高い経営課題であり、ある意味究極のゴールとして認知されている。更に、心身ともに社会的にも健康に働ける状態を指す「ウェルビーイング(well-being)」という考え方にも注目が集まる。働く人の心と身体を健康な状態で持続させながら、経営と従業員のサステイナブルな関係をいかに構築していくのか、企業経営の視点、専門家の視点を交えながら議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

石川 善樹 公益財団法人 Well-being for Planet Earth 代表理事/株式会社Campus for H 共同創業者
小島 玲子 株式会社丸井グループ 執行役員 健康推進部長 統括産業医
松澤 巧 味の素株式会  執行役員人事部長
矢野 和男 株式会社日立製作所 フェロー、理事 兼 未来投資本部ハピネスプロジェクトリーダー/博士(工学)/IEEE Fellow/東京工業大学 情報理工学院 特定教授
森 浩生 森ビル株式会社 取締役副社長執行役員

コース内容

  • 心身共に健康に働く「ウェルビーイング」どう実現するのか~石川善樹×小島玲子×松澤巧×矢野和男×森浩生
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

moocaster
2021/05/30
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ウェルビーイングを導入することで費用対効果としても有益であることと、今後の経営にも取り入れていく必要があると感じました。個人的に行えることとしては、まずthree good thingsを実施したいと思います。

test_
2021/02/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

COVID-19で同じ会社内でも対面のコミュニケーションが制限されるなか、心理的安全性の確保など、ウェルビーイングの重要性は非常に高まっていると感じる。その中で今後、ますます社員のウェルビーイングを考えた経営ができるか否かによって、事業などの成否が大きく変わってくると思う。

またセンシング技術、無線技術などの発展により、様々な方策に対する科学的な裏付けが今後とられてくると思う。証明された事象を適度にうまく活用して、社会がよりよい方向に向かっていけばよいと思う。

a_mine
2021/10/21
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

タイムマネジメントが大切、うかつに仕事を始めない、うかつに仕事を終えない。
嫌なことがあった日も、良かったこと、感謝したことを3つ挙げることで全く違った見方になる。
この二つが印象的でした。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています