ネットワークが接続されていません
yoppy_h
2019/05/20
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドエクイティの定量化については、難しそうであるが、3つの方法で定量化してみて、出来ることであれば、他社との比較をすることによって、一層の向上を図りたい。

bintang
2019/09/09
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

ブランド価値を分析する枠組みとして、勉強になりました。

hketaona
2019/08/14
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

無形資産であり測定が難しい。ブランド・エクイティを定量的に図る指標を検討したい。

taka0925
2019/08/12
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドエクイティ理解しました

hacco
2019/08/10
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドはお金を生むから資産
定点調査、普通にされているよね。宣伝は数字や形がないから。

ryo_0520
2019/07/26
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

ブランド構築はそれ自体時間が掛かり、難しいがブランドイメージが崩れる時は一瞬であるため、それをいかに維持するかも重要である。

aki7
2019/07/24
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

最後の問題は、品質が良いのに他社より売れていないので、既存客より、新規顧客への、知覚品質の向上の方が大事かな、と思ったんだけど、

t_fujiwara
2019/07/13
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 部長・ディレクター

ブランド・エクイティ、見えないだけにとらえどころが難しそう。
4つのポイントを絞ることで少し分かりやすくなると思いました。

ma-waka
2019/07/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

最後の設問間違えたが、理由が知りたい。

user-63dc47d6d5
2019/06/30
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

最後の設問の理由につながる説明がコース内にないように感じます。

campus156
2019/06/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

近年、このブランドエクイティを重視する傾向があることを感じていた。会社のエクイティから個人のエクイティに広げて、考えてみたい。

bruin2006
2019/06/24
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

B2Bのブランド戦略について詳しく知りたい。

yoktakh
2019/06/22
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

ブランドの資産的価値である、ブランドエクイティについて理解できた。

aw_leo_takai
2019/06/21
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

このコースを見た後でも、わかったような気がしないです。

bemw1129
2019/06/21
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

認知と「知覚品質」のフェーズをわける、
この言葉で段階を明確にわけることができました。
「知覚認知」が、他社と明確に差別化するポイントであることも
よくわかりました。

mopeyaki
2019/06/18
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

聞いたことのないことばだったが、内容を見てみて無形資産の一つだとわかり、とっつきやすかった。MKの世界は奥が深い。

otaki77
2019/06/17
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドエクイティの向上には、伝える努力を要すること、出来るだけ定量化するということが、これまで、所謂、「ブランド」として捉えていた自分の理解と大いに異なり勉強になった。

sugi0602
2019/06/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドエクイティを定量化するなど考えたこともなかった。それと共に我が社は既にブランドエクイティを高めていくために、様々な施策を実施しているのだと感じました。

yayasusu
2019/06/15
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ほどほどに参考になりました。

kawano404
2019/06/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

これまで耳にしていたワードであるものの、具体的に説明するとなると考えてしまうことでだったが、様々な角度から自社を評価すること、そして顧客に対するアプローチが重要であることが理解できた。社内における自分の価値を再検証することにも活用してみたい。

yosuda29
2019/06/12
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

企業価値
4つの方向から評価・検証をおこなう。
考え方、知見が広がった。
自分自身、個人の価値判断にも応用をおこなう。

mmmuchi
2019/06/11
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

ブランド連想のすべてではない範囲の例が欲しかったが、概念的にはだいたい理解できた。発信の方法は昔はTVCM、いまはWEBだろうか。

shige1106
2019/06/10
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドについて意識する良い機会となった

shota0607
2019/06/04
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

ブランドの価値について考えることができた

yamato2016
2019/06/04
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

ブランドそのものを考える良い機会となった。
自社のブランド力を高めるための努力を
これからも継続していきたい。

tana-61
2019/06/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

基本事項として理解しやすかった

user-9e023d3c97
2019/05/31
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

ブランドの重要性を再認識しました。

masata01
2019/05/29
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

評価方法が興味深かった。

takahata-n
2019/05/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

ブランド構築はむずかしい

kotta
2019/05/28
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

一回見ただけで、ブランド・エクイティの全てを理解したとは言えない。後程、もう一回内容を確認したい。

yoyo
2019/05/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ブランド構築には長い時間と顧客へのアプローチが必要である

aspen_2019
2019/05/24
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

ブランド・エクイティーは耳慣れない言葉でした。固定化した指標が無いだけに評価も扱いも難しい。それでいて重要。

kajiwara
2019/05/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ブランド力を高める事で得られるメリットが非常に大きい事、また企業にとって重要な財産である事が理解出来ました。

masakeita9
2019/05/23
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

ブランドエクイティという概念を社内で共有すること自体がまず必要。
それだけで、発想の視点が上がる。

harururu
2019/05/22
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

この概念を初めて知りましたが、感覚的に感じていたことを体系的に学べたため、すごくスッキリしました
今後も意識していきたいです

nogoo_2019
2019/05/22
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

無形なものを取り扱うのは難しいです

misy
2019/05/22
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドエクイティの重要性を再認識しました。

tadashi2178
2019/05/22
コンサルティング・専門サービス 専門職 経営者・役員

ブランドの大切さは知っていますが、具体的な手法については経験不足ですので、今後研究を進めたいと思います。

290404kt
2019/05/22
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

ほぼ理解できました。

hiromin74
2019/05/21
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

自分の好きなブランドに対し、学びから深堀してみたいと思います。

pyonchan
2019/05/21
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

ブランドに対する4つの切り口を聞き、非常に納得しました

jett
2019/05/21
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

経験的に知っていることがありましたが理解の整理になりました。

caligostlo
2019/05/20
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

評価の基準が複数あることがわかった。