ネットワークが接続されていません
otobe711
2020/11/14
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

カントリーアナリシスフレームワーク:国家を取り巻く外部環境
国家運営分析(独立性、能力、正当性):国内の環境
GDP:国内の経済力
国際収支:外国との関係

以上の4つの視点を使うことで、企業活動に、行政、法律執行の観点で影響を与える国についての理解が正しくできることが分かった、
これからは、客観的に、隣国である中国との関係を考えていきたい。

betafunction
2020/10/22
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

物事の見方は画一的でないことがよくわかった。新聞を読む癖をつけたい。

kiso_2115
2020/11/12
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

マクロのフレームワークや規制環境の変化をアップデートするのことで、コンサルティングビジネスの機会に繋げていけることを感じました。

patricia_2020
2020/11/08
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

ACL国家運営分析の視点、顕在GDP、潜在GDPと分析情報が勉強になりました。

reddragonfruit
2020/11/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

一国についてを知る場合は、ついイメージで決めつけがちですが、いろいろな角度から、いろいろな指標を使って見ていくことが大事だとわかりました。

kenichiro118
2020/11/07
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

収支の関係性がまだあやふやであり、復讐が必要。経済学の知識も身につけておかないといけないと理解した。

bintang
2020/11/04
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

このような視座をもって俯瞰的にビジネス環境を分析することの大切さを学びました。

kameco
2021/06/10
広告・マスコミ・エンターテインメント 販売・サービス・事務 一般社員

私にはむずかしかったです

yasukimu
2020/10/28
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

 t

ryo_murakami
2021/06/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

国際的な視座についてこれまで養う機会がなかったので、まずは情勢などニュースを意識的に分析するようにします。

lol_8186
2021/06/02
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

これを機に実践的なラーニングができればよいと思う。 例えば、日本の財政赤字の根本的な原因を見つけ解決方法を見出す、といった学習ができれば更に良い。

hiro_ka
2021/05/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

国家も、どこからお金を集め、何に使っているかというところが重要であるといことがわかった。
GDPはどのように集約されているかというところが、もう少し知りたかった。

noriume
2021/05/09
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

国際情勢の分析フレームワークを理解できた。これからは、新聞の国際欄をより真剣に読みたい

tomo1418
2021/05/06
商社・流通・小売・サービス マーケティング 部長・ディレクター

学んだフレームワークを実践でも活用したい。

arisawa_kg
2021/05/03
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

他国で新規ビジネスを行う際には、特に注意して活用していきたい考え方だと思います。

kokorono-papa
2021/05/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

国家とは何か、国際社会とは何か、世界が一つの国であればそのような事を考える必要はない。何処かがお金持ちの状態なら同様に貧弱国も出るのが現在の国際社会。世界で見て富裕層である我々日本人は世界に対して刮目すべき点が多々あるのではないか。悩ましい。

meixiang
2021/04/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

とても難しいが、重要な軸であることがよくわかった

tk1982
2021/04/26
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

漠然国際情勢を理解していたつもりであったがこう考えるとより明確になり視点も広まる。

daddyveroo
2021/04/17
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

自社の事業に関係する国家のグローバル・パースペクティブに注目することは、その国家と自社の関係、日本との関係を知る上で、非常に重要なフレームワークであることを理解した。系統だてて学ぶ機会がなかなかなかったので、今回のコースはその考え方や、知識を得るためのアプローチを知るために、有用であった。自社に関係する国家について、今後研究を深めていきたいと思う。

tada05
2021/04/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

他国の状況に興味を持ち、分析を行うこと。

kaede-1118
2021/03/30
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

中々、普段そこまで突っ込んだ視点で自国や他国の政治経済情勢を見ることが無かったので非常に新鮮に映った。今後も今回学んだ視点を持ちながら、海外情勢にも目を向けるようにしたいと思う。

j_watta
2021/03/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

カントリーウォッチャーを継続することで広い視野から物事を見る完成を磨いていく。カントリー間を数字で比較することが重要なので、フレームワークを活用しながらファクトを重視しつつ自ら考えることを継続していきたい。

s_kaise
2021/03/18
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

非常に興味深い内容ですが、現在の指標の常識が通用しなくなってきていると思います。

nagataka_y
2021/03/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

グローバル・パースペクティブを学んだ事は、様々な情報の捉え方をそれまでのイメージだけでなくこれからはしっかりと情報収集して、日本はじめ諸外国の状況を把握し対応を考え行動する。

カントリーアナリシスフレームワーク:世界の中の国家を環境
国家運営分析<独立性、能力、正当性>:国内環境
GDP:国内経済力
国際収支:世界バランス

物事の見方は画一的でないことがよくわかった。新聞を読む癖をつけたい。

マクロのフレームワークや規制環境の変化をアップデートするのことで、コンサルティングビジネスの機会に繋げていけることを感じました。

ACL国家運営分析の視点、顕在GDP、潜在GDPと分析情報が勉強になりました。

一国についてを知る場合は、ついイメージで決めつけがちですが、いろいろな角度から、いろいろな指標を使って見ていくことが大事だとわかりました。

収支の関係性がまだあやふやであり、復讐が必要。経済学の知識も身につけておかないといけないと理解した。

このような視座をもって俯瞰的にビジネス環境を分析することの大切さを学びました。

今まで漠然と国家について評価していましたが、習った内容で国家を評価してみると、より客観的に比較できることによって、その国の本当の良さ、成長性などが見えてくると思った。日本は今はいいですが・・・。

ビジネス展開先を知り、展開するうえで参考すべき視点を学べた。

より大きな次元で広い視野を持つべきことについては理解できた。
講義の時間も関係もあるので仕方ないと思うが、一つの事例一つの事例で投資立国であるとか、成長段階にあるなどの判断はよくないと思うので自分が今後見ていく際にはいくつかの要因からきちんと仮説を立てて検証するようにしたい。

重要な分析手法だと理解できた。

グローバルパースペクティブ
国家が投資に力を入れてるか、貯蓄か

識字率やgdpなどどう変化してるか、他国と比較しどうか

全体像は把握できたと思います。
・カントリーアナリシスFW: コンテクスト+戦略⇒パフォーマンス
・国家運営分析: 独立性 + 正当性 ⇒ (政策実行)能力
・国内貯蓄と民間投資+国家赤字補填の差、経常収支の関係、など。

具体的イメージを持つためには個別の事例や時事問題に触れる必要がありますね。

最後までイメージが出ない。理解不足です。

経常収支と金融収支が相殺するところがわかりにくかった。

グローバル・パースペクティブを知ったことで、大きな次元で物事をとらえるという視点を意識するきっかけとなった。

luxury_koala
2021/03/09
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

今まで漠然と国家について評価していましたが、習った内容で国家を評価してみると、より客観的に比較できることによって、その国の本当の良さ、成長性などが見えてくると思った。日本は今はいいですが・・・。

ashi1552
2021/03/07
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

ビジネス展開先を知り、展開するうえで参考すべき視点を学べた。

take24
2021/03/06
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

より大きな次元で広い視野を持つべきことについては理解できた。
講義の時間も関係もあるので仕方ないと思うが、一つの事例一つの事例で投資立国であるとか、成長段階にあるなどの判断はよくないと思うので自分が今後見ていく際にはいくつかの要因からきちんと仮説を立てて検証するようにしたい。

sachiwo_oz
2021/03/05
金融・不動産・建設 クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

重要な分析手法だと理解できた。

esraa_y0604
2021/03/01
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

t takes patience and real understanding to keep that global perspective when weighed down by the daily pressures of running a business.

hikari1000
2021/03/01
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

グローバルパースペクティブ
国家が投資に力を入れてるか、貯蓄か

識字率やgdpなどどう変化してるか、他国と比較しどうか

kfujimu_0630
2021/02/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

グローバル・パースペクティブを学ぶまで、自分が如何に細切れの情報だけで、諸外国をイメージしてしまっているかに気づかされた。これからはしっかりと情報収集して、日本はじめ諸外国の状況を見ていきたい。

gon-gon-gon
2020/12/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

全体像は把握できたと思います。
・カントリーアナリシスFW: コンテクスト+戦略⇒パフォーマンス
・国家運営分析: 独立性 + 正当性 ⇒ (政策実行)能力
・国内貯蓄と民間投資+国家赤字補填の差、経常収支の関係、など。

具体的イメージを持つためには個別の事例や時事問題に触れる必要がありますね。

mise-a
2020/12/13
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

最後までイメージが出ない。理解不足です。

sassan0033
2020/12/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

経常収支と金融収支が相殺するところがわかりにくかった。

yosh1386
2020/11/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

グローバル・パースペクティブを知ったことで、大きな次元で物事をとらえるという視点を意識するきっかけとなった。

risa3354
2020/11/23
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

これまで国際的な視野を持つという事は抽象的であったが、今回のフレームワークを知った事で情報収集のきっかけになると思った.ファクトに基づいて判断できるようにしていきたい。

nobu1709
2020/11/04
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

海外投資の案件スクリーニング、ゲート審査に有益だと思った

su-dama
2020/11/04
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

国をマクロでみる見方として有益である。今回取り上げられた指標以外にも様々な指標がある中、どの指標がどのように重要なのかを知りたいと思った。勉強に値する文献の提示などがあるとありがたい。

masa_0125
2020/11/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

日本国内のことだけでなく、海外情勢も興味を持っていこうと思います

kenji_0515
2020/10/31
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

海外での成功事例が国内で通用するかどうか検討する際に成功のバックグランドを知る上で今回の学びを活かして分析したいと思います。

hiromi-10
2020/10/29
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

どこにその国が、むかおうとしているのかがわかり、チャンスも作れるように思うし、危険度もはかれる。

norikoni
2020/10/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

各国の状況、国際的な立ち位置、関係性、歴史的経緯、など、多面的に捉えて考えてゆくよう努力したい。

shirakawa_0729
2020/10/28
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

自社で生産性を上げろと言われている理由が分かった。

vegitaberu
2020/10/28
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

フレームワークやCDPなどの数値により、単体の国として判断することにも意味があると感じますが、それ以上に、それらを他の国々と比較することに、より、意味があると感じました。
そのうえで、そこで得られた結果を、具体的に、その国に住む人たちの生活、考え方、国家の価値観に、落とし込んで考えられるかが、大切になると感じました。

azuki_liebe
2020/10/27
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 その他

たいへんためになった。

iine
2020/10/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

国際収支として、普段から経常収支に着目していきたい。
日本は第一次所得収支が大で、国際収支の上では、すでに投資立国とよんでよいことを意識したい。

norinorichan
2020/10/27
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

GDPは完全な統計ではないものの、国自体の経済的な特徴、各国との比較や時系列分析により、日本を含めた他国との違いも見ることができることを再認識させられた一方、これを理解する前提として、マクロ経済学の最低限の基礎知識が必要であり、大学の単位取得や入社のための勉強でさらっと行ってきたものを再度見直すといった「学び直し」と、雇用が増えてもそのほとんどが非正規雇用だったり、技能実習生や留学生を労働者として活用(各都道府県で決められた最低賃金程度しか払わない)するなど、必ずしも消費を十分に活性化させるだけの労働市場が活性化しにくいという点で経済成長の原則が崩れつつある可能性といった「クリティカルな視点」を身に着ける必要性を再認識させられました。

さらに、国の分析という点では、今回の「グローバルパースペクティブ」をベースに、「CAGE」とか「地政学」といった要素を組み合わせて分析すれば、さらに精緻に国の事情を分析できる可能性を感じたことと、今回事例で出てきた中国やインドなどの場合、産業によっては、「国」の枠内よりも「地域」の枠の分析の重要性も認識させられました。その意味では、いいきっかけとなったセッションだったと思います。

sakai-0218a
2020/10/25
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

現代のビジネスにおいて、経営陣及び一定程度以上の管理者はグローバルな視座を持たずに業務遂行を行うことは不可能なものと思料。常に国際情勢にかかる情報に敏感になり、出来うることなら一時情報を収集できる人脈を培っておくことが極めて重要なものと考える。

bun0717
2020/10/24
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

国際ビジネスをする上で、各国の政治、経済を知ることは重要。マクロ、ミクロ両方の視点で分析してみる

sho1971
2020/10/24
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

新聞で海外情勢の記事を読むときに、この手法を実施した上で読むと内容がより理解できると思う。

yanada1228
2020/10/23
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

工場を建設する場合に、どの国が会社にとって有利か、検証できる。

yoichiro_mizuno
2020/10/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

日常的に。国際ニュースを見る際の視点が変わると思いました。

komi-chan
2020/10/22
コンサルティング・専門サービス メーカー技術・研究・開発 一般社員

国際情勢を知るうえで必要な視点を学ぶことが出来た。マクロな視点を持つことがこれからのビジネス社会を生き抜いていくのに必要だ

kuta_41
2020/10/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

グローバルビジネスで役に立ちそうである。

sphsph
2020/10/20
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

まず、その視点で考えることを始める。
その結果グローバル視点で物事を考えることができるようになる。
卵かひよこか。まずは世の中の流れをしっかり見るところから始めます。