ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

新たな価値創出を実現する「ESG」「SDGs」最新潮流~青井浩×越智隆雄×本田桂子×水野弘道×秋池玲子

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2019
第3部分科会E「ESG・新たな視点~グローバルで求められる日本の役割とは~」
(2019年2月9日開催/星野リゾート青森屋)

企業の長期的な成長の観点から持続可能な社会の構築に貢献するE(Environmental 環境)、S(Social 社会)、G(Governance ガバナンス)は、いまや強力なグローバルトレンドとなった。世界各国で広がる環境破壊や、労働者を酷使する人権問題。ESGに力を入れる企業への投資が急増し世界で2500兆円を超える一方で、「十分に配慮していない」と見なされた企業からは資金が引き揚げられる。このトレンドから日本企業だけが逃れられるわけはない。ますます急速に拡大する「ESG投資」「ESG経営」の潮流を議論する。(肩書きは2019年2月9日登壇当時のもの)

青井 浩 株式会社丸井グループ 代表取締役社長
越智 隆雄 衆議院議員
本田 桂子 世界銀行グループ 多数国間投資保証機関(MIGA) 長官CEO
水野 弘道 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 理事 兼 CIO(最高投資責任者)
秋池 玲子 ボストンコンサルティンググループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクター

コース内容

  • 新たな価値創出を実現する「ESG」「SDGs」最新潮流~青井浩×越智隆雄×本田桂子×水野弘道×秋池玲子
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/10/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

市場経済の中で如何にSDGsやESGを取り込んでいくかが重要であるように思いました。考えてみると、排水の規制などの罰則はある。それは利益を追求していく中で環境に与える悪影響を抑えるための罰則である。SDGs、ESGを推進していくためには環境にやさしく、かつ自社の利益にもつながっていく活動が重要だと思います。省エネなどによる自社のコスト削減や炭素税などによるものが良いのかの判断はなかなか難しいですが、、、、。

ohitashi
2020/04/17
金融・不動産・建設 営業 一般社員

社会貢献ではなくビジネスで考えると長期的にサイクルするという考え方が面白かった。

minana_
2020/04/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

ESGとSDGsに関しては、経営者などのトップだけの意識ではなく、社内全体に浸透させることが大切だと思った。企業や投資家が公的課題の実現に取り組むことは、本業との兼ね合い、企業価値のあり様も難しい点になることを理解した。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています