ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

収益と費用の認識

収益と費用に関する会計ルールを理解する

00:08:210/10

概要

このコースについて

企業は、公正な会計処理を行うために企業会計原則に則って会計処理をする必要があります。その中に、収益と費用の認識に関するルールがあります。
このコースでは、企業が活動する中で、一定期間に出入りする費用と収益について、どのように認識し、対応する必要があるかについて学んでいきます。

コース内容

  • 収益と費用の認識
  • どうして今期の費用にならない?
  • 損益を適切にはかる必要性
  • 収益の認識
  • 費用の認識
  • 費用収益対応の原則
  • 佐藤さんの例
  • まとめ
  • 留意点
もっと見る

コメント

aspen_2019
2019/02/11
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

購入した物を期中に使うように神経質に指導される理由がわかる気がしました。全ての会社員が学ぶべき内容だと思います。

kazu19940803
2019/01/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

実現主義(原則的な収益の考え方。受注したのち納品、提供開始のタイミングで収益と認識する)、発生主義(期に発生したタイミングのものだけを費用と認識する)の考え方に始めて触れました。
この調子で知識を深めていきたいと思います。

nakiusagi
2019/03/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

損益計算書では、時間的なずれが反映できないことがよくわかりました。大きな変動がある場合は注意が必要ですね!

もっと見る