ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

減価償却【旧版】

減価償却の方法と計算方法を理解する※本コースはリニューアルのため、2019/6/10(月)をもって公開終了いたします。

00:11:130/10

概要

このコースについて

------------------------------------------------------
減価償却コースのリニューアルに伴い、旧コースを2019/6/10(月)をもって公開を終了させていただきます。
現在ご視聴中の方がいらっしゃいましたら、2019/6/10(月)までに視聴いただきますようお願い申し上げます。

「減価償却【新版】」はこちらです
https://hodai.globis.co.jp/courses/30e433c0
------------------------------------------------------

企業はビジネスをする中で、設備の購入やオフィスビルの拡大といった大規模な支出に直面する場面があります。
このような場合に資産や費用を計上する際の基本となるのが「減価償却」という考え方です。
このコースでは、「減価償却」の考え方とその計算方法について解説していきます。
会計の基本要素の1つである「減価償却」について理解を深めましょう。

※一部表現を見直し改訂いたしました。(2018年6月1日)

コース内容

  • 減価償却
  • 設備投資の費用は、どう影響する?
  • 減価償却とは
  • 減価償却資産の耐用年数
  • 減価償却費の計算方法
  • 事例:定額法の減価償却費の計算
  • 事例:定率法の減価償却費の計算
  • 佐藤さんの例
  • コツ・留意点
もっと見る

コメント

toni_tono
2019/04/27
メーカー その他 一般社員

単なる設備資産の考え方・計算法の習得ではなく、企業方針・事業環境も考慮する高い視座を得ることができた。

ishii201
2019/02/23
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

償却資産の取得は、損益だけでは無く、企業風土も加味して検討する

jett
2019/05/21
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

経験的に知っていることがありましたが理解の整理になりました。

もっと見る