ネットワークが接続されていません
hiro_yoshioka
2021/09/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

みるべき指標がたくさんあることはわかりました。
しかし、とても覚えられないです。。
演習するとよいですかね。

 企業価値 = 類似企業の平均から算出した倍率 × 対象企業のKPI

株式時価総額基準;
 PER (Price Earnings Ratio) 株価収益率
 PBR (Price Book-value Ratio) 株価純資産倍率
 PSR (Price Sales Ratio) 株価売上率
事業価値(EV:Enterprise Value)基準;
 EV/EBIT(Earnings Before Interest and Taxes:税引前利益)
 EV/EBITDA(Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortization:税引前利益+支払利息+減価償却)

big_007
2021/08/09
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

DCF法は実務でも使うことが多いためある程度慣れているが、マルチプル法は類似企業の選定が難しいため、避けがちである。
納得感のある類義企業を見つけることが出来れば、実務でも使ってみたい。

yshimizu
2020/12/09
コンサルティング・専門サービス 専門職 一般社員

KPIを何にするかもだけれど、類似企業をどのような基準で選定するかによっても算出された企業価値がかなり変わってきそう。本当にその選定で良いのかフラットな目で見るよう意識したい。

wkiymbk
2020/10/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

類似企業の株価などを参考に、売上や利益などのKPIに倍率(マルチプル)をかけて企業価値を求める方法(マーケット・アプローチ)であることを学びました。
ここで得た学びは、会計・財務システムの保守業務、顧客担当者とのコミュニケーションに活用します。

ys7710
2021/09/25
コンサルティング・専門サービス 営業 一般社員

・計算自体は、とてもシンプルで工程が少ない。
・企業の選定と、適切なKPIの選定には、産業特性や企業の成長ステージに関する理解が必要になる。

buh_3427
2021/09/24
メーカー その他 一般社員

株価が割高かどうか、PERで議論されるが、業界ごとに数値の相場が結構違う。

hide_marathon
2021/09/19
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

業務に活かしていきます

shelliemay
2021/09/18
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

類似企業の選定方法の難易度が高いと思う。
そもそも上場している大手企業の価値が
中小企業に当てはまるのであろうか?
比較対象にならないのではと思う。

kanitama
2021/09/15
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

非上場企業は自社の企業価値が第三者的視点で評価されないので、どの位なのか?どの様に推移しているのか?が分かりにくい。マルチプル法によりざっくりと把握するだけでも、自社理解が深まり、どの様な戦略を取るべきなのかの判断材料になり得る。

vys05714
2021/09/03
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

似たような単語が多く、慣れていない私では語句が頭に入りにくかった。

tada05
2021/09/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

実際に使ってみにつける

n_kushy
2021/08/29
インフラ・公共・その他 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

類似企業の選択妥当性を示せれば、客観性を持たせることができ、実業務で有効である反面、類似企業の選定が難しいと思った。

kojisan_0315
2021/08/23
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

分かりやすい図式と例で頭に入りやすい。

shinji-taka
2021/08/22
メーカー 営業 部長・ディレクター

事業モデルが安定している場合は、特殊損益を除けばDCFと近い数字になる為、併用もあり!

haya2
2021/08/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

各会社の評価に使用していきたい

yysan1600
2021/08/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

少し難しかったです。

moocaster
2021/08/07
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

非上場企業の株式評価の方法を知らなかったので、勉強になりました。他社の上場企業の時価総額に当期純利益を割るとPER10倍なので、10×当社純利益=30億円となりました。他社と当期純利益が同じであれば、時価総額は同じであると理解できました。

takeshi_0802
2021/08/02
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

聞きなれない言葉が多く、何度も復習する必要があると思った

yohichi
2021/07/18
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

具体的な事例で取り組みたい。

masakazu_6218
2021/07/17
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

DCFによる計算結果と並べて使用すると、両者の整合性が確認出来てなお有用かと思う。

176011
2021/07/09
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 経営者・役員

事業価値基準の説明がもう少し欲しく感じました。EBITDAの何倍が相場なのか、当事者にしかわからないと思いますが、概数や閾値があるはず。

moto06
2021/06/28
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

実践から異なる内容だったので把握に時間がかかる。もう少しゆとりを持って接したい内容である

gmd
2021/06/02
メーカー 営業 一般社員

耳慣れない言葉で、完全に理解出来たかどうか疑わしいが、どちらかと言えば買収を考える側のロジック作成の為に利用している感を受けた。

shin_shin88
2021/05/27
金融・不動産・建設 経営・経営企画 一般社員

世の中一般的に言われる『企業価値向上』と投資家が言う『企業価値向上』は違うということ。

nick_1974
2021/05/04
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

時価総額基準とEVA基準について理解が深まった。株価に対しても興味を持って各業界の動向などを把握しようと思う。

shuheiarai3
2021/05/03
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

企業買収による事業拡大を
検討する上で勉強になった

diceky
2021/05/02
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

PERなどは自己投資に有用と考えていたが買収額などの根拠に使えるとの理解、新たな発見

ricohiroto
2021/04/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

企業価値を数値化して客観的に分析する、普段あまり行っていませんが、頭の片隅に留めておきたいと思います。

d-suke1001
2021/04/17
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

マルチプル法で活用する類似企業の選定だけど、上場企業と非上場企業では情報開示の違いもあるので、何をもって類似というか悩ましいですね。
でも簡易一定の割り切り・前提をおいた上で使えば、簡易法としては有益だと思います。

tm113consul
2021/04/08
金融・不動産・建設 経理・財務 部長・ディレクター

発信者だけでなく、情報の受信者にとっても納得感のあるKPIをを定める必要がる。

sh2m1d1_123
2021/04/05
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 一般社員

類似企業をどこにするか、またKPIを何にするかで結果が変わってくると感じた。何を基準にするかが正しい企業価値を求めることに重要となる。

takeshi-phils
2021/04/04
商社・流通・小売・サービス 営業 経営者・役員

参考になった

shinkaji
2021/03/15
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

簡易的に企業価値の目安を評価する方法としてマルチプル法は非常に便利な手法で、機会があれば今後活用していきたいと思いました。

hatomame_109026
2021/03/01
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

KPIによって結果がかなりばらつきそう

matsu1210
2021/02/28
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

DCF法に比べて非常にシンプルな半面、類似企業の選定が難しそうだなと思いました。当然といえば当然かもしれませんが、理論的にはマルチプル法とDCF法の結果が一致するというのはなるほど、と思いました。

daddyveroo
2021/02/22
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

企業価値評価(マルチプル法)は、株式が価格が分かっている企業に対してはいいが、非上場の比較的小さい企業の場合は、方法の適用ができるのかな、と思いました。いずれにしてもKPIの情報を集めておかないと、企業価値評価は難しいのでは、と思いました。

kfujimu_0630
2021/02/21
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

企業価値評価(マルチプル法)について学ぶことができました。ファイナンス分野はこれまで勉強してこなかったので、これをきっかけに勉強していきます。

otobe711
2021/02/20
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

マルチプル法での企業価値評価の方法について理解ができた。株式時価総額基準、事業価値基準いずれでも、情報が入手できる類似企業を見つけることができれば、簡単に計算できることが分かった。DCF法と合わせて複数の方式で企業価値を計算できるようになったと思います。

tomoya-
2021/02/10
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

類似企業も当期純利益もこれが正解という指標がないので、納得感のある選定、算出が求められる。特殊要因もあったりで万人一致させるのは難しそう。選んだ根拠を説明し納得してもらうことが重要。

kikuoka2459
2021/02/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

類似他社を参考に価値を算出できるんですね。
また株式評価でよく出てくるPER、PBRがよく解りました。

shunshun0317
2021/01/29
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

自社の様々な形態の事業会社がどのようなKPIを用いているのか調べてみたい。

hyde_zzk
2021/01/29
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

KPIは当期純利益率の3年間の平均
産業特性、企業の成長ステージに合ったKPI
ネットビジネスでは月間アクティブユーザーの数
ベンチャーでは売上高など納得感が必要

atsushi_1990
2021/01/21
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

ビジネスの収益構造が同じ企業を選び、企業価値を算出すれば良いのだろうと考えます。しかし、実際に似たような企業は見つからないと考えられるので難しい。。

bkb_
2021/01/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

EVってなんだっけ?見直しが必要。

genya_ta
2021/01/17
メーカー 経営・経営企画 一般社員

マルチプル法においては、使用するKPIの選定が重要。
ここに対する知見を深めていく必要がある。

kenichiro118
2021/01/17
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

DCF方は計算が複雑である一方マルチプル法は簡易で納得考えられやすい印象がある。積極的に活用したい。

chivi
2020/12/21
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

詳細が説明されていない部分が難しいて思いました。

kacchaman
2020/12/19
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

詳しく学べた

hiroshi1560oh
2020/12/12
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

企業価値評価の方法として、①株式時価総額基準と➁事業価値(EV)基準がある。
①の中でも株価収益率(RER)が最もよく使われていて、
時価総額÷当期純利益で倍率が出せる。
企業価値を計算する方法が、意外にシンプルなのに驚いた。

➁のEV/EBITDA倍率は、本業でキャッシュを稼ぐ力に着目している点も
勉強になりました。

omokun
2020/11/27
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

実際の活用するところまでの理解が出来ていない

sho1971
2020/11/12
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

企業価値評価について理解しました

kenny0620
2020/11/03
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

よく理解できた

tomo-takamatsu
2020/10/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

まだ活用出来るほど理解出来てない。

nao-39
2020/10/25
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

いろいろある企業価値評価の指標の中のひとつをまずは簡単に学べてよかった。他のアプローチも学んだうえで、場面に応じて使いこなしていきたい。

d-fujikawa
2020/10/24
金融・不動産・建設 専門職 一般社員

難しい

yoshi1020
2020/10/23
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

類似企業の選定が難しいと思いますが、求めた数値はあくまでも仮説ですよね。買収大丈夫でしょうか?

tani44
2020/10/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

個人的な資産運用の投資先の決定に参考になる

jackson
2020/10/13
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

類似企業も上場していない場合、学習したやり方だと類似企業の理論株価を求め、マルチプルで計算する、というやり方になると思うが、類似企業が非上場企業の場合はどのようにすればよいのか。

thinkand
2020/10/10
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

考え方はわかりましたが②の表の単位は(百万円)であっているのでしょうか?
類似企業ならX社と同じ(億円)単位では。。?

ot-take
2020/10/05
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

企業価値を他社との比較で算出することと理解した。数字については状況に応じて使い分け、使用時の納得感を高めていきたい。

atsumori_09
2020/10/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

株式における投資基準(PER、PBRなど)に基づいて、企業価値を比較する
ことで、どれを選択するかが出来るようになる、ということですね。

使える知識にするために、ある程度の訓練が必要かと思います。
いくつか上場企業でサンプルをとってやってみます。

yuki-1209
2020/09/22
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

計算がかなり難しいと思いました。

ogawakazuhiko
2020/09/21
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

すぐには計算ができないとおもいますが、概念は理解しました。

lado
2020/09/20
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

よく理解できていないので復習をきちんとやりたい

tk1982
2020/09/20
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

事業価値の算定には活用しやすい。

sphsph
2020/09/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

あまり深く理解できませんでした。もう少し勉強します。
上手く比較することで価値が推測できる方法と認識しました。目の付け所はオーソドックスな指標で良いように感じました。

vegitaberu
2020/09/14
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

類似企業をどう定めるかが難しいと感じます。その選び方にって、大きく数字が変わることもあり、それを了解したうえで、活用しないといけないなと思いました。

ryosexy2
2020/09/13
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

理屈は分かったが、実際の業務で使用するにはKPIの選定など難しい部分もある。1組織内人間としては、自社や競合他社の企業価値を大まかに把握する際に使えればまずは良いと思う。

類似企業価値÷類似企業KPI=マルチプル
倍率を表す(株価収益率 PER、株価純資産倍率 PBR、事業価値基準のEV/EBITDA倍率)

マルチプル×対象企業KPI

nishimura_1119
2020/08/31
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

久しぶりに復習できました。

emerald
2020/08/15
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

内容は理解できたと思っていますが、
非上場企業の類似企業を選定する段階でパニックになりそうです。。

nishi_ken3
2020/08/12
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 その他

企業を買収する、ベンチャー企業に投資する時、相手企業の資産価値を簡便に数値化できる手法であることを理解した。

tsune1969
2020/08/05
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

企業価値の評価には複数の基準があり、明確に数値化して評価することの一端を理解しました。この評価法習得には何度か実践しないといけません。

patachan
2020/08/02
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

なるほどそういうことですね。

toshiki12
2020/08/02
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

マルチプル法には様々なKPIから適切かつ取得可能なものを選択することが重要。日頃から沢山の事例に目を通し、学んでおきたい。

tomiho
2020/08/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

DCFと一致することが分かりました。

midori_g
2020/07/31
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

類似企業の選択が難しいが、複数のグループを設定して倍率を算定し、加重平均をとってみるとどうなるか気になりました。

lxhaji
2020/07/26
メーカー 営業 部長・ディレクター

短時間でしたが繰り返し視聴が必要なぐらい不勉強の私には難しかった。

satoho
2020/07/25
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

ベンチャーの場合は売上高を用いる、そうか、そんなふうに新しい参入者への配慮がなされていたんだ!厳しいばかりではなかったんですね。

aki_4442
2020/07/24
メーカー 営業 部長・ディレクター

普段の仕事で全く馴染のない、PER、PBR、PSR、EV、EBITDA等を同時に学ぶことが出来ました。
現在、私の勤務先ではDCF法を主に使用しているようですが、過去の事例をマルチプルで検算して理解を深めてみようと思います。

k-man
2020/07/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

顧客企業の客観的な見方の参考にしたく受講しました。類似企業の捉え方が難しいと感じましたが、常に業務の中で意識して使いたいと思います。

saitou3110
2020/07/22
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

企業価値評価の目安が少し出来た

goda12611
2020/07/21
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

設問5が難しかったです。計算が持つ意味を良く理解しなければ。

shinobusaraie
2020/07/20
コンサルティング・専門サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

類似会社の選定方法の実務について、もっと詳しく知りたいです。

hiroshi_0138
2020/07/19
コンサルティング・専門サービス 専門職 一般社員

IFRSでの非上場株式の評価について、クライアントと議論する際に、基礎知識として説明できそうです。

peete
2020/07/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 部長・ディレクター

すぐに使うものではないが考え方として知識の一つとなった

morinokumasan
2020/07/15
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

新規ビジネスを考える上で有用だと思いました。

manabihoudai123
2020/07/14
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

マルチプル法の概念は理解しましたが、上場している同業他社がない場合には対応できない方法であると感じた。(特に、そもそも業界として上場していない場合など)

ken487391
2020/07/14
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

コツ・留意点として例示されていた「業績変動の影響を取り除くため3年平均を取る」・「ベンチャーなどは短期的に赤字となるため利益でなく売上高を指標とする」といったことは認識しておきたい。

kenichi-endo
2020/07/14
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

企業価値を測定する意味が身近にないが、考え方は理解できた。

shimalcp
2020/07/12
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

買収に関わるような部門ではないが、自社および競合や、有名企業のM&Aが
どのような点に着目したのか、またその際に企業価値基準としての指標を見ることで将来を見据えたビジネスの流れが見えてくると思います。

th0588
2020/07/12
メーカー その他 一般社員

事例を持ち得て練習しないとリカイできないと思いました

gonta_800
2020/07/11
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

類似企業の選定,KPIの選定が難しい.何をもって妥当と判断するのか.

latest-samurai
2020/07/10
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

企業価値の算定に絶対解は無いため、算定根拠はよく考えて、複数の想定係数から納得感ある式を使うことが重要。

k_k_k_k
2020/07/09
メーカー 経理・財務 一般社員

・計算のロジックは複雑ではないので、すぐに活用できると感じたが、類似企業の選定をどこにするかで企業価値の算定結果に大きく影響があるので、慎重に選定する必要があると感じました。近年、ホールディングス化し、個別の企業の情報入手が難しくなってきているので、そのあたりも注意し、なるべく複数の類似企業の平均値を使用したいと感じました。

since20191227
2020/07/08
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

考え方はシンプル。実際は、納得感のある類似企業選定が非常に難しい。

bintang
2020/07/08
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

マルチプル法について初めて知りました。企業価値算出の1つの方法として覚えておきたいと思います。

kaiyodai
2020/07/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 部長・ディレクター

言葉として理解していなかったことが、基礎知識として身に着けることができました。同視点で今後、各社の数字を眺めたり計算して、自己研鑽で予測力向上に繋がればと思っています。

gojiro
2020/07/07
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

どうも横文字が並ぶとこんがらがる。

tani_2020
2020/07/07
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 一般社員

シンプルで分かりやすく説明されているので、しっかり覚えればすぐに役立てれうことができると思います。

kuta_41
2020/07/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

業務でバリバリ使えそうです。

betafunction
2020/07/06
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

考え方は他の分野に使えそうである。