ネットワークが接続されていません
初級

企業価値評価(マルチプル法)

M&Aやベンチャー投資に用いる企業価値評価の手法「マルチプル法」について学ぶ

概要

このコースについて

非上場企業の企業価値はいくらなのか。今の企業価値は割高なのか、割安なのか。会社の値段をどのように算定したり、判断したりすれば良いのか。

本コースでは、企業価値評価(バリュエーション)の中でも、マーケット価格を反映している「マルチプル法」の具体的な計算方法と留意点について学んでいきます。

コース内容

  • こんな方にオススメ
  • 企業価値評価(マルチプル法)とは
  • 代表的な指標
  • 計算方法①:株式時価総額基準
  • 計算方法②:事業価値基準
  • マルチプル法を活用するメリット
  • 事例:PERを用いた企業価値の算定
  • 留意点

こんな人におすすめ

・企業買収やベンチャー投資に興味がある方
・企業価値が割安か割高か、判断するものさしを持ちたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

tsune_1969
2020/08/05
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

企業価値の評価には複数の基準があり、明確に数値化して評価することの一端を理解しました。この評価法習得には何度か実践しないといけません。

patachan
2020/08/02
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

なるほどそういうことですね。

toshiki12
2020/08/02
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

マルチプル法には様々なKPIから適切かつ取得可能なものを選択することが重要。日頃から沢山の事例に目を通し、学んでおきたい。

もっと見る