ネットワークが接続されていません
初級

ROAとROE

企業の総合的指標であるROAとROEについて、それぞれの特徴と違いを学ぶ

概要

このコースについて

近年、企業の決算発表やニュース等を通してROAやROEという言葉を耳にする機会が増えてきているのではないでしょうか。

このコースでは、企業の総合的な収益力を判断するための指標としてよく用いられるROAとROEについて、ビジネスリーダーとして知っておきたい基本的な内容を具体的な事例も交えながら学んでいきます。

コース内容

  • こんな方にオススメ
  • ROAとROE
  • ROAとは
  • ROAを分解すると
  • 事例①:ROA高水準2社の分解
  • ROEとは
  • ROEを分解すると
  • 事例②:ROE高水準2社の分解
  • 留意点

こんな人におすすめ

・株主や投資家などのステークホルダーに対して、自社の業績パフォーマンスを説明する必要があるビジネスリーダー
・ROAやROEという言葉は知っているが、実はそれぞれが何を意味する指標なのかよく理解できていない方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

gremlins
2020/06/09
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

似ているのでややこしいと思っていたが、分解などを経て少しわかったような気がする。具体的な企業例や平均値などもあって参考になった。

t2602
2020/06/10
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

本受講を踏まえて同業他社と自社を効率性×収益性×財務レバレッジという観点で比較すると、当社は効率性が著しく低いことに気が付いた。なぜなのか非常に興味があるので後日自社のB/Sの資産内容をもう少し細かく同業他社と比較してみたい。

miyamanishiki
2020/06/09
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

ROEは高ければ高いほど良い、というものでは無く要注意の指標であることが分かった。

もっと見る