ネットワークが接続されていません
butako2015
2019/12/02
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

これほど多くの災害が起こってきた中でもその知見が集約されず生かされていない現状を知ることができた。ミクロの知見や知恵を広域的に水平展開する仕組みは非常に重要だと思った。一方で、地域の環境や条件でカテゴリ分けしていつでも活用できる状態にしておかないと情報の持ち腐れになってしまう可能性が高いと感じた。災害対応の最前線は基礎自治体の職員や民間企業、地域住民などであるため、それらの地域的な力量の差がもろに反映されてしまうのは問題だと感じる。地域の組織や自治体の力量に合わせた役割分担の仕組みや広域的な協力体制を築いていくことが重要であると思う。また、地域住民の反発を恐れて洪水や災害のリスクが高いにもかかわらず洪水や津波の危険区域に載せられない自治体が数多くあることも今後の課題ではないかと感じる。

shu-he-
2019/12/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

実際に深く関わっている方々の話で、自分が今まで考えなかったような課題が多くあることがわかり、非常に多くの気づきがあった。今後、災害がますます増えていくことが予想されるなか、発展が進んでいく分野だと思う。
昔、震度7の地震が頻繁に起こるならば、震度7で崩壊しないように家を建てるという話を聞いたことがある。災害が多くなっていく中でこれまでとは違う常識が形成されていくのでは、、、と考えさせられる内容だった。

user-f22ce53b6a
2020/02/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

結局のところ、どこも課題は一緒で会社やビジネス含めて知見の共有や、マニュアル化することが難しいと感じた。
人がコロコロ変わるからだろうか

ryo_0520
2019/12/11
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

防災は起きてからもだが、起きる前の対策や手続きの効率化・マニュアル化も重要だと感じた。

kyabetsu-taro
2019/12/09
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

防災とビジネスをつなげることに、抵抗がありましたが、それが、かなり減りました。
これならば、政治、行政の意思決定にまでも、ビジネスは入っていける気もしますし、「お上
」という聖域は、なくなりつつある感じがします。

k-kazu
2019/12/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

災害復旧支援も経済復興まで考えると継続するということが重要だと感じていますが、喉元過ぎれば熱さ忘れる、ということで災害予防も継続した体制が必要だとあらためて感じました。

knhk
2019/12/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

地球温暖化の影響なのか、台風、また地震等々これまででは想定できない災害が発生している。またインフラ老朽化の保全も含めた時限られた資源の中で、何に優先順位を持って対応するか、改めて考える必要を感じた。