ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

SNS時代に身につけるべき「情報参謀術」とは?

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2017
第7部分科会C「メディアと世論形成~政治・企業・個人が身につけるべき新たな“情報参謀術”とは~」
(2017年3月19日開催/北海道ルスツリゾート)

ヒラリー・クリントンの圧勝を予想したニューヨーク・タイムズが、トランプ次期大統領の当確を報じるまでに長い時間はかからなかった。多くの大手メディアや調査会社が情勢を見誤る一方、ソーシャルメディアが大統領選において果たした役割が検証されつつある。トランプの娘婿であるクシュナー氏は、大統領選のメディア戦略において、ソーシャルメディアを主要ツールとしたが、Facebook上で共有された偽ニュースの影響も指摘されている。ソーシャルネットワークでつながれた無数の声が世論を形成する時代、これからのメディアが果たすべき役割、政治・企業・個人がとるべきコミュニケーション戦略を考える。(肩書きは2017年3月19日登壇当時のもの)

梅田 優祐 株式会社ユーザベース 代表取締役共同経営者
小口 日出彦 株式会社パースペクティブ・メディア 代表取締役社長
藤代 裕之 法政大学 准教授
三宅 伸吾 参議院議員
津田 大介 有限会社ネオローグ 代表取締役/ジャーナリスト/メディア・アクティビスト

※一部音声に乱れがある箇所がありますので、予めご了承ください。

コース内容

  • SNS時代に身につけるべき「情報参謀術」とは?
もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています