ネットワークが接続されていません
tn_n
2019/01/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

過去上司を思い返すと、どちらかというとpMタイプがおおかったように思います。
P、Mいずれの行動も高めるための学びの場を具体的に知りたいと思いました。

01001895
2019/02/18
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

非常に汎用性の高い理論だと思いました。自分が今どの位置にいるのかを意識する事と、どうなった時が第1象限に入る時かを上司と擦り合わせすることが大切だと思いました

tohru
2019/03/02
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

リーダーシップを行動で捉え、トレーニングによってリーダーシップのあり方を変えることができると聞いたのは新しい発見でした。

takky
2019/02/02
商社・流通・小売・サービス その他 部長・ディレクター

組織として、組み合わせも大事。改めて同意できます。

hei-1919
2020/04/15
メーカー メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

伝統的な内資の企業ではpM型の管理職が多い。なぜなら、Pの能力が無くてもMを重視すれば経済成長に乗っかって成果を出してこれて、pM型の上司に評価されるのもpM型の人間であるから。Pを重視する評価軸にドラスティックに変わる企業が多いが、昇格試験等の定性的な評価ではMが重視されるようである。伝統的な内資の企業で、PM型を増やすにはpM型のPを如何に伸ばしていくが課題であろう。

ebi
2019/02/18
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

私はどちらかというとpMだと思いました。自分でPMにするのは難しそうだと思いましたが、チームメンバーとともに補い合っていけることが良いのだと改めて思いました。

kobanatsu
2019/01/24
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

PM型の人材は、社内ではであったことがありませんが、ぜひ、目指してみたいと思います。

kyoto20190401
2019/01/24
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

PM理論は初めて聞きました。自分はPを延ばす必要があると感じました。

toshinori
2019/03/06
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを行動で分類し、行動は変えられる、と言うのはリーダーとして成長は可能だと背中を押してもらえている気がしました。

eiric_ride
2019/02/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップには大きく二つの方向性がある事がよくわかりました。
最近はpMよりPm型のリーダーが強く求められている傾向にある気がします。

yamada_5000
2019/09/09
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

「PM型の人材がいなくても、異なるタイプの人員でカバーできる」
組織的な考え方の重要性を感じました。

ryu-papa
2019/02/25
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の考え方でリーダーシップを高めていく事を学んだ。お互いが補完しあって成長できることを知った。

masaki_ishii
2019/02/15
コンサルティング・専門サービス 営業 一般社員

自分自身の評価のみならず上司や部下からの評価も聞いたうえでPMに近付きたい。

moemmy
2019/02/10
メーカー 営業 一般社員

Mばかり意識してPの意識が弱くなっていることを自覚できました。

hiro_0214
2019/02/10
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論は意識して高める事が理解出来た。まずは、自分がどこに位置するか把握するこからはじめる。

yoji_1450
2019/02/08
メーカー その他 一般社員

Pが強い人、Mが強い人などが確かにいるなと感じました。

jet1104
2019/01/28
メーカー 人事・労務・法務 経営者・役員

組織活性化に役立つ理論だと思う。他のリーダーシップ理論との組み合わせも有効そうだ。

subalist
2021/02/15
コンサルティング・専門サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自身が客観的にみてどのポジションにいるのかを把握すること、またそこから強み・弱みを理解して補完するための行動の第1歩として有用と感じた。
また、個人の特性ではなく、『行動』として捉え、その行動は短いスパンでレビューすることにより変えていけることを学んだ。
早速取り入れてみる。

kzhr2358301
2020/11/07
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

P行動とM行動のバランスが必要だと学びました。
自分はどちらかといえばpM型と認識できました。

ayarin
2020/10/16
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 一般社員

P M理論はトレーニングによって身につく

yuki_0719
2020/09/27
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

組織のメンバーや構成によってはPを高めないと組織として機能しない場合もある。緊急性やメンバーの経験.能力が不足するびあいもあるので、組織に多少の余裕があり、リスクを吸収できる様になっていることも前提条件として必要。

noyo1
2020/08/15
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

毎週振り返ろうと思う。

akr0214
2020/05/31
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

pM>Pmについては、現在のビジネス環境においては、いいきりが難しいと思った。

sawada_31683
2020/05/19
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

個人目標はPM型を目指し、人の配置等を検討する場合は、Pm・pMを考慮していく。

masaki-9303
2020/05/06
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM型が一番良いとされるが、そうなった場合、当人はとてもしんどい。当人へのフォローやサポートも必要でないか。

ken-jet
2020/05/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 経営者・役員

成長要素のある分析は、非常に価値があるものだと感じる。

まずは現状を把握し、会社の状況やスタッフ、外部要因なども考慮しながらPMのバランスをとりつつ、成長していきたい。

sue_0120
2020/04/08
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

リーダーとしての強み・弱みを学習し、他の理論も勉強したい。

tarimo
2019/12/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論をうまく活用して組織のリーダーとしてのあり方を再度見直していきたい。

m_ichiki0141
2019/07/27
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

このようなリーダーシップのフレームワークがあるのは知らなかったが、漠然と感じるものはあった。自身がどの領域に属しているか認識することにより、足りない部分を強化しようとすることに意味があると思う。

kami5
2019/04/22
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

シンプルなフレームワークで日常の仕事の場で活かしやすい。自分自身についてPM理論を意識することで、リーダーとしての成長が促進される。

asani
2019/03/06
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の行動特性について理解できました。

nakiusagi
2019/03/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

古典的な理論なんですね。わかる気がします。

yamada_hanako
2019/03/03
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

「①目標達成」も、それを実現するための「②組織運営・人間関係」も、両方重要なのは、言われてみると当然だが、チェックリスト的にFWとして活用できるのは良い

yuya123456
2019/03/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自分はP行動が弱いと感じています。これから行動を見直していき改善したいと思いました

mika20156
2019/02/28
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

今弱い部分も、自身の成長や周りのサポートや組み合わせで、補うことができるので、きちんと向き合って分析、育成したい。

mottake
2019/02/28
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はPm型だと改めて理解しました。どのセグメントに属しているか認識し、行動で改善したいとは思うものの、マネジメントする際に感情というノイズが入っていしまい、メンテナンスが弱くなる事が課題です。

yu-ji
2019/02/24
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

PM理論によるリーダーのあり方を認識する必要性を感じた。個々のレベルをPM型に出来れば望ましいがP型 M型の人材をチームとして活動出来ることも利点がありそう。

cooky
2019/02/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

これまでの接してきたリーダーをPM理論で分類すると合点がいきます。自己分析し、PM型となれるよう、開発していきたい。

toyo0320
2021/05/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

チームリーダーとなり、チームメンバーを各PJにアサインする場合、PJに参画しているメンバーをPM理論に基づき分析した上で、アサインするPJを検討する。

hana_2021
2021/05/06
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

Pm人材とpM人材を組み合わせることで相互カバーができる、というのはこれまで気づかなかった。うまく実践できれば組織全体の生産性を向上できる気がしてきた。ただし、現実的にはPm型のリーダーシップはなかなか想像できない。日本の伝統的企業においては、M(Maintenance)がなければ従業員はついてこれず、最終的なP(Performance)向上にはつなげられないのではないか。

goodchild
2021/05/05
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

どのようなリーダーシップの型があるのかを学ぶことができた。自分自身がどの型に属しているかを客観的に知ることで、弱い部分を理解し、トレーニングにより強くしていくことで、能力を高め、結果、組織が強くなれるようまずは自分自身が変わる必要があると改めて感じた。

gmd
2021/05/05
メーカー 営業 一般社員

Pが強すぎるPm型はともすれば暴走やメンバーのメンタル悪化につながるように思う。

kuro0324
2021/05/04
インフラ・公共・その他 経理・財務 一般社員

リーダーとしていかに価値観を理解しどのように接したらパフォーマンスが最大になるかを考えなければいけない。
そのためには自分がどんなタイプか
自分はPm型のタイプである。

hayashida-ta
2021/05/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

PM理論。
パフォーマンスとメンテナンス。
両方の能力を発揮することは難しいと感じたが、意識しながら活動することで能力を伸ばすことができると感じた。

fudhinn
2021/05/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

PMな人が居なくてもチームとしてそれを補っていける事が分かりました。あとは自身がどのタイプなのかを把握して弱い所を伸ばしていければと思います。

redriver
2021/05/03
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分のpを強くするために、振り返りを行う

tama-1118
2021/05/03
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

現在は、Pm型の上司の下で仕事をしております。P,Mいずれも高いスキルのある上司になりたいと思った。

dai-1108
2021/05/02
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

身近には一部のPm型と多くのpM型で、自身はpM寄り。両者の特性を理解しつつ状況に応じ行動を見習いたい。

kanaya5526
2021/05/01
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はどちらかというとpMである。再度自分の行動と他人の行動に照らし合わせてみてみたい。いろいろなタイプの方がいるので、見極める力も養っていきたい。

okamoto_25
2021/05/01
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

PM両方併せ持った個ではなく、不足部分を他の人材でカバーすること、チームで対応することのメリットは理解。またそれをやることでお互い刺激しあいリーダーとしての人材が作られていくことになると言われているが、足りない部分を補おうとするのは個人の意識レベルにもよるので、それを指導していく必要があると感じた。

takeshi4413
2021/05/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分の行動を客観的に捕らえるのは難しい。ある条件で評価した後も、行動をしながら評価を繰り返し、行動に反映して行くことが大事だと思う。

no-mo-to
2021/04/30
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 部長・ディレクター

PM型になれるように、リーダーシップ行動を育成して行きます。

tokata
2021/04/30
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

PM型を目指して自分の行動を振り返り復習することを心掛けなければ。

junpapa_0616
2021/04/29
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

マネジメントスキルとして自分自身の長所と短所を定期的に自己評価して振り返ることの必要性を認識した。弱みは克服できるということ。

takahiro-2949
2021/04/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

組み合わせでPが強い人とMが強い人を同じチームにすることで、バランスの良い組織にすることが重要と感じた

ry1005
2021/04/28
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM型とのGapを測定して定期的に自分で振り返ることが重要

yustrike200
2021/04/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PやMのみ特化した形ではなく、双方バランスよく強い事が望ましい。
個人の特性ではなく、行動によって成長するということなので、
どんどん経験して伸ばしていきたい。

super-morio
2021/04/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

PM理論に基づいて自分の行動を定期的に振り返り、特性を理解して自己の向上(P機能、M機能の向上)を図ることに役立てたい。

tkrtkhsh
2021/04/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

マネジメントの評価において軸として考えることも効果がありそう。

frehrs
2021/04/25
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

P型を強化するか、P型が強いメンバーを探すことで対応していこうと考えた。

noriume
2021/04/24
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

グローバル時代には、日本人もPを鍛えないと、評価されない時代。
しかし人格をかえるのではなく、行動を変える、ということが分かった。
明日から少しずつ行動を変えて行きたいと思った。

atsu_f291
2021/04/24
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーとしての資質を行動を通して伸ばしていけるというのは心強いテーマでした。私のそばにもPm型でつっぱるタイプの社員がいます。mP型の方と組み合わせるなど工夫したい。

makoto_baseball
2021/04/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

社内に良いロールモデルがいると感じたので、自身も早く第一象限 (PM) に入れるように行動を変革していきたい。

hiromie
2021/04/23
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

自分自身はPを高めるための行動が必要だなと感じました。

hmakr
2021/04/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自身はまさにpM型だなと思った。目的達成のためにもっと積極的に動けるようにしたい。

oka7712230
2021/04/23
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身を分析し、どのタイプかを把握する事で、今後のマネジメントや、考え方に活かし、PM形に、近づけたい!

jun_48
2021/04/21
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

よくチーム制で動いたりしてますが、年次の組み合わせが多く、PmとpMは考えたことがなかったので、今度使ってみようかな。

miurock
2021/04/21
コンサルティング・専門サービス 営業 部長・ディレクター

行動をベースに4分類出来ることと、それが改善出来るという考え方に希望がもてました。自分はPだと思うのでMを改善して行きたい

kaz-gougou
2021/04/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自身はPの考え方が強いが、Mの考え方の人間の方が圧倒的に多いと感じる。
Mの考えも取り入れ、自身へ補填していく努力が必要であると感じた。

m_tyson
2021/04/20
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

私は典型的なpM型だと思いました。トレーニングにより変わることが大事だと思います。

atsushi_th
2021/04/19
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

PとM自分がどちらが強い傾向にあるかの自己分析がはっきりしない。ある組織のときは、Mが強い動きをしていて、ある組織の際はP機能が強いとかんじるときがある。まずは自己分析が重要だと思った。

matsuokahiroshi
2021/04/19
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

理論としては理解できていも、現実問題としてでのオペレーションを考えるとなかなか難しいかと。。会社組織全体との認識合わせが重要。

ueda_hideki
2021/04/18
メーカー 専門職 一般社員

リーダシップトレーニングは参考になると思うので来月から早速実践してみたい。

sekiya-t
2021/04/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自分はリーダーシップが弱いので行動により変えられるというのは心強い。この理論を基にリーダーシップを伸ばしていきたい。

ntoru1201
2021/04/17
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 部長・ディレクター

チームメンバーの特性を分析し、それぞれの育成目標を定めてチーム力を高めたい。

mochizuki-3159
2021/04/17
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を知らず知らずのうちに各部下にも行っていた事、そして、自分の上司もこれにそって対応している事がわかった。
Pは以外と強めに行動する事でも達成できるし、締め付けでいくらでもなると個人的には感じている。日本人に多いMというが、自分の周りにはPが得意でMが苦手とする人が多いように感じる。
個人の特性でなくこれも意識して訓練する事で理想の形で昇華できるのであれば、上司と歩調を合わせて行動し、PM型をある程度のレベルで達成できるようにしていきたい。

dehinori
2021/04/17
メーカー その他 一般社員

PM型/pM型/Pm型/pm型を当てはめて考えることで、他者の特徴をより理解できると感じた。
また自身の伸ばしていくべきポイントも改めて理解できた。

gaasuu_06
2021/04/16
メーカー 営業 一般社員

リーダーシップは変容できる行動であるという事に、強い印象を受けた。人材ごとの良さを活かし、お互いに影響し合える環境が必要だなと感じた。

kobayashi1000
2021/04/14
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを行動と捉えて、変革可能としている点が大変勉強になった。
右上のPM領域へ成長したい!
それと共に、育成の際も、右へなのか、上へなのか、右上へなのか、適切なアプローチを考えるきっかけになった。
フレームワークって大事ですね。
ありがとうございました。

3919rui
2021/04/12
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

チーム運営に大いに役立つ理論であった。今後,自身およびチーム員の育成に参考にしたい。

ktakehara
2021/04/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分もどちらかというとpMタイプであるように思います。理想とするPMタイプになれるよう、現状とのギャップを認識して差が埋められるよう行動していきます。

nakanoriri515
2021/04/11
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論に似たような性格検査を以前習った思いがある。YG性格検査と言ったと記憶している。これはどの時の気分や状況下により、多少の変化はあることが、如何にもPM理論に近い。ただ前者はトレーニングにより理想系に変化する事が必要で、後者は一部分であり、一断面である事が大きな違いと捉える。

ujimaccha0401
2021/04/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分のマネージメントスタイルの強み弱みを視覚的にイメージ出来、改善すべきポイントがしっかり意識できることは非常に有り難いツールだと感じる。2つの違ったタイプのどちらが良いという在り方ではなく、高い次元で2つのバランスを取ってこうという発想は、人間としての成長そのものにも通じ奥深さを感じさせる。

yama329
2021/04/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

私は、pM型だと思います。Pを伸ばす必要もあると認識していましたが、このような理論があったんですね。
大変勉強になります。そして、確かに社内のPM型の人を目標にしていました。なるほどです

papa-91026
2021/04/10
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

分かりやすい説明でした。自身はpM型と思います。あらためてPの能力が弱いと認識しました。明確な助言が出来ていない。

inouek1
2021/04/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

PとMを同時に持ち合わせる事を目指したいと思います。Pを重視したいがそれによってMが弱くなる事もありそうです。うまくバランスさせゴールに向かうことが肝要であり難しい部分だと思いました

hanasun
2021/04/09
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

PもしくはMのどちらかが得意なリーダー同士を組み合わせることで、お互いの弱みをカバーすることができるという考え方は腑に落ちるところがある。特に日本人と外国人をチームで組み合わせることでその成果を期待できそうだ、

globalmoyashi
2021/04/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

自分の会社はpM型ばかり。XY理論も同様であるが、いかにP型に近づけるか、P型のメリットを理解してもらうかが課題である。責任を明確にし、成功した際にはしっかり報酬を与えるなどして、サークル的な会社にならないようにしていきたい。

cf_202104
2021/04/08
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

週1の訓練方法を知りたかったです。

kyokoi
2021/04/07
メーカー 営業 一般社員

自己改革は短いスパンで目標を達成、自信をつけること。で得られる

yama-ap
2021/04/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

①現チームが好調なのは、「組み合わせ」が良いことも要因である。②私の会社の上司は多くがpM型だと感じています。私はそれに影響を大きく受けている。行動を見直します、上司に評価してもらい行動を変えていきたい。

maja
2021/04/07
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のマネジメントの型はPm型というのを認識した。メンバーが働きやすい方が組織としてのパフォーマンスも出るため、mの強化を意識していきたい。

azuma0706
2021/04/06
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

キャンペーンの達成等でM機能を留意して高めながらPM共に高いリーダーに成長していきたい。

rira1224
2021/04/04
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

金融機関はPm型が多い組織です。M行動を高めるためには研修などの機会が必要だと考えます。

imm_36
2021/04/04
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 一般社員

PMどちらの能力も生まれつきではなく、行動によって高めることができる。まずは自他両方で自身の能力を評価し、不十分な能力を高めることを意識していこうと思う。

yoshinori428
2021/04/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

個人的にはpM型だと思うので、Pを強化したい

kyon_01
2021/04/01
インフラ・公共・その他 その他 その他

pmのところから自己分析、目標設定、振り返りをしながらPMのところまで成長していきたい。

ke-ke
2021/03/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップ力は変えられる(PMタイプになることができる)点が励みになった。

kybk_818
2021/03/31
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

自己の強み弱みでの自己評価と他者評価のギャップに戸惑うことが多い
自己分析だけでは、メンバーからの評価を的確に把握がむつかしいと感じる

maytokyo
2021/03/31
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

PM理論は行動のリーダーシップ。
リーダ―シップの行動として強みと弱みを認識して改善を図ることができる
個々の特性を生かして、P,Mのそれぞれの弱みを人の組み合わせでかばーすることもできる。

tsusuko
2021/03/30
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

4つのタイプのPM理論があり、それは違うタイプが補うことができ、また個人も教育によって、より良いタイプに変わることが可能であることが理解できた。

dnd
2021/03/29
メーカー 営業 部長・ディレクター

所属するグループのメンバーを漫然と個人の得意不得意だけでみるのではなく、PM理論で分類してみると、バランスの取れたグループが組織できると感じた。
また、後進の育成にも一つの分析ツールとして活用できそうだ。

tsuyoshi_ueda
2021/03/28
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 一般社員

店舗の店長ならばM理論を意識した行動を取った方が店舗が上手く回ると思います。逆に本部MgrであればP理論を意識して、最終的PMどちらも遂行出来る上司になりたいです。

sota-kitamura
2021/03/27
メーカー 営業 一般社員

得手不得手のあるスタッフの組合わせで組織力を上げる事が出来、不得手な部分も改善出来ることが期待できる。

sachi_0727
2021/03/27
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

リーダーシップ能力は成長する。自分を知ることの重要性が大切ですね。

akatsuki_89
2021/03/26
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

自分がリーダーになる時には、部下にこの上司はPとMの強さを常に見られているという事を意識しながら仕事をする必要があると感じました。

nobu0589-2
2021/03/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論では個人を特性ではなく行動で分類する事について理解した。どちらかの行動が弱い場合でもトレーニングで改善させたり、複数のタイプのメンバーの組み合わせでカバーできる事を理解した。組織運営時のメンバー選定に活かしたい。

yosshy8525
2021/03/23
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を基に部下を見て、担当の組み合わせを変えて仕事を進めるのもいいかも

s-note
2021/03/23
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM人材が希とした場合、環境変化に順応しながら進めることが増える中ではPm人材の重要度が増している様に感じるが、組織成長観点ではpM人材との組み合わせが重要かなと感じる。
その際には、どちらが上、ということではない一定のPMラインをクリアしている中で、強みがどちらかを理解し合えている関係性を作れるか、お互いの強みを認め合える関係性が重要ではないか。

akio_0223
2021/03/23
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

p Mが2番目に重要だったのは意外だった。pを伸ばす方が
しんどいと思っていたがMは出来ないない人は出来ないのかも

sphsph
2021/03/22
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

基本は皆バランス型でしょうが、その使い分けが大切と感じました。
優柔不断やエコひいきに思われないようにするのも大切。
組織運営は色々な人がいるのでまずはベクトル合わせからと思っています。

sachiwo_oz
2021/03/21
金融・不動産・建設 クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

自分がどのタイプのリーダーシップであるかがよくわかった。メンバーがどのようなタイプであるかの把握とその教育をどうしていくかを検討するところから始めたい。

hiroki1221
2021/03/21
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分の部下を思い起こすと、特性が丁度分かれますね。
そこをそれぞれに伸ばす手立て(教育)が必要なんだなと、学びました。mを、Mに変える事って中々難しくないですか?Pm型の部下に新人教育を、やってもらって、変化を見ています。皆さんはどうされてますか?

i_s_k
2021/03/20
商社・流通・小売・サービス その他 その他

リーダシップは生まれ持ったものではなく訓練で向上することができる、というのは、心強い言葉ですね。

kats1012
2021/03/20
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

個人的にはPが強いタイプに思われるのでMにも留意していきたい。

hideyoshi2939
2021/03/19
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

チームメンバーのPとMを見分けて、新人教育や既メンバーに弱みのところを改善して、目標を達成できるように実行できます。
日々の業務の観察とフィードバックをさせることが重要です。

zaki
2021/03/17
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

PM型目指して頑張ろうとおもいます。

014991
2021/03/17
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

PMを兼ね備えたリーダーを目指す

user-78f995c007
2021/03/17
  

組織の多様な人材個々人に当てはめてみて、育成方針の一つの契機とする事が出来るかもしれない。

ryo_0518
2021/03/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人員配置などに活用できる

kazuya11
2021/03/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

現在の組織はpM型が多い。以前、PM型の方がいたが、離任してしまった。これは非常にもったいない状況であったと思う。
自身はpM型だと思う。まずは、今度上司の評価を伺ってみようと思う。

atsushi_2021
2021/03/15
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論をもとにプロットし、組織のマネジメント力を客観的に測ることが出来る

silencio
2021/03/14
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

目標達成が苦手だからダメなんだと極論にならず、自分は組織のことを考えることのできる特性を持っているかもという広い視野が大事だと感じた。

katsu_c
2021/03/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

PもMを大事ですね。他の人と協力して、PもMもある状態で業務を進めます。

sanysany
2021/03/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 部長・ディレクター

自分のタイプを認識し、苦手なところを集中的に取り組むことでリーダーシップを強化することができそう

tetsu-hashi
2021/03/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

PM理論をもとに相手を見極めながら人材育成やマネジメントに活用することで、組織の活性化に繋げていけると思いました。

esraa_y0604
2021/03/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

This course has helped me improve as a leader and an overall individual in numerous ways. It has allowed me to assess my strengths and weaknesses as a leader, and has forced me to outline my goals as an individual, which will help aid me in achieving them. This course has also taught me to take action when possible.

yutaru
2021/03/13
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

明日から早速、週間目標を設定してPDCAを実行したいと思います。あと、聞きたくないけど他人の評価も取り入れていこうと思います。

ytakahashi10
2021/03/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpmからスタートし、現在PmからPMを目指す状態であると認識した。個人の特性ではなく、行動ではかる指標であるというところに、この理論はすべての人がPMを目指せるという利点があると思う。

user-1731aef15d
2021/03/11
  

勉強になりました。

kairikokarin
2021/03/11
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

「リーダーシップは変えることができる」ということを認識して、まとまりのあるチームづくり、1人1人の成長と力の発揮による成果向上に努めることで、自分なりのリーダーシップ力を着実に成長させたい。

shiggy1405
2021/03/06
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

pM型リーダーが多いと感じました。PM型リーダーシップを目指したいと思います。

shohei_1126
2021/03/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

リーダーシップは生まれつきの能力ではなく、トレーニングを積み重ねることで成長が出来るとわかった。

nomoto46
2021/03/06
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

周りの顔色をうかがうのではなく、周りとの認識や考えのずれを理解しようとして、周りに堂々と自分の考えを示すことが大事だと思います。

yasu87049
2021/03/05
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分の組織にはどのタイプが多いかを改めて確認するきっかけとなった。

ri_tsu
2021/03/03
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

同じ会社の中でも、事業部によってはPが強かったり、Mが強かったりするのが自社を振り返って思いました。
また、pM型が多いせいか、Pm型の上司こそリーダーシップがあるように見えて、優れるように思いますが、pM型は実はいいリーダーであります。やっぱり、Pm型は部下を選んでしまうことが原因ではないでしょうか。能力が低めの部下を切り捨てる傾向があるからです。
行動によって訓練できると学んだので、PM型を目指して頑張りたいと思いました。

kamaden
2021/03/03
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

個人によるところもあるが、企業文化や組織風土に左右される面は大きいと感じる。自社は安定的に利益を出せる企業であり、成熟期にある業界であるため、明らかにMよりの人が多い。

sskkii
2021/03/03
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

PとMのバランスが大切なのだとは思うが、そのバランスを言い訳にして、どちらの面でも中途半端なリーダーシップしかとれない、ということがないようにしていきたいと思った。

rnakax
2021/03/02
メーカー 専門職 部長・ディレクター

日本の大企業は会社での政治力、つまりMが強いひとが上にあがる印象である

tomoya_117
2021/03/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

人材でカバーし合う、というのは新しい発見だった。トレーニングで開発するよりも、早く組織としての目標が達成できると思う。

a1020152
2021/02/28
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

チーム内でその役割を明確にすることで、メンバー同士がPとMを補うことが重要と感じた。

kenichiro_2021
2021/02/28
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身、Pが強く、Mの行動を意識的に高めていく必要性を現代の世の中において改めて行く感じ、行動を変えて行きたいと思いました。

ichi_02
2021/02/27
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分は、pMに近いpmかと思う。
評価・分析に加え、決意表明・必ず実行 といった過程が大事だと理解した。
今後の取組に生かしたいと思う。

sugasyo
2021/02/27
メーカー 営業 一般社員

仕事をするうえ様々な上司のもとで仕事をするには知っておいた方良い理論だと感じた。

casa
2021/02/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

4つタイプに分類することで自分の現状の立ち位置が明確になった。今後の組織マネージメントの参考になった。

keysusana
2021/02/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 一般社員

PやMが弱かったとしても変えていけることができるということが知れてよかったです。人を組み合わせることで組織として強くなることはこれからの時代必要なことかなと思いました。

jnasahi
2021/02/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身の型を認識し、足りないリーダーシップを意識できたかを週単位、月末に検証することで成長しようと思いました。

yd1992
2021/02/23
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

PM理論を学んだ感想
PとはPerformanceつまり結果のリーダーシップ
MとはMaintenanceつまり人間関係や空気などのリーダーシップであった
両方ともが優れた行動をとるリーダーが素晴らしいということであった
活用方法として挙げられていたのは現状の客観的評価と主観的評価を行い、その差分を自己分析して、改善するための行動を表明し、フィードバックを受けて、また繰り返すということがあった
この方法はどうやって客観的評価と主観的評価を行うのかという点が難しいと思われるが、なにかしら評価シートがあるのだろうか
Pの方はある程度数字で出やすいのかもしれないが、比較対象が過去の自己成績との比較、もしくは前任との比較のようになってくるのだろうか
Mの方についてはそのメンバーへのインタビュー・アンケートが必要になってくるため、なかなか大掛かりなものになってくることが予想されるが、パッケージとしてなにかしら販売されているものがあるのであればそれを使うのがいいのかもしれない
またこの理論は組織ごとに重要視されるものが異なるため、そこも留意する必要があるだろう。自分が新卒で入社した外資系コンサルではMの方はほとんど皆無で、Pがかなり重視されていた。しかしながら、コンサルのようなUp or outが基本となる働き方でプロジェクトベースで毎回働くメンバーも変わるような組織においてはMを重視してよいことなどあるのかというと微妙だろう。
そんなことよりもPを重視することがもっとも大事であることはその組織特性から自明であるし、MをあげることよりもPをあげつつけた方が組織的価値は高まる。
一方、多くの日本企業では終身雇用をベースに考えられた組織体型を持っており、人間関係、社内政治が重要になってくる作りになっているためMが重要になってくるのは自明である
しかしながら、国内市場が小さくなり、国外の競合が増えてくる中で、今までのM重視型の組織体制ではうまくいかないことが出てくるだろう
であるからこそ、今こそPに舵を切るべきだろう
元々pM型のマネージャーが多いことから、外資系のPm型のマネージャーが大井のとは対照的であり、マネジメントよりもイノベーションが重要になってきている変化の激しい現代においては、日本のマネジメントスタイルがPMになった時、組織の強さはかなり高まることが予想されるのではないだろうか

amayuka57
2021/02/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分が業務で今どのようなPとMのバランスか、どう見えているか想像しながら進めるといいのかな、と思いました。

d_matsuoka_5777
2021/02/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 経営者・役員

個人のキャラクター(人間性)でなく
行動に焦点をあてる考えかたは
人間性の否定になりにくいため、指導する観点ではよいヒントになった。

andoh_m
2021/02/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

P行動が弱いと自己評価するのでその点を意識して改善していく

km1213
2021/02/21
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

自分自身に当てはめながら、PM型を目指していきたいと思う。

naka44
2021/02/21
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のPM機能の不足箇所を認識し高めていきたい。

koba_0509
2021/02/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身がPm型なんだと改めて自覚できた。

toh
2021/02/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

日本人はpM型が多いというのが意外だった。どちらかというとPmタイプのリーダーが多い気がした(Pは定量的でわかりやすく伝えやすいが、Mは感情や思考といった定性的な部分に苦労しているように見受けられる)。

mizmiz0501
2021/02/20
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

自分のチームのことについて考えた時、M理論だけではなく、P理論も必要だということがわかりました。特に自分も、P理論が弱いと感じるため、強化していきたいと感じました。自己評価の仕方なども知りたかったです。

dar_2021
2021/02/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

簡単なフレームワークなので、自身を含むチームメンバーの特性を大まかに把握することに使える。また指導する際に何を伸ばすべきかの指標として用いることができる。成長したいことを宣言する際、相手が理解しやすいのも良いポイント。

masaki1120
2021/02/19
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

業務を管理する側もそれぞれがどの特性に当てはまるかを考えて、チーム編成をすることにより新たな考えや成長を促す事ができると思った。、

hk_0321
2021/02/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ふと会社でこれまで上司として接してきた人を思い返すとpM型が多いと思った。一方Pm型のタイプの上司もいるがPM型の人には会ったことがない。例えばPM,pM,Pmとは芸能人でいえば誰かなどの例があるともっと理解が深まると思った。

shunshun0317
2021/02/18
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

どちらかというとうちにはPm型が多いかなー

sundav1127
2021/02/18
インフラ・公共・その他 クリエイティブ 一般社員

現在属している企業の上長はpMタイプが多いと感じる

hiro_1234_
2021/02/17
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

メンバーの組み合わせでp、mを補う組織ができる点は参考になった。
個人の育成は難しそうだが、具体的なイメージが沸かない。

onyu28
2021/02/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

日本人の傾向として、全般的にM傾向が強いのであれば、Pの強いリーダーが日本では求められるはずでは?と感じました。
現に、自分の会社(老舗企業)ではPの強いリーダーの方が評価させている気がします。

matsui_1127
2021/02/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 部長・ディレクター

4つな分類を現在の組織を分析してより良い行動を供給できるようチームで思案していきます。

take11
2021/02/16
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

PM理論の考え方でリーダーシップを高めていく事を学んだ。P行動、M行動を成長させてPM型になれるようにしたい。皆でカバーできればよいことも知った。

jamcat1018
2021/02/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

PとMどちらも必用だが、今、求められているのはPの方が比重として大きいと思う。
一人で両方兼ね備えるのは難しいが、組織としてバランス良くするのは可能という点は、納得できた。

tomiyoshi
2021/02/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

成果を生むのはあくまでも個人の特性ではなく「行動」である、ということをしっかりと認識し、行動を変えることで自ら変わっていこうとするよう常に心掛けたい。

honsha
2021/02/15
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 経営者・役員

はじめからPM型は中々存在しないでしょう
例えば若い頃に営業で張り切っていた頃はPm型
そして経験を重ねるごとにm~Mが強くなりPM型に変化していくことがあるだろう、また全員がPM型ばかりの組織も良くないだろうしそれぞれが協力して上手に組み合わされて行くのかとも考えます。

shiro4640
2021/02/14
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

初めて知りました。
実際取り入れてみたいと思いますが
まだまだpM型の雰囲気があるなと感じます。
やっと、少しづつですが、会社の傾向がPを取り入れつつな感じがしてきました。

masayay
2021/02/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

能力開発には振り返りが大事だということを実感しました

aiyama1974
2021/02/14
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

これがすべてではないですが、部下をぶんるいしてみようとおもいます。

pnda
2021/02/14
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

PM理論は個人の特性ではなく行動として捉えていること、また行動は変えられると考えていることはどの人にとっても勇気づけられる内容であろうと感じた。
また、PmよりpMの方が良いという点は少し意外であるものの納得する点ではあった。組織である以上、メンバーが働きやすければ組織としての価値最大化にはつながらないため組織マネジメントにおいてはMが重要視されているのだろうと思う。ただし動画中にあったように、これからはリーダーシップとして変革が求められていく中で、P、すなわち既存事業の生産性向上だけでなく、変革を起こしていくことが重要になるであろうと感じた。

masahiro_0704
2021/02/12
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

普段、PとMの両立を意識しているが、個人的にはPが弱いと感じる。チーム員にはPの要素が強いメンバーもいるので、まずはそのメンバーの力も借りてPの能力を吸収していく。

p538
2021/02/11
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

あまり実践的ではない。理論を知っていても、行動が伴わないと意味がないという点で、[行動]に着目している点は評価できるが、それだ
け。

mkak07
2021/02/11
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

pMとPmがいればお互いを補完しあえるという意味ではチームワークも大事だと思いました。

manahiroken
2021/02/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM型の上司にはこれまで2人出会いました。
チームでお互いの弱点を補完しながらPとMを高め合いたいです。

saggi
2021/02/10
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

リーダーシップは生まれ持ったものではなくトレーニングでできること。

自分が思っているリーダーモデルと客観的に周りが思っているリーダーモデルの差・ズレを理解して、どのようにズレをなくすか、どのように行動すればよいのか考えなければならない。

PMの次はpMが望ましいというのが驚きであった。pよりMのほうが組織でのニーズが高いのか?やはりビジネスをするうえでは、人間関係やチームワークは必要。そこはやはり個人の性格もでてくるかもしれない。

renkoutak
2021/02/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自らをpm理論にあてはめるとpMとなるので目標を定めしっかり目標対しての成果を振り返り、課題を挙げ、あらたな目標を立てて再び取り組むといったPDCAを回してPを向上させていきたい。

tetsu0131
2021/02/08
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

自分の組織の管理職をPM理論のどの象限に当てはまるか一度見てみると、どう組み合わすのが良いか見えてくるような気がしました。

takahiro_1229
2021/02/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自身や部下でトレーニングのサイクルを回すことを実践してみたいと思いました。

kenko-1122
2021/02/05
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

1966年に提唱された古典的リーダーシップ論。目標達成能力と組織維持能力を併せ持つリーダーを目指すべきということ。考え方は極めてシンプルなものだと思う。

tarou_275
2021/02/04
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM型のリーダーを目指して活動する事の
必要性を理解した

mabo_0608
2021/02/02
メーカー クリエイティブ 一般社員

自分がPM理論によりどの型なのか考えてみた。今は、pmも弱いためパワーアップするために自分で振り返りを行います。

kkensu01
2021/02/02
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

M型が強いメンバーが多いので、どのようにPを育てていくかが課題である。

funaki_09087
2021/02/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

第1,3週はM行動を意識します。
第2,4週はP行動を意識します。

週末ごとに振り返り、
月末に検証するサイクルを
習慣化します。

takashi-kondo
2021/02/02
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身はpM型だと認識しています。時代の変化とともに競合との闘いが激化する中、pを鍛える必要性を感じた。自分自身の行動変容を具体的に考えて行動したい。

tajitaji7
2021/02/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 経営者・役員

各個人のもっていれる特性を理解して、行動によってリーダーシップをとれる人材育成プランをとりいれたい。
また、Pが得意なメンバーとMが得意なメンバーでチームを構成してお互いのいいところを学びながらPM型になれるような取り組みをおこなっていきたい。

ukiyuki
2021/01/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 一般社員

自分の行動や、会社が目指す姿、現場メンバーの姿を振り返ることができました。足りないところを強化できるように、心がけたいと思います。

kfujimu_0630
2021/01/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論というフレームワークは初めて知りました。P特性もM特性もバランスよく使い分けることが大切だと思いました。これから意識してリーディングしていきます。

kero4
2021/01/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 部長・ディレクター

自社はpM型のリーダーが多い印象。会社のい経営戦略もおとなし目であることが要因と考えられる。もう少しP型に強いリーダーを増やしていかないと、業績ステージをワンランク上げることが難しと感じた。

jive
2021/01/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

リーダーシップに型があるという考え方を学べて良かったです。部下にとPとMのどちらを求めるのか個人によって異なるような気がします。

f-233
2021/01/26
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自身の特性を可視化し、分析し、目標を立て、行動して結果を振り返る。そしてまた繰り返すことがPとMを高めていくサイクルになる。

この中で、目標設定と行動の評価が難しいと感じた。リーダーシップを発揮する対象である組織に対しての「正解」の行動は一つではないので。

そのため目標は明確で検証可能、その上で自身の成長と組織の発展に効果的なものを設定する必要があると感じた。

kaimiko2128
2021/01/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

P型の人は押しが強いから、M型の人はチームワークを維持するのに苦労する。

sasakyu
2021/01/25
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

現業務において、Mが足りていないと認識する事が出来た

tabe_k
2021/01/24
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を初めて知った。自分自身の特性だけでなく、部下の特性も十分に把握し、個個別にPMに近づくための方策を考えるように促していきたい。

tsuyoshi-n
2021/01/24
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを考える上では何れにしても「行動」がポイントになるということが上手く自分には落ちてきました。分かりやすい内容で様々な場面で次のリーダー育成の面談などに使いやすいと思いました。

garu0216
2021/01/24
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップはトレーニングで身につけられると知ることができたのは大きいです。

youtarouym
2021/01/24
コンサルティング・専門サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

PM型に近づくために何が必要なのか、具体的に行動に落とし込んで日々マネジメント業務に臨みたい。

natsuki0523
2021/01/23
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今の自分がどのタイプか?過去の上司がどのタイプか意識することでリーダーとして強化すべきポイントを意識することができると感じました!

user-b9c46727fe
2021/01/22
  

この人とこの人の組み合わせがいいと何となく考えることがあったが、合点が行った

kikuoka2459
2021/01/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

組織を大事に育てていけばパフォーマンスも上がってくるのでは、と思います。
この時代、余りにPに拘り過ぎると返ってPを失いかねないですね、

t_himeno
2021/01/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

自己分析を行い、自身がどの型タイプかを判断し、
今後の学習に役立てていきたい。

kuma0707
2021/01/18
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

リーダーシップは個人の特性でなく行動だという点が新たな発見でした

shigetan24
2021/01/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を学んで、自分やメンバーの行動特性を整理できました。自分はpMだと思うので、P行動を高めるための施策を行いたいと思いました。具体的にどうすればP行動特性を高められるかを学びたいと思います。ありがとうございました。

hideyamasan
2021/01/17
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

行動変容を測る理論として学びました。日本人がM行動が強いとは、和を大切にしたいと思う自分の中にもあると実感しました。

mitsuhiro-lucky
2021/01/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

・PM理論:はじめて聞きましたが、分類すると行動が区別され差別化される利点があると理解しました。

naoto_87
2021/01/16
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

新しいプロジェクトを進める時のチーム作りの段階で、pm理論に基づいてチームを作ることが望ましいと学べた。

shimo_san
2021/01/14
コンサルティング・専門サービス コンサルタント その他

自分がどのタイプでどこが強みか、弱みか分析できる。チームのメンバーも同様。

moocaster
2021/01/14
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップの順番がPM型→pM型→Pm型→pm型とは驚いた。目標は達成しないが、組織をまとめる力がある人とはどんな人なのだろうか。

tettyy
2021/01/13
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

まず自分がどの分類に位置するのかの把握、そして不足している点を認識し、改善意識を持つことからPM両面に強いリーダーになることができる。

zummy_0617
2021/01/11
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

PM理論を初めて知りました。PはPermeance、MはMaintenanceです。
実力度合いが4つにわかれましてPM,pM,Pm,pmで日頃のトレーニングに
よって積んでいくことが大事だと分かりました。

246911ngyaoa
2021/01/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現在PMでなくても、教育によってPmをPM、pMをPM、pmをPmもしくはpM
そしていずれはPMへと 個人 そして組織をステップアップさせればよいと考えられるようになった。

kikitata
2021/01/10
インフラ・公共・その他 その他 その他

PmよりpM型のほうが求められる人材

yasushi_0724
2021/01/09
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を元に自己分析すると自分はまだpm型であるように感じますが、前向きに捉え、行動を振り返りながら、自身の成長に繋がていきたいと思います。

yoshinori358
2021/01/09
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

Pに偏ることなく、Mにも偏ることなく。完全な人間はいないので、どちらかを補い合える組み合わせでの組織運営、PJTマネジメントが必要

kenji1
2021/01/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

整理できました。

takakura
2021/01/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

まずは組織をまとめる力をつけて目標達成に向かいたい。

y___y
2021/01/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 一般社員

自分はPが弱い傾向があるため、目標達成できているかを定期的に振り返ってみようと思います。

yoshi__o
2021/01/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

チームを構成する、育成する事に対し参考になりました。
M行動は「研修により向上させることができる」についてどのような研修なのか具体的に知りたい。通常、協調に関する研修はされていると思われるので、更にそれを向上させるための研修となにか。

mhattori0206
2021/01/06
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の考え方は初めて学べました。
自分自身の成長も、部下育成もこの考え方で実践してみようと思いました。

toshiyuki197146
2021/01/05
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

改めて自分がPM理論においてどの位置にいるかを考えさせられた。何を伸ばせばいいかを分析して業務に役立てていく。

kota06
2021/01/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

一人でできなくとも、まずは人材の組合せで、
グループとしてパフォーマンスをあげることを指向し、
並行して個人の成長も目指していきたい。

take_2z
2021/01/05
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 部長・ディレクター

リーダーのタイプを特性ではなく、行動で分類するという考え方は、足りないところを明確にし、改善する方向を見えるかしやすいので育成プログラムとして取り入れやすいと感じた。

yukimasa_0903
2021/01/05
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

自身のPMを伸ばし、組織成長、部下育成に役立てたい

tomo1007
2021/01/04
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自分のマネジメントスタイルを省みて分析することに役立つ

shu4
2021/01/04
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

リーダーを補完できるように動く事を考えてみる。

masa1116
2021/01/04
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

PMを意識した行動を行います。

ry_2030
2021/01/04
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

組織のマネジャー複数人で客観的に4つのどのタイプにあてはまるかを分析し、足りない部分を補うようなトレーニングを行う

akiyamako
2021/01/04
金融・不動産・建設 その他 一般社員

当社の現状はMを大切にしている傾向が強いと思うが,入社した頃はPが強かったと思う。時代によってリーダーシップのあり方も変わってきた気がする。Pも意識しなくてはいけないと改めて思った。

to_ao
2021/01/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

会社の中を見てみると技術部門はPm型、品質部門はpM型が主要メンバーになっていると思いました。PとMをバランスよく配置することで、状況改善の可能性があるということを学ぶことができました。

2487
2021/01/02
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身の現状や支店内の状況を振り分けながら学習することが出来ました。
Pm型が多い職場ですのでM型能力を意識しながら稼働して参ります。

tyagisawa
2021/01/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自分ならびに他のリーダーたちが、P-p, M-mのどれにあてはまるかを認識することにより、組織や人のマネジメントがうまくいっていない時に、その状況に合った、行動変容の対策をより的確ににとることができる。また、組織や人のマネジメントがうまくいっている時にそのTTP、TTPSのためにも有効。

apple_na
2020/12/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

PM理論初めて学びました。

daikiyamada
2020/12/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 経営者・役員

自分は、M機能が弱いタイプのリーダーであると自覚した。目標達成のために動くが、そのために組織の人間関係をドライにしてしまうことが多い。それを補完するために、1On1の実施や、組織のメンバー間の人間関係が良好になるような雰囲気作りをしてあげたい。

keikasa
2020/12/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 部長・ディレクター

自分はPmタイプのような気がする PMになれるように頑張ろう

bisyouenn
2020/12/30
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論はまず自分自身の位置を明確にしていくことが必要。
また、毎週、毎月ごとに現在地を把握して改善していくことが必要。

sinzaemon20
2020/12/29
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

組織編成を行う際、Pm×pMのような、お互いの不足分を補填し合えるような組織づくりは組織を円滑に進めるだけでなく、当人達にとって自身の不足分を高め合うシナジーが生まれるのではと考える。

t-okada1110
2020/12/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

自分はどちらかというとpM型だと思うので、Pを強化するようにトレーニングしていきたい。

nakaha1772
2020/12/28
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

PM理論を用いて、自己評価、他社評価のギャップから取り組む課題を発見しようと思いました。

thomas-new
2020/12/28
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

目標達成と組織の維持、パフォーマンス向上にはどちらも重要ですが、業務の特性(定型業務、PJ業務)によって、Mが強くメンバーに慕われる人材が向く、Pが強くメンバーを引っ張るタイプが向くものがあるので、特性に合わせた人材が参画して進められると円滑に進められるのかなと思います。
しかし、あくまで対人関係が悪くない環境下での理論かなと思います。まずは人同士のコミュニケーションが円滑に取れる環境づくりをしてから、こういう理論を活用していきたいです

masamitamanegi
2020/12/27
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

P行動が弱いと思うがまずは客観的評価をしてもらい原因分析、行動の明確化、実行、振り返りを行いたい

shunsuke18
2020/12/25
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

理想はPM型リーダーなんだろうが、
今の時代、P能力とM能力がトレードオフになる局面が多いような気がするんだよなあ。

jumpei_0726
2020/12/23
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

PとM両方に強いリーダーになるためには、優れたバランス感覚が必要だとおもいます。

nobu96
2020/12/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

PM型の人材になるには理想が高いが、ぜひ目指してみたいと思います。

tomopo
2020/12/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

数多くの業務があるため、チーム内のそれぞれメンバーが対応して、チーム内での一体感を保ちづらい。
となると、Pに偏りがちになるため、M的な要素も取り入れる必要があると思った。

kuro_
2020/12/22
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

個人の特性ではなく行動、とのことですが、
行動は特性に影響され、変えることはなかなか難しいかも、と思います。

koji_xyz
2020/12/21
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身の強みを客観的に捉え、足りない部分を行動で変えられるので、
実行しやすいと思います。
自社のマネージャーはPが強い人が多い気がします。

masaru18
2020/12/21
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

PとM 行動特性を把握して今後の組織づくりに活かしていきたいと思う。

shimokie
2020/12/19
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは属人的なものでなく、トレーニングで身につくものであり、
自身がPMのどこに分類されか認識し、弱みを改善していく必要があると感じました。

_k_o_
2020/12/19
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

客観的な評価を確認して、理想との乖離を確かめたい

tak_om
2020/12/19
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を知ることで、PもMも高めていかなくてはと思いました。
それぞれ、どうやって高めていくかがもっと知りたいです。

ishida_m
2020/12/17
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

個人として比較的Pm型かなと思うが、pもmもどちらもまだまだ伸ばしていかないといけないと感じました。
本講座の学びを意識して理想的PMに近づいていきたいと思います。

yonemura_t
2020/12/15
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のタイプに気付きを与えてくれる理論であるとともに、同僚の支援を得ることでより良い組織が創造できると感じた。

hanakosan
2020/12/15
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論以外の考え方も勉強したい。
自分はどの領域の人間なのかは、どうやればわかるのか、知りたい。

kosuke_watanabe
2020/12/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

行動で変えられる、というところが重要と感じました。なれないことをするのは腰が重たいですが、まずはやってみてトレーニングすることで苦手分野も克服できると感じました。

kusuke
2020/12/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

課員の特性を分類して、強い行動と弱い行動を見極め
どのスキルをアップさせるべきか、認識した接し方を
考える。

noppon_78
2020/12/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自己分析ではpMタイプかと思われ、目標達成行動を意識的に強く心がけるべきではとの気付きが得られたから。

t-szk_rj
2020/12/14
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

PM型のリーダーシップを発揮できるように、リスクに脅えず強い意志をもって日常の業務に励みたい。

akira_oki
2020/12/13
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

わかりました。

yuta320
2020/12/13
商社・流通・小売・サービス 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

組織の尊敬できるトップはPM型だった。
Mを求める組織の下位が多い中でPとのバランスをとることの難しさに直面しているが、Mを維持しながらPに荷重していきたい。

hiro0605
2020/12/12
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

どんどん業務に生かしたいきたい理論を学べて有用なコンテンツだとおもう

kenny1117
2020/12/10
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

PMの観点でリーダーシップを考えるという視点が学べたから。
P=目標の達成ができる
M=集団をまとめることができる
自分は、pMなのでPMになれるようにPの力を上げていきたい。

korokke014
2020/12/10
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 一般社員

リーダーシップは行動で変えられる。自分自身はまだリーダーシップを取る立場にないが、PとMの型を意識しながら仕事をすることは大事だと思う。

tada05
2020/12/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

行動は変えられるを意識し、毎週振り返りを実践すること

wkiymbk
2020/12/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

P機能とは、メンバーへの指示や叱咤激励などにより、目標を達成する能力をいう。一方、M機能とは、人間関係に配慮し、集団のチームワークを維持・強化する能力をいうことを学びました。MBOに取り入れ活用します。

eni-moh
2020/12/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

メンバー各々の能力・モチベーションによって、PM使い分ける事も必要。

keiryo
2020/12/08
コンサルティング・専門サービス 営業 一般社員

人物の特性ではなく、行動をPとMで見定め、不足部分は成長促進、あるいは他のメンバーで補えるとのことで、とてもシンプルで使いやすい理論だと思いました。

kinoshita813
2020/12/08
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の知見はありませんでしたが、現状把握くらいの活用方法くらいにしか、感じませんでした。

daddyveroo
2020/12/07
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

できればPとMをバランスを取りながらどちらも少しずつ一緒に強化していけると、いいリーダーになれるように思います。

hsuzuki_ose
2020/12/07
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

自分がリーダーになるとしたら弱点は何かわかったような気がします。

nico_0000
2020/12/07
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 部長・ディレクター

自組織のリーダーはどちらも弱いpmタイプが多いと感じた。PとMの具体的な伸ばし方についてもう少し詳しく聞きたかった。

masarusan_
2020/12/07
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

PM理論を用いて自身が4つの型のどれに属するかを知るだけでなく、自身のリーダーシップを伸ばしていく過程においてどの能力を伸ばしていくべきなのか、把握するための指針として活用することが重要であると感じた。

krankenhaus
2020/12/06
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 一般社員

周りを見ると、PMタイプはほとんどいない。
それは同僚であっても上司であっても。
大半がPが強い。
M強い人なんで周囲には皆無じゃないかな・・・

tanaka_80259
2020/12/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自身のリーダーシップ行動について、自己分析と客観的な評価とのギャップを知り、決意表明の上で改善に取り組むことでリーダーシップをより良いものにできることを理解できました。

rinten
2020/12/06
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

改めて有効性を認識し、自分の行動変革だけでなく人材育成にも活用していきたい。

naru-sun
2020/12/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは強化できることを知った。
また、強み・弱みを把握することで弱みを伸ばすことが出来る。そのためには客観的な視点が必要。

tmmy05
2020/12/05
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

スタッフの人材育成を考えるにあたり、個々人の特性ではなく行動にフォーカスを当てるという点で勉強になった。人の特性にフォーカスを当てがちなため。

ryuichi0208
2020/12/05
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

まさに4つに分類されると感じた。Mpはやはり多い気がするし、上にいけば行くほどmPのような気がする。

akiro0620
2020/12/05
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpM型であろうと思ったので、Pを強くすることを考えながらトレーニングしていきたい

kaede-1118
2020/12/04
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは変容、改善できる行動であることを念頭に日頃の行動を意識していきたいと感じた。自分自身の評価と他社からの評価のギャップを埋めるための作業をおこなっていくことの重要性についても共感できた。

fuji_atsu
2020/12/03
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

自分も典型的な日本人のpMタイプであろうと思う。リーダーシップは変えることができる。PMタイプになれるようがんばっていきたい。

makotoyoshimi
2020/12/03
メーカー 営業 一般社員

具体的目標を常に意識させること。

shunso
2020/12/03
金融・不動産・建設 営業 一般社員

PM理論
P=パフォーマンス(目標達成)
M=メンテナンス(集団での率先力、維持力)
PM型とは、どちらも備わっている人のこと
Pm型、pM型、pm型もいて、pm型は最悪。
「pmからPMへと、自分を変えていくことができる。」

k-kengo
2020/12/02
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

部下との互換性のある会話ができるツールとして活用したいと思いました。部下の現在地と足りない部分を伝えやすくなりそうです。

tamu_satsu
2020/12/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の視点で、自分自身および上司の行動を今一度振り返ってみたいと思う

ka_2
2020/12/01
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

ヒトはかわることができる! かえることできる!

masafumi_a2
2020/11/30
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分の周囲の方 店舗運営進める中で
伝達能力は受けてを考えるpMがスタートは良いと考える。

yosh1386
2020/11/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

日本には、pM型のリーダーが多い、なるほどと感じました。

m-hirose
2020/11/29
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

P機能、M機能のどちらも重要だが、それを具体的に発揮できるまでの道筋が難しい。

rinda_naoto
2020/11/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自分は完全にpM型だとはっとさせられた。

nao-39
2020/11/28
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

とりあえず理解したので、部署・チームやメンバーの行動特性を見たり改善する手段として活用してみたい。ただ、異なるタイプの人材を配置して解決できるというのは必ずしもそうではないのではないか。ノルマが厳しいが目標達成できているチームにpMメンバーが配置されたとして、ノルマの厳しさが下がるとは思えない。

yakoringo
2020/11/28
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

業務に活用するためには、トレーニングが必要である。グループを作ると、それぞれの特性で自然とリーダーが作られてしまうが、予めリーダーを決め慣れさせる特訓も必要ではないかと考えます。

nagayasu
2020/11/28
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

自分の特性を理解し、弱みはかい下。

kokura_syoto
2020/11/26
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

リーダーシップを分類し、Pm、pMが共同することで、それぞれ弱いことろを補完し合うことができるということを知れたのは何か新しいチームを作るとき等に参考になる

dai-3639
2020/11/25
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

どちらが不足しているか分析し、不足部分を意識して行動する

daisuke33
2020/11/23
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

自身は常々pM型と感じている。チームワークをアウトプットに繋げていくよう自身の行動目標を設定していきたい。

shota_88
2020/11/22
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

概要は分かったがでは行動レベルでは?となった

t2230
2020/11/21
コンサルティング・専門サービス 建設・土木 関連職 部長・ディレクター

自分が何型であるかを把握しPM型になるように行動する。

kita2nothing
2020/11/21
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下を育成する際の共通言語としたい。PmまたはpMタイプの部下に自分の行動を認識させることができれば、どんな行動を取ればPMに成長できるかがイメージできるのではないか?

kin533
2020/11/21
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

自分はどちらかと言えばpMと思いますが、なかなかpを強くすることができません。pを良くするための具体案があればと思います。

m_hane_sora
2020/11/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 一般社員

リーダーシップを2軸に分けて考えると、自分は向いていない、ではなくて、どちらの機能が足りていないのか、みたいに具体的に考えられるようになって良いと思った。

gomasa
2020/11/20
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

今後PM型理論を基に、自身の行動の振り返りをしていきたいと思います。

akira1975
2020/11/19
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

意識的にP行動とM行動をバランス良くとるようにする。自分はPに偏っているので、Mに対する意識を強化する。部下の行動を良く見るようにして、褒めるなどの回数を増やしていきたい。

hiroieda
2020/11/19
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身はPm型だと思っているが、他人がどう思っているのか、自身が考えていることとのギャップは何かを確認する。

miya51344
2020/11/17
メーカー 営業 一般社員

M行動が高い日本においてPを鍛えることは強みになると考えます。
その上で、組織としてのPの強い人材と、
Mの強い人材をうまく配置することでより強い組織になると感じました。

tajyuyuna3310
2020/11/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分がどの型に属するのか自己分析能力が先ずは必要かと思います。

ton09
2020/11/15
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はどちらかと言えばM型なので、P型としての仕組・考えの導入が必要と感じた。

yuya_y
2020/11/15
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自身のタイプも把握出来今後の強化に応用出来そうです。
またマネージャー陣の特性も把握出来今後伸ばしていかないといけないポイントが視覚化できました。

masaki0111
2020/11/13
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はPm型と感じました。PM型に変えていきたい。

ko-suke0923
2020/11/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップのタイプについて理解度が高まった。自分自身を客観的に評価し、よりPM型のリーダーシップが発揮できるよう自己成長につなげたい。

mizuki_nogami
2020/11/12
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論では、個人の特性ではなく、行動で捉えるとあります。ただし、特性があると少しの行動で大きな影響を与えることができるケースも多いと思います。行動を継続することによって、特性も向上させていきたいです。

yuichi1981
2020/11/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

P,Mそれぞれの行動について、客観的に評価するには、どのような方法があるのか。
そのようなことも知りたいと思いました。

suu_0314
2020/11/10
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論に基づいて自己分析すると、自分はpM型に分類されるとは思う。とはいえ、Pも求めているので、今後、より意識して業務を推進しようと思う。

moppi
2020/11/10
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身はpMタイプと感じており、まさに今、目標へのアクション、管理を日々トレーニングしています。

h-o-s-h-i
2020/11/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

PM両方ともそれほど強くないので、今後研修を受けることで両方の能力が高いマネージャーになるよう努力する

hide2127
2020/11/09
インフラ・公共・その他 営業 部長・ディレクター

まずは自分自身の型を自己分析し、上司や同僚等、第三者の目から客観的に分析をして貰った型を比較・分析をして、マネジメントに活かしたいと思います。

hassii
2020/11/09
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の座標の中で今どこにいるのか、どこを目指すべきか、をきちんと示してあげる必要があり、それには相手の行動をよく観察することが必要。

03_takumix_16
2020/11/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

これからの時代はMよりもPが優先的に必要とされる気がしている。

yujiyama
2020/11/07
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自分の行動特性がどの象限に入るのか、振り返ってみたいと思う

mokio
2020/11/05
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

自分の行動を振り返り、理想のリーダーを目指します

nagura_1968
2020/11/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

マネージメントの場面で役に立つと思います。

simba_cat
2020/11/04
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

なぜPMの型の望ましい順は、PM→pM→Pm→pmと、pMが先でPmが後なのだろうか?

takito
2020/11/04
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分は、PmとpMを揺れ動いている気がします。
リーダーシップを発揮する場面によって違うだけかもしれません。

mikijin
2020/11/04
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

リーダーシップは、改善できることを学びました。私自身も行動変容すると共に、回りにも働きかけて強い組織を作りたいと考えます。

kura09
2020/11/04
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

この人はダメだという考えから脱し、人の組み合わせで育てることができる。

sho1971
2020/11/03
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論は、リーダーシップを個人の特性ではなく、行動に因るものというところが新鮮でした。

tiwasakiaaa
2020/11/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

日本人は組織の和を重視してM行動が優勢になりがちなため、和を保ちつつP行動をいかに伸ばせるかが重要な事例が多いように思う。

aripapa
2020/11/02
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

人事考課の際、リーダーに対しPM理論軸のどの部分にいて、今後PM型に向かうために何が必要か自己認識させることができる。
口頭で思いを語るのも大事だが、ロジカルに図で説明できるのも利点だ。

suginoryu0502
2020/11/02
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

どちらも意識しながら活用していきます。

sa_112
2020/11/02
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

自分が現在4つのどの象限に入るかを認識することで、PMに近づくためにはどうすればいいのかが明確になると感じた。

yas5000
2020/10/31
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

自分を分析した際pM型であると考えられるが、Pが弱すぎて目標達成に対する執着がない為、成果は結果論になっている。なりふり構わず数値や期日目標を目指す姿勢も必要と思われるが、働き方改革やハラスメントからPを上手く発揮するには難しい環境になっていっている。

t_kawaguchi
2020/10/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

フレームワークとしてはシンプルで分かりやすいが、
これだけで育成につなげるのは少し難しい感触。

i___k
2020/10/31
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私は、自己評価ではpM型だと思う。ここ数年、職場の雰囲気や人間関係は悪くないが、成果がついてこない。Pを伸ばすべく、行動を変えていく。本講座を受講してそう思った。
また、組織の観点からは、私だけが変わるよりも、複数のリーダーが変わることで、より強い組織を作ることができる、という点を認識することができた。

t_mura
2020/10/29
メーカー 営業 一般社員

現在、すでにPM理論のPとMについて常に考えながら行動していると思うう

mayasuke
2020/10/28
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身ではpMではないかと思う。
Pの目標達成を意識して行動したいとおもう

robotake
2020/10/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

部下の特性を把握することに努めてはいたが、フレーワークとして理解すると非常にわかりやすく、活用できそうである。

mikopa419
2020/10/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

シンプルな理論なだけに、幅広く捉えられて、一側面としてリーダーシップの参考にするには良いと思う。

hma310
2020/10/25
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

各リーダのタイプを分類させてみて、自分の目標を設定させる。あくまで分類は個人の特性ではなく、行動によるものなので行動は変えられる。なのでリーダのタイプも変えられる。

al01
2020/10/23
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

どちらかといえばP行動が苦手。
与えられたミッションや役割によって自身がとる行動も違うが、
P行動のほうが反発もあったりと負荷になりやすい。
両方うまく使えるのが理想。

hikari1000
2020/10/23
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

不況だとPが重視されそうPMになりたい

lyco123
2020/10/22
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

まだマネージャーではないが、自分自身に当てはめて考えるとpmである。もしマネジメントする立場になったら段階的に一年目はPmを目指し、2年目にPMになれるように目標設定しようと思った。mには部下の信頼が必要だから時間が掛かるだろうと感じた。

k-man
2020/10/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

マネージャーにはpM型とPm型のどちらかが一番多いと思う。担当の社員の特性によっての相性がある。PM型に育成することを意識すると、課題が見えてきて適切な指導や支援ができそうです。

chivi
2020/10/22
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

初めて知り勉強になりました。

tomoko_m117
2020/10/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

目標数値やスケジュールについて、厳しくするのつらいときもあるが、「個人の特性」ではなく「行動」として行っていけば、できるのではないかと思った。今後に活かしたい。

si112233
2020/10/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

以前読んだビジネス本の中でも取り上げられていたので、復習になってよかったと思います。
リーダーシップを計る上でPとMの2つの切り口で、おおよその能力や対象者の傾向が掴めると思いましたので、どちらをケアしなければいけないのかがわかってよかったと思います。

この先の内容になるのかもしれませんが、P・Mそれぞれの具体的な伸ばし方(個人的に知りたいのは特にM)が知りたいと思いました。

hisa123
2020/10/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップとは行動で図るもの。
自分の行動を定期的に振り返るようにしよう。
自分はpM型。約束を期日までに求められた品質で履行することをまずは徹底しよう。

onioni
2020/10/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自身は今までM型重視の手法を用いていたが、チームの成果を出すためにP型の手法を取り入れていく必要があると思った。直属の上司はP型のリーダーシップが強いので、上司と自分の間でギャップ分析をして、P型のリーダーシップを身につけていきたいと思う。

sakai-0218a
2020/10/18
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 部長・ディレクター

PM理論を初めて聞いたが、自分の過去から現在に至るマネジメント手法の変遷の中で思い当たることがいくつかあった。自身pm型から始まりPm型に移り、現在はpM型的な手法に落ち着いているように感じた。
真のPM型に向け、何が必要なのかを考えていきたい。

hikarut
2020/10/17
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは行動によりしめされるものであること、行動の目標建てと宣言、実行と振り返りを通じてPM型となれるようトレーニングしていきたい。

zono0926
2020/10/17
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論に基づきまずはメンバーをどのジャンルに属するかを振り分けたうえで、特性に応じた業務指示、ミッションを与えていくことで育成を行っていく。

popo2020
2020/10/16
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

今までの上司はPm型の人が多かったので、何となくそれでやってきましたが、Mを高めることも必要だなと思いました。

toshiki12
2020/10/16
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分の行動をPM特性に照らして、振り返る習慣を身につけたい

onbu
2020/10/15
メーカー 営業 一般社員

自分の特性は、Pm。Mも強くなるように行動を変えていこうと思います。

moti555
2020/10/15
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

「目標達成↔組織維持機能」の2軸で考えることがあまりピンときませんでした。

hiro9972
2020/10/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

自分自身昔は完全にPm型であったが現在はどちらかというとpM型のような感じがします。

legapy_tw
2020/10/13
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

全ては意識の問題かも知れないが、己の特性を客観的に観察してみる良い機会になった。

robroy
2020/10/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 部長・ディレクター

自部門におけるリーダークラス人材の分析をあまりしてこなかったため、自身のポジションも含めて一度考えてみた上で、組織強化に向けた必要な策を講じるようにしていきたい。

tomo0421
2020/10/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分を振り返るとpの弱いpM型と認識できる。変化の大きいこの時代、意図的にPを自分の至上命題と捉え、もっと追い込んでいこうと学んだ。但し自分の考えを押し付けずあくまで自分だけが自分の考えで動くことを理解してもらいたい。

ichisaku51
2020/10/11
インフラ・公共・その他 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

こうしたフレームワークがあることで、無用な個人特性による攻撃や批判をさけることができるという点で有効であると感じた。

1967yyhh
2020/10/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

上司や同僚に、『行動』とその成果、結果へのフィードバックをもらいながら、自分のいるステージを確認してレベルアップを図りたいと思います。

toshisan27
2020/10/10
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自らの現在の特徴をよく理解して、自らに足りないものを補っていきたい。

uemura7
2020/10/09
メーカー その他 一般社員

大文字小文字では、書かないと区別できないので、呼び方を工夫すればいいのにと思いました。

teyoshi0717
2020/10/09
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを行動で捉え、トレーニングによってリーダーシップのあり方を変えることができることを前提にしていく中で、自分が上司がどの立ち位置にいるかを考えていくことが必要と思います。pM型の上司が経験上多いですが、Pm型の上司もいた経験があり、目標達成をしつつ、組織をうまくまとめるといった両方のバランスの良い上司は少なかったと思います。

au_hiro
2020/10/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpM型に近いと思う。
P機能を伸ばし、PM型を目指したいと思う。
大変ではあるが、決意表明と行動、確認のサイクルを行って行きたい!

nonomorisan
2020/10/07
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

自分の弱みは何なのかを改めて考えさせられました。
カバーしつつ、カバーされつつ、成長しより良い形になれば良いと思いました

shigeki1966
2020/10/06
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

リーダシップを行動で区分するのは興味深くなるほどと思いました

toru_1985
2020/10/06
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

P「目標達成スキル」
M「組織維持スキル」

toritori0923
2020/10/04
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PとMそれぞれの能力を高める意識を持ちたいと思います。

anonaoko
2020/10/04
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

リーダーシップにはいろいろな分け方がある事を学んだ

ken-0328
2020/10/04
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

直ぐにでも検証できる理論だと感じました。プロジェクトリーダーの人選などにも役立ちそうです。

honda_3916
2020/10/04
メーカー 営業 一般社員

自分はpM型と認識しているが
どのようにしてpをPにしていくか、まだ具体的行動のイメージが持てない。

t_yukiko
2020/10/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーとして、自分の足りない部分を補えるようPM理論で振り返っていこうと思います。

yuki2989
2020/10/03
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

自身がどのフレームワークにはまるのか考えるのも有効だけど、チーム内のメンバーがどのフレームワークなのかを考えることも、育成や運営に役立つのではないかと思った。

jun0905
2020/10/03
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

p Mだなーと感じる。Pを磨く必要があると感じる。

kass
2020/10/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

新たな組織でマネジメントを行う際、メンバーに対して遠慮することにより、目標達成ができない状況に陥ることが想定される。この場合は、どのような行動を取ればよいのだろうかと疑問を感じました。

atmk
2020/10/03
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

確かにMタイプが多く存在すると思われるPタイブの強化が必要と思われる。

minoru_i
2020/10/02
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

自身のビジネスマンとしてのポジションを振り返るために一つの指標として取り入れたい。

alex_666
2020/10/02
メーカー マーケティング 一般社員

自己分析による強みや弱みとギャップの把握に有用だと感じた。

yambo1001
2020/09/30
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

どちらかと言えば自分はpMタイプではあると思うが、今の立場ではPの要素が求められており、PMに近づくための努力が必要だ。

mas_takeda
2020/09/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分の行動を振り返ると確かにM行動が強い日本人に多くいるタイプだと気づかされました。目標達成には本人への動機付けや環境の提供が必須と思っていましたが、それだけではなく数字に対する強い意思や行動ももっと高める必要ありですね。

barny0417
2020/09/30
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

PM理論理解できました。。リーダーとしての強み・弱みを認識し図ること
ポイントはM行動に偏ることなくP行動を効果的に高める。

maher_ishida
2020/09/30
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自分の職場においては、目標設定の考え方がP機能を開発していくような方向に変わりつつある。しかしながら、一方向にシフトするのではなく、全体を最適化すべきであることを認識した。

askx
2020/09/28
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

①自分や仕事のパートナーがP寄りなのか、M寄りなのか、その特性を把握すること
②従事しているプロジェクトやおかれている環境で、どちらを重視するのかを見極めること
が重要であると感じた。

kakiyhid
2020/09/28
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

感情を完全に抑制する精神力が必要だと考えます。

n_mikami
2020/09/26
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

当院はPを重視しており、Mの育成など検討した方が良いと感じることができた。

naka_2020
2020/09/25
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を理解して、他のリーダーシップ理論も合わせて活用していきたい。

masashi-kanda
2020/09/25
商社・流通・小売・サービス 営業 その他

自分自身がどのタイプで行動しているかを考える上で分かり易いフレームワークでした。今後はPの行動をどう伸ばしていくかが自分自身には必要だと感じました

yaski
2020/09/23
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

古典的な考え方だと思いますが、基礎的な素養として掴んでおきたいです。

kinaco_mochi
2020/09/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PもMも自分には足りない。どうしたら高められるのか知りたい。

hirok-i
2020/09/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 クリエイティブ 一般社員

M機能が日本で多いのは空気を読む特性があるからかと感じた。P機能を強めての目標達成はチームによっては否定的に受け止められる事も多いが、それを前向きに受け入れてもらう納得感のある目標の提示と説明が大切だと感じた。

kenji_0515
2020/09/20
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

現在の業務の進め方を今回の理論をベースにして振り返ると、M行動としてチームメンバーへの発信力が足りず、メンバーを巻き込んだ業務遂行ができていないと感じましたので、業務の進め方変えてM行動を補っていこうと思いました。

tanabe0511
2020/09/19
商社・流通・小売・サービス その他 部長・ディレクター

自己認識ではPm型だと思うので、自分の職場でPM型となるよう実行できるようためしてみたい。

kouji_m
2020/09/19
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身はpM型と認識している。P行動を強化する為の方法を学び実践して行きたい。

amaetsu
2020/09/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Mが多いのは、自然とそう望むし、望まれるからだと思う。
Pが強いとパワーともとらわれがちだし、そこのバランスが難しいと思う。

matsu0330
2020/09/19
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

もう少し詳しく勉強したい。
部下をそれぞれ型に分け、未来の方と比べてみると楽しそう。

nori6
2020/09/18
広告・マスコミ・エンターテインメント 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

なかなかわかりやすい理論だった。Mが強いと仲良し軍団になりがち、しかいPが強く達成が出来ないと孤立しがち・・・

kappa_chan
2020/09/16
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私はどちらかといえばpMと思ったが、これからはPも強くしていきたい。具体的な学びの場があれば参加したい。

mirai100
2020/09/15
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

自身の行動を振り返れば、Pm型と判断でき、集団をまとめる苦手意識を打破したいと感じました。

kouichi-tokkaji
2020/09/14
商社・流通・小売・サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PMを意識して実践することが必要。

hisa_13
2020/09/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自身のリーダーシップ見直しの参考になった。

matsu_n
2020/09/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

ギャップの修正に至る客観的な評価というのがなかなか難しいように感じました。

takahirok
2020/09/13
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

決意表明 必ず実行
確認、行動の振り返りと新たな行動の目標設定
このPDCAは明日から始めようと思う。

takayuki_0463
2020/09/13
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論 初めて聞くワードでした。
私自身はM型ですが、今後 さらにリーダーシップが求められる時、
そこはバランスよくコントロールしていきたいと感じた。

8964
2020/09/13
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

個人の強み弱みとつかむことが重要であることが理解できた。

mi358
2020/09/13
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 一般社員

わかりやすいフレームワークと思った。人材を組み合わせることで、個人としても、組織としても力を発揮、に納得できた。

naoz
2020/09/13
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

変化の激しいグローバル時代において、リーダーシップの望ましさの順番は、PM、Pm、pM、pmが適切だと私は感じた。

04takayuki
2020/09/13
インフラ・公共・その他 専門職 その他

PM理論、当てはめてみると分かりやすい。

usmkng
2020/09/11
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 一般社員

PM理論に自分を当てはめたとき、pMになるんではないかと考えている。
が、自分から見たほかの人とその人自身が思っている型にはおそらく差異があると思う。
それについては途中の説明でも言及されていたが、客観的な視点を持ってPとM両方を伸ばしていきたい。

ruimasiko
2020/09/10
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

バックグラウンドによって、得意分野は変わる。技術系の職場であれば、Pが発揮されなければ、Mは説得力をもたないかもしれない。また、自分にはない知識を補う人材がいる事で、Mを発揮できるともいえる。

iztakei
2020/09/10
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

pM>Pmであるということは組織が置かれた状況にもよると思うが、考えさせられた。チーム内での個性の組み合わせや志向性を考えるうえでのいち指針としたい。

pixy
2020/09/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

いろいろな理論を実践して自己の成長だけでなくメンバーの成長も促してよりよい職場にしていきたい。

shirakawa_0729
2020/09/10
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

Mが強い組織だが、Pも伸ばす必要がある。

m-shun
2020/09/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

それぞれPとMが得意なリーダーが組むことで、組織としてPMを強くするというのが新たな気付きであった。チームメンバーが現時点でどちらが得意そうか見ていきたい。

taki_yoko
2020/09/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップトレーニングで振り返りを継続的に行なう事が難しいと思うので、宣言をして自分にプレッシャーを掛けながら行なってみたいと思います。

mak-
2020/09/06
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

自分は明らかにpM型であり、Pが圧倒的に弱い。リーダーシップは生まれながらの特性ではなく、変化できるのだ…と言うセクションを、もう少し詳しくいくつかの具体例で参考にしたかった。また、人事異動などで、チームメンバーを考える際にも、役立つ理論だと思った。

aki_8745
2020/09/05
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

自分自身のリーダーシップ行動の改善に役立ちそうです。

tamiy
2020/09/05
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーとして異動し、初めての業務に戸惑いながらも、既存メンバーに不安を与えないようにと努力をしているつもりでした。
しかしながら、空回りをしているようで、上手くいっていません。
自身のこれまでのマネージメントについて、PM理論をもとに整理し、アクションプランを設計していきたい、と思います。

softball
2020/09/05
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

P、M各々の強弱をPやp、Mやmで表現することで視覚的にも分かり易い手法であると感じた。

育成によりp、mはP、Mになる可能性があることは理解したが、Pm、pMどちらの型がPMに成長しやすいのかも個人的には興味がある。

kobayashimik
2020/09/05
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

自分はPm型だと思った。Mを伸ばしていきたいと思う。

ishihara1979
2020/09/05
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

目標達成意識は高いが手段として周囲と同調できていない場合が多い

tomo0719
2020/09/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

行動を具体的にどのように改善していくといいか、具体的な内容、アドバイスがほしい。ほかのコースでその点カバーできるならその動画へ導くようにしてほしい。

isaokawahara
2020/09/05
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

久しぶりに復習した感じですね。

tachi5469
2020/09/04
メーカー その他 一般社員

PM理論を自分に置き換えた時、
目標達成の力が弱いが、集団をまとめる力があるpM思考が強い
(組織維持機能型M系型)
なので、一方の叱咤激励など目標を達成するPm思考(目標達成機能P型系)も、
トレーニングなどを通じて強化し、PM型になることが
芯のリーダーシップになれることが大切だと感じた。
ただ、
PM理論だけがリーダーシップ論ではないことも同時に学んだ。

khym1188
2020/09/04
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

Mをのばさないといけない

rookies15
2020/09/04
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpM型であると認識してる。
目標達成にどこまでこだわり、最後まで行動し続けられるのかが重要。
また自己認識と他社認識にギャップがあるように感じるので、上司に定期的な面談を依頼してみる。

m_furuhashi0218
2020/09/03
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

自分の行動を見つめなおして、弱い行動を意識的に高めていきたい。
PMが理想ではあるが、職場環境やメンバー構成によって、若干どちらかに寄せるなど、柔軟に対応していけるようにしたい。

karlpu
2020/09/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自分の型はPm型だと感じました。
自分の弱いMを意識し改善を図っていきたいです。

sunf
2020/09/02
メーカー その他 一般社員

PM理論は典型的によく表現される4つのタイプに分かれた理論だが、本来は誰しもPMタイプを目指していると思う。ただ、PMタイプが本当に周囲に居るかと考えると、あまり居ない気がするので理想と現実の壁が高いと感じるが、不足分は組織として組み合わせる事によって成り立つという事は経験上からも納得できました。

aki_y
2020/09/01
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

PMタイプが理想であるが、時代の変化とその時の自社・自部門に応じて、必要なPもしくはMを意識して伸ばすことができる組織風土が必要に感じた。

junbeat
2020/08/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

自身の行動をPM理論にあてはめると、pM型に近いと思う。組織/個人の状態、社員の内面を意識した指示行動が多く、目標達成型のPが弱いため、目標達成するためにどのようなリーダーシップの行動がとれるかを考えていきたい。

sakumatsu
2020/08/30
メーカー 営業 一般社員

リーダーとしてはP型、M型どちらも高める必要があると感じる

shibuya_01
2020/08/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

チームメンバーと協力し、皆でPM型のリーダーとなり、チームとして成果が出していく。
個人として、PとMの能力を上げるような行動をしていく。

yuki_hiro
2020/08/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

対象とするメンバーによってpMかPmかを使い分ける必要があり、いつもPMでいることを目指すのではなく、pMかPmどちらのスタイルもとれることがPMなのだと解釈しました。いまの自分の行動が4象限のどこにいるか意識していきたいと思います。

yorugata
2020/08/29
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

以前、上司に『今のメンバーを評価してみろ』と言われ、根拠のないランキングをつけてしまったことがある。
組織を運営するという点で、このような分類を参考にする事も必要時感じた。
成果に繋がる、メンバーの行動変容を促すのもリーダーの役割と認識している。

oku0712
2020/08/28
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

まさにpMあるいはpmが多い会社という印象。p➡Pへの成長が大事。ただ、そこでMがしっかり出来ていないと結果pmとなるので、そのバランスが特に大事という印象。

0612toru
2020/08/28
商社・流通・小売・サービス その他 部長・ディレクター

PM理論、知らなかったです。今後、自らの行動を本理論に基づき振り返りたいと思います。実際にはどちらかに偏っている人が多いと思います。

m-mkt1975
2020/08/28
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM型がいなくても、他の組み合わせの人たちでもカバーできる。自分の型を知り自分の弱い部分を研修等で学んで成長していきたい。

sumichan19
2020/08/28
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

個々の特徴を把握するところから始めてみます。自分はpMと思いますし、部下はPMとpm型に当てはまりそうです。PM理論の観点で、自分を含め成長できる取り組みが必要と思いました。

jabe
2020/08/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

客観的に俯瞰できるようなトレーニングを受けたいと思った。それを受けて
強みは伸ばし、弱みを認識のうえ、補填できる方法を見出したい。

yoneda_a
2020/08/27
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

自らの成長だけでなく、人材育成にも活用したい

yuji_0205
2020/08/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自身と部下が現状どのタイプなのかまずは認識することが大事だと思った。

kassann
2020/08/26
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは個人の特性でなく、変容できる、改善できるものであると再認識した。

m-ikawa
2020/08/26
メーカー その他 一般社員

自分はP機能を高めることが課題だと感じた。

tani44
2020/08/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

組わせて効果を発揮するというのは興味深かったです。自分と気質が違う人とも積極的に関わろうと思いました。

sho__
2020/08/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 一般社員

リーダーシップは生まれつきのものではなく、定義づけ出来て伸ばしていけるものだという気づきがあった。

shotaro-
2020/08/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップを生まれながらの特性ではなく、個人行動で定義している点がポイントだと感じた。自分自身にリーダーシップがないと感じていても、分析し行動を変えていくことで、理想のリーダーシップを得ることができると知ることができた。

takamasa4273
2020/08/24
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

仕事で活用できそうでした。
ありがとうございました。り

km122575
2020/08/23
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

自社の場合はP機能型に分類されるので必然的にPm型のリーダーが多いです。個人としてはpM型になると思うので、今後Pを伸ばしてPM型を目指すべき場所として認識することができました。

tantan-0363
2020/08/23
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップ不在の昨今だからこそ、必要な考え方だと思う。また、リーダーシップを育成するために、宣言や結果検証をPDCAのようにまわしていくのは非常に効果的だと感じた。

taiji_02
2020/08/23
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身ではP行動が弱いと考える。叱咤激励し目標に向けて組織を動かすには、動かすだけの意義や強い意思が必要。P行動とはどのようなものか、組織に与える影響とはどのようなものか、上長の例を見ながら自身に振り返って考えたほうがよい。

kawamoto123
2020/08/23
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

PMともに、自身でかけている部分を見つけ改善に取り組みことが重要と思います。又、プロジェクト立ち上げ時のメンバー構成でP要素M要素の強いメンバーを構成するところが非常に参考になりました。

reddragonfruit
2020/08/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

とにかくPM型がいい、PM型を目指せ、というのも確かにそうですが、ケースによってはPm型やpM型であることが必要であったり、Pm型のメンバー、pM型のメンバーとそれぞれがいいところを発揮し合ったり、足りない部分を補完し合ったり、ということも一つであると感じました。

kirameki
2020/08/23
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自身も含め、pM型が多いと感じている。現状を打破したり、局面を打開するP行動を意識的に取ることをしていきたい。自分のためだけでなく、組織の中の役割分担として、あえてP行動をとることも効果的だと考える。

kazu_365
2020/08/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

私自身はPの目標達成よりも、Mの周囲の気持ちやモチベーションを考えて、チームの一員として振舞うことが多かった。
しかし、会社やチームにより大きな影響力を与えようと思うとPの要素ももっと出していかないといけないと改めて認識することができた。
PM理論は私にとって、自己理解を助けてくれるフレームワークだった。

z043168
2020/08/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

pm型なのでまずはⅯになれるように頑張りたい

akirakaori
2020/08/20
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

両方の行動特性を理解した とかくP型になりがち、Mを強くしていきたい

nobu503
2020/08/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PとMの特性が高いメンバーを意識しながら聞くことができた。
自分自身の行動の振り返りを毎週行っていきたいと思う。

totto33
2020/08/20
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

自分自身はpMの傾向にあるため、よりPを伸ばせるよう意識したいと思う。
自分自身の中で振り返り、決意表明のサイクルを回し続けるのは強い意志が必要だと思うが、成長のため意識して取り組みたい。

taka_0215
2020/08/20
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

あるべきリーダーの姿も変わってきているということだと認識した。

a013110
2020/08/19
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

少人数チーム組んで課題可決へ取り組む時のメンバー構成でPとMのバランスを見てチーム編成すればより精度の高い物が生れてくると感じました。

ichikos
2020/08/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自身はpM型と認識している。Pm型のリーダーとの業務は、摩擦は起きるがある意味、パフォーマンスは良い。メンバーもややMが強い気がするため、Pを意識していきたい。

hiromi-10
2020/08/18
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

Pの強い会社なので、Pの強い人が上司になりがち。PM,pMは貴重です。

someya222
2020/08/18
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

色々なタイプのリーダーがいること、色々なタイプのリーダーによって組織が構成されていることを理論的に理解することができました

hhk2020
2020/08/17
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

pM型、Pm型どちらもこれまで出会った方を思い浮かべて、そうだそうだと思えました。足りない要素を自己認識することで、気づき、行動を変えていきたいと思いました。

akiranaga17
2020/08/17
広告・マスコミ・エンターテインメント IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

PM理論は、どのタイプかを十分把握する事が大切である。

keisukearima
2020/08/17
メーカー 営業 一般社員

pM型になりがちなので、成果軸を意識していこうと思う。

chichi77
2020/08/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

PMを意識してチームを運営したい

tm03
2020/08/16
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

今までの上司はどちらかというとPm型が多いように感じた。人材育成によってPM型へ育てることができるとあったが、どのような育成法が望ましいのか知りたい。

ringo_6
2020/08/16
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自身の成長の為、目標設定と振り返りを行いたいと思いました。

yoshi55
2020/08/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

末っ子長男だから、自分はリーダーシップが無いものと考えていたけど、性格的なものではなく、意識すれば自分で補強できる事が分かったので、甘えず、行動に移して行きたい。

momoyupy
2020/08/15
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自社のリーダーを振り返ってみるとPM型にちかいバランスの取れた方が多かった印象。良い会社に所属しているのだと改めて感じた。

kany
2020/08/15
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

リーダーシップ理論は他にもあるようだが、振り返りの1つの要素として同僚とうまくやれているか、実績が出せているかを考えることに活用できそう。

ken-bo
2020/08/15
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

今まで感覚でとらえていたものに理論があることを知った。今後は社員をどのタイプなのかを見極めて足りない部分を成長させてこうと思う。

mat09
2020/08/15
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論は初めて聞きました。今後意識して業務に取り組みたいと思います。

hiroya0528
2020/08/14
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自らPM理論で当て嵌めて、どの部分が不足しているか確認することにした。

user-f5910c5f3c
2020/08/14
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分のPとMどちらが強いか傾向がわかり改善していこうと思います。

yuya_0301
2020/08/14
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自身はどちらかというとPm型な様な気がする。特に、M(Maintenance)にはいろいろなやり方がある様に思うので、今後はその点を詳しく勉強してみたい。

nuts_papa
2020/08/14
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

PM理論を踏まえてリーダシップを発揮することで、今後の業務に活用できると感じました。

tadayukki
2020/08/13
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

グローバルPJ担当としてPをより意識したいが、その際にはShared valueや目的の共有、期待や予想成果の伝達を忘れずに行い、メンバーの方向性とモチベーションに気を配ることを意識したい。

th0588
2020/08/13
メーカー その他 一般社員

研修時代に学んだ覚えがあり、改めて昔の人事評価で使われていたと思います。

tansansui
2020/08/12
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分の型を認識する。自己評価と他者評価。

masamasa16
2020/08/12
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM両方の能力を学びつつ、チームメンバーの傾向に合わせてペアを作る時にも活用できそうです。

aze-7161
2020/08/12
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

わたしが所属する課長はPMへ促していることが良くわかりました。
パフォーマンスにはある程度の熱意、情熱がないとダメだとは思います。
今後、わたしもその立場になる前に実践していきます。

makoto_317
2020/08/12
コンサルティング・専門サービス 経理・財務 部長・ディレクター

特性ではなく行動で分析した点は面白かった。行動を変えていくには、不断の努力を継続的に行う相当量のエネルギー努力が必要。

hideki045
2020/08/11
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

トレーニングで改善できるので励みになる。

ito-manabi
2020/08/11
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

どちらも兼ね備えたリーダーになる為に日々精進したいと思います。

shinzo1964
2020/08/11
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 部長・ディレクター

概ね理解できる内容でした。

s_s_shige
2020/08/11
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

自身の不足する行動が把握できましたが、どのように改善していくのかが今後の課題となりました。

shigeru7683
2020/08/10
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

わが社は伝統的にPm型の上司が多く、その上司に育成されたためPm型が拡大再生産されている気がします。リーダーシップ論を学び直すとともに、人員配置を見直してバランスよい組織にする必要があると感じました。

sasagawa0033
2020/08/10
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を初めて聞き、非常に斬新な思考であった。
大文字、小文字での表現もわかりやすい。
自分は、pMだと分析しているので、職場の目標達成に向けてp→Pになるように研鑽に努めたい。

sk-kdrni
2020/08/10
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

日本人のM型は社長の理想像で昔ながらのスタイルである。その結果が企業を育ててきた。

goda12611
2020/08/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はまだまだPもMも意識して強化する必要がある。

satoru_0035
2020/08/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

理想であるPM型のリーダーが少ないのは事実。組わせるという考え方は有用ですね。ただ、複数のリーダがいるとメンバはpM型のリーダーに集まったり、指示が混乱するため留意が必要ではないかと感じました。

yu_0916
2020/08/09
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 一般社員

自身のリーダーシップ点検に役立つ
上司のリーダーシップ行動傾向を把握し、補佐に入ることに役立つ
組織の配置配属、育成施策や仕事機会の提供に役立つ
と感じた

nobereds
2020/08/08
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 経営者・役員

知らなかった!
自分はpM型かも?

nikimi
2020/08/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分の型を知ることが難しそう

hayato10171
2020/08/08
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

PとMの双方の行動に留意しながら、バランスのとれたリーダーシップを構築していくべきである。

iijiro
2020/08/08
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

行動を変える事で人は変われる。意識して行動したい。

yasky18
2020/08/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

汎用的に実践できそうな理論なので、より深く学びたくなった。

suzuke55
2020/08/07
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

自分はpM型だと思うのでPのレベルをあげれるように、考えたいです。

yoshi1020
2020/08/07
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

理想はPM型だが、現実はPm型か、pM型に片寄りがちだと思います。直属の上司はpM型。その上の上司はPm型が、一般的には多いような気がする。

blue_ocean_2
2020/08/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自己分析によって、弱みを認識することは自己の客観視の良い機会になる。

tucker_2020
2020/08/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップをスキルや性格ではなく、行動の軸で分類している点がユニーク。Mの軸を強化するため、部下とのコミュニケーション頻度をもっと増やしていきたい。

mitsuo_1860
2020/08/04
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 一般社員

私も含めてPm型が多い様に感じます。意識をしPM型を目指します。

shimy43
2020/08/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自分を客観的に評価するフレームワークとして活用していきたいと感じた。

tomo1214
2020/08/04
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

職場の中でPとMとで分類してみると、取り組み方とか工夫できそうだと思いました。

takukazumam
2020/08/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップ・トレーニングを月末に評価できるように計画を立てていきたい

masaru0801
2020/08/02
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを個人の性格、特徴ではなく行動と捉えているところが大きい。行動は意識して変えることができるので、希望が持てる。

atsushi-jp
2020/08/01
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップの考え方を理解しておくことで、今後の自身の取り組みのベースになる

toko42
2020/08/01
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

個人の特性は行動に紐づくという考え方。教育としてリーダーシップトレーニングを実施することのよりどころになるものと思う

userec7d0063
2020/07/30
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

在宅勤務が増えると自然とP型へ重きが置かれるようになってくると思う一方、在宅だからこそ、細かなフォローアップなど、M型の要素がないとうまくいかないような気もします。在宅勤務が続くことにより、特に古典的な日本企業は管理職に求められる要素が変化していくのではないでしょうか。

ma-tyan2141
2020/07/28
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

過去の上司はPm型が多く、私自身もPm型だと思う。
Mを伸ばすことを考えるのとともに、pM型の人物との
コラボレーションを実践して学んでいきたい。

g_y_s_
2020/07/28
メーカー マーケティング 一般社員

PM理論という言葉を初めて知りました。

skaji
2020/07/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

P.M共に特性でなく、行動と捉えることが、新たな気づきでした。 また、自身のポジションとPMに近づくために必要なこと、振り替えることが大切だと理解しました。

kzym
2020/07/26
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

名プレーヤー必ずしも名リーダーにあらず,リーダーシップは個人の特性ではなく,行動変容によって獲得できるのですよね.マネージャーになる時に言われ,勇気付けられたことを思い出しました.これからマネージャーになる方々に,このPM理論は有用と思います.

lotorukuma
2020/07/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

いまだにPが弱い。はたしてGAPを認識して改善できるのか?

emrie
2020/07/25
メーカー その他 部長・ディレクター

PM理論の理解は、チームメンバーの検討に役立つかもしれません。日本人はpMタイプとのことでしたが、私の周りはむしろPmタイプではと、感じます。

miyahiro
2020/07/24
商社・流通・小売・サービス 専門職 部長・ディレクター

なかなかどちらも秀でたメンバーは少ないが、どのポジションで立っているのかを感じて是正していきたい。

sunset99
2020/07/24
金融・不動産・建設 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM型に自身が足りていない部分の見極めは、明確ではなくとも、イメージできれば成長に繋げることができると感じた。

riki_tsutsui
2020/07/23
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

実務でもこうした理論に当てはまるマネジメント層がたくさんいるが、実際にじこうした理論を前提に自身を捉えている人たちがどれくらいいたか、というのは気になるところではあるし、自分も自己を顧みることがマネジメント能力を向上させるうえでは不可欠と考える。

masa4054
2020/07/23
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 一般社員

今回の講義で学んだことを、意識しながら、リーダーとして最良とされているPMタイプを目指して、メール業務のリーダーとなるべく日々努力していきたいです。

551
2020/07/22
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

確かに急成長している背景にはPが主力だったな。パワハラで業績成長してたな。

jun_iwashita_46
2020/07/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

PM理論は行動特性として分かりやすいと思いました。
ただ、実際のリーダーシップでは自身の性格や周囲の協力などいろいろな要素も絡んで目標達成を行うと思われるので、できればMの巻き込む力を身に付けたいなと思っています。

m6823
2020/07/21
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

どちらかというと、Mを意識していましたが、Pも意識して取り組んでいくようにしたいと思います。

snufkin14
2020/07/21
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分ではpM型に近いと思っているが、周りからどのように見えているか定かではない。PとMそれぞれを具体的にどのように高めていくかが重要。

jp_2016
2020/07/20
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 一般社員

自信のリーダーシップの現在地を確かめる上でも、PM理論の枠組みで自己分析を行う事が重要であると感じた。その上で、自信の伸ばすべき型を確認し、周期的な確認サイクルのもとPM型のリーダーとなれるよう自己研鑽し、人材育成の考え方の一つとして活用していきたい。

kmdm
2020/07/19
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はPm型のリーダーであると感じます。m→Mにしていくためには、360度評価の結果を真摯にとらえ、具体的な改善策をメンバーにコミットすること。信頼できる上司とマネジメントについての定期面談を設けることを続けます

aiai_888
2020/07/19
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今までの上司はPmが多かったように思いますが、組織全体として良い組織ではなかったし、結果も出ていませんでした。
自分自身はpM型だと分析していますが、結果に拘り相手にも求めるといったPの要素は、個人の気質、資質によるものだと思っていたので、トレーニングで伸ばすことができることを学んだことは大きな学びでした。
組織的には相補的なPM型も必要だと思いますが、個人としてPM型になれるように自身を育成していきたいと思います。

mix2020
2020/07/18
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 部長・ディレクター

PMのバランスの現状を把握やスタッフの状況確認、他の要因なども考慮しながら成長へと繋げていきたい。

morisa
2020/07/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

行動によって、個人も組織も変えていける。

kago-lalala
2020/07/16
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップの型を自分の1か月の振り返りなどの時に思い出して、あるべきであった行動などのレビューに使いたい。

oy_ko
2020/07/16
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは特性ではなく行動という思想に感銘を受けた。

yt913
2020/07/15
メーカー その他 一般社員

PもMもどちらも重要なのは理解。
会社の社風や所属する組織によっても、現状どちらかに偏っていることがあることも頭に入れつつ、能力向上を図っていきたい。

hayase_tomoharu
2020/07/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを行動と捉え、行動は変えていくことができるとする考え方は新鮮。
自分自身のP,Mと、周りのP,Mの評価を把握するためには、どうすればいいのか、方法論を知りたい。

lado
2020/07/14
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

よく理解できました。

yoshida_145
2020/07/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 一般社員

PとM、何れかに集中していると偏っている事が多少あるかも…と感じた事と、客観的評価→自己分析→実行→振り返りの大切さを改めて気付く事が出来ました。

katsuki8161
2020/07/14
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

PM理論を基に個々の行動や特徴を掴むことで足りないもの、目標とすべきものが明確となり、組織全体の底上げに繋がる。実務の中でまずは部下の位置付けを整理していきたい。

nobuhiko_0714
2020/07/14
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

P、Mいずれの行動も高める方法を具体的に知りたいと思いました。

apisater_4319
2020/07/14
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

日々の事象毎に、自分、もしくは他者の行動をp,mのどの行動が強く働くかを省察。それによって、自身、他者に対しての次の指針に活用できそうと感じる。

miyou
2020/07/13
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

リーダーシップの成長に期待できるツールであると感じた。

88masa
2020/07/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

わかりやすいフレームワークなので、自身の成長だけでなく、グールプ内のリーダー育成でも活用ができる!

721
2020/07/12
金融・不動産・建設 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

自分がリーダーの立場ではなくても、組織のリーダーのタイプに合わせてPかMかをバランスよく発揮することで、組織の活性化・円滑化することに活用できると感じました。

daayamahiro
2020/07/12
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下を今後のリーダーに育成していくときに、PとMどちらをより伸ばした方がよいリーダーに育つか頭の整理になったので、P重視の部下にはマンマネージメントの強化を、M重視の部下には成果達成の為のリーダーシップやタスクのモニタリングをやってもらうなど使い分けて行こうと思います。

nawakko
2020/07/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

自分はPm型だと思うのが、あらためてm→Mへできるように意識しました。

ankimomiso
2020/07/11
メーカー 経営・経営企画 一般社員

最適にバランス出来れば、中長期的視野で組織リソースのパフォーマンス向上を狙い、目前の課業の成果を上げることは可能で、それができるのがPM型リーダなのだろう。
今は自分は、pm型に限りなく近いpM型だけど、イシューを明確化し、サブイシューに分解し、まとまった課題を切り出し、適度な緊張感と共に信頼感もにじませ、そして成果物はまずはいいところを起点とした評価のサイクルで、共に成長していきたいと思う。

aki-no7716
2020/07/11
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自己のPM理論の評価をした場合、Pが強すぎたりMが強すぎると逆に悪いことと勘違いしていました。そのバランスを考えpmになってしまっているのではないかと気づかされました。積極的に強いPとMの行動を高める良い機会になりました。

morida1
2020/07/10
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Pが弱いと感じているので、十分にコミュニケーションを取りながらPMを上手く使い分けていきたい。

kazuma_0112
2020/07/08
金融・不動産・建設 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

客観的な自己評価に使えそうな考え方ですね

hf921
2020/07/08
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自己評価的にはM的要素が強いが、Pの要素が必要な場面もあるため、随時PM型との相対的位置関係を図る必要がある。

keito9110
2020/07/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

テレワークが主になることを考慮すると、
そのままはめていくのが難しい理論だと感じた。

panboo9
2020/07/08
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップって何だろう?とよく考えます。PM理論におけるリーダーシップは「行動」である、という表現が分かりやすいと思いました。
また、個人の特性ではないこと、訓練次第で、誰にでも行えることということに共感します。

takashi_niki
2020/07/07
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

M行動を強くできる様な行動を心掛ける様にしたいと思います

taq
2020/07/07
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 部長・ディレクター

出来たばかりのチームなので、まずはチームワーク重視と考えていたのですが、PとMのバランスが大事だという事がわかりました。

yukitk
2020/07/06
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

リーダーシップは素質かと思い込んでいたので、伸ばしたり強化したりできると知れて良かった。

自己分析ではpM型なのでPを強化したい。上司がPM型なので、こっそり観察して学べればと思う。

nobu-0516
2020/07/06
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

PMを知った上で、それぞれどのようにして
伸ばしていけばよいのか知りたい

somari
2020/07/05
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

なかなか自分自身に対する評価は難しいと思ったので、定期的なフィードバックをうけて他者から見て自身の行動にあらわれているか確認する重要性を理解した。

sakuranohana
2020/07/05
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

そもそも会社の文化によって、PMの強弱はあるだろう。
ただこれだけ変化の激しい時代の中で、Mだけで乗り切るのは非常に困難だ。
Pをどうやって高めていくのか。その際にMの文化がずっと浸透している組織をどうやってPを強めていくのか。その辺は課題だと感じる。
Pを強い人を外部から招聘しても、文化的な軋轢を生んでしまい、なかなか上手くいかない。
内部からPを育てるのも、文化としてMが強かったのだから、非常に難しいと思っている。

yoshi93
2020/07/05
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップには、コミットメント、コミュニケーション、コミュニティという3つが必要です。

n--s
2020/07/05
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

私自身はメンバーが主体的に行動できる組織を目指しており、ややM行動に比重を置きすぎていると感じたので今後P行動も高めていきたいと思いました。

sasadango
2020/07/04
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

どちらかと言えば自分はpM型だと思うのでPを意識して業務やチームと向き合いたい。

ta_ke_1082397
2020/07/04
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身が、今どの状態にあるのか、自己分析と周りのメンバーの評価が知りたいと思った。
どちらかというとMが強い自己評価であり、どうPを高めていくか、考えていきたい。

kawashima_f
2020/07/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

上司の立場に視座を置いたとき、PM判断軸でその人の優れている点、欠けている点を比較できるのが良いと思いました。
あいまいな感覚ではなく、具体的な行動から検討できるため、重点的に不足している要素を補うことができます。

nishi_ken3
2020/07/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 その他

P、Mの両方が高いリーダーが良いことは理解するが、完璧ではないので、状況に応じてP、Mを高めながらリーダーシップを発揮できるようになりたい。

ka_ik
2020/07/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

私は、pM型のようです。
行き過ぎたMは、なれ合い組織になってしまいますので、その点には注意していきたいです。

k_k_k_k
2020/07/03
メーカー 経理・財務 一般社員

PM理論は管理職のみでなく、部下においても同じことが言えると感じました。皆がそれぞれのポジションを意識しながら、成長していくことで組織は強くなると感じました。

getting-better
2020/07/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身はpM型だと思うので、Pを意識する必要があると思った。

tomotara
2020/07/02
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

動画であった通り、M行動に偏りがちであるので、P行動を強めに意識して
みたい。

yohichi
2020/07/02
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

自分の職場に合わせて取り組みたい。

emerald
2020/07/01
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

PM理論ではリーダーシップは変えることが可能と言うことですが、
私の周りで明らかに変わったと思えるリーダーが見当たりません。
個人の特性が大いに邪魔しているパターンが多く見られます。
そして典型的な和を重んじるM行動の強いリーダーが多く思います。
優しい人が多いってことですが、グローバル時代を生き抜くことができない。。

namiho
2020/07/01
医薬・医療・バイオ・メディカル 販売・サービス・事務 一般社員

いまは一番理想とされるPM型がいなくても、PやMが強いメンバーがいたら、それぞれの得意分野をいかして、チームを固めることができ、活動によって、それぞれの苦手分野を伸ばして、PM型に成長するということに、希望が持てる理論でした。

hisa8
2020/07/01
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論初めて聞きました。自分はpM型だと思うので、Pにできるように行動していきたい。

wada-koichiro
2020/07/01
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

自分はpM型。
目標達成にむけて頑張ろう。

ueta_k
2020/06/30
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身を再評価することから始めます。

takashi_0117
2020/06/29
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

この理論だけではリーダーシップを語るには弱い感じがする。
一つの論理であり、他のリーダーシップ論とともに学んでいきたいものです。

take_50
2020/06/29
商社・流通・小売・サービス 営業 経営者・役員

Pm、pM、pmを組み合わせで活性化を図っていく等、リーダーシップは改善できるとの内容は非常に興味があった。

lucky_3515
2020/06/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップの分類は考えたことがなかった。まずは身近なリーダーから分類してみたい。

chibiken
2020/06/28
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今までの上司のタイプを考えると、理想の上司はPM型、怖い上司はPm型、頼りない上司はp M型のイメージだった。
今の自分はp M型だろうと思うので、PMになれるよう努力したい。

guccis
2020/06/28
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

P機能が強い、M機能は弱いと自己分析しています。
ただそれをPMとすべく自己分析、行動、振り返りを今後実行していきたいと
考えます。

satoshizu
2020/06/27
金融・不動産・建設 コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論は初めて知りました。自分の所属する部署に照らし合わせてキズキが得られました。

ryoichi_kataoka
2020/06/26
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自身はPが弱いと感じる。Pを強める行動の際、Mを犠牲にしないことを意識したいと感じた。

uwabami
2020/06/26
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

自身がどのタイプかを理解してもらうことも必要か?働きかけだけで変化していくものかという点が気になった.

takazr
2020/06/25
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

説明の通り、日本人はMが強い傾向にあると感じた。個人が強い会社はPが強いと感じる。社風もあるが、今後はPも求められる時代なので、能力を培う必要がある。

dask-k-22
2020/06/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

10人程度のマネージャーポジションでチーム構成を考えるときに活用できるのではと感じました。
個人の評価をする場合にPMの強い弱いがあると思いますが、
どちらも独立して考えるのではなく、自分の課題を解決しながらどのような能力がついてきたか振り返るときに活用するのがよいのではと感じました。

asa0509
2020/06/24
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

自分はPmです。今回学んだPM理論を基に、リーダーとして現状の反省を行い、自らの成長のために活用してみます。

sachikom
2020/06/24
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

「PもMも低い」と自分で思い込んでいる管理者に対して、「どちらかというとMが強い」などの特性を認識することで良い面を伸ばしていきたい。そのうえで苦手な部分をカバーしていくような行動を促すことでリーダーシップのある行動につなげることができそうだ。

taka-nori808
2020/06/23
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

タイプの違いがあるのは理解しました、人材を集めるのは簡単ですが今ある人材を育てて強い組織にしたい。

takuya3344
2020/06/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

自分がMに傾いていることを感じた。Pを強くするために具体的な目標設定と振り返りを重ねていきたい。

ot-take
2020/06/22
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

自身がPかMかを分析し、その結果を適宜見直すことで、PM型に近づいていく。

hiim1425
2020/06/21
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

PM理論は、初めて学びました。
自分自身がどの事象に当てはまるか確認します。

max1072
2020/06/20
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論は、リーダーシップには欠かせない考え方です。思い返してみると製品開発する際、目標達成について確かに弱いと感じることがあった。(すぐ諦める傾向)Pを強化することを意識していきたい。

user-851c8da7d4
2020/06/20
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

異なるタイプを組み合わせることによって弱点を補えることを知りました。
考えてみたら身近にもありました。

hiromitsu91926
2020/06/20
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

リーダーシップは個人の特性ではなく、身につけることができるのか。

thesurf
2020/06/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

シンプルで分かりやすいフレームワークです。部下育成の材料になります。

shinji_0410
2020/06/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PMの評価は自己分析だけでは難しいと思う。上司や部下ともよくコミュニケーションを図り、客観的に能力を評価していく必要がある。

kenji1217
2020/06/19
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

シンプルで分かりやすい理論でした。自身の行動を客観的に捉えながら、PM型に近づけるよう行動していきます。

ch_hayashi3
2020/06/18
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 一般社員

PM理論については、個々がどのようなタイプであるかを自身で認識し、改善していくことが重要であると感じた。客観的な判断も重要であると感じた。

marimon1105
2020/06/18
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

自己分析をし、自分の強みと弱みをしっかり認識することがはじめの一歩ですね。自社の上司のタイプを分析してみると、P型、M型がはっきり分かれてました。それが良い、悪いのではなく、お互いの組み合わせで組織としてPM型になっていることが大事だと思います。

htnakaga
2020/06/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

Mに関しては性格の問題だと捉えていたのですが行動で現せる事は驚きです。具体的な改善例とか知りたいなぁー!

au_shinobi
2020/06/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を知らなかったので勉強になった。
リーダー(特にマネージャー)はその特性を持っている必要があるが、発揮するタイミングを選ぶ必要があると感じた。(部下育成の観点の兼ね合いもあるので難しい)

nicolaskeita
2020/06/16
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分を客観評価し、理想に近づけるために宣言、行動、確認すること。
pM型がPm型よりも良いというところはリーダーシップとしてはそうかなと思う。

oki2028
2020/06/16
金融・不動産・建設 専門職 経営者・役員

学習吸収能力に応じて、強みを伸ばすのみに特化するか、弱みを克服できる(もう一段上がる)かに分けて育てる。

miyamanishiki
2020/06/15
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

Pが強くMが弱い人は多いと思うのでMが強い人がリーダーになるのは理にかなっている部分がある。しかしリーダー自らPの模範を示すことも必要であろう。興味深いフレームワークである。

tokomachimimai
2020/06/15
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を通して、チーム員や自分自身がどの立ち位置かを認識することで今後どのような方向性でトレーニングするかの指標となる。
 また、前任は強いPm理論の上司の分類だと認識されられた。

mocha_72
2020/06/15
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

企業によって、これまで醸成されてきた企業風土によって、P機能、M機能が大きく分かれていると思う。現代においては、目的によってP機能、M機能を取捨選択、あるいはうまくバランスを取りながら活用していかなければならないと思った。

bs-hide
2020/06/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自分自身の特性としては、Pm型のリーダーシップ行動を取り勝ちと考えている。この理論を俯瞰的に考えるには、これまでの上司を想像すると考えやすい。
これまで自分の上司は何人もいたが、PM理論で分類するとその上司を分類出来、その際の上司のリーダーシップ行動が自部署、自部門にどう効果的であったのかを俯瞰的に認識できると感じている。
私が係わってきた上司の特徴としては、pⅯ型の上司が多かった気がするが、Pm型、PⅯ型の上司の下で仕事をしていた時の方が、自分自身としては能力を発揮することが出来てきたと感じている。これまでの経験と学びをふまえ、自分の行動も変え、PⅯ型人材になれるように意識して行動して行こうと考えている。

khmy1
2020/06/14
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップトレーニングを実践して、自身の改善と成長に繋げたい。

ilovetosucity2
2020/06/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

組織が変わったことから、改めて、PM理論で行動を整理して育成・成長の機会を探ろうと思います。

kanosan2192
2020/06/12
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

リーダーシップについて分かり易いフレームワーク。自らの現状を認識して、行動を変容する事で誰でもリーダーになれる。リーダーシップとは資質ではなく、行動である、というのは理解できる。

takuchizu
2020/06/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

恥ずかしながら、これまで知らなかった理論であり、面白い切り口だと思った。組み合わせることで、相乗効果が得られるのは道理が叶っており、実践してみたいと思う。

tamura2928
2020/06/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自分のタイプはpM型であり、周りのメンバにもpM型が多いと感じるが、
周囲との協調性・統率を維持する能力ばかり長けていても、
顧客の要望(納期・品質)に応える(≒目標達成能力)が不足していては、
顧客の信頼を勝ち取れないと思う。
目標達成のため、Pの能力向上を意識しないといけないと感じた。

keiichiro323
2020/06/09
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

会社にPMという役職がある。そこを経験した人が今上司である。
その上司は、常に考え方や物事の運び方を見習いたいと思える人である。

risa3354
2020/06/09
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

グローバル化ではP型が求められていると分かった。自信の現在地を知りながらPM型を目指していきたい。

mission_e
2020/06/08
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 一般社員

PM理論は個人の特性ではなく、行動として捉えるため育成が可能であるのは安心した。会社のリーダー層はリーダーシップ研修などでPM理論を学ぶべきと考える。

taka1227
2020/06/08
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

恥ずかしながらPM理論を完全に誤解していた。この瞬間から業務に活用していきたい。

tanaka1254
2020/06/08
メーカー 営業 一般社員

自分のタイプを把握して行動目標を策定してみる。

kitchennorinori
2020/06/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

Pm型のリーダーにより虐げられている部署の所属メンバーに対して,陰ながら心理的な援助を行い,Mに強いサブリーダーを育成してみたい.

boutarou
2020/06/07
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

これは非常に分かりやすいフレームワークでした。
マネジメントとリーダーシップの違いをフレームワーク化したものだと思うが、
自分自身、周りのメンバーをこれに当てはめて分析してみようと思う。

m_k_1101
2020/06/07
メーカー 専門職 部長・ディレクター

自分でMのタイプだと思っていても、客観的に見たらPのタイプと言うこともあり得る。そのギャップを虚心に見ることが難しく感じた。

hiro09953
2020/06/05
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

目標達成志向と組織の円滑な運営が必要。異なる人材を組み合わせて補完するのが現場では大事。

hiroki-16452
2020/06/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

PM型リーダーになるための行動サイクルは勉強になりました。

kazu--
2020/06/03
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップ(PM)は生まれつきのものではなく
変容・改善できる「行動」である。
そのためトレーニングにより改善できる。
自分については、とくに「P」を高めることを意識する。

masa_0125
2020/06/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

私はpm型でようやくpMになってきたような気がする。Pの人間がチームにいない。

akitasdf
2020/06/03
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

PMがたとえいなくとも、組織として補い合えればよいという考え方は重要だと思った。一人のPMに頼るわけにはいかないため、管理職の立場にある人間の手腕が問われる部分だと思う。

hisanori_oyama
2020/06/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

基本を再確認する事が出来た。

yuyu0420
2020/06/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

自身のリーダーをP、Mどちらが強いタイプであるかを見極め、それに則した対応やP、Mのどちらか弱い方をどのように強くするかということを実際の人間で見て学べる。

akkyo
2020/06/02
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 一般社員

リーダーシップは行動であり変えることができるという発想は無かったので、参考になった。
まずさ自己分析をし自身がどの型かを把握しようと思う。

yoichi_0407
2020/06/01
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

自分の立ち位置を意識すること、そして、改善するためアクションを実行していきたい。
また、組織の他のメンバーの立ち位置を意識して、各メンバーに必要な要素を伸ばすアクションを検討したい。

yama_0629
2020/06/01
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

P特性・M特性を、個人の特性ではなく行動として捉える部分が興味深い点であったと考える。また、日本人はM特性を重視するという点も納得感あるものであった。組織を率いるにあたり、グローバル時代ではPを重視しがちにはなるものの、日本の組織特性上(終身雇用制度等含め)それだけでは組織を維持できないことは自明であり、状況を見ながらバランスをとっていくことが重要なのだと再認識した。

yuichi19870404
2020/05/31
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpM型の様に思う。客観的に見てもらい自身の行動を改善していきたい。

ryosuke09
2020/05/31
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

Mを高めることにフォーカスされているように思うが、それが部下への迎合に繋がっているケースも散見される

user-d56f17dd9d
2020/05/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

自分自身も組織の輪を大切にするタイプなのでMタイプです

t_4476
2020/05/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップの強弱の考え方として,4つの分類により理解する考えは明解であった。実務においても,自分や同僚,部下などを分類してみることで,どの部分を伸ばすべきなのか見える化ができる有用なツールの一つであると考える。

dragon_f
2020/05/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

実務上は両方それなりに配慮して進めているのだろうが、客観的にこの考え方を当てはめて自分の位置を確認するのに役に立つと思う。

masashi000778
2020/05/29
医薬・医療・バイオ・メディカル 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

過去の上司はPmタイプが多く私もそのタイプのように思います。トレーニングで変化するとのことなのでチャレンジしていきたいです。

user-370e13d27e
2020/05/28
メーカー 販売・サービス・事務 一般社員

PM理論。自分はどの位置だろう。職場のバランス良く。

yokozuna0614
2020/05/28
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身、調和を重んじる傾向にあると自覚しているので、Pの部分を鍛えていきたい。

kenichi-endo
2020/05/28
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

目標達成できるチームを作ることが自分の仕事です。

m-yano
2020/05/27
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 一般社員

客観的に判断してもらうことは重要だなと感じました。

iumsk
2020/05/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

メンバー行動をフレームに当てはめ解析してみる。

shan
2020/05/26
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

リーダーシップにおいても自己変革していくことができることが分かりました。自己認識と他人評価からのGAPを素直に受け止め、改善を図っていきたいと思いました

youkick23
2020/05/26
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

今後の業務に活かしていきたいと思う。

buchiken
2020/05/26
メーカー 営業 一般社員

誰が見てもPM型リーダーと思われる存在になりたい。

iamk
2020/05/26
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

リーダーシップは個人の特性ではなく
変えることが出来る行動として捉えることでトレーニング可能。
理想的なリーダーシップは習得することが可能である。

keaton_954
2020/05/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

PとM,両方を磨いていくには、どうしたらよいか一層考えないといけないと感じた。

k415
2020/05/25
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

現在の自分がどうなのかを知って、PM型になれるようPとMどちらも高めるための学習を行いたいと思いました。

anbbbkp
2020/05/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

今後の社会では目標達成のP機能が重要。
でもM機能も必要で両方をバランスよく持てる人材になりたい。
リーダーシップは変えることができるということにとても勇気づけられた。自分の現在の状況を把握し、リーダーシップ能力を高めていきたい。

aki_maru_
2020/05/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップを行動と捉えるというのは新しい認識だった。業務では具体的な行動を1つ二つ設定して実行していきたい。

kazu0813
2020/05/23
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

過去に経験した上司はPm型が多かったが、社風が利益を最優先に考える会社だったからか目標達成にこだわり続ける人が多い。
社風が利益よりもコンプライアンス重視の会社は、pM型の上司が多い気がする。
自分の場合、PmからpMに変化しているように感じる。

ta_d
2020/05/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

PM両方を高めるのは急には難しいですが意識して取り組んでいきます。

reviewforfuture
2020/05/23
金融・不動産・建設 経営・経営企画 経営者・役員

PM理論とはリーダーシップを個人の特性ではなく、行動によって4つの型で分類するものである。

日本の組織は和や協調性を尊ぶM型が多いと言われるが、国際社会で競争に勝つためにはP型の重要性が増してきており、PM型が最も理想的な型とされている。

t-t-49
2020/05/22
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 課長・主任・係長・マネージャ

pM型よりPm型の方がマネージャーとしては多いと思っていた。
複数の考え方を知ることで客観的に自分を高められると考える。

shimalcp
2020/05/22
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

非常に分かり易いリーダシップの行動スタイルの分類だと思います。
メンバーの成長や今後期待したい役割を考えるうえでベースとなる
見方ができます。

s200068
2020/05/22
メーカー 専門職 一般社員

PM理論に基づいて様々な行動様式を持つ人を合わせることで、適切なリーダーシップが発揮できるようにする、という視点は勉強になりました。

tk1982
2020/05/21
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップと聞くとこれまで自分んお性格的に向いてないのでは?と弱気にとらえていたが、行動によって変容改善出来るものと分かり、自分でも行動さえすれば出来ると心が前向きになった。

kaeru-0616
2020/05/21
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のリーダーシップを振り返り、pM型と認識できたので、今後はPを伸ばすことを意識して取り組みたい。

t_review_s
2020/05/20
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自分を含め、今の会社ではMの型を持った人が多い(会社の性質的にそうだと思う)。だからこそ、Pの型をもった人材が求められると思うので、そういうスキルを身に付けていくと共に、会社の中でもPの型を持っていると思う人の行動をよく観察し、自己の成長につなげたい。

sora3055
2020/05/20
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

「PM理論」を学び,トレーニングによって自らのリーダーシップを高めていくいくとともに,組織メンバー育成を図ることができることが理解できた。今後は意識して取り組んでいくこととしたい。

chimi1214
2020/05/20
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身はpm型でリーダーには向いていないと思っていますが、
リーダーシップトレーニングで変わっていけるのではないかと感じました。

gumpgump
2020/05/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

身近な部下にM型組織維持機能の強いと感じる部下も居るがP型機能を高める様指導に努めようと思う。

kazu_440
2020/05/19
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現在はかなりPM型の人材も増えてきているように思うが、やはりどちらかが強いケースが多いので、トレーニングを継続することでバランスのとれた人材の必要性を改めて感じました。

aiueog
2020/05/19
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

面白い。Pmの上司は最近部下とぶつかる事が多かった気がする。
逆にpMの上司は、Pが強い部下からは頼りなげに見えている様に思う。

taro-goro
2020/05/19
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 その他

リーダーの役割が大きくPとMの二つあることが分かりました。現場ではPとMのどちらも重要で良好なMが高Pを達成し、それがMの志気を高めるという好循環になればいいですね。

yaya7388
2020/05/18
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

PM理論で自分やチームの弱みを把握して意識した行動に活用したい

sasayanwp
2020/05/17
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

自分はpM型だと分かった。
Pを高めていく必要があると痛感した。

user-2f91c6c33c
2020/05/16
  

リーダーシップを発揮する為の必要なスキルであることを認識しました。

sas0518
2020/05/16
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

確かに役職者はpM型が多い気がします。自分もpM型ではと思います。目標達成、結果をもっと強く求めていかないとと思いました。

cozyhayakawa
2020/05/16
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

行動様式の現状特性とトレーニングによる変容を軸に組織の各メンバーを評価してどのような目標や、メンバー間の組み合わせにするかで組織の能力の最大化を果たしたい。

yoshi-yoshi-06
2020/05/15
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

初めて聞いた理論でしたが、腑におち、理解出来ました。
個人的には、望ましい優先順位的はPM、Pm、pM、pmかなとも思えました。

akira_sri
2020/05/13
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップ論を捉える上では基礎。大枠を捉えるのにとても有用です。

--mk-
2020/05/11
インフラ・公共・その他 その他 その他

ざっくりと分類してみると
・P行動の強い会社はベンチャー企業や単一事業の企業に多い
・M行動の強い会社は老舗企業や複数事業の企業に多い
こんな感じでしょうか。

igaas23
2020/05/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

自分がどの型に当てはまるのかは自分で判断しにくい場合があるので、人に見てもらうのもいいかもしれない。
また、一概にはどちらの型に当てはまるとは言えないと感じた。
例えばある人にとってはpM型の上司に思えたり、別の人からはPm型に思われたりする可能性もあると思う。

自分自身はpM型である気がしているので、目標達成を実現するという強い宣言の元行動すると更に成長できると感じた。

yasukosasa
2020/05/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

私はMが強いリーダーだと思うので、具体的なPを強める行動を知りたいと思いました。

berukue
2020/05/11
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自身を分析すると、pM型に分類されると感じた。

kns8133
2020/05/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自分の組織がPとM、どちらのタイプか、また自分自身はどちらのタイプかを意識し、PM型を目指していこうと思う。

nobu_1969
2020/05/10
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

中間管理職の立場では、Pm>pMと思っていたが、理想順位でいえば、pM>Pmだということが新鮮な驚きであった。Mに関しては、自分ではできていると思っているが、果たして、上司や部下がどう感じているかはまた別問題である。日頃から、MもPも意識して行動することを心掛けたい。

komikuto
2020/05/10
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を備えた人材が多い企業が理想であると知った。

yusuke_0913
2020/05/10
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分のリーダーとしての強み・弱みを認識し、目標・ありたい姿とのGAPを自覚してそれに向かって成長していく。

kosukosu
2020/05/10
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpM型と思うのでPを強める行動を意識付けする

chagezo
2020/05/09
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

目標達成のためのPerformanceと組織機能維持のためのMaintenanceの2軸でリーダーシップの行動を評価するのがPM理論であり、両方を兼ね備えていることが望ましいというもの。主観的な評価と客観的な評価のギャップを埋めるよう育成をしていくことが必要。
自身の自己評価は日本人に多いとされるpM型と考えられるので、他者評価も確認した上で足りない行動を伸ばすようにトレーニングしていくようにしたい。

dais-715
2020/05/09
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

PM理論について初めて学びました。Mが強いタイプを多く見かけます。私もそのひとりかと。Pを伸ばせるように行動を変えて行きます。

reeo
2020/05/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

非常に参考になりました。自分がどのタイプかを考えPMタイプになるために必要な部分を理解しやるべき事をやりたいと思います。

will-n
2020/05/08
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

特性ではなく、行動で分けたもので、今後の訓練によってPM型を目指していけるという話はモチベーションがあがった。

buchap2011
2020/05/08
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

組織・チームにおいて自分がどの位置にいるのか、同僚・上司がどの位置にいるのかを考え、チームの運営を考えていくことの必要性を感じた。育成の際もタイプに応じた育成法が必要であると分かった。

ktzw
2020/05/07
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

自分のリーダーシップの強み・弱みを自覚できるとても良いツールだと感じました。普段、自分自身を当てはめてみる機会がなかなかないので、メンバーと一緒に、どの位置にいるかなども話しながら共有して、ギャップも自覚していきたいと思います。

miho_0113
2020/05/07
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

いままで管理職や上司の方々をこの理論で見ることはなかったが、PM理論にあてはめるととてもわかりやすかった。

yr94
2020/05/07
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

自分の行動スタイルとPM型とのギャップをしっかり把握して改善行動に移していきたいと思いました。

taka_jun
2020/05/07
金融・不動産・建設 営業 一般社員

pMのPmの人材をうまく掛け合わせることでPMを満たす、もしくはそれ以上のパフォーマンスになることもあるんだと気づきました。
職場のメンバーにあてはめて考えてみるとおもしろいなと思いました。
いま出社と在宅のメンバーを3つのグループで回していますが、知らずしらずのうちにPM理論を頭においてグループ構成を考えているように思います。

m_takashi
2020/05/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

理想的なPM型は自分自身含め会社にも少ない。多様な人材とチームを組むことでその弱点を補い、互いに能力を高あえる環境づくりを行っていきたい。

kenichi_1128
2020/05/06
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpM型だと思う。P行動を強くするトレーニングが必要。

otobe711
2020/05/06
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップ理論としてのPM理論は今回初めて聞いた。Peformance(P)と、Maintenance(M)の2軸で見て、それぞれの強弱で、個々人のリーダーシップタイプを分類する方法と理解した。事象の整理には使えるが、その先のアクションを導きだすには、評価軸が相対的なため、一定数のサンプルが必要になると思います。

poohinv
2020/05/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

目標と組織の観点から自分の行動や周りのタイプを見直して進めていくことは重要なことだと認識できました。

kouji-
2020/05/06
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論は何回勉強してもよい。今、自分がどの位置で仕事をしているのか必ず確認する必要があると思う。

sboss
2020/05/06
メーカー 営業 部長・ディレクター

・PM理論は、performance・目標達成とmaintenance・組織維持改善の2軸で示すリーダーシップである。
・リーダーシップは、天性の物でなく、行動することで改善、成長することができる。
・2軸を意識し行動することで、PMの大文字・右上に位置するリーダーシップ型を形成したい。

ts-demo
2020/05/06
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

Performance:
目標管理により、目標達成に向けて決意表明を行うこと。
月間目標を毎月差異を出し、認識のズレ・差異を毎月の面談で出来たこと・出来なかったことをフォロー継続。
リーダーシップは変容・改善できる行動。
Maintenance行動とは何かの説明が薄い。組織維持行動って何?
日本は元々和を重んじるということ、周囲を気遣いながら行動することか?

sato_4199
2020/05/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップは変えることができる行動である、というのが印象的だった。
自分の上司や周囲のメンバーの、行動をこの理論に当てはめて考える事で、それぞれの強み弱みがわかりやすくなりそうだと思った。

s_iwabuchi
2020/05/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

初めて聞いた理論ですが実際の現場で非常に役に立つ理論だと思いました。他の理論も学び、業務に活かしていきたいと思います。

n-n_1011
2020/05/05
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

組織を強くするために、まずは自己分析と組織内分析でバランスを考えます。

yasu_0821
2020/05/05
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは先天的なものではなく、後天的なものであり、自己分析、行動のサイクルを回すことにより、リーダーシップを身につけていきたい。

krt
2020/05/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

pをPにする必要あり

takeshi-waka
2020/05/05
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

まずは、自身はどこに当てはまるかか分析してから実行に移していきたい。

328_lihito
2020/05/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

組織の運営と目標管理を率いるリーダーは、双方のバランスが必要である。

ta-ya
2020/05/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Pを強くしたいんだけど、性格が妨げている

fujiwara_
2020/05/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

Pm型のマネージャーと働いているうちに、Pの強化方法について相談しようと思った。

ayako_2019
2020/05/04
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

PもMも強い理想のリーダーを目指したいと思った。自己評価としては、どちらかというとやはりPをよくするためにMを重視している感じがする。が、他者から見てどうなのかはわからない。それを把握し、ギャップを埋めていくリーダーシップトレーニングをやっていかないと、所詮は自己流、自分の眼鏡ではxxのつもり、という領域を出られないんだなと再認識した。

hitoshi0621
2020/05/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

たとえチーム内に完璧なPM型がいなくても、Pが強い人・Mが強い人を組み合わせることで組織として強くできるという点が参考になりました。自分のチーム内でもそのような傾向があると思います。

okamoto_1407
2020/05/03
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

昔は目標達成が絶対でP型が強い上司が多かったが、現在は自分自身も含め、M型が強く個を尊重する上司が多い。どちらが生産性が良かったかは判断しかねるが、どちらも大事で、P型が多かった時代を知る我々がPM型の理想に近づくのがベストだと思う。

t8
2020/05/02
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 その他

PとMが強いタイプはなかなか存在しないので、まずは人事異動の際にメンバー構成をPとMのバランスや成長を期待じて人事異動を行っていく。例えば、Pの強い上司の元にPの弱い部下を配置して学びを促す。また、上司にとってもMが強い部下を持つ事でMの大切さを認識させるという効果を期待する。そうすることでチーム全体としての強さ引き出し、チームを単位とした職務推進のすばらしさを体感することを期待する。

yuki-0627
2020/05/02
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

上司は圧倒的なPm型で、私はpM型だから連携が上手くいっているんだと再認識しました。

nobukita
2020/05/01
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

両方必要ですね。MだけだとX人間が伸びない

w351ctw
2020/05/01
メーカー 専門職 一般社員

自分よりも立場の上の人がどの分類に属しているか考えることで、
その人の弱い部分を自分が補ってやることでチームとしてうまく
仕事が進んで行くと思う。

tsk1820
2020/04/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

組織が進化していくにはPが重要だと思っていましたが、Mも大事になってくることを認識できました。組織の維持も欠かさず行えるリーダーを目指したいです。

yayaya2020
2020/04/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

目指せ! PM型。 
脱却するぞ! pm型

kaori_tsu
2020/04/30
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

具体的にどのように強化するかをこれから学び、実践に役立てます!

gomamisozui
2020/04/29
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

4シーンに分けて考える癖付けが大事

kenji0711
2020/04/29
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

pm理論に基いたチームの組み合わせや、目標を持ったトレーニングは是非挑戦してみたい

yosiaki_k
2020/04/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自身としては「M」に寄っていると思うので、今後は「P」も意識してバランスをとる。

441
2020/04/28
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

現在の自分はpM型人材である。意識した行動によりp⇒Pに成長していきたい。

kanon-
2020/04/28
メーカー コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

・プロジェクトを組む際のメンバー構成
・1on1でのテーマとして
・週次の自己ふり返りと改善

r_yamaguchi
2020/04/27
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 課長・主任・係長・マネージャ

中国に駐在しているときはPが重要視されているように感じましたが、日本勤務になってMの行動も必要であると意識させられました。プロジェクトメンバーに合わせてバランスよく行動し、リーダーシップを発揮していきたい。

kazuya_matsumur
2020/04/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 部長・ディレクター

メンバーの組合せを考える上で活用できそう

koga_12
2020/04/27
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

日本人はpM型が多いので、Pを鍛えていくことが重要だ

betafunction
2020/04/27
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

特性ではなく行動パターンであることが興味深い。
このような人になるために起こす行動で型が決まるなら、私自身も実践したい。

naoya69402
2020/04/26
メーカー 経営・経営企画 一般社員

簡単なフレームワークだが、応用可能性が強いと感じた

yuta-123
2020/04/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

PMの特性は行動によって変えていける。PDCAを回す。
という点くらい。
ちょっと学びは少なかったかな。。。

117pinbu
2020/04/26
メーカー 人事・労務・法務 その他

PM理論というフレームワークを学ぶことができた。2軸での分類はよくやる方法。リーダーシップ力で、パフォーマンス、メンテナンスの両要素を向上することが、個人としても、組織としても重要。成果を出す、チームをまとめるのはリーダの仕事というのは、当たり前といえば、当たり前。

g604825
2020/04/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 経営者・役員

自分は完全なP型であるが、M型人材をうまく組み合わせることで組織をまとめることができそうだ。

suzryuuu
2020/04/25
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

講義中にあった通り、PM理論を用いて自身のリーダーシップの行動を把握し、短いサイクルで行動目標設定・振り返りをすることでリーダーシップ力を高めて行きたい。

emilysmily
2020/04/25
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 一般社員

PM>pM>Pm>pm
上記の順番が参考になった。
X理論、Y理論でいうとYのほうがやや優先される、と理解した。
自分はM型なので、やや望ましいということで安心したが、Pの機能も
強化していけるようにしたいと思う。

kayo2020
2020/04/25
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

こういったフレームワークを用いて今自分がどの領域に属しているか認識することにより、足りない部分を強化しようとすることに意味があると思う。 SWOT分析等と合わせて使っていきたい。

matsuzawa9y36
2020/04/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

全てできる有望な人材はそこまで多く無いし、
そもそもその組織にはいないことが多い

P・Mの組み合わせで
組織を強くする。

takumi_sagara
2020/04/24
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

PM理論を業務で活かすには、他者からどのように自分が評価されているか確認し、PMリーダーになろうとすることが大切だと感じた。

masa-sfl
2020/04/24
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自身はPが強い傾向があり、Mをもっと意識する必要がある。またメンバーのPやMを理解し、どうやって高めていくかが課題であろうか

yagawa
2020/04/24
メーカー 営業 一般社員

PM理論がリーダーシップのすべてではないが、実生活に大いに役立つと感じた。まだまだ自分はpmだが、いつの日にかPMになれるように経験を積んでいく。

user-875e51180f
2020/04/23
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

チームメンバーをPM理論を活用する事で全体をマネジメントしたい

akyura
2020/04/22
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

各人を分類し、育成方法を検討したい

yuington0505
2020/04/22
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

プロジェクトメンバーの割り振り時に使える
→互いに補完しあえるメンバーを作れる

人事の採用に活かせる
→個人の行動分析を行う事で、社内やチーム内のバランスを知れるのでどんな人材が必要か具体的になる

行動評価の項目を考えれる
→「P機能とM機能とは何か」項目を作って、評価を可視化出来る

mizudry
2020/04/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 部長・ディレクター

・PM理論は初めてしった。私はpM型。
・リーダシップトレーニングは、認知→決意表明→振り返りが必要。

katsu315
2020/04/21
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 部長・ディレクター

目標達成と組織維持はバランスを取るのが非常に難しい。組織維持に尽力すると人間関係のもつれなどから目標に向かうことが出来ないケースも出る。目標に焦点を当てすぎると関係性が悪くなるケースも出る。やはり難しい。

toma1120
2020/04/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

PerformanceとMaintenanceの二つで分類する発想が興味深かった。両方の要素を意識して取り組みたい。

moeto0610
2020/04/19
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

なかなか、PもMも纏まっているリーダーなんていませんよね。

naka152
2020/04/19
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 経営者・役員

目標等が明確でない管理的な仕事で成り立っているのでMが強い人が多いと思いました。明確なPをつくってPM型を作り上げたいと思った。
当社において自他ともに認めるPm型の人が現場で評判が悪いのももっともだと感じました。

yuri1122
2020/04/18
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 一般社員

行動でリーダーシップは改善できる事を理解した。個性ではないので、皆がトレーニングを行うことでPM型・理想のリーダーに育つことができる

leinyald1
2020/04/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

人は変わることができることを前提としている理論。PMがいなくてもタイプの違う人を組み合わせることで組織がうまくいくというのが、とても納得した。
様々なタイプがいる組織がうまく運営されていると業績がとても良い。

s_s_25
2020/04/17
金融・不動産・建設 その他 一般社員

自分がpM型であると認識したのでPを成長させていきたい。

alimity
2020/04/17
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 経営者・役員

◇リーダーシップとは個人の資質ではなく「行動」である
部下との目標設定ミーティング→進捗の見守り(適切なアドバイス)→結果→フィードバックのループを行う
◇足りない部分はメンバーの組み合わせで補う
自分にMが不足しているならMの得意な人材を補助に付ける
◇仕事によりPもしくはMがより重要な場合がある
打ち手が明確で勝ち方が分かっている仕事→P重視で部下を激励する
変化が激しく部下の創造性が重要な仕事→M重視で部下の自主性を尊重する

yaya-0930
2020/04/17
金融・不動産・建設 クリエイティブ 一般社員

理想とギャップの摺り合わせが大事であると感じました。
ここでもPDCAサイクルは使えそう。

higashizawa
2020/04/17
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

自分は典型的な日本人でMを重視してしまうので、Pの重要性を意識して行動したい。

kkk007
2020/04/17
金融・不動産・建設 その他 一般社員

リーダシップを伸ばすためにPとMの観点から自分を客観的に評価しながら、リーダーシップを磨いていきたい

user-92696ffb29
2020/04/17
  

リーダーシップを行動と捉え、変えることができる。自分や組織の状況に合った理論を、適切に使っていく。

nemo_h
2020/04/17
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

リーダーとして、チーム員がどの人材に当てはまるかを抽象的に表現でき、その後の具体的な対策につなげやすいと思う

metona
2020/04/17
金融・不動産・建設 その他 一般社員

目標に向けてゴールに導く能力を向上させるのは難しいが、自分の行動を振り返り改善に向けて試行錯誤していくことが能力アップにつながると思う

ryu09
2020/04/17
金融・不動産・建設 その他 一般社員

他社評価と自己評価のズレを認識し、PM型を目指す。

kazu9808
2020/04/17
金融・不動産・建設 その他 一般社員

pm理論も今回初めて聞いた物だったのでより理解したいと思った。

yabuken
2020/04/17
医薬・医療・バイオ・メディカル IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

P機能を強く進めることで、M機能が弱くなり、部下が付いてこない可能性があると思う。バランスが大事だと思う。打開のひとつは、ひとりのリーダーだけでは無く、組織として対応していくことが良いと思った。

nannan
2020/04/16
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 課長・主任・係長・マネージャ

初めてPM理論知りました。チーム組織の成果を上げる為にもリーダーのみならずメンバーがどのタイプなのか?も活かせそう。
その時々で、「Pm」や「pM」変わる事があり「PM」は本当に難しそうだがあるべき姿のリーダー像だと思った。

mh2020
2020/04/16
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

各人の行動に当てはめてみると面白いです。

yurichi28
2020/04/16
メーカー その他 一般社員

複数人の特性を組み合わせてより良いチーム作りを行うのは大切だと思う。

nobu_hanai
2020/04/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

基本的なフレームワークであり、今までも意識してきたことであるが、今後も組織を考えるときに活用していきたい。

iorimoko
2020/04/16
商社・流通・小売・サービス 専門職 部長・ディレクター

PM理論の基礎が得られました。

ka-sa
2020/04/16
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

このような形で4つに分類すると自分自身の理解にもつながる。
今までの上司はpMタイプが多かった。Pを強くすることも必要だと感じた。

kaakee
2020/04/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

組織において、PとMのどちらが足りていないか?を見極める事も大事だと思った。PとMを具体的にどうトレーニングしていけば良いかを知りたいと思った。

momonga0926
2020/04/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

PとMの両方の視点で、自分のリーダーシップのタイプを客観的に見てみることは大事だと感じました。

kouji_17191923
2020/04/14
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

私自身をかんがえると、Mがつよいので、Pを伸ばそうと改めて思った。

uno-daddy
2020/04/14
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

リーダーの特性を知ることでその人のスキルアップを図る
また、リーダー同志を組み合わせて更に組織のスキルアップさせる
とても優れた理論だと思いました

kazuki1705
2020/04/14
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

自信のスタイルがどこに当てはまるか検証してみたい。
自組織でもPとMがどちらも秀で居ている方は少ない思う。

honeybee_5963
2020/04/14
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

リーダーシップが後天的資質であるという点について共感できました。加えて当方も典型的日本人気質のためP型が弱く、今後はこれを強化していきたい。

votbrave
2020/04/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダシップは特性ではなく行動。鍛えることができる。自分はまだpmの位置。部下の育成を通してまずMを伸ばす取り組みを実行、日々振り返りしたい

hny
2020/04/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

PMの客観的評価を得るための機会が必要であると感じた

koji0725
2020/04/13
インフラ・公共・その他 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のPとMの割合を正確に把握し、弱い部分を強化する行動を実行していきたい。

user-3fa7613bf0
2020/04/13
  

組織ではよりMの要素が重要視されるのだなと思った。

k_s_0127
2020/04/13
金融・不動産・建設 その他 一般社員

マネジメントする側に立った際に、自身のリーダーシップを見直す指標となると思った。

arron
2020/04/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 部長・ディレクター

PMだったら、目標達成も組織維持も強いメンバーなので、どの会社でも望ましいですが。pMとPmは、どちらが望ましいかというと、会社によって違うと思います。ベンチャー企業の最初は、生死ラインで生き残るため、やはりまずPmを求めたくて、だんだん大きくなると、安定の組織を求めるため、pMの重要性もだんだん強くなるだろう。

kimi_7
2020/04/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは行動で変えることができるという考え方が参考になった。

zwei_heaven
2020/04/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

面白い理論だと思いました。自分や自分の職場に当てはめて考えてみたいと思います

izumi-6024
2020/04/11
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

本項で学んだ事を意識して実際の業務で行動して行きたい。

southcamel13
2020/04/11
金融・不動産・建設 営業 一般社員

まずは組織のメンバーをよく知ることが必要。その上で、どういうチーム構成にするか、何を任せるかを決定することにより、適材適所の人員配置が実現できる

tichi0123
2020/04/11
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

自分のポジションを確認することによってどう行動を変えていけばよいかがわかる。部下についても見極めることで何をアドバイスしていけばよいかが理解できた。個人と組織の両面から考えることが必要と感じた。ほかの理論も学習してみたい。

golfman
2020/04/09
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Pが強いリーダーは、近年においてはより慎重に行動しないとパワハラになりがちだと思う

hayato-tizu
2020/04/09
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分はPM理論の中でPm型だとこの授業で感じた。

目標を設定させてデータを作成し、どうして出来なかったのか?等を
することで個人の成績を上げれると思っていたがM型の組織維持行動が
出来ていなくて、グループ員は結果だけしかみていなくて過程を評価
出来ていかった。
行動でm⇒MにできるとわかったのでPM両方とも大文字になるくらい
バランスが取れたリーダーになりたい

freshwind25
2020/04/08
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の視点でいろいろとタイプをみてみたいと思いました。

vivavie
2020/04/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップに必要不可欠な行動を最もわかりやすい二つの要素にまとめた理論で、覚えやすい。目標を達成すること、組織を維持すること。最低限のこの2点は、行動であり、たとえpm型であってもある程度は達成しうる、ということで心強い。

maho_1013
2020/04/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

自分に理想としてはPに強くなりたい。自分の今後の強化ポイントを知るのに役立ちそう

7010ht
2020/04/06
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

自身のリーダーシップが現段階でどこに位置しているのかを把握し各々に合った方法でPM型を目指していきたい。

s-kurata
2020/04/06
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

組み合わせでPが強い人とMが強い人を同じチームにすることは重要と感じた

new_manager009
2020/04/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

自身の行動に関する理論だが、現実では傘下メンバーのスキルにより、どの程度の影響力を与えられるか、という外的要因も左右している。XY理論にあるようにPMも使い分けが必要になるような気がした。

hiroyuki1981
2020/04/04
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを行動として捉えて成長させていきたい。

naminori_hurry
2020/04/04
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

組織メンバーのリーダーシップ育成において、このフレームワークに沿って、各人の行動タイプを分析し指導方法を考えていきたい。

kazu_521
2020/04/04
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論興味深い考え方だと思いました。
自分自身はpM型に属すると認識しています。フレームワークもマネジメント軸になりがちなので、目標達成に向けてギリギリまで頑張っていけるアクションにどう落としていけるかを実践していきたいと思いました。

tominao1102
2020/04/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身はpが弱いと感じる。PM型へどうすれば近づけるのか、考え行動していきたい。

yukio86a
2020/04/03
メーカー 経理・財務 一般社員

私自身を分析するとM機能が強く、P機能はどちらかというと苦手に感じています。ちょうど最近、職場でその点を指摘され改善していかなければと考えていたところです。
組織をうまく回そうとすればするほど、軋轢を避けてしまう傾向があると思います。Pm型の上司をみて、M型のリーダーシップが良いと思っていましたが、PM両方強いリーダーシップが理想だと再認識しました。いつもPとMの二面で自分の行動を振り返ることが重要だと感じました。

sutekichi_55
2020/04/02
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

タイプ分けをする事で成長ポイントを考えられるかもしれない。

hideaki2135
2020/04/02
メーカー 営業 一般社員

自身のチームにおいてPM理論を図る指標も紹介頂ければより活用できるかと考えます。

okazawa
2020/04/02
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自分に無いものを別の人で補うことによりチームを強化しようと思います。

masa_0429
2020/03/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップは自分の弱みを意識してトレーニングすることで育てることができると学んだ。

yoshimura-1025
2020/03/30
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

PMを意識しながら仕事することも1つかなと思いました。

true_79
2020/03/30
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

まずは自分の立ち位置がどこにあるのかを分析し、PM型へ成長できるようにフィードバックをしてもらう、その上で行動を修正する、というのは今すぐにもできそうなことだと思いました。リーダーシップに限らず自身の成長に活用できる方法だと思います。

kzkmzn
2020/03/29
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

個人の特性ではなく、”行動”としていることがポイント。
諦めずに、行動を変える、変えさせる必要がある。

jun_k
2020/03/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

目標達成のためのPは必須であるから、その時どれだけMを意識できるかが重要だと感じました。

koshihikari_r
2020/03/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーの考え方ではなく、行動によって分類するやり方は、客観的にも評価できるので、リーダー育成のPDCAを回すのに適していると感じた。また、リーダーも常に自省をしなければ成長できない、悩み行動しなければ成長できないことと再認識した。数をこなせば良いという話ではない。成長するよう方向に行動しなければ、その方向には近づかない。

hide_1210
2020/03/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自己分析に使えそう。PMの弱い方を伸ばして、大文字のPM型を目指したい。

piyo
2020/03/28
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

自分まだpm(より右上?)かも?なので、PM型になる様、日々の行動を見直します。

takesawa
2020/03/28
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自分の組織でもM機能に偏重していると感じる。P機能を意識すれば、さらに良い組織に変わるとわかった。

guts-gits
2020/03/28
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

自分自身はpM型なのですが、普段のリーダーシップでPを意識していくことが重要だと気付いた。

yama0608
2020/03/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

有用性のある理論であると感じました。

toshihirot
2020/03/25
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

リーダーシップトレーニングとして出てきた、必ず実行し確認するという例は、他のギャップが認識できる要素ならどれでも活用できると思った。
振り返りの習慣が成長につながると改めて実感した。

muchino-chi
2020/03/25
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

PM理論において、P型・M型共に行動を変える事により不足な能力を伸ばし、リーダーを育成できる考え方は参考になる。

femme_leo
2020/03/25
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

自身や周囲の行動を振り返るものとして活用していきたい。

hiro-41
2020/03/24
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 部長・ディレクター

組織運営において全ての人材がPMとは限らないため、自身も含めそれぞれの強み、弱みを観察し、弱みを伸ばす必要性とPとMの組み合わせによって強い組織を作っていくべきと感じた。

r_konishi
2020/03/24
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人材の掛け合わせで組織が活性化する事を学びました。
基本のチームは固定であるが、様々なプロジェクトチームをPMタイプ別に作り、業務を推進していきたい。

suke_84
2020/03/24
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

自分が居心地がいい/理想とするものはMによったものだと感じました。
どちらも現状足りているとは言えないので、P,Mどちらも高めるための実践的な行動を学びたいです。

bisco6
2020/03/22
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

現在の私はM理論に偏っていると感じた。
パフォーマンスの向上やメンバーを叱咤激励して目標へ邁進できる環境を醸成できる行動を意識し、PMタイプのリーダーになれるように努力していきたいです。

minmin2020
2020/03/22
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

PM理論は初めて聞きました。自分はMタイプで、Pに対して弱いと思いました。小さな事から意識して変えていく事が自分の成長になる、自己研鑽につながると思いまいした。

shima2
2020/03/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

個人の特性ではなく行動としてとらえることで、改善できるリーダーシップのフレームワークとしてPM理論を学ぶことができました。

shunsaku
2020/03/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

初めて学びましたPM理論。
自分自身の評価と上司、部下から見た評価では見る人によって評価が結構変わりそうだなと感じました。
人の意見をそれはそれとして素直に聞く姿勢を持ちたい。

yosuke_0914
2020/03/16
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

上司で多いのがpM型のイメージで現在の自分もどちらかというとpM型の気がします。

motejun
2020/03/15
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

PやMを伸ばすためには何をしたら適切なのか。特に、M行動の具体例をもっと知りたい。

0304400a
2020/03/15
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 一般社員

自身はチームメンバーとの調和を強く意識したpM型と認識。調和を優先するあまり、目標達成をおろそかにするがないよう、今後の業務にこの講義の内容を意識したい。

itoyasu
2020/03/14
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 部長・ディレクター

自分の特性を見極めることから始め、それを分析し、改善行動を実行し、改めて見極める、そんなサイクルが重要だと感じた。

user-d78cf0c181
2020/03/11
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論をベースに自分の行動の型を自己分析、認識して、自己のトレーニングに取り組むようにしたい。

hirotomo_1007
2020/03/09
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

私は、PもMも中途半端なところにいると感じる。

Mについては、組織の和を意識するだけでは足りない。
その組織に属するメンバー1人1人に対して、私の望む成長を伝え、お互いが納得するゴールを共有すべきである。
組織を維持するために必要なことは、甘やかすことではない。
その人の目標や夢の実現に向けて、本気で一緒になって考えることだと思う。

Pについては、数字が全てという感覚だ。どちらかというと、私はこちらが強い。
不景気や天候不順でも、そのせいだけにせず、どこまで行動して、最後まで数字を追っているかが、大切と伝えている。

fuji7495
2020/03/08
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分の営業の部署ではP要素が強い人間が多くいるが、M要素ものばしていけば理想の組織に近づけることが分かった。また、人と人との組み合わせで組織的に伸ばしていけることもわかった。

naoki_1026
2020/03/08
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

自分はpM型だと思った。良い所は引き続き磨きをかけると共にpを伸ばす具体的なアクションを考えて実行する意思が必要だと感じた。

akiokun104
2020/03/08
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

確かになんとなくメンバーの行動特性はわかりますが、あらためてプロットしてみたら、もっとわかりやすく分析できそうであると感じた。

martin-l-s
2020/03/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

Pが弱いという自身の立ち位置を把握する良い機会になりました。

miosaka
2020/03/05
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

現在の自分は、おそらくPm型(目標達成型)で、自分の上司がpM型(組織・集団維持型)と思われる。2人だけの組織で、PM型リーダーがいないため、お互いの行動を掛け合わせながら、PM型の組織にしていきたい。同時に、自分の行動分析をPM理論のフレームワークに落とし込み、弱い部分を改善していけるよう、行動を見直していこうと思う。

n-kawamoto
2020/03/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

個々での能力に応じた指導法の他に、それぞれをカバーすることで弱点を補うことが可能となることは重要である。

ttakada
2020/03/01
コンサルティング・専門サービス 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

日本がpMが多いってのは納得。自分もどちらかと言えばそうだし、Pをつよめなければ。

umo
2020/03/01
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分や周りの人がどの分類に属しているか考える事ができ、自分以外の分類の方のいいところを学べると感じました。

jack2baker
2020/03/01
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 部長・ディレクター

あらためて、行動を考え直したいと思います

mugi7716
2020/02/28
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

確かに昔はPが強かったけど、最近はMが強くなってきたかもしれない。

0405
2020/02/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

社内でも部署によってP強めの場合とM強めのリーダーが存在する。

suzupower
2020/02/24
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

個人の特性を4つに区切る分かりやすいフレームワークで、自分や社員のポジションを客観的に見れるところや、伸ばすべきところが見えたり、チーム編成にも役立つとおもいました。

sunsunsun
2020/02/22
メーカー 営業 一般社員

pM>Pmですね。仕事はチームでするもの。

ishiyoshi
2020/02/22
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を理解した。

vegitaberu
2020/02/21
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

内容にあった通り、Mの強い管理職が多いと感じます。それは、今いる会社が、或る程度確立した、それなりの規模のものだからかもしれません。ただ、それによって、モチベーションをそがれることも多々感じます。
逆に、自分は、Pの方が強いと自覚していますので、その部分を、武器にし、Mの部分も養いながら、日々の課題に取り組んでいきたいと思いました。

kuta_41
2020/02/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

業務において大変参考になりました。

kazuo_1990
2020/02/18
広告・マスコミ・エンターテインメント マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

P、Mを伸ばす為のトレーニング方法、考え方を改めて学びたいと感じた。

kaji-rei
2020/02/18
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

基礎的なことながら、振り返りをきちんとするということが大切なことを改めて知りました。きちんと自分の活動を見直します。

ta-yamaguchi
2020/02/17
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

pを強くするためには、業務分析力やマーケティング力など根拠を示しながら引っ張ることも重要だと思った。

uz
2020/02/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

どんなに実績が高くても(今の業績がよいという意味)、配慮する意識を持っていても、行動で示す必要があることを改めて認識したい

hitoshi1970
2020/02/15
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

古典的な理論だが、自己評価と他者評価を見比べて、自分に不足しているものが明確になり易い。また、メンバーのリーダーシップ行動の変化は時間を要するため、メンバーの組み合わせによって組織としてPM型にするという発想は現実的な解決策となる。

fujifuji
2020/02/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

私はpMだと思います。社内の上司や他のマネージャーも同じ。
確かに日本人はpM傾向あるように思います。
和を持っての精神でこれからもここをより深めていきたいですが
一方で確かにグローバル競争時代と考えればPにも強くなっていく必要もあります。

このようなフレームワークでとらえることで
見通しが良くなったと思いますので
良きを磨き高めながら弱いところ(P)をいかにして強くできるか?を
探っていきたいと思いました。

kuma_2
2020/02/13
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

①PM②pM③Pm④pmの順番となり、
②の目標達成力が弱くても、集団をまとめる力がある方が、
③の目標達成ができても、集団をまとめるのが苦手
という順位が、組織ならでは…と感じた。

shiohara
2020/02/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

他の理論と合わせてチームのバランスのとり方を設計することに役だつと感じました

tech-77
2020/02/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論で分類すると私はpM型になると思います。PM型に近づけるためにPを強化するための対策を取りたい。

krossa7jp
2020/02/06
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

僕はドMですが(笑)。

hiroshi01
2020/02/05
メーカー 経理・財務 部長・ディレクター

自分はPよりMが弱いタイプと考えていましたが、これを特性と扱うでなく行動と考え、Mを上げ、ギャップを埋めていこうと思います。勉強になりました。

tani_2020
2020/02/04
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 一般社員

大変明快で説得力のある理論だと思います。
具体的なトレーニング方法と合わせて活用すれば非常に強力なツールとなると感じました。

mthino
2020/02/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 一般社員

PM型に近づくよう努力していきます。

red1207
2020/02/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

担当のレベルでは、一般的に仕事ができる人と思われている方は、Pm型が多いと思われる。敵が少ない上司(幹部社員)は、M(組織維持)を意識されている方が多い気がします。

tomonari131
2020/02/01
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 部長・ディレクター

前職では、ノルマの厳しい営業職でしたが、上司はPmタイプが多かったように思います。その会社ではPを重要視し、人事評価に大いに影響があったためであると思いました。

tanaka_pvt
2020/01/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 部長・ディレクター

理論は理解できたが、
それぞれを伸ばす育成スキームに関心がある

もう少し実務で想起できるくらいに理解を深めたい

yone_111
2020/01/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

状況に応じて、PMどちらを優先すべきなのかを見極める必要がある。
プロジェクトの初期段階では、チームの大方針を固めるためにMを強くし、終盤はなんとしても成功するために、Pを強くするなど。

tottin
2020/01/25
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

足りない部分は組み合わせで解決する

ryoken
2020/01/24
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

参考にして努力します。

takashi2111973
2020/01/23
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

良く理解出来ました。
今後PM共にバランス良く出来る様に日々努力します。

masarukanno
2020/01/23
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論、マトリクス上に分類して考えると分かりやすい。自分の立ち位置を認識していきたいと思います。

dacchi-man
2020/01/19
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

組織全体をみた場合にM機能が優れている方がリーダーシップをとる機会が多いと同感しました。私自身はPm型であるため、組織機能向上に役立てる、配慮するよう行動変容を図り、自組織のパフォーマンス向上、よりよい組織への変革を推進していきたいです。

rocky_zu-shi-
2020/01/18
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 一般社員

このフレームワークを初めて知った。PM型を目指し、苦手な部分を克服していきたい。

sanpei_mihira
2020/01/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

PM領域を目指します!!

endoumame
2020/01/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

体系的に別れ理解できるので分かりやすかった。

u_sun
2020/01/16
メーカー 営業 一般社員

完全に自分がどのタイプか分かる切り口でした。足りない部分を強化したいと思っているところですが、定期的な他者からのフィードバックが大事だと思いました。

taki2
2020/01/15
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

行動としてリーダーシップの型を捉え,トレーニングによって,PM型のリーダーになれるというのは,希望が持てる。

toki_0121
2020/01/14
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

リーダーの重要な特性の一つとして自己認識力があげられており、リーダーシップをはかる様々なフレームワークがある中でも、まずは自己分析(自己認識)をし、強み弱みを把握することが成長の第一歩である。

kouji19
2020/01/14
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

理想はPM型ですが、目標達成を考えるとPが強くなります。周りをみながらPMどちらもバランス良く意識して進めることが大切と思います。

tk58
2020/01/13
メーカー 営業 一般社員

PM理論はリーダーシップを個人の行動に分解したもの。
パフォーマンスよりとメンテナンスよりの行動に分解できる。
自分自身はもともとメンテナンスよりの行動が多いので、厳しく行動を促すようなパフォーマンス型の行動も意識して取り組むようにしている

kengo_1102
2020/01/12
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

毎月の営業成績の達成に向けて部下を導く際に活用できる

hirokim0419
2020/01/11
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

どちらも中途半端なので、正直自分はおそらくpm型です。
PとM二軸を分けて、課題を明確にし、しっかり改善していきます。

現在の中途半端な状態になっている要因の仮説としては、人に嫌われたく無い。と言う状態になっており、毒にも薬にもならないような存在になってしまっているからであると感じています。

↑上記から5ケ月たち、どうにかp M型には近づいてきたと思います。
メンバーと真摯に向き合うことで改善が見られました。
現状、業績が踊り場であるということもあり、いかにPを強化するかが喫緊の課題です。

nozawa_007
2020/01/10
メーカー 建設・土木 関連職 一般社員

・人材を組み合わせることでPM型の人材がいなくても強い組織を目指せるとのことで、『人材の多様性を受け入れて活かしていく』という考えにも沿いやすく受け入れやすいフレームワークだなと感じました。
・コミュニケーションも 集団をまとめる、目標を伝え達成する、の両方に重要になってくるので忘れないようにしたいです。

yamayamasan
2020/01/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

PM理論を理解することで理想のリーダーとして思い描く像と目標を明確化できた。
日々の業務に活かしていきたいと思う。

kimu_1966
2020/01/08
メーカー その他 一般社員

組織メンバーの強み弱みを把握し、個々のレベルアップをすることで組織力アップにつなげる。

ryoji2114
2020/01/08
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

リーダーシップは個人の持って生まれたものと捉えていたが、この理論では行動によるものと知った。
普段の業務スタイルを定期的に見直すことで、行動特性を向上させようと思った。

sk4113
2020/01/07
コンサルティング・専門サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

自分が現時点でどのタイプに属するのかを客観的に把握するために、テストを受けてみたいと思いました。

htak
2020/01/07
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

PとM、両方のバランスが取れている人は結構少ないと思う。M重視の結果、Pが弱くなる傾向にあるように感じる。Pを高めるにあたっては、よりレベルの高いMが必要。

ddddddddd
2020/01/04
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

PM理論について学んだ。
目標達成と集団配慮の双方ができるPM型が最も優れたリーダーである。
自分はどちらかと言うとチームワークやモチベーション維持などのM行動が得意で、目標達成に対するコミットメントが低いため、pM型に近いと考えている。
グローバル競争が激化している中では、1人1人の目標達成ができるかどうかが会社存続に大きく影響してくるため、P行動の改善努力が必要。

ryosuke0320
2019/12/29
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

非常に汎用性が高く、リーダーシップトレーニングはとても分かり易く明日からでも実践可能だと思いました。

marcy
2019/12/27
コンサルティング・専門サービス マーケティング 一般社員

今の上司はPM型。前の会社の上司はPmかpm。人のふり見て我がふり直そう。

harutomo27
2019/12/27
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップをPerformanceとMaintenanceの2つのフレームワークに分けるのは学びとなった。また、PMそれぞれは、個人の特性ではなく行動によって変えることができる。また、社内の研修や人事評価の設定によって、PMの人材を育てることも可能、というのは新しい発見だった。

kazuyo_315
2019/12/26
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

日本人はMが強いが、グローバル化に対応するにはP行動を効果的に高める必要があるということについては、100%納得です。私も外資系で働く中、Pを高めたいと思っています。小さくても具体的な行動目標を立てて、実行していこうと思います。

ohtahikaru
2019/12/21
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下の特性を区分けする際に非常に有効的だと思う

sugi123
2019/12/20
商社・流通・小売・サービス マーケティング 部長・ディレクター

PM型を意識して仕事に当たりたいと思います。

baptista20
2019/12/20
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

自己分析をしてみると、自分はM行動が同僚より弱いと感じる。
同僚の行動を観察し、自分の行動にも取り入れ、M行動を強化したい。

hiro_12345
2019/12/18
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

自分の行動は意識すれば変えられる。

hide-hide
2019/12/18
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

求められる成果によってP と M どちらに重点を置いて行った方がいいか?
という気づきを得るために有効的だと感じました。

iseki1234
2019/12/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

終了しました疲れました

katsu3616
2019/12/17
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分のメンバーがどのタイプか見る

nakashin5150
2019/12/15
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

当社もとりいれたいです

khmms12
2019/12/14
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

非常に汎用性の高い理論だと思いました

masuchan
2019/12/14
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

リーダーシップは行動であって、トレーニングによって変えることが出来る十いう事が勉強になりました。

sayuri725
2019/12/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

リーダーシップは、生まれつきではなく、組み合わせによって成長出来る事を学びました。

taku14
2019/12/11
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

もともと自分の認識として、PとMは相反するものだと考えていた。
しかしこの2要素は対局ではなく、縦軸横軸で表せる関係性のものであった。考えてみると、目標達成を強く目指すことが集団組織の輪を乱すかというとそうではない。
どちらも未熟な私はまず縦軸Mの強化を行い、まとめる力を養ってから横軸Pの強化を行う。Mが不十分な状態でPを強化しても、大きな波は起こせない。まだ若い今だからこそ、遠回りしてからしっかりと目標達成を果たす。

hata_ogis
2019/12/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

自分も含め、メンバーの現状における行動を把握するのによいと思いました。
グループの配置を考えたり、pまたはmが弱い人にわざと進捗もしくは管理の業務を振るというのにも使えそうです。
フレームワークとしては、古典で基礎の基礎という事でしたので、どんな判断軸がまだあるのか興味がわきました。

yuichiro5503
2019/12/07
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論の行動について、理解できる内容で納得しました。自分がどの位置にあるか検討してみたいです

kotetsu8686
2019/12/07
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

メンテナンス、パフォーマンスの優れたリーダーになるために使える理論。

自身がグラフのどこに位置しているのを自己分析 他己分析で確定し、不足する部分を行動ベースで回していくことでPM型に近づいていくことが必要。

また、リーダー育成のための人材配置や組織編成にも生かせる理論である。

mino-k
2019/12/04
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

自社の事例で思い出すと、Pの強い人は、ある程度、強烈な印象を残すので、組織の中で関わり合いになりたくない、といったマイナスイメージもあったように思います。逆に、Mの強い人は、部下として仕事がやりやすいなどの印象がありましたが、特筆すべき評価を受けることはありませんでした。
結果として、Pm型のリーダーと仕事をしたあとは、あれも良い思い出だったと感じているし、pM型のリーダーの下で仕事したあとは、自分自身がじっくり成長出来た期間であったと感じています。バランスが大事ですね。

ash202101
2019/12/04
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論で自身を分類するとPm型に分類されると思った。
組織を維持する活動よりも成果に目を向けている傾向にある。
自分が理想のPM型を目指すことと同時に、自分の補佐はMを補う役割を意識して
体制づくりやサポートを得ようと思う。

toshiki-suzuki
2019/12/04
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論…初めて聴きました!
自分自身がどこに位置しているのか…pM…かしら…

ricohiroto
2019/12/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

面白かったです。人の特性を見抜くことは本当に難しいことだと思いますが、引き続き、コミュニケーションを密に、各人の強みを活かせるように、進めて行きたいと思います。

furutom
2019/12/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

シンプルで明解な理論でした。

koba7
2019/12/01
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自身や周囲の人の特徴を考える時に、pm理論は一つの有効な考え方だと思いました。

yu-kishi
2019/12/01
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

何でもできるリーダーは少ない。リーダーのタイプを見抜き、足りない部分は助け合うことも必要。また、PM理論は個人特性でなく、行動なので、後天的に変わることはありえる。

mitsant
2019/11/30
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

PM型でありたいと思う。今の自分はどちらかといえばPm型だと思う。Mは個人のメンバー間の人間関係や気持ちが影響してくるから難しい。

km13
2019/11/28
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 部長・ディレクター

自分をpM型かな、と感じましたが、他者からの評価をもらうのが少し怖いのと、誰に評価してもらうべきなのか? これによって型が変わりそうです。

khmy1
2019/11/28
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

分かりやすく、実践しやすい理論だと思う。参考にし取り入れていきたい。

akijapan
2019/11/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

PM,Pm,pM,pm様々なタイプの人間がいて、お互いに補い合って会社がうまくいけばいいと思いました。無理にみんながみんなPMになる必要もないと思いました。

zumi0908
2019/11/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

自分の行動はpMタイプかなと思います
PMタイプは理想的なのはよくわかります
近づきたいです

monterey1975
2019/11/27
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

どちらかといえば現状はpM型の組織であるように感じる。個人特性でなく行動に焦点を当てているので広く活用できます。

syatabe
2019/11/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

私も出来ればPM型のリーダーになりたいと思います。
1人では難しいと思うので、まずはメンバーと協力しPM型のチームを目指していきます。

ko0822
2019/11/26
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 一般社員

競争社会を生き抜いて行くためにはP型のリーダーシップがより重要になってくる一方、変化の激しい不安定な世の中ではチームメンバーに安心を与えるM型も同時に持ち合わせていなければならないと思う。

bisyu-no-daichi
2019/11/26
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PもMもバランスよく成長させることが必要だと思う。

tm1022
2019/11/25
インフラ・公共・その他 その他 経営者・役員

P寄りのタイプなので、あくまで達成できなかった際にもその理由や気持ちを聞いてあげる機会を作る。
他にもやりたい仕事や願望を聞いてあげられるような場を作るべき。
結論としてはやはり部下との対話の機会を増やしていきたい。

okadaakira
2019/11/24
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

自分がどの位置におり、どのような行動を取るべきか考えれる

masahiko0921
2019/11/24
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分は現在pM型であると感じていますので、目標達成のために何をするか等目標の達成のための行為を強める必要があると感じました。

tohon
2019/11/22
メーカー その他 一般社員

PM理論は個人の「行動」をとらえたリーダーシップの型ということが理解できた。また、個人の特性に拠らないことからトレーニングによって行動を変えることが可能とのことは取り組むモチベーションにもなる。
ただ「行動」を変えるには「意識」を変える必要が出てくる場面もでてくると思いました。

bell
2019/11/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 一般社員

今までPやMといった観点で考えたことがなかったが、現在の業務ではPを伸ばす要素が少ないため、Mを意識してみたいと思った。

chai58
2019/11/18
メーカー 営業 一般社員

ユニットを組む際にPやMの強さを判断軸にメンバーを考えたことはなかった。任意のユニットでプロジェクトを組める際に取りいれたい。

emi_tama
2019/11/18
メーカー 営業 一般社員

上司から求められているリーダー像はPM型だと思うが、まだ足りていないところもある。メンバーの組み合わせによってチーム全体で上手くいけば良いというところに共感したので、チームを強くしていくことを考えてみようと思った。

knhk
2019/11/17
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップを行動で捉え、トレーニングによってリーダーシップのあり方を変えることができる、新しい発見でした。

e-yazawa4649
2019/11/17
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

P/Mどちらもストロングとするには相当な覚悟も必要かなと。
部下の育成マネジメントは自身の成長にも繋がると捉えられる

hide-nori
2019/11/17
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自部署では、定量目標達成においては、Pが強い。一例で、売上計画についての執着、敵愾、これはこれで大事だと考える。一方、定性目標達成においては課題を持つ。仕事におけるマネージャーとメンバーの関係、現在解決に向けて方法について検討している。

edo
2019/11/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

初めて触れる理論でした。
とても新鮮でおもしろかったです。自分がどのパターンなのか
早速分析してみました。

madam
2019/11/15
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

どちらかといえばmが強いのでpの行動を意識的に行っていこう。

runnermasa
2019/11/14
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

自分がどの位置にいるのか理解しなくてはいけない。また、社内のメンバーがどの位置に属するかPM理論の観点でみなくてはいけない

tsune55
2019/11/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

自分を振り返り評価する指標にしてみます

patio_777
2019/11/11
メーカー 営業 一般社員

組織ではPM型は多いとは言えないのでpM型とPm型を組み合わせて活用することが有効であると感じました。

hitoritan
2019/11/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

リーダーとしての行動が4分類の何に当たるか行動を振り返る上で必要なフレームワークと感じた。

tak_
2019/11/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

PMそれぞれについて,自身が発揮している行動が何か?考える良いきっかけになった.不足している行動について,自身で定期的に確認を行い,新たな行動目標に落とし込む活動は自身の成長のために必要だと強く感じたため早速実践しようと思う.

terumaru
2019/11/05
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップが特性ではなく行動であるということが若い世代を成長させるために伝えたい内容でした

mac_3
2019/11/04
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

理論が特性ではなく行動という点。また、改善できるという点が学びに向かう力となってくれました。

michel_789
2019/11/03
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論は今の10人単位のチームでも有効な理論と感じます。組織が大きくなっても使えそうです。

jh0816
2019/11/03
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

理想的な、リーダーを目指すための指標となるフレームワークであると思う。
自分が、組織で指示をする時、その行為がどのような影響があるのか、考えて
行うことが大切だと思う。また、指示を受ける時も、組織にどのような影響を
与えるものなのかを考えていくことが大切だと思う。
PM型を理想としつつ、真のリーダー像を追求したい。

inahara
2019/11/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

■所感:
PとMに分けて自身のリーダーシップ行動を振り返ることで、自分の働きを評価できそう。
■不明点:PとMの強いと弱いは、どういう基準で決めれば良い?絶対評価?相対評価?自分の感覚?

katsunori_ya
2019/10/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

弊社は老舗企業なのでpM型の上司が多い。上司の行動を参考にするとともに、自己学習でもM面を伸ばして来たが、今後はP面も強化していきたい。

bunny
2019/10/29
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

あくまで考え方で、具体的な行動はないのでわかりにくい。

chach
2019/10/28
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

PM理論だけでは、心もとない印象があるので、様々な理論体系も取り入れながら、業務を遂行したい。

kobayashi01
2019/10/27
メーカー 経理・財務 一般社員

P行動・M行動を意識してやってみる。週次の確認なども。

mofumofu507
2019/10/26
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

当てはめてみると、私が管理職になってからの上司は、見事にすべてpmで、なんで毎日こんなに疲れるのかが、よく理解出来ました。
ガッカリ感が大きい代わりに、こちらがやる気になれば、逆に思い通りに出来る部分もあり、一長一短ということも出来ますが、中には、プライドだけは高いpmもおり、「あなたの手柄は私のもの、私の失敗はあなたのもの」で、ホント辛いです。

hero_1966
2019/10/25
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論から自身の弱い部分を発見し、組織人としてステップアップしていきたい

chito
2019/10/25
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

He is unselfish,conciderate for a man,but ineffectual (彼は利己的でなく、男としては思いやりがあるが、役立たずだ)という文章があった。逆に言うと、役に立つには少し利己的にならないとダメなのかと思います。ある程度自分の思うように働き、定時には帰る、みたいな・・・利己的に動くことも考えていきたいと思います。

nasu1976
2019/10/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

初めて学習しました。とても参考になりました。

kenken567
2019/10/22
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

シンプルな理論ででわかりやすかった。

k-28
2019/10/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 一般社員

自身のチームマネージメントの場面において、自己成長のために利用できると考えている。

2019nakano
2019/10/19
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

まずは、自分が現在どの型であるのかを知り、PM型に変容していくことに取組む必要がある。同時に、複数のPTが動いており、今後のPTを盛んに展開していく中で、構成員の組み合わせを意識した人選を検討していきます。

kagari
2019/10/18
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

pmの両方ともが弱かったとしても、努力でp,mの強い型になることもできると知り、安心した。

takashi-m
2019/10/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップには大きく二つの方向性が多々あります。
最近はpMよりPm型のリーダーがいてもやる目的は一緒だから仕事の内容は共有して
実行するのがミッション。

ytakeuchi0525
2019/10/16
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

個々人の行動特性を把握し、組織としての成果や個人の成長を促すに当たって、有効だと感じた。

birdneko
2019/10/16
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 部長・ディレクター

現状のポジション確認。その後の改善というサイクルがあれば、向かっていくゴールへの到達が早い。自分の会社も、マネジメント会議ではPの話しばかりだが、その土台となるMの要素がないと、組織としての体をなさないと感じた。

dt1969
2019/10/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

理論としてみると、日頃思わないこともりかいできる。

jc61grom
2019/10/15
メーカー 営業 部長・ディレクター

PM理論を学び改めて自身がpM型と認識した、主に調整能力に特化している傾向を感じ、基本サブリーダー的な要素で行動してしまっていた、また過去の上司でPM、Pm共に経験しておりPMが 望ましい反面チームとして組めば良い結果となることも実践として学んだ、今後として自身のPを改善して行きたいと思います。

kenichiro118
2019/10/14
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

PとMを両方伸ばしていくことが大切。また、自分自身がどのタイプに属するかも理解しておくべき。

eastvalley108
2019/10/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

上司と部下の評価のズレをマトリックスに落とし可視化し、啓発点を明らかにし行動計画を立てることによって、部下のリーダーシップ変革に寄与できるとイメージができた。重要なことは行動の継続と振り返り(内省)だと思う。

yyokoyama821
2019/10/12
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーシップをのばすにあたっての指標を知ることができた。
短いサイクルで実践と振り返りを行い、行動=リーダーシップを高めていきたいと感じた。

k-matsushita
2019/10/12
金融・不動産・建設 営業 一般社員

自分の周りのを見ているとM行動が強い人がリーダーになっている。ただ、リーダーから出世していく人を見ていると、P行動も強い人が多い傾向にあると思う。労働にうるさい今日においては、M行動に注意を払わないといけないが、P行動の成長を意識することを忘れてはいけないと思いました。

ryoryochan
2019/10/11
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

業務で活用するためには定期的に客観的な判断を自分自身に行い、日々PM両方が大文字である型に向け成長していく必要があると考えました。
具体的には判断のための期間のスタート時に各々が取り組むべき行動を書き留めるなどをして明確にしそれらを実行する。そして期間の終了時に各々が決めた行動ができていたかを確認し、それがどのように部下に影響していたかを考察し、次期の行動を決めるということが挙げられます。

butako2015
2019/10/11
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

主観と客観のギャップを認識することで目標を設定でき、それを目指すことでモチベーションを高められると感じる。
また、PM,Pm,pM,pmのどのタイプにそれぞれの人材が位置しているかを把握することで適材適所の人材配置を行えると感じる。

kei55
2019/10/11
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

自分を振り返る時間を作る

kisa2222
2019/10/11
商社・流通・小売・サービス 営業 経営者・役員

心拍数 と 血糖値。

ichysin
2019/10/11
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身もM型なのでよりPを意識して行動しようと思う。

tj3905
2019/10/10
医薬・医療・バイオ・メディカル コンサルタント 一般社員

老舗内資のせいか、pM型が多い気がします。Pm型リーダーだと、このご時世ではパワハラと言われてしまうリスクもある?

yoshikanon2
2019/10/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 部長・ディレクター

リーダーシップスタイルがこんなにシンプルに分類できることに驚きです。部下をみた時にどのタイプかを踏まえて、適切なアドバイスをしていきたいです。

user-74e62ed5cf
2019/10/08
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

Pが強い人とMが強い人がいることを認識した。育成プランを検討するうえで、まずはどちらのタイプかを把握する(自分自身でも認識させる)ことから始めたい。

funifunimaru
2019/10/07
メーカー マーケティング 一般社員

定期的に自身のリーダーシップを振り返ること、とあったが、実際上層部にいる方々が、忙しい中どれくらい実践出来ているのか、どうやって実践しているのか、関心を持った。

yuya0102
2019/10/07
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

数年前までは会社自体が売り上げ至上主義だったので上司もP型が多かった。しかし今の若手社員を見るとピーが強い人はえりMを重視するような傾向があるように思える。このようなメンバーが増えるので自らも日頃からMを大事にしつつも、Pを伸ばす努力を怠らないように週毎に実績、進捗確認をメンバーとも行うなどして意識します。

ke_20190513
2019/10/06
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

自身の行動が何型に属するか判断し弱みを把握しようと思う。

omori
2019/10/05
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自己育成と、部下の教育に役立てます

illweeds
2019/10/03
コンサルティング・専門サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分はpM型のリーダーシップだと思う。Pのスキルを伸ばしていくためには、Pの能力が高い自分の上司や同僚の行動を観察し、真似てみることが重要だ。具体的には一つひとつの案件に執着を持つこと、部下の足りない点をすかさず注意し、次回にどのようにしたらよいか考えさせ、自分で解決する力を意識的に育成していく事をまずは習慣化させることだと思う。

rokuren
2019/09/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はどうしたらPを伸ばせるかが課題で、そこはPM理論をもとに意識していく

hamaken
2019/09/29
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論もとずく個人の分析は興味深い。

tantos
2019/09/27
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 部長・ディレクター

PM理論はこれまで触れてこなかったので、今回学ぶことができて大変参考になりました

kuni0418
2019/09/26
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

内容について理解できた。

iwata730124
2019/09/25
メーカー その他 部長・ディレクター

自部門のメンバーを4カテゴリーに分けると、確かにPm型とかpM型とかが多い。
Pm型をPM型に成長させるためには行動考課、pM型をPM型に成長させるためには業績考課が有効かと思う。

aihara01
2019/09/24
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

Pm、pM、pm、PMが理解できた。組み合わせが大事。

yuichi-honda
2019/09/23
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

リーダーを育てる一つの指標とし、行動の特性を見える化して育成ポイントに活用していきたい。

yishy
2019/09/21
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

M理論における組織維持機能を高めることも必要だが、場合によっては、何が何でも目標を達成させるというP理論による行動も必要だと感じた。
PとMをうまく組み合わせながら、ユニットを運営していくことの重要性を感じた。

masa0123
2019/09/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論で言うリーダーシップは高める方法があるとのことで、Pの弱い自分としては少し希望が持てました。ただ、それを高める具体的な手法も知りたいです。

kazu1970111
2019/09/20
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

PM型が理想であると思うので自分の現状がどうなのかしっかりと認識して行動していきたいと思います。

nekoduck
2019/09/19
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

自分は目標設定する力がまだ無いように感じているので、Pを強く発揮出来るようにもっと勉強しようと思った。

yoheiakutsu
2019/09/19
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

過去を振り返るとまわりにはMの型が多く、Pは稀でした。

misy
2019/09/17
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

共に大文字のPMになれるように両方意識していくことが重要であると感じた。

kei7002
2019/09/16
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を理解できた。今後の人材育成に役立てたい。

1978_satoh_mot
2019/09/15
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自身のスタイルを変えようとしている中で参考になった。

sk-t
2019/09/14
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自己分析と他者からの分析の乖離を把握し行動として意識したい。特に自身はPを意識した行動を心がけたい

tomoyuki-1974
2019/09/14
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論で私自身がPm行動のパターンだと気づくことができた。M行動を意識する必要があることが分かり、とても参考になった。

aruk
2019/09/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

行動傾向で分類するとpM傾向になるのだとは思う。 チーム維持に気を使いすぎてP行動に二の足を踏むのが課題。 また、pM傾向とは言ったが、ではMが足りているのか、というと足りていない。 現状を把握して今後どうして行くかを考える材料にする、というのがこの知識の落としどころでしょうか。

user-61b4b52cd9
2019/09/13
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

行動からのPM理論を学び、今後意識したマネジメントを実践していく。

onon2
2019/09/11
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

シンプルでわかりやすい理論。
日常的に自分の行動を見る際に意識できそう。

glemass
2019/09/11
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

分類することによる利点や応用について、もっと深堀した学習が必要であると感じた。

116726hide
2019/09/10
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論重要と感じます

zome
2019/09/09
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分はPが強く、Mが弱みだと感じている。Mを底上げするように勉強をしていきたい。

kou_5027
2019/09/09
メーカー その他 部長・ディレクター

PM理論は初めて聞きましたが、組織には必要と考えます。

ken-860220
2019/09/09
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論を初めて学びました。組織作りに役立てます。

bintang
2019/09/08
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

PM理論を自分に当てはめてみると、Pを伸ばす必要があると感じられるので、そのための方策を講じていきたい。

taragon_02
2019/09/08
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

自省と共に、管理職とすべき部下の育成について示唆のある講義だった。

tomo0324
2019/09/08
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 一般社員

チームを作るときに違うタイプを組み合わせることが必要だと思いました。

shimizu1971
2019/09/03
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

トレーニングでPMを向上できるとは、思っていなかった。リーダーシップは個人の能力と思っていた。

tossy_104
2019/09/02
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

PM理論のフレームワークで自身や組織メンバーを見てみることで、客観的に捉えることができ非常に有効な考え方だと感じた。
あるべき姿と現状のギャップを捉え、強化すべき方向性とポイントを意識した行動につなげたいと思う。

hajime68
2019/08/31
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

現状パフォーマンスが低くても育成や研修で成長することができる事を学んだ

yama_1101
2019/08/27
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

四象限に分けて考え、部下と共有できれば、双方にとって有益だと思える。

khtnk
2019/08/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分の変えるべき点を身近な目標