ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

ヤフーCSO安宅和人×鈴木寛が語る!リーダーに必要な「AI」「データ」の知識と活用法

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

あすか会議2019
第8部全体会「リーダーに必要なAIの知識と活用法」
(2019年7月7日開催/アクトシティ浜松)

データ×AIの世界的な競争は私たちの社会に破壊的な変化をもたらすだろう。ビッグデータの蓄積やAIの技術進化といった現在のフェーズから、あらゆるものがデータ化しスマート化するフェーズⅡ(実装化の時代)へ、そしてそれらがつながりあってインテリジェンスネット化するフェーズⅢ(エコシステムの構築)へとデータ・AI社会が進化することは明白だという。データとAIの進化が社会にゲーム・チェンジを引き起こす中、リーダーが持っておくべき知恵とは何か。内閣府人間中心のAI社会原則検討会議の構成員として政府のAI戦略策定にも参画する安宅和人氏に見えている景色を、日本初の私立・国立大学のクロスアポイントメントとなる東京大学公共政策大学院教授、慶應義塾大学政策メディア研究科兼総合政策学部教授の鈴木寛氏が引き出す。(肩書きは2019年7月7日登壇当時のもの)

安宅 和人 慶應義塾大学 環境情報学部 教授/ヤフー株式会社 CSO(チーフストラテジーオフィサー)
鈴木 寛 東京大学 教授/慶應義塾大学 教授

コース内容

  • ヤフーCSO安宅和人×鈴木寛が語る!リーダーに必要な「AI」「データ」の知識と活用法
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

vegitaberu
2020/10/21
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

いろいろ学びはありましたが、一番心に残ったのは、人間とAIの違いでした。
人間には、身体がある、知恵がある(ない人もいるが・・・)、欲がある、良心がある、意志がある。AIにはない。
この5つの違い(特徴)を考慮に入れれば、AIを使いこなす道が見えてくるのではないかと、そのヒントになったような気がします。
逆に言うと、これ以外の部分インついては、すでに、AIが勝っているとも言えるかもしれない。
他には、科学技術と国際政治の歴史を追うことによって、次、どうなるか?を予測しやすくなるという話。
どうしても、テクノロジーの発展とか聞くと、そのテクノロジーを身に着けられるか、諦めて、丸投げするかという2択になりがちですが、そうではなく、もう一つ上のレイヤーでものを見て、マクロの動きを予測し、それに合わせて、専門家(できる人)を使うという選択肢があることを学びました。
最後に、人間の学び、コミュニケーションには、読む、書く、聞く、話すの、4つの動きがある、ということ。
今、自分が、そのうちの、どれをしているかを意識すると、また、学びでも、どのレベルまでできればいいかということを意識しながら学んでいくと、自分の位置と目的の距離が見え、やるべきことが、はっきりするのだろうと感じました。

baakun
2021/04/19
メーカー 資材・購買・物流 部長・ディレクター

確かに線形代数までやったことはやったが、その当時は何に使えるのかが全く意識せずにやっていた。使い道が分かったうえで勉強すると、もっと身についていたと思う。

tksk
2021/04/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

SQL,Pythonを一度なぞってみる。パケット通信の原理を調べる。自然言語処理のアルゴリズムを理解する。大学1年の基礎数学をきちんと理解する。そういったことが最低限必要。データを用いた特徴量の算出ができそうかどうかを見極められる、感覚的についていけるようになることがリーダーには重要。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています