ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

西日本豪雨災害を教訓に!突然の天災にリーダーは何をすべきか?~石原達也×荻原実紀×片岡聡一×米良はるか×藤沢烈

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

※音質の悪い箇所がございます。音量にご注意のうえご視聴ください。

G1中国・四国2019
第2部分科会R「西日本豪雨災害への対応~突然の天災、その時、リーダーは何をすべきか~」
(2019年11月23日開催/岡山国際ホテル)

2018年7月、14府県で260人以上が犠牲になった西日本豪雨は平成最悪の水害となった。なぜこれほど多くの犠牲者が出たのか?生死を分けたのは何だったのか?過去に例を見ない大規模な水害が毎年のように発生する異常気象新時代の日本において、命を守り、郷土を守るためにリーダーが取るべき行動を検証する。(肩書きは2019年11月23日登壇当時のもの)

石原 達也 特定非営利活動法人 岡山NPOセンター 代表理事
荻原 実紀 株式会社コトヴィア 代表取締役
片岡 聡一 総社市長
米良 はるか READYFOR株式会社 代表取締役 CEO
藤沢 烈 一般社団法人RCF 代表理事

コース内容

  • 西日本豪雨災害を教訓に!突然の天災にリーダーは何をすべきか?~石原達也×荻原実紀×片岡聡一×米良はるか×藤沢烈
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

sphsph
2020/11/23
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

官民で連携すれば最小限に食い止めることができる。
これだけの経験を活かさなければサルと同じ。
平時からしっかりと準備をしたい。

meguro2020
2020/11/19
メーカー マーケティング 一般社員

事業を考える上で、BCP等の災害対応を考えておくことは必須である。

otobe711
2020/11/08
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

以下の点に注目した。
・これだけ激震災害が増えてくると、有事の際のプロセスマニュアルができる
・首長に覚悟があるかどうかで救えるか否かが結果が変わる。
・自治体に災害対応のノウハウを残す仕組みをつくる必要ある。
・SNSは緊急時に大いなる力を発揮する。
・災害時にクラウドファインディングでお金を集められるようになったが、だれにくばったらよいか、本来の目的で使われているか、は現場をわかっている人がいないとわからない。
・起業としても、現場および後方支援活動何をするか事前に考えておくとよい。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています