ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

「オープンイノベーション」のすすめ方~西城洋志×平将明×中尾光宏×春田真×仮屋薗聡一

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2018
第6部分科会B「オープンイノベーションでゲームチェンジ~異業種・スタートアップとの連携で優位に立つ方法論~」
(2018年11月25日開催/グロービス経営大学院 東京校)

ここ数年、大企業の中から「オープンイノベーション」の声が聞かれるようになっている。背景には、AIやIoTなどあらゆる産業に影響する破壊的技術の進展を受け、大企業の中には自前主義に固執してきた反省、外部(特にベンチャー企業)と提携することで自社にない技術、ノウハウ、企業文化などを取り込もうとする動きがある。一方で、「オープンイノベーションをすすめたいのだが、何から始めたら良いのかわからない」という企業も多い。大企業のオープンイノベーションとはどうあるべきかを、大企業、VC、ベンチャー企業のそれぞれの視点をふまえて議論する。(肩書きは2018年11月25日登壇当時のもの)

西城 洋志 Yamaha Motor Ventures & Laboratory Silicon Valley Inc. 社長
平 将明 衆議院議員
中尾 光宏 凸版印刷株式会社 取締役常務執行役員
春田 真 株式会社BeeEdge 代表取締役社長
仮屋薗 聡一 グロービス・キャピタル・パートナーズ マネージング・パートナー/一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会 会長

コース内容

  • 「オープンイノベーション」のすすめ方~西城洋志×平将明×中尾光宏×春田真×仮屋薗聡一
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

035132
2020/10/21
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア その他

人材が流動化すると、賃金が上がる説は、本当か?経団連が、賃金据え置きをしている1990年代から米国欧州は150%に賃金が上がっているというなか、消費税増税と、社会保証料費用の値上げで、実質賃金がマイナスになってきたという話を聞いて。無理ゲーではないかと。1000人に1人の超スーパーエリートだけが賃金上がる話で、1000人のうち、999人は、賃金上がらず、少々の衣服と食べ物程度の賃金か?財閥系不動産会社某地所では1名あたり売り上げ3.1憶円で28歳で1000万円年収というツイッタラーの投稿は本当だろうか

te2001
2020/10/15
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

大企業とスタートアップの違いがわかった。

schnittke
2020/10/03
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

◆イノベーションと顧客価値
技術のイノベーションが顧客価値にダイレクトに繋がりにくくなっている。今は「技術の新しい結合」が顧客価値にとってのイノベーション。uberもAirbandbも、インターネットとスマホという顧客デバイスを上手く組み合わせて、現実(リアル)にある課題を解決する顧客価値を生み出した事例。
顧客価値の創出が容易ではなくなる中、すべての可能性を企業内で取り組むのは合理的ではない、、、というか、資本的にそこまで余裕はなく、必然的にオープンイノベーションせざるを得ない。

◆オープンイノベーションとの付き合い方
クローズイノベーションも、オープンイノベーションも、要は道具。使い方次第。ただ、企業はシーズを殺しもしなければ、生かしもしない事が多い。オープンイノベーションは、里子に出してそれを評価する仕組み。
例えば、パナソニックのチョコドリンク(パティシエといったB2B向け)の場合、子会社を外部資本にも対してもオープンにし、育っていった時に、パナソニックにはその会社を買うかどうかを最初に声はかけるが、別にパナソニック買取が目的でなく、パナソニックとしては、外部に売却することでリターンを得るというのもアリ。チョコドリンクは、パナソニック内では市場規模が見極められなかった社内ボツ作品だが、それを里子に出して市場評価を仰ぐ。
凸版は印刷不要論が叫ばれる中、凸版と顧客を組み合わせると、別な顧客への価値が生まれると思って活動中

◆失敗を許容するべきか?
シリコンバレーでは、失敗を許容しているわけではない。ムダ金を使ったら、資本家からどやされる。ただ、起業家は未知なる市場にトライしている訳で、失敗を通じて、そこから他で得られない経験・ノウハウを獲得し、それを次に生かしているのであれば、失敗は無駄でなかったと考えているだけ。
成功体験はやり切ることでしか得られない。失敗してもいい、失敗なら、本人がそれを自白し、認め、総括するところまでやり切ると、本人がすごい成長する。本人はその経験、悔しさを武器に次を頑張れる。失敗をさせてあげるところまで、上司がサポートしてあげるのも、教育。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています