ネットワークが接続されていません
実践知

いざ挑戦、屋形船の業界改革

概要

このコースについて

屋形船業界と聞いて、皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか?
長い歴史を持ち、今でも楽しまれている息の長い屋形船産業には、間違いなく人を惹きつける魅力があるでしょう。一方で、時代に取り残され、変化に対応してこなかった多くの課題も抱えているため、事業変革の舵取りが難しいイメージもあるかもしれません。
そんな中、地域ブランディングや新規事業開拓を手がける藤田雄也氏は、この業界を成長産業だと感じ、チャンスだと捉えました。

今回のコースでは、藤田氏が今まさに実行中の業界改革で、大事にしている考え方を収録しました。机上の学びを越えた一人のリーダーの挑戦ストーリーを、ぜひご覧ください。

コース内容

  • コース紹介
  • 01 江戸時代から続く「屋形船」の常識をぶっ壊す
  • 02 いざ実践!伝統産業に立ちはだかる壁の数々
  • 03 待ちに待った本番!お客様はどう捉える!?
  • 04 メッセージ

講師プロフィール

藤田 雄也 NOFATE株式会社 CEO

横浜国立大学卒業後、2007年伊藤忠商事に入社。金属カンパニーにて、アジア15社の顧客開拓、中東ドバイと取引担当、2年間の中国上海駐在を含め、海外事業に長期にわたり携わる。年30億円の新規事業創出や年150億円の案件のメイン担当などに従事。2014年伊藤忠商事退職後は、大学同期である松葉氏と(株)旅ジョブを起業し、香港や台湾の富裕層向けに体験事業やツアーアレンジを手掛ける。2019年2月、現地実践型の地域ブランディングや課題解決支援を行うNOFATE(株)に社名変更。白川郷冬のライトアップイベントにてオーバーツーリズム解消に向けた施策が注目を浴び、持続可能な取組を評価され、ふるさと名品オブ・ザ・イヤー2019年度の地方創生賞を受賞。地域ブランディング、課題解決事業、新規事業開拓を手掛け現在に至る。
(肩書きは2022年2月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

s-hatake
2022/04/27
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

本当に正直な方ですね。こちらもドキドキ・ワクワクさせてもらいました。
新旧のテクノロジーが混在する世界、とても素晴らしい「組み合わせ」だと感じました。
屋形船や花火だけでなく、背景や風景も当時の雰囲気を映し出せれば、本格的なタイムスリップを味わえると思います。
オールド産業にこそ、劇的なチャンスあり!

matsuda0130
2022/05/17
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

新たな価値創出、今までの常識定石を疑い、顧客目線での価値提供を行う思考に共感させていただきました。
私事ですが。。。
偶然にも2022年6月よりジョインする、次の職場でのミッションのひとつが、都内屋形舟の事業再生であり、非常に興味深く拝見できました。
私の経営指針は3つ
1.戦わない経営(差別化・オンリーワン)
2.複合戦略(事業の掛け算)
3.顧客目線での現場力(QSCの最大化)
どれも本講座での具体的対策に合致しており、安心しました。
・夜間での観光案内動画
・動かない屋形舟居酒屋
・日中でのママ会屋形舟プラン
・湾岸ぬい撮りプラン
・船着き場アトラクション化
・オバケンお化け屋形舟イベント

takamikazu
2022/04/25
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 その他

挑戦すること、失敗することは大切だと思った。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています