ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

態度変容モデル

購入までの顧客の心理状態を理解し、マーケティング施策に役立てる

00:11:320/10

概要

このコースについて

AIDA、AIDMAといったワードを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これらを含む態度変容モデルを活用することで、消費者が購入までのプロセスのどの段階にいるかを把握し、購入を促進するためのマーケティングコミュニケーションを検討するのに役立てることができます。
様々な種類の態度変容モデルを知り、より効果的なマーケティング施策に活用していきましょう。

コース内容

  • 態度変容モデル
  • 大橋先輩の発言の意味は?
  • 態度変容モデルとは
  • AIDMA・AIDAの考え方
  • 有効なコミュニケーション手段
  • 事例:新発売の洗剤
  • 様々な種類の態度変容モデル
  • 石田さんの例
  • コツ・留意点
もっと見る

コメント

tomo_69
2019/02/03
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 部長・ディレクター

自社製品に対して消費者の心理がどの状態にあるのか。AIDMAを意識することで施策を考えやすくなることがよくわかった。実務に活かしたい。

shiro-n
2019/01/25
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

消費者の心理的状態をプロセスで表すAIDMAはテーマ毎に整理し易いので、、是非ともマーケティングに含めて、販売促進活動を行っていきたい。

kami5
2019/05/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

消費者の心理状態を客観的に推測できるので、自分の思考を整理するのに役立つし、限られた資源を無駄なく使える。

もっと見る