ネットワークが接続されていません
初級

1on1

部下の生産性やモチベーション向上に活用できる「1on1ミーティング」を知る

00:12:180/10

概要

このコースについて

近年、さまざまな環境下にある社員と信頼関係を築き、仕事のパフォーマンスを向上させる方法の一つとして、上司と部下が定期的に対話を行う1on1ミーティングが注目されています。

本コースでは、1on1ミーティングとは何か、なぜ注目されているのか、メリットや留意点、実際に導入した企業の事例を通して効果的に運用について学びます。

コース内容

  • 事例①−1:田中さんの悩み
  • 伊達部長の発言の意味は?
  • 1on1とは
  • 1on1が注目される背景
  • 1on1を行うメリット
  • 1on1で話すテーマ
  • 事例②:Yahoo!
  • 事例①−2:田中さんのその後
  • 留意点

こんな人におすすめ

・部下との間に信頼関係を構築したい方
・部下のパフォーマンスやモチベーションを向上させたい方
・部下が人事評価のギャップで不満を抱かないようにしたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

zac51
2020/07/13
メーカー コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

4月から在宅勤務に移行し、コミュニケーションの機会が減ったことから週1回の1on1ミーティングを継続実施しています。本講座の内容は抑えておりましたが、つい自分の話をしたくなる衝動に駆られる事があるので、意識してコーチング・傾聴を心がけて続けていきたいと思います。
講座にもありましたが部下の成長を支援する事が目的であるため、今年度のキャリアプランを話題の1つに掲げて実施しています。常に相手の言葉に耳を傾け、自分の経験などはわずかな参考情報としつつ、部下が自ら答えを導き出せるよう、黒子となり相互成長を狙っていきます!

ryoma_sakamoto
2020/07/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

部下側にも、1on1のねらいや期待効果を理解してもらい、この時間を有効活用しようと意識してもらうことが大切だと思う。
両者が目的意識をもって実施すれば、部下の成長に大変役に立つと思う。

naka_09
2020/07/14
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

1on1は、始めることがまずは大事。ただそのままバラバラで進めるのではなく、社内で進め方を共有し、標準化・進化させていくことが必要と感じます。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています