ネットワークが接続されていません
実践知

ビジネスでのデータ活用

データ活用でビジネスの競争を勝ち抜く

概要

このコースについて

皆さんは日々のビジネスの中で、データをうまく活用できていますか?
データ・ドリブンといった言葉もよく聞かれますが、一口に「データ」と言っても何から始めたらよいのか。そもそも、データを活用する意義はどこにあるのか。
そんな悩めるビジネスパーソンのために、Tableau Japan 株式会社の福島隆文氏に、昨今のデータに関する世の中の潮流と効果的なデータ活用の実現ステップについてお話しいただきます。

コース内容

  • コース紹介
  • データにまつわる世の中の最新の潮流
  • 旧来型の意思決定・データ活用モデルと、モダンなデータ・ドリブン意思決定モデルの違い
  • データ・ドリブンの意思決定モデルを実現するソリューションとは、いったいどのようなものか?
  • データ活用が更に進んだモデルの紹介
  • 海外ビジネススクールでの最近の取り組み
  • データ・ドリブンな組織に変革していくためのステップ

こんな人におすすめ

・ビジネスへのデータ活用に関心がある方

講師プロフィール

福島 隆文 Tableau Japan株式会社 Enterprise営業部部長

2006年、ヴイエムウェア 株式会社入社。国内営業組織立ち上げメンバーとして入社後、国内大手製造・流通業界を担当。2012年より新製品事業部の担当営業として異動し、同部門営業チームを立ち上げた後、ビジネスパーソンの生産性改革・ワークスタイルイノベーションを実現する製品事業の国内責任者として活動。2015年Tableau Japan 株式会社へ、超大手企業担当営業として転職。
2016年グロービス経営大学院卒業。
ビッグデータ時代における国内大手企業のビジネス競争力強化に不可欠な「デジタルトランスフォーメーション」が叫ばれる昨今、その現実的な実現を後押しするための手段として、ビジネスパーソンのデータ利活用を実現するデータ分析プラットホームを提供する傍ら、Enterprise営業部門長として営業部門の戦略策定からその推進も担当。
(肩書きは2018年5月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

m_r_s
2020/07/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

自分の会社の宣伝!
こんなにうまくいくほど、甘くない!
データを活用するには、データ入力の標準化が必要で、標準化できるようにするためには、業務の標準化ができていないといけない。業務の標準化ができているということは、データの分析が充分に行われて、業務内容の解析が実施されているということである。なので、定常業務の異常値発見や、細かな改善業務には適するが、万能ではない。革新的な業務開発には使えない。そうしたことを一切抜きにして、データの活用を、こうしたツールに全てできるような説明は、話半分に聞いておいた方が良い。

kuniou1022
2019/02/24
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

データ活用にも「KKD」が必要であるとの切り口は面白かった。当然自らできることをやるにせよ、基礎となるデータの整理と可視化ができている/いないで今後ますます企業・事業体間の格差が開くと感じた。

red-rabbit
2019/10/16
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

従来、”規模”が競争の源泉であったが、デジタル化が進んだ昨今では、”圧倒的スピード”が差別化要因になり、実際に超スピードのベンチャーが旧態依然の大企業をディスラプトしている・・・という話をどこかで読んだ。
データ活用は、”スピードにいかに対応するか?”、”スピードを上げる中でも意思決定の質を上げるにはどうしたら良いか?”という問に答えるHOWであると感じた。

もっと見る