ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

世界を魅了し続ける日本の食をめぐるイノベーションとは~大島千世子×徳岡邦夫×吉田佳代×門上武司

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1関西2018
第3部分科会C「日本の誇る食の伝統とイノベーション」
(2018年9月8日開催/奈良ホテル)

観光庁の調査によると訪日外国人が日本でしたいことの1位は2014年以来変わらず「日本食を食べること」だ。四季折々の多様な食材を尊重し、季節の移ろいを表現する、自然や四季と調和した文化としての日本食は、伝統を守ると同時に時代の変化に応じて変革を続け、イノベーションを起こし続けてきたからこそ、世界中の人々を惹き付けるのだろう。日本の生活文化として次世代に託していくために、私たちは何をすべきか。食のイノベーターたちの議論から考える。(肩書きは2018年9月8日登壇当時のもの)

大島 千世子 株式会社両口屋是清 専務取締役
徳岡 邦夫 株式会社京都吉兆 代表取締役社長 総料理長
吉田 佳代 梅乃宿酒造株式会社 代表取締役
門上 武司 株式会社ジオード 代表取締役 フードコラムニスト

コース内容

  • 世界を魅了し続ける日本の食をめぐるイノベーションとは~大島千世子×徳岡邦夫×吉田佳代×門上武司
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2019/07/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

「継続するためのチャレンジ」という言葉が強く心に残った。「伝統」というと昔ながらのことを愚直に続けているような印象があるが、長い歴史の中で時代に合わせて自らを変化し続けてきたからこそ、今も事業を継続できているということが感じられた。

kazu33012
2019/10/20
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

食と農の連携や福祉と農業の連携が言われています。今、少子高齢化が進む我が国にとって最も重要な取り組みは食育ではないかと思います。子供への食育だけでなく親自体も食育を考える必要があり、都会の消費者だけでなく農業生産者自身も食育を考えなければならないと思います。
基礎的な技術に加えて、感性や想像力が活かされる職業の一つが農業生産であり、食品製造や料理の世界ではないでしょうか。

knhk
2019/11/30
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

変えてはいけない部分をしっかり持っている点が、この国の財産であり未来へ受け継ぐものである、と感じました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています