ネットワークが接続されていません
thinkand
2019/01/27
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

人事部がスキルや経験が複雑化しており、業界×業種×スキル×人の素養、というように評価軸を一様に判断できない。人を評価するのが難しくなってきている。HR Techでよくタレマネを導入しているがデータがたまるころには状況も変わってきておりデータの鮮度に問題がある。人事部業務は全従業員に分散し、紹介による採用と入社後の育成、成果を分け合う仕組みこそが大事。一企業内でのデータでしかない現状ではまだまだHRTechは時期尚早でお金の無駄である。

nao_0818
2019/05/29
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

HR techを有効性は理解できたが、実際にどのように導入するかまではわかりませんでした。
AIを作るのも人だが、アルゴリズムが正しいか、目的に沿っているかまでは、普通の人事にはわからないと思います。そこに落とし穴がありそうな気がします。

ryo-83873
2019/06/07
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

HR techで人事業務は効率化されると感じる。
しかし、人材が同質化する可能性が日本国内の企業では考えられる。
多種多様な人の集団が効率よく、新しいものを産み出すと言われる昨今。
多民族国家でない日本で、過去のデータから集められた集団に多種多様性があるだろうか。
状況に応じて設定の変更が、必要な場合があると思う。

test_
2019/05/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

評価基準や個々人の能力を可視化していくうえで有用に感じた。特に仕事が属人化し、業務内容が不透明な場面で適用が進むと、人・業務の管理において、メリットが大きいように感じた。
一方で適切かつ低コストでのデータの取得・蓄積は大きな課題であると思った。導入にはある程度時間をかけて、社内での仕事内容全体を可視化する取り組みを進めていく必要があると思う。

ayumih_1207
2019/03/03
金融・不動産・建設 営業 一般社員

採用面接では、志願者の能力を見極めることは難しいと思う。HRtechを利用することでより客観的な情報が得られるのではないかと思う。

f-233
2021/01/13
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人事管理や育成に「客観性」が入ってくるのは明るい可能性を感じる。
例えば大人しくても周囲との関係を築き、着実にこなしていくタイプのAさんがいたとし、直属の上司からは「大人しいからリーダー的ではない」と印象を持たれたりする。この場合、経験的にはAさんの昇進やリーダー任命は能力に見合ったタイミングからは遅れそう。
しかし、AI活用により、Aさんも適切なタイミングで昇進や任命の可能性が高まるということだと感じた。
このような面では確かに良いが、一方でそのAIの精度が信用に足るものかという点も気になった。機械だから、AIだから、正確で信用たる、というバイアスに陥らないように気をつけなければならないと感じた。

ch_hayashi3
2020/08/10
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 一般社員

HR Techは必要だと感じる、ただそれは、最終的に人が判断するときに、判断を適正に行っていくための、あくまでも参考材料であるということは変わらないと感じる。HR Techで効率化できる部分は大いに期待したい。

entranslope
2019/01/26
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

人材の適正配置は、管理職・非管理職ともに気になるテーマ。見えにくい人事業務・その結果の人事異動が、AIなどテクノロジーによる解決で納得感ある、効果的・効率的になる可能性を感じた。目的を見失わないことは重要。ベースとなるデータの収集・解析の現場など、具体的な取り組み・管理画面内容を見てみたい所ではある。

hiro_yoshioka
2021/06/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

AIに管理される時代がくる!

と、考えると恐ろしい気もしますが、手綱は人がもっていて、
客観的でより詳細な管理はAIに任せたほうが賢いですね。

古い制度に慣れていると気持ちわるいものですが、背景を理解し受け入れたいと思います。

micky_arune
2021/04/21
メーカー 営業 一般社員

HR tec 経営戦略的な側面から人事を捉える

概要、Human Resources×Technology = HR tech
データに基づいた人事により、多様な人材の登用や組織の問題を解決することができる

 背景
 環境変化
 グローバル人材獲得競争
 労働力不足
 働き方改革
 テクノロジーの発達
 ビッグデータ+AI
 人材情報の見える化

活用例
 採用
 AIによる募集要項の作成、選考
 採用管理
これにより採用プロセス効率化、ミスマッチを防ぐ
 管理
 労務管理
 タレントマネジメント
これにより人材ポートフォリオの見直しが容易に
 育成
 E-learning
 モチベーション把握、離職予測
これにより組織を良いコンディションに保つ

 効果
 どこに異動すると、そのくらいの確立で活躍できるかを予測、より適正な人材配置
 社内にどのようなタイプの人材がいるかを把握し、採用や育成に活かす
 メリット
 バイアスのかからない方法による情報分析が可能
 適正度がより高まる
 注意点
 HR techはまだ発展途上
 今後導入は推進すべきだが、AIで判断する部分と人が判断する部分
 このすみわけの重要度がますます増加
 どのような判断基準で評価するかを含めて、AI分析をするなら人事の人が最初の評価項目を設定するという部分は重要度がとても高い

aruruinoru
2020/04/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

最近の研究で、AIが差別を学習してしまうことが明らかになっているので、バイアスのかからない分析という表現に違和感を感じる。

keyakky
2019/04/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

人事部部門は人を採用する・育成するという点に関して、HRTechを用いる事で客観的にリアルタイムで分析する事が可能になる。HRTechを用いる目的が定まっていないと宝の持ち腐れになることを忘れてはいけないと感じだ。

kobo0804
2021/08/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

HR techはあくまでもツール(手段)だと認識したうえで、そのツールを使う目的や、ツールがはじき出した結果の確認や妥当性の検証などは人がやるべきと理解、認識している。
もちろん、信頼できないということでもなくて、ツールの良さ、例えば客観性(=人による感情的が介入した評価にならない)などとても有効性が高いとも思うので、そういうツールならではの良い特性を十分理解し、そういった理解も含めて人間が使いこなせるということが大切だと思う。

ozanobu
2021/05/09
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 経営者・役員

HRテックは歯科界にほとんど導入されてないのでこれからどのように導入していけると良いか、考えていきたいです。

omso
2021/04/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HRtechを活用して人材リソースの効率化としていい面もあるが、実際に導入して活用するとなると課題はまだまだありそうだ。
コロナ渦でオンラインで採用面接を実施した結果、新入社員が入社してすぐやめてしまったという問題も表れている。採用面接する際オンライン、テクノロジーでは見えない部分が浮き彫りになったといえる。
HRtechで活用するところ人間でなければならないところ、役割を明確にしていかないとHRtechを導入してもうまくいかないと思う。

hiraki1098
2021/04/09
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ITは人事業務にも活用されるのですね、驚きました。私の会社で本当に実現すれば良いと感じたことは、①社員の適正をAIで分析、②移動後の活躍を予測です。

zzzzzzzzzaaaaa
2021/01/25
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

AIやビッグデータ、戦略的といった言葉があまりにも便利に使われており、実際に導入を考える方にこの様な認識を持たれる事は導入失敗のリスクが高いと感じました。
昨今話題になっているAIの多くがベースとしている機械学習は複数の学習データを元に、ある入力に対してある出力が得られる可能性を返すものです。
従って、入力のモデル化、出力のモデル化、モデル化した入出力のサンプル収集は人間が行う必要があります。
自社の人事評価の仕組みが、市販されているデータセットに落とし込み可能なレベルで一般化されていれば別ですが、そうでなければ自社でデータの収集を行うかデータセットに合わせて人事システムを変更する必要があります。
更に、教材中AIはバイアスを持たないという表現がありますがこれは全くの誤りで、機械学習ベースシステムでは学習データ、ルールベースシステムではルールを作成する人間のバイアスを引き継ぐことになります。
例えば、今社内で偉くなっている方は若い時分に現在の労働基準では考えられないほどの無茶苦茶な残業をしていたとすると、その過程で、心身に失調を来した方がいたとしても、システムは無茶苦茶な残業をする人ほど偉くなる=高い評価を出していると判断してしまいす。(その方が辞めてしまっていれば学習サンプルとしては取り上げられないので無視されるためです)

触りだけとはいえ、危険性やリスク、必要な準備に関してはもう少し踏み込んだ解説をお願いしたいです。

wkiymbk
2020/10/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

ITを活用した人事業務の効率化や新たな価値を生み出す取り組みを学ぶことができました。(将来あるかもしれない)HRシステムの提案時に知識を活用します。

exman
2020/09/26
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

このコースを通じて人事管理分野でもビッグデータとAI活用が迫ってきていることが理解できるようになった。自分でも大手企業においては、特に中途採用などの一部人材のスキルが生かされてなかったりする課題が多いかと実感していた。今後にHR techの導入などにより人材の活性化がより合理化・効率化できるのではないかと期待したい。

ksekiguchi
2020/09/18
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

”AI”というキーワードで思考停止してはいけない。
機械学習、強化学習、ニューラルネットワークやディープラーニングの特徴を理解して、HR Techサービスの導入を検討すべきだ。

noyo1
2020/08/19
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

古いのかもしれないが、導き出された配置に納得できなさそう。結婚にも応用される?されている?

yuya_0301
2020/08/02
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

人材の抜け漏れない効率的な活用のため、ぜひ弊社でもHRtechを活用するべきだ。これから深く勉強し、そう提案できるようになりたい。

marimo21
2020/08/02
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

人事評価の納得性を高めることは、従業員のエンゲージメントを高めるために極めて重要な要素。Techの活用がこれから益々重要。

britos
2020/07/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

タレントマネジメントの要素として、社員がどのようなスキルを保持しているのかを客観的に収集・見える化することで、特定の部署で人員を抱えるのではなく、発生するプロジェクトごとに適任者を配置することが可能となる。
例えば、システムの導入であれば、対象の業務知識を保持しているメンバー、アーキテクチャを考えられるメンバー、フロントエンジニア、保守運用などを適切に配置することで、スキルアンマッチを防ぐことが期待できる。
一方で、社員は常に必要とされるような自己研鑽を継続して行う必要がでてくるが、社員の成長は企業の成長には欠かせないため、良い循環となることが期待できる。

nick-brown
2020/06/14
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

間違いなく今後発展していく分野である。どこまでをAIに任せて、どこを人間がやるのか、慎重に考えていきたい。
今まで主観で行われていた採用や人員配置が客観的に判断できるのは有意義。

yuka_ogi
2020/05/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 人事・労務・法務 一般社員

HR非常に重要だと思います。勘や経験則に捕われないデータに基づいた採用・配置・異動は社員の納得感を高めモチベーション向上・エンゲージメント向上に繋がる・・・という好循環が生まれると考えます。

hiramatsu_1223
2020/05/15
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

経営資源のひとつである「人」を戦略的に活用するためにもHRtechは重要な役割をもつと考えます。

kazumaru_999
2020/02/02
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

HR techの概要は分かったが、具体的な導入イメージは付きにくかった。
ITをいかに活用するか、企業によって取り組みの差が今後顕著に出てくると思う。

tarzan_2227
2021/11/25
メーカー 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

自社の人事制度とのギャップを感じた。まだまだ紙資料の時代。。。。

mt607
2021/11/23
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

これまで当社では労務管理一辺倒で、人事部門は経営と一線を画していた(独自路線を歩んでいた)が、ようやく戦略人事の考え方が取り入れられ、求められるスキル体系の特定や各スキルの習得状況の可視化など、経営戦略を実現するための科学的な施策や取り組みが動き出してきた。やはり、経営に貢献するには事業戦略の立案や実行、評価時にデータ分析を行い検討するのと同様に、人材にまつわるデータの収集、分析を行っていかなければならないと改めて感じた。

yooona
2021/11/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

仕事における経験をデータ化し蓄積することで、各個人に適したワークプランを提示することが出来る。

a-eguchi
2021/11/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 部長・ディレクター

特に無し

momoka_guitar
2021/11/20
コンサルティング・専門サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

HR techは客観的なデータで人事業務を支えることができる技術だと学んだ。その際、AIなどの技術の限界を理解し、目的に沿う場合にHR techを使うことが重要だ。

c2021
2021/11/16
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

概要は理解できました。どういう目的でどういう風に活用するかを定めずに(一貫性を持たずに)活用すると、将来的に酷い影響を生み出すように感じました。人事担当責任者はそこをしっかり認識した上で、システム導入を社内オーソライズすべきと思います。

i_kan
2021/11/15
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 一般社員

AIに関しては使用するものの適切な理解が必要だと考える

yukikeda2021
2021/11/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 一般社員

どのようにAIで解決しているのか、具体的な事例がほしかった。

kkjt-e
2021/11/11
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

是非当社でも取り入れたい。経営者や人事は主観で見てるのでお粗末配置、登用が行われている。面接も当確ライン微妙な時に判断も確認するツールで使いたい。

ot-take
2021/11/10
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

IT技術を導入するにも目的が重要ということを再認識した。
技術は進歩しているので、目的に沿って技術を積極的に使っていきたい。

taniguchiryo
2021/11/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 コンサルタント 一般社員

これからの事業環境において、タレントマネジメントの重要性はますます高まると思う。自律的な学習の姿勢も評価される仕組みづくりが重要と感じた。

agora
2021/11/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

まずはAI活用の具体事例を調べ参考にしたい

m_y_105
2021/11/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

人事経験はないので、勉強になった

suguru_0624
2021/11/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人事部門でどのようにテクノロジーが活用されているのかは、あまり、知りませんでした。
実際のところ、発展途上とのことであり、これから関心を持ってみていきたい。

monta
2021/11/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

面白かったけど、自分の仕事には直接活用できそうにない。人事部ではないので。ただ世の中の方向性や求めてられていることは、学んだ内容からわかる。仕事のミスマッチは出来るだけ防ぎたいよね。

keisuke5656
2021/11/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

自分のスキルや経験を普段から言語化して、HR techが進んだ社会でもAIから選ばられるように、日々スキルアップを意識していこうと思いました。また、AIが普及しても、どういう目的に対してどの技術を使うのかの選定や、運用後のPDCAの回し方などの、人が価値を見出せる部分は、これから特に意識してレベルアップしていこうと思いました。

dai_0414
2021/10/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

HR Techという言葉を始めて知った。テクノロジーによって、よりよい組織づくりに繋がると思った。

coara
2021/10/24
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 一般社員

社員教育、タレントマネジメント、ひとりひとりの活躍の場の構築に活用できると思います。

a_kumagai
2021/10/23
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

個人の持つ特性やスキルあるいは労働時間や健康状況など様々なデータがあるが、それぞれを掛け合わせた分析ができずに持っている情報が活かせていない。目的を明確にした上で、必要な情報を持続的に収集・分析・活用することで人材や組織のパフォーマンスを高める施策に繋げられる。

yohei_528
2021/10/22
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事部門ではないが、HRテックが求められている背景と考え方を意識して、自部門のマネジメントに活かしていかないといけないと感じた。

hiro555555
2021/10/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HRTechの活用の為には目的意識が必要である。

mak_tag
2021/10/19
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

フラッシュアイデアですが、HR Tech の考え方を、チームビルディングやタスクフォースの中でも、活用出来るのではないかと思いました。データによる可視化と適性判断による効果向上と効率化は全てのDXに共通しますね。

moritti
2021/10/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

感情が介入することを極力避けたい人事考察において、AIを用いた、データを参考に考察することは、人事戦略における失敗を避けることができると理解した。

tada05
2021/10/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

今会社が進めているHRTechの意味の理解できた。

atsuwoo
2021/10/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 専門職 一般社員

具体的なイメージは湧かなかった。
自分自身がどのような業務に適しているか確認していたい

yomu
2021/10/15
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

世のDXの流れの中で、HRテックの導入自体が目的化しないよう、導入目的となる課題の整理が重要になると感じた。

taakihiro
2021/10/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

エンジニアの採用に携わっており、エンジニアのスキルを踏まえたマッチ度の予測が難しい課題があります。
既に活躍しているエンジニアの経歴やスキルからモデルを作ることで、活躍できるエンジニア像を明確化できるし、技術に詳しくない人事でも一時的な判断ができるようになりそう。

zummy_0617
2021/10/10
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

銀行実務業務では一部AIという自動化の導入が進んでいてオペレーション作業も
RPAの導入で処理しています。ただ、人事では、より複雑化していると思います。

chihiro_0704
2021/10/06
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

AIは、あくまでもツールであり手段の一つと考え、人間がその活用に自己錯誤することによって、有効活用できると理解しました。

kentakibi
2021/10/05
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

HRTechを導入するにあたっては、ただデータを集めるだけではなくそのデータを使って何がしたいかを具体的にイメージしておくことだと捉えている。ただ、その点にばかり拘泥していては変化のスピードに対応できない。ある程度の方向性が決まったら、まずはデータを入れてみてそこから分析を始めるということも一つの手だと考える。システム導入はどんなに簡単と謳われていても実際にはそれなりに時間と手間とがかかるので。

fdyhpy
2021/10/04
メーカー その他 その他

人事情報の有用運用によって、人材の活躍の度合いはさらに高まると思う

masashi1124
2021/10/04
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

目的の定義が重要というのはまさにその通りだと思う。
AIを活用するにしてもINPUT時点のバイアスのかかるものと客観性を担保できる情報とのバランスが必要だと思う。
前者は多面的なINPUTで極バイアスを緩和させることも必要?

oguri0403
2021/09/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

概要は理解できた。

alpaca-4
2021/09/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

講義にあった通り、HR techは人には難しい客観的な人員配置などが可能になるため、ツールとして導入できれば望ましい。しかし、感情面などの予測は困難だと感じたため、最後はきちんと人が判断することが大切だと思う。
また、どれだけ参考にするかという部分も難しいと感じた。

gon-gon-gon
2021/09/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

AIによる視差の下でマネージャー自身が人財のマネジメントする仕組みと理解しました。
AIとマネージャーのMIXはマネージャー自身の能力にも依存すると思うので、運用の面ではマネージャーの人財の考え方やマネジメントのスキル向上が不可欠だと思います。

vys05714
2021/09/27
医薬・医療・バイオ・メディカル その他 課長・主任・係長・マネージャ

GLOBISの導入もHR TECHの一環ですね。最近このような研修が増加傾向にあります。

masaya0803
2021/09/25
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事部門に限らず、管理部門はAI・IOTの活用により、自らの変革を進めていく必要があると改めて感じる。ともすると、自身の仕事の効率化が自身の存在意義との矛盾を感じる場合もあるかもしれないと感じるが、自身がすべき事と機会に任せる事との仕事の区分けを明確にしながら効率化を図る事が重要だと感じた

cyobii
2021/09/22
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人事については、人間は好き嫌いが最優先だか、AIが判断したほうが適正な判断ができる
適材適所が会社を良くしていく

wata_hello_711
2021/09/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

人による判断とAIによる判断のどちらにせよ、それぞれの利点と欠点がある。どちらか一方に任せきりにせず多角的な視点に立った評価制度の実現を目指すことが求められる。

ysmk5015
2021/09/19
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

異動人事はバイアスがかからず客観的な判断ができる可能性がある。

chinenmasaki
2021/09/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

データを客観的に分析するのは重要なことだと思いますが、AIもまだ発展段階ということで、充分な検証をしつつ進めていけば、良い結果につながるのかもしれないですね。

tukuo2003
2021/09/16
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

人事評価をどのように機械学習できるデータに落とし込むかが難しいのではないだろうか。

rioo
2021/09/13
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

従来手法でいう「データ収集」と「判断」のうちの前者をAIによって行うのは属人的であることを回避できるという観点で魅力的。
しかし注意しなければならないのがそのデータは何に基づいているのか?が重要になるはず。
例えばそのデータが一上司によって評価されたものの場合、その上司の解釈を正としてAIが学習するためより如実に機会や評価に格差が生まれる懸念がある。そしてそれをこれまで「データ収集」を人が行うことで見えていたものが見落としてしまう可能性が起こりうる。
評価基準として上司の解釈が色濃く反映されている会社は多いはずで、
評価方法から全て根本的に見直すことは必要になってくるだろう。
但し、うまく活用すれば効率よく利用できるのは間違いない。

enishim
2021/09/12
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

H R techを導入することの有効性が理解できました。

yhataya
2021/09/12
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

人事部門ではないことから、HR techは遠いものだと考えていたが、人材の適正配置を考えれば、HR techは必要で非常に興味を持った。HR techが進化して、適正で発展できる組織になることを望みます。

h3-k
2021/09/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

今後の少子高齢化加速化のなかでの多様な人材確保のために早急な整備が必要。人材の適正配置への活用はミスマッチを防ぎ、企業・社員お互いにとって幸せではあるが熱意や希望といったソフト面を軽視せず、効率性とバランスを確保することが大切。特にチームマネジメントを行うリーダーはHRtechを過信せずメンバーの感情に配慮し、皆が幸せに働ける環境づくりで組織の発展に貢献していくのが望ましい。

pelikan
2021/09/09
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

これは本当に「如何に使うか」が重要だと思いました。
例えば意に沿わない人事異動を告げられて、「あなたはこの業務に適性があるとAIが判断しました。ですので移動してください」と言われてモチベーションは上がるものなのでしょうか。

misha
2021/09/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

期待値を含めた技術だと思います。人への丁寧なコミュニケーションを忘れずに使用しなければならないと思います

ogibeck
2021/09/07
メーカー 人事・労務・法務 経営者・役員

タレントマネジメント、eラーニングは導入したが、根幹であるHRテックの意味が理解できた。

matsudatt
2021/09/07
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

色々な側面で評価することが必要な時代になって来ているので、AIなどを用いて、評価を効率的に進めるのは、良いことと知りました。

eriyama
2021/09/06
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

人事部門についても学んで知識を増やそうと思った。

n_kushy
2021/09/05
インフラ・公共・その他 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techの必要性、有効性は理解できるが、実際に人の評価は難しくばらつきがあるため、AIに移行するための学習をどのようにさせるのかについて課題を感じる。

___minami
2021/09/05
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

AIの精度が完璧でないことや、採用・育成・心のケアなど対象が人に関わるものである。
システムありきでなく、実際の業務の棚卸しをして、どこの部分であればシステムで代用してメリットがあるのか?冷静に見極める必要があると感じた。

koma123
2021/09/03
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

個人や上司が社内部署の業務内容を全て把握し、適性を判断するには難しいため、HR techを活用した人材配置は有効だと思う。ぜひ自社でも導入して欲しい。一方で、本人のやりたい仕事や部署希望もモチベーション維持の大切なポイントだと思うので、HR techでの適性だけでなく、当人の思いも尊重した人事が必要だと感じる。

moto06
2021/08/29
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

人事の省力化の話ではなく、取り巻く環境変化とテクノロジーの発達という、待ったなしの状況を知ったことと、ただし目的に適っているかの人による検証の大事さ及び、よりそう姿勢があることがわかったことが良かったです。

io-daisaku
2021/08/21
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRtech初めて聞きました。

eaucafe
2021/08/20
商社・流通・小売・サービス その他 経営者・役員

利用可能な元データが重要であることと、客観的な判断基準を与えて検討することで、時間と手間を省けるが、最初に構築する際には時間とコストがかかるものであり、その点が導入を見極める指標となる。

mori124
2021/08/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 一般社員

・○○Techにより、俗人的だった知見が可視化され、企業戦略とマッチした
 活動が促進されるようになってきた。
・ただ、こうした流行りに踊らされることなく、「目的」に沿った導入と
 活用を検討しないと、宝の持ち腐れになる。

kenji_0727
2021/08/18
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

人的資源の有効活用に対して、HRTechの導入・活用は進んでいくと思います。但し、目的や運用プロセスを明確にし、都度、人間の目による評価を加えていく事は重要ですし、何よりHRの質=1回1回の評価や成果の測定の質、が良くなければどんな優れたTechを用いても、組織をより良い方向に向けていく推進力にはならないと感じました。

sr_nwo
2021/08/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

inputデータは、本人や上司だけではなく、部下など、360度で収集しないといけない気がします。
となると、まずは、分析力より、情報収集力が重要なのかと。

marble502
2021/08/15
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

言葉は聞いたことがあるが、具体的に中身までは把握できていなかったので、いい学びの機会となった。

tobeisami
2021/08/14
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

自社で導入できるようにしていきたい

sk_n
2021/08/14
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

人事業務の効率化や一元化という面では、有用なテクノロジーであると考える一方、適正判断やポジショニングといた人事組織に関与するところでは、使い手のリテラシーや能力が求められると感じる。人事としての能力は、「人を見る目」をより高いレベルで養いつつ、テックを補完情報として活用するスキルが求められる。すなわち、人事の能力研鑽が今まで以上に重要に。

suzfumia
2021/08/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

ありがちだが改めて学習により重要性が確認できる

yysan1600
2021/08/12
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事・総務も新しい手法を取り入れ良い人材を取って欲しいです。

sunpu_castle
2021/08/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックについて感じたことは、ビックデータやAIは、人の仕事をより付加価値高く、自分を含む周囲を幸せにするために活用を心がけたい。

tsuka8929
2021/08/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

HRTechが全てではなく、ツールの1つとして使うのが良いのではないかと感じた。

yohichi
2021/08/07
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

自社に当てはめて考えたい。

zoe-japan
2021/08/06
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

人事データ上の自己PRは詳しく丁寧に記述したいと思いました。

shun_fukaya
2021/08/02
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

教員の立場でこのHR techを考えると、どのような活用の仕方が考えられるのかと疑問を感じました。教員の配置の仕方などにも関わってくるのかなあと考えつつ、それも教員のどのようなデータで配置していくのかも疑問に感じました。

kaizen_nagoya
2021/08/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア その他

人として、個人個人に寄り添うことが一番大切であることに変わりはない。

sayan_
2021/07/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

誰がどのキャリアアンカーを重視してるか把握し、それを尊重できる人事システムになれば、さらに生産性が上がると思う。

bondmura
2021/07/28
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

大切なのは「HR techの考え方」だと思う。HR techが使える、使えないではなく、もうその様に社員の視覚化ができ、それを実施する企業の方が明らかに強くなる時代になってきている。
コロナで人を見る時間が減っている今ではなおのことである。
未だに、採用と部分教育しかしてない人事部は危機感を持った方がよい。と思った。

daiki0921
2021/07/28
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

オペレーションからイノベーションへ。その一手段としてHRTechを活用していくことだと理解しました。いかにしてオペレーションを効率化して、客観的データを元にスピーディーかつ高度な戦略型人事になるかという点で必要性を実感しました。

japansio
2021/07/16
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

必要性の整理・言語化ができた。何を解決すべきかを明確にしないと、コスト増・現場負担増につながるだけというのは心にとめておきたい。

holly1122
2021/07/15
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

会社がHR Techで人事戦略を推進するということは、自分が客観的に何のスキルがあるのか、またどのような経験をしてきたのか、ということを社員一人ひとりが認識することが思い描いたキャリアを歩むために重要。

bonjours
2021/07/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

採用活動はアナログと思っていましたが、時代は変わっていくのですね。でも、AI受けする履歴書を作成するAIプログラムができたりして・・。

hishii0225
2021/07/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

HR techの必要性はわかるものの…そのtechを活用するための一つとしてデータが必要だけども、データ設計、データ収集、データの鮮度、運用全てをうまく行う必要がある。加えて、データとして集めづらい構造化されていないようなデータを、いかにHR techに取り込んだり、組み合わせて良い人事業務に変革していくには、HR tech以前の部分の人事業務分析、設計・準備が重要に感じた。

masahiro78
2021/07/07
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

人事のバズワードとして、HRTechという言葉が出て久しいです。効果として、これまで経験や勘で行ってきたことに対して、AIによる分析によって根拠や裏付けが出て、より実効性のある施策や運用ができるといったことだと思います。
一方で、サービス導入の際にその効果を推し量ることが難しく、費用対効果の点で躊躇してしまうといった実情があります。講座であった通り、目的の設定が最も重要でその目的が本当に叶うのかの判断がつきづらいといった課題があります。

animals5
2021/07/07
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

すでにITの導入が進んでいる分野だと思われます。どの企業にも共通する一般的なスキルについては導入が進んでいくと思いますが、ニッチなスキルに関しては難しいのではないかと感じました。

tetsy
2021/07/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 経営者・役員

人事業務は会社の業務の中でもテクノロジーの活用が進んでいない方の部類に属すると思う。そういう意味で人事部門の方々にこの内容を知って、今後の人事業務のあり方、変革の方向性について考えて欲しいと思った。

hiroshicamp
2021/07/05
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

これを利用して広範囲の人事ローテーションをする事で会社全体が活性化したら面白い。

buh_3427
2021/07/05
メーカー その他 一般社員

従来の人事部は、不要とまでは言わないが、相当数人数を減らせるだろう。人事分野で人間にしかできない、あるいは人間の方が適している仕事は何かが問われる。

mat1103
2021/07/04
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

HR Techの活用は今後も増えていくと思うが、使う側が目的をきちんと理解し、使いこなせるだけのスキルや倫理観を持つことが何よりも重要であると考えます。

jinji-yamaguchi
2021/07/04
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 部長・ディレクター

たとえば労務管理であれば勤怠管理システムや給与計算システム、また採用管理はATS、人材教育であればタレントマネジメントシステムがHRテックの代表格だろうが、最終的にはERPで一元管理されることが望ましい。なぜHRテックが必要なのか?といえば、VRIO分析で学んだように、自社の強みを活かすためには会社組織がきちんと機能する必要があるが、そのリソースであるヒト・モノ・カネ・情報のうち、モノ、カネ、情報を活かすも殺すもヒト次第なので、自社の人材を最も効率的に活用するためのツールとしてHRテックが有用だからだ。なお現場に人事権を権限移譲することは戦術的には必要なことではあるが、全社的な人事戦略についてはやはり人事部門で集約する必要がある。前述の経営リソースの中でもっとも活用までに時間がかかりなおかつ思い通りにゆかないのがヒトなので、HRテックに投資して戦略的かつスピーディにHRMの質を高めてゆかねばならない。

tsu_watanabe
2021/07/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

少人数で常に新しいことに取り組むチームなので、AIを活用できるほどデータが蓄積されないと思う。

matsu_1984
2021/07/03
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

評価基準の整備は課題としてあるが、プロジェクトへより適切なメンバーをアサインするのに活用できそうだと感じた。

oto_yo
2021/07/02
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

社内では管理・育成の面でテクノロジーを活用する動きはあまり見られないが、いつかはやってくる気がした。
まずは自分の部署の中で目的意識をもちながら人材の管理・育成を行う事から始めてみようと思いました。

ryota_1117
2021/07/01
メーカー 営業 一般社員

AIに基づく評価、選考基準などが100%ではなくとも、客観的に正しいことを証明、理解させることが重要だと感じました。AIは何かしらの出力は必ずしますが、それが正しいのか、その過程がわからないのが難しいと感じます。

mitzu
2021/06/30
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 一般社員

採用活動や配置転換にAIを活用する場合、対象者の職歴や経験の有無から判断を行うということだが、新卒採用ではなく専門的な知識・経験がある中途採用の方が有効的と感じた。

hiro-52
2021/06/28
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

HRテックについて理解が深まった。

ga_0608
2021/06/27
メーカー クリエイティブ 一般社員

人にはそれぞれ感情というフィルターがあるため公平な判断はなかなか難しいと思う。HRtechが上手く機能すれば人事だけではなく多方面で活用できると思う。

goro1102
2021/06/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

理論としては理解できたが、具体的な導入のイメージがわきませんでした。

tak_197
2021/06/25
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

評価者としての資質・スキルも一層問われることになると思います。

mon-mon-mon
2021/06/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ありがとうございます。確認含めわかりやすかったと思います。

clover_0507
2021/06/17
商社・流通・小売・サービス 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

主観的に行ってきた採用・異動・評価がAIの活用で公平で効果的なものになるこたがわかりました。

ryo_murakami
2021/06/14
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

マスの特性をつかむ分にはいいが、個まで分析できると過信するのは危険な気がしました。それを踏まえて効率化するのはいいことだと思います。ただ、ジョブ型ではどう使えるのかあまりイメージできませんでした。

tibitomo-
2021/06/12
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 部長・ディレクター

HRテックは、人事業務におけるAI×ビッグデータによるデータ分析である。採用におけるエントリーシートの自然言語処理、人材育成と人事管理に連動する、研修受講歴及び実績・業績のタレントシステムの整備により、社員の強みを活かした人事を行うことにより、経営理念に基づく経営戦略を力強く推し進める方策として利活用していきたい。

chino714
2021/06/11
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

上手く活用できれば業務効率化やミスマッチ、適切な配置等に繋がるが、学習させるデータに偏りがないかなど、そもそものデータが信用できるものであることが大切で、そのデータ収集が大変だろうなと感じた。

yaoshi
2021/06/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HR techを導入することは世の流れだと思うが、例えば採用における判定基準など、どこまで人事部門が把握して導入しているのか気になりました。
また、自社に応じたチューニングが可能なのか、既製品を導入するイメージなのかも気になります。
さすがに盲目的に信じて導入するようなことはしないだろうと思いますが。

gmd
2021/06/04
メーカー 営業 一般社員

AIを効率的に使うことは非常に効果がありそうだ。人事の効率ももちろんだが、採用、管理される側も客観的な評価が得られて、良い方向に進む様に感じる。人が介入するのは最終調整とチェックだけでも良いのではと思ってしまう。

oka_009
2021/06/04
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

IT活用にあたっては、企画段階で目的や狙いを明確にしてシステムの選考や活用イメージ、及び効果を十分に検討する必要があると思います。

mamoru_kagomiya
2021/06/04
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 一般社員

採用や人事異動でAIをりようしたとしても、最終的には相対して人柄を見る必要がると思う。HRテックはヒントの一つと考える。

yunnyutan
2021/06/03
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックというワードは初めて聞いたが、人的資源をどう有効活用していくかという観点は、少子高齢化が進む我が国にとっては今後さらに重要になっていくということを実感できた。

siny
2021/06/02
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

HR techの必要性、各領域での実例が分かりました。ツールやテクノロジーありきで使用方法を考えるのではなく、"我が社"における課題を整理し目的を明確にして取り組むことを忘れてはならない、という最後のメッセージを念頭におき取り組みたいと思います。

go_ta
2021/06/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

タレントマネジメントを適切に行い、グローバルに適材適所を実現できる企業が今後はより強くなっていくと思う

kanazawa_sainen
2021/06/02
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRの分野においても、IT技術がどんどん取り入れられ、業務の効率化や、精度向上、情報の活用が進んでいることが分かった。

kiko_1227
2021/05/31
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

まだ人事も導入段階であり、評価部分は人的対応が多く主観的な意見が優先されがち

ryuta343
2021/05/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HR techのように、人事に科学的、客観的な思想を取り入れることは重要と感じた。
AIによる選考は正しいロジックで判断されているのか、使用する側の勉強が必要と思う。
AI活用した実例や効果をビッグデータから示してくれると自社へ導入しやすい。

h-mura
2021/05/28
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 部長・ディレクター

人事部門に努めているのでHEtechについては今後も知識の習得に努めてゆきたい。

oka7712230
2021/05/26
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

業績評価以外に、個人の特性を把握し、新たな、得意・不得意の傾向をカテゴリ分けするシステムとして、AIに大分類を弾き出してもらう。人事採用にもいかせて、効率良く採用・配置転換などを実施する際のツールとして活用する。

atsuyan
2021/05/24
メーカー 営業 一般社員

データを収集分析して活用するにあたり目的と定義付けをより慎重に行う必要がある。

nishi49
2021/05/24
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

採用段階でのHRtech活用について、応募者の今現在の能力が低くても、これから大いに能力が伸びる可能性のある人材を振るい落とすリスクについても考えていかなくてはならないと感じた。

hiro_ka
2021/05/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

最後に、この技術が発展しても、もっと人に寄り添っていくことが重要であるというところが、一番重要であったと思う。
この技術に頼り切る人が多数出てくると思う。自分もそこで分析されていると言う認識をもつことも重要である。
スタートアップのような会社はこのシステムは向いていないかもしれない

utsu_musako
2021/05/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 一般社員

中国のタクシー配車サービス「DiDi」の例が浮かんだ。
日々のデータを活用して顧客と従業員双方の信頼を醸成していく。
特に、ドライバー向けのアプリでは、
急ブレーキや急発進をデータ化して蓄積、安全運転をつづていくと
客観的に評価が上がっていく。

従来は、会社内では声が大きい人が評価され、
正直モノが馬鹿を見るというシーンもよくある光景だったと思う。
一人の傲慢なスターがいることでチーム全体のパフォーマンスが大きく下がる。
スターの成果は、チーム全体のパフォーマンスの低下を超えることがなく、
会社としては損失の方が大きくなるという。

会社が求める理想像とその人がおこなうアクション(習慣)を明確化し、
モニタリングして客観的に評価ができるようになれば、
傲慢なスターが駆逐され、善良なスターと善良なメンバーのみになる。

監視社会になるディストピア信仰もあるかと思うが、
全員のマナーが向上することで結果、幸福度は高まるのではないかと思う。

marikt
2021/05/21
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

テスト的に、個人の経験業務や定性的な評価のキーワード拾ってAIに学習させ作られたグループで新規プロジェクトの立ち上げををやってみたい

noriume
2021/05/15
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HR テックという言葉は最近よく聴くようになった。しかしどう使われているのかで留意点は何かが分かった。最後は、従業員も人、HR テック という技術を使うのも人、ということかと理解できた。

yu-konno
2021/05/12
商社・流通・小売・サービス その他 その他

HRtechは、とても効率よく便利と感じました。
実際に活用してみないとわかりませんが、適性判断でどのように表現されのか興味があます。新規採用、人事評価など、どのような表現されるのか非常にきになります。あくまでも目安ですが

kiko_8255
2021/05/11
メーカー IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

健全な仕事は本人のモチベーション、やる気が重要である。
人の異動、適材適所の配置検討において活用が出来ると思います。

machikyo
2021/05/10
メーカー 営業 一般社員

時代の流れでアナログからデジタルへの移行は抗えないところだが、AIに適材適所をすべて判断されるのは多少の恐怖感もある。投入するデータはだれがどの程度の内容で更新するのかによって、自分が適正と思っていたものと違う評価がなされてしまう可能性もある。その場合のモチベーション維持に対する処遇も併せて必要になってくると思う。

suguru0815
2021/05/09
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

わかりやすかった

masa1012
2021/05/09
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

客観的指標は難しいと思うか大切。理に叶っている

maruchannel
2021/05/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

ビッグデータを活用し、使えるテクノロジーを最大限に活用して、業務の目的に照らし合わせて活用していくこと。

ken_mae
2021/05/08
メーカー その他 その他

HR Techで導かれる自分の人物像や評価、適性を見てみたいと思った。人事異動の際、どうしてそういう異動になったのか分析結果と期待されることなど示せすようにすれば、人事異動や評価に対する納得性も高まるかもしれない。

arisawa_kg
2021/05/07
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

偏った人材が多く入社する傾向がある会社にとって、特に重要なテーマであると思います。

tadaken4310
2021/05/05
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRTECHは、入社後の人材情報の活用については、企業の経営戦略と生産性の向上に寄与できる。
入社前の採用段階での活用については、まだ、その会社に帰属していない方の個人情報だけにその取扱いはとても重要。

h_tkd
2021/05/03
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 その他

実際の業務に役立てていく。

a2000040b
2021/05/03
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRTechを導入することが目的にならないようにしないといけない。どんな業務を担うかでもAIの判断結果の見方が変わってくる。採用の効率化だけなら導入・活用はしやすいが、人材配置や育成面は本人のビジョンとリアルな定性情報もかけ合わせないと意味が無いと感じた。

hkmk
2021/05/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

すぐに自分の業務に活かせる、という内容ではないが、どのような人材データをもとにどのような適性判断が下されるサービスがあるのかが気になる。
また、それをもとに配置/採用された人材の活躍はどのような実績になっているのだろうか。

ab702525
2021/05/02
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

いわゆる書類時の顔採用、印象採用が減ると思われる。しかし、第一印象は大事なことでもあると思う。そこも判断できるようになるのか。

tomohiro_883
2021/05/01
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

新規事業等新しい取り組みが盛んになる環境では人的配置がとても重要になりHRtechの活用は欠かせないと感じた。

yoshi3696
2021/04/29
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRtechを使用しAIが判別する際に、自分の経歴、人材像を本来の記載と着飾った記載でどれくらい差がでるものなのか気になります。

hokuyama
2021/04/26
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

HRtechの必要性が近年増してきていることは理解できた。
今後、AIがさらに発達していくが、AIに完全に任せることは愛嬌や印象といった部分は判断できないと考えられる。

lim_2170
2021/04/25
コンサルティング・専門サービス 経営・経営企画 一般社員

HRtechによる業務の効率化は良いと思うが、評価や配置などは過去のデータだけでは最適な結論を導けないものもあると思う。客観性を上げるための意思決定に必要な材料は提示するが、最終的に決めるのはAIではなく人であることが大事だと思う。

kaz4580
2021/04/25
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

Technologyの進化とともに、タレントマネジメントシステムを導入することで選考や異動の精度を高めることは可能になる。とはいえあくまでもツールなので頼りすぎずに一人一人を見ていくことがHR部門では必要。感情はTechで評価しきれないことも多く、それらを見極めていくのは結局、人でHRの役割だと思う。

inukichi48
2021/04/18
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

あくまで分析ツールであることに気をつけて活用することが大事

kkkbbb1996
2021/04/17
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

AIがどこまで人を測れるのか?と単純に思った。ムーアの法則で、ハードとソフトの関係の話しが出たが、HRはソフトの、AIは技術、ハードの最たるものとのイメージを持っている。いくらAIがすごくなったところで、結局はそのAIを人がどう使うかということかと。データ収集、整理、分析はいいとしても、どう評価するのか?そもそも人の活動はアナログ的なところが多い、それが差別化や強みになると思うのだが、それをどう収集するのか、評価するのか。本当、一度見てみたい。

d-suke1001
2021/04/10
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HR techの考え方がよくわかりました。

一般論としては人事事務は効率化されるでしょうね。

人事部門の恣意性や主観を排除、タレントマネジメントを踏まえた異動・採用のミスマッチを防ぐことは確かに有用と思いますけど、専門外の多様な経験が人を育てることも確かだし、特に組織で一定の責任あるポストにある人は経験も踏まえた社内人脈も大事ですからね。
終身雇用があたりまではない時代ですが、専門性と効率性を中心に人事を動かすというのも何ともな感じですね。
いずれにしても、目的を明確にしてHR techとつきあっていくことが大切ですね。

kanta_3117
2021/04/09
メーカー 営業 一般社員

なんのためにAIやテクノロジーを導入するのかという目的をよく考える必要があると感じた。

hepatoma
2021/04/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人事情報は非常にセンシティブな情報と言うイメージが有り、聖域化し易く感じていた。Techを適切に積極的に導入することで、効率化出来る面は多数あるだろうと感じる。

patricia_2020
2021/04/04
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

HR techは研修履歴等の定量面ではバイアスがかからないことで多いに活用が期待されるが、新規案件への人材登用等にAI学習がどの程度定性面を評価して活用できるか未知である。今後どのように活用されるのか興味深い。

knj_2021
2021/04/04
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

社員の能力や経験、実績をデータ化しておき、それを新たな人事配置や育成計画に利用することは有効と考える。一方、AIの世界になるとまだまだ用途に対して精度や信頼性といった点で課題を抱えている段階である。検証を繰り返すには非常にデリケートなデータを使うわけでもあり、活用の仕方を十分に検討する必要もあり、実践で結果を出していくためには時間を要すると思った

rinten
2021/04/04
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 部長・ディレクター

現在は導入していないが、どこまで実用的か試してみたいと感じた。

masa_9681
2021/04/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

HRTechを導入する場合でも、AI(機械学習)にかける過去データや評価データ自体が人によるバイアスがかかっていることが多く、いっそう歪みや偏りを助長してしまうリスクがある様にも感じた。
人は感情を持ち、人間関係がパフォーマンスに大きな影響を与える前提で、上手にツールとしてHRTechを利用することが大切だと思う。

k-yohei
2021/03/31
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

最初に簡単なテストをすることで面接者の特徴を掴むことができるのは有用な手段である。イメージを持った上で面接することでより深い話を限られた時間で聴くことができるのではないかと思いました。最初のスクリーニング機能としての利用するのに有効と感じました。

masao55
2021/03/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

hrTechという単語の意味自体は知っていたが改めて内容を確認し、目的のためのツールであることを再認識した。

motomotomoto
2021/03/28
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

評価や異動を検討する際に、人が人を判断する際にどうしてもバイアスがかかるので、HRtechを活用することで公平な評価や異動判断ができると思う。その反面、AIの判断の良し悪しを人が判断するとそこにバイアスがかかり、元の評価に戻りそうな気もする

jiyun
2021/03/28
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

なかなか導入までのハードルは高そうだが、早く進めるべき。企業にとっても、個人にとってもよりマッチした職業での働き方が大切。

th0588
2021/03/27
メーカー その他 一般社員

HRtechは、今後の人事には必要不可欠なものだとざっくり理解できたが、それがすべてはないような気がしました。

seiji-19680218
2021/03/26
メーカー 営業 一般社員

全ての人事業務がHR techで出来る、などどということはないが、おそらく現在各人が思っているより遥かにいろんなことが出来る。人が認識していない、出来ていない、またうまく表現出来ないことを、可視化するのはとても得意。使う側でいれるように、よりよい人事を出来るように、変化への対応と永遠の学びを忘れずに。

kishi_3
2021/03/23
商社・流通・小売・サービス その他 一般社員

例えば、定期的なモチベーションテスト、心理テスト等を行い、特定の部署だったり地域だったり、あるいは年齢など属性ごとに結果に差があるなど、といった方法で何らかの問題発見に活かせるのかなと思った。

sugasyo
2021/03/21
メーカー 営業 一般社員

人のどうしても主観的な部分が増えてくるのでそういった部分を補うにはとても大切な手法だと感じた。

yski
2021/03/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 専門職 その他

事業戦略を明確に理解するだけでなく、そもそも何のためにhrtechを使うのかを明確にし、PDCAを継続することを忘れてはならない。

kita3folio
2021/03/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

まず人事部の業務での重要な項目を理解した。

HR Techに関しては、ITを活用した具体的な取り組み・サービスがどのようなものがあり、導入した結果どのような効果が得られたかを知りたいと思った。

shangtian
2021/03/18
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techというものが理解できました。

tomiyoshi
2021/03/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

採用に掛かる労力の節減には大きな効果があると思う。
既存社員の評価や配置に関しては慎重に用いる必要がある。

masao5
2021/03/17
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

目的をしっかりおさえ 判断基準を身につけていく

sukasuka_desu
2021/03/17
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

AI分析による自動化、自動抽出等、効果的に使えるとより客観的な人材活用ができると思った。しかし、「タレントマネジメント」といっても人財定義等、考えるだけで難しそうだ

shinjo9
2021/03/14
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 経営者・役員

人の判断の精度を上げるためにHRTECHの活用を考えたいです

yuka_matsumotos
2021/03/12
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

直接この分野に携わっているわけではないが、このコロナ禍の状況において、世間一般的に急速に進んでいるような印象を受けた。また、人事分野でのデータ取得と活用が今後進んでいく点にも興味を持った。(ただ、大企業など母数が大きいところは効果が出るかもしれないが、中小企業はどうなのか疑問に思った)

tomo0319
2021/02/25
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ITに関する知識を高め、人事・業務に応用し更なる効果効率を図る重要性を学んだ

jamcat1018
2021/02/23
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

百貨店勤務です。お取引先社員の入店手続をIT化して業務が省力化、恩恵を感じています。
若い世代は就活の頃から親しんでいるでしょうし、勤務管理その他、思えば色々な活用がされています。
HRtechの客観的な判断には大いに期待しますが、何かと頼りになる人事部の方々。社員一人ひとりのことをよくご存知です。HRtechはあくまで技術の一つなので、血の通った人材活用をお願いしたいです。

maaayumi3
2021/02/21
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRtechにより効率化された事例をみていきたい
日本企業は効率化よりも伝統に倣うことがまだまだ多くも感じられるので、その気質をどれだけ変えていけるか(とくに日本を代表する老舗トップ企業において)が、より日本の躍進に繋がっていくのではと感じた。

ishida_m
2021/02/21
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

小さな企業ほど人事部の業務負担が多いので、システム化はとても重要だと思います。
また、人の評価や過去の経験についても記録として残していくことで社員の個性を活用できると思いました。

chihiro_m
2021/02/21
コンサルティング・専門サービス 専門職 一般社員

個人のモチベーションを活かしながら適応する部署に適切に配置する。離職率低下にもつながる。

kfujimu_0630
2021/02/17
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

残念ながら自社ではHRtccが進んでいる実感はなく、金太郎飴集団の採用しかできていないように思うし、育成も個人の自主性によるところが大きい。ただ、HRtecという手段が目的化してしまっては本末転倒なので、目的を持って有効に活用できるようにする必要があると思った。

rinko_4343
2021/02/14
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

ツールやデータをどんな目的で使うのか、それらを通して経営戦略をどの様に支えるのかが重要なので、まずその視点から考える

shigeki0621
2021/02/13
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

特に営業など、個人裁量の大きい仕事については、能力の開発やモチベーション管理に適していると感じる。自分の勤める会社ではHRTechの導入がされていないので、是非活用して欲しい。客観的判断がし易い(見える化による)と、悪しき習慣?の忖度やゴマすり社内営業が少しはなくなるのでは?と思う。

kikuoka2459
2021/02/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

どのようなアルゴリズムでもって回答が出てくるのかを把握しておくべきと思います。

tani321
2021/02/10
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

人事部の業務効率化の観点で視聴したが、AIによる分析が今ひとつ理解できなかった。

ryozo_223
2021/02/01
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

HR tecnoの概念だけ、学ぶことができました。具体的にどのように導入していけば良いのか、学習し続け、業務に活かすようにします。

shunshun0317
2021/01/31
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

上司の好き嫌いなどの要素が入らず理想的なシステムだと感じたが、具体的な導入にはデータの蓄積、そのようにデータ化するか、等ハードルは高いだろう。

fude3
2021/01/27
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

最近の就職活動がインターネットからの登録なのは、AI分析などでふるい分けをするためかと驚いた。一方、相思相愛、適材適所がHRtechで実現されていくのであれば、経営にとっても労働者にとっても良いことだと思う。

rnakax
2021/01/23
メーカー 専門職 部長・ディレクター

大企業だと、今でも派閥や学閥があり、権力の集中がある。人事異動も決定権のある人間の好き嫌いが反映されていて不快であるので、ぜひHRtechの導入を私の会社でも導入してほしい。

takuya_ishida
2021/01/19
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

理解した

father3
2021/01/19
インフラ・公共・その他 営業 部長・ディレクター

人事は特に人の感情が絡んでくる部門のため、AIを活用した採用や、人材配置は非常に効果的だと感じた。

chan_eto
2021/01/18
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

改めてAIの進歩に驚かされた。
しかし、正しいデータを判断するのは、まだ人の力が必要だと分かった。

bob-jiayou
2021/01/16
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

AIによる分析とは何だろうか

hiroko-223
2021/01/12
メーカー 経理・財務 一般社員

人事業務の効率化やバイアスをかけずに情報分析をするなど大切と感じた。
ただ人の目や経験も生かすべきではないかとも思います。

masao4115
2021/01/11
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

入社時などに入手した個人の適性、資格、特技などの情報を現場が記録し、定期的にアップデートすることが重要だと感じました。
現状、当社ではその情報を整理できていません。
経営戦略と直結させるという意図を現場が理解して情報収集することが、HRテック活用のキーポイントになると感じました。

chopper1
2021/01/10
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

HR techは、目的の明確化とその限界を理解し、適切に活用していくことが重要だと感じました。

kitao_yuichiro
2021/01/08
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

AIによる解析は便利なツールであるが、まとめの最後に言及されるような「ヒトの目」を介さない万能絶対のものとして扱ってしまうと、望まない人材配置等、実際に働く人,採用を望む人の幸福につながらないディストピアが生まれてしまう恐怖を感じた。技術の進歩とそれを扱う人間の在り方は別と捉え、活用方法をデザインする事が肝要では無いかと感じた。

shimada_takumi
2021/01/07
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

人事部等のバックオフィスの部署はこういったテクノロジーの導入に積極的であるが、経営層の一部及び現場の管理職には懐疑的または否定的な態度の者が散見される。HRTechの領域にかかわらず、結局の所全社的に一丸となってテクノロジーを利用し、生産性と競争力を向上させるという意識を醸成しないことには、人事部がHRTechを導入しましたという今年やったことリストの中にとりあえず流行りの言葉を入れただけになり、内情はほとんど変化がないという結果になると考える。

hasisi
2021/01/01
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

基礎的なHRを理解することができた

mkano
2020/12/31
商社・流通・小売・サービス 営業 経営者・役員

人事部への要求事項が多くなる中、積極的に活用を考えるべきとおもう。

ryo227
2020/12/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ある程度の従業員がいる企業ではこの手の人に関わる問題は少なからず内包している。人が人を評価、判断するという事は必ず評価する人の主観的なバイアスがかかる為、ミスリードを招く恐れがある。その為、このようにITを導入した手法を取り入れる事は客観性が取り入れる為、非常に好ましい結果を生むだろうと予測される反面、このようなITを取り入れた手法もやはり、アルゴリズムの最適化が必要であり、このシステムを評価をできる人材を育てていかなければならない事は明白である。

toh
2020/12/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

企業は採用には多大な労力をかけているが、その後の社員を人材として適切な管理、配置、有効活用ができているとはいわないと感じていた(本人の希望と上司による判断のみ)。HR techは評価や人事異動に貢献するものと感じた。

toshi0629
2020/12/29
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

最近ウェビナーを受け、多くのHRtechがある事を知りました。特に企業がスピーディーに事業を展開するためにはタレマネは重要と思う。

knagai159
2020/12/27
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

まさに日進月歩で発展しているHRTechを積極的に利用していきたいと考えている。

t-szk_rj
2020/12/23
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

ニューノーマルな環境下になり、これからますますHRTechの重要性が増すと想定されます。

takuya0804
2020/12/22
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

新しい知識は得られなかった。具体的な活用事例があれば考えるヒントになります。是非よろしくお願い致します。

4037wwjd
2020/12/22
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 一般社員

AIを最大限に活用するには、使う私たち側のスキルアップも求められていると感じた。また入社前後の社員の意欲変化を、既存社員の傾向から割り出して、モチベーション維持、課題設定などに用いることが出来たら面白いと感じた。

samoyed
2020/12/21
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

HRtechを導入するメリットについてはよく分かったが、コストや時間のことを考えると、現実的には難しいのではないかと思う。しかし、今まで主観的な判断に依存していた業務も多くあるのは事実なので、データ分析などを積極的に取り入れる必要があると感じた。

kyon0712
2020/12/20
コンサルティング・専門サービス その他 一般社員

プロジェクトチームメンバーの考慮の際に、プロジェクト経験者の経験値等の数値化により、メンバーの適正配置は効率がいいなと感じました。
ただ、こればかりに頼るとイノベーションが起こりづらいので、ひとの勘も人材選びには必要な要素と感じました。

shunsuke18
2020/12/17
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

事務的な部分についてはHR Techをどんどん導入すべき。
一方で最終判断は人であり続ける(誰かがリスクを取らねばならない)ため、どこまでを機会にやらせるかが問題。
個人的にはAI面接”だけ”は反対。

daddyveroo
2020/12/13
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

当地ではCVに書かれている能力・資質に関する項目は、ステレオタイプな内容になっていることが多いが、候補者の適性を客観的かつ数量的に理解するために、AIを導入してみるのは良い考えである。また面接内容を記録し、候補者の発言内容から適性を判断できると、さらに採用の失敗を防ぐことができると感じた。

hkato27311
2020/12/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ツールの宣伝要約に感じた。マップやグラフ等の具体的なアウトプットがあると、イメージが沸き、深堀したくなるのだが。

2tkum85
2020/12/09
メーカー 営業 一般社員

適材適所がより正確に行なわれることで、プレイヤー・マネージャーそれぞれのプロフェッショナルが醸成される企業体質になれると感じた

honuhana
2020/12/09
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

これまでの人事は人の印象で判断してきた部分は大きいと思う。HR techはその印象部分をデータ化し、可視化するのでより公平性のある人事が実現すると思います。 社員にとってもより公正な競争を担保できる訳なので、自分をこれまで以上に磨いていかなくてはならない。

abcabc123
2020/12/08
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

部下の評価、育成に参考となる。

thomas-new
2020/12/07
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

HRtechは、今まで人による評価のブレを減らしていく取組みなんだと分かりました。
しかしそこからそのデータ(全社共通のスキルマップや経歴、経験PJなど)を読み取って適切に配置するのは結局、人。だから、確固たる会社理念やビジョンがあって、業務プロセスが見える化されてて、スキルと仕事のマッチングがうまくいかない場合に問題解決のヒントを得るためには有用だと思いました

omokun
2020/12/04
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 経営者・役員

実際のhrテックのシステムなどを見てみたい

atsu3434
2020/12/01
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

HRtechの重要性は分かったがより具体的にどのようなものか知りたい。
診断テスト、アンケートなどは嘘もつけてしまうと思ったのだがどのように防ぐことができるのか

su_mi_2020
2020/11/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

AIによる社員の活躍の予測や適正の分析が出来るという所は公平性という意味で取り入れる意味があると思った

chosang
2020/11/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

基本的な内容でした。

c2
2020/11/23
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

人事業務においてHRtechの活用はあくまで「参考」の域にとどめ、人が人をみる事の重要性を忘れてはいけないと感じた。

msp0439
2020/11/23
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

AIの必要性とAIに頼りきれない部分がまだあるも感じました。

sho1971
2020/11/22
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRTechについて理解しました。

southcamel13
2020/11/21
金融・不動産・建設 営業 一般社員

言葉としては聞いたことがあるが、何のことが理解できていなかったのでありがたかった。Tech導入の目的、定義を明確にすること、一層寄り添った対応が必要になること、大切なポイントを外さないようにしたい。

chivi
2020/11/19
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

確かにAIによる決定の方が腑に落ちる時代になってきてかなと思うところもある。内容によってですかね。可視化は必要です。

hikari1102
2020/11/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

これまでの人事部門に持っていたイメージに対するイメージが変わりつつある。企業で働く個人がこういった経営戦略や成果を出すためにどういったスキルや役割が求められ自分自信の立ち位置を知ることができる。こういった目指すべき方向性を個人やチームでシェアする事でプロジェクトメンバーの選定や能力開発に生かしプロジェクトの成功率の向上や継続的な人材開発といった目標の定義を行い、AI技術や情報を何のためにどう生かすかが重要であることを再認識できた。

yashi67
2020/11/16
インフラ・公共・その他 その他 部長・ディレクター

タレントマネジメントなど高度化していく人事業務に対応していくにはHR Techが必要であると感じた

yokozuna0614
2020/11/16
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事部には人事部なりの主観やバイアスがあるので、それを排除してAI活用すべきかと思う。

eris-0529
2020/11/12
金融・不動産・建設 その他 一般社員

納得感がある配属になる一方、本人がチャレンジしたいと望む配属が難しくなる懸念もありそう。

yosh1386
2020/11/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

戦略人事としては、なにを目的としてどのようにテクノロジーを使うのかという考えと個々人に寄り添うという想いが重要となる。

hiroshi_0412
2020/11/06
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

HR TECHを利用した人事によって、人財の再配分を行ってみてもよいと思いました。

miki0331
2020/11/06
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

世の中にある各種ツールの機能を知った上で、結局は、戦略やそれに必要な人材像、今いる人の評価などを言語化、明確化することからは逃げられないのだと思った。

r_ebihara
2020/11/01
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

AIがまだまだ発展途上というのは認識しているが、人が介在してもそれぞれの希望に叶う人事というものは正直実現が難しいと思う。
思い切って8:2くらいでAIに委ねるチャレンジも必要ではないかと思います。

amaetsu
2020/10/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

AIの活用がいろんなところで使われていることがわかった

azuki_liebe
2020/10/25
広告・マスコミ・エンターテインメント その他 その他

人事業務におけるHRテックの意義について知ることができたのは大きかった。しかしながら、人間側の視点も不可欠であることを忘れてはならないことも重要と感じた。

radvabo
2020/10/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

人事部門ではないが、設計開発においてもスキルをまとめておいて担当させる業務を選択にも役立ちそうと感じました

ken_ken_ken_ken
2020/10/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人財部門でないので活用の機会が難しいが、チームワークの向上などに何らかの可視化手段は必要と感じている。
AIまで必要かと言われるとなんとも言えない。

amanda-0123
2020/10/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

業務においては、採用、人事、労務管理などでは効果を発揮できそうだと感じたが、活用できる人材の育成も必要だと感じた。

sphsph
2020/10/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

積極的に関与してみたい。
自分が受ける場合を考えると、人の温かみが無くなることは避けたい、うまく連携することが必要。

m-hirose
2020/10/08
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

漠然とHR techという言葉を認識していたが、効率化や客観性を求めるだけでなく、それを使ってどのように経営戦略に貢献させていくか、目的の定義が一番大事であり、最終判断は人が行いつつも、より付加価値を高められる使い方を研究することが重要だと思った。

cizawa
2020/10/08
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

HRtechの活用により、人によるHRマネジメントによって見逃していた機会や
見落としていた課題・リスクを把握できることを再確認できた。よりしっかり人材の良さを生かせるマネジメントを行ってゆきたい。

mayumi0713
2020/10/08
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

大変勉強になりました。

sss_mmm
2020/10/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

最後にちょろっとだけでてきた、データをどのように活用するのか、そこがHR techのキモで、そのことだけで1授業持ってもいいくらいのむつかしい内容だと思う。
常に70点を出せるチームを作れるだろうが、120点のウルトラCを出す、可能性に期待した配置もできなくなるだろう。多様な人材を配置する、ということがどれくらいできるのか。その仕事に必要な能力というのはだれがどう決めるのか。

akiranaga17
2020/10/06
広告・マスコミ・エンターテインメント IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

AI techについては、今後の人事制度に必要な機能になると考えられる。

hnars
2020/10/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

鈴木部長「で、うちにデータはあったかね?」

導入を一気にやるのは難しいため、目的や動機付けが第一義になりつつも、現実的には、今データが存在するところから始めることも一つの選択肢になり得ると考えます。

koichi0507
2020/10/05
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

常に作業と考える仕事を切り分けて考えて、作業は可能な限り自動化を行う

ytakashi
2020/10/03
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

オンライン面接などの活用は理解していたが、労務管理やタレントマネジメント、モチベーション管理など広い範囲で活用できるということを理解しました。

toyan
2020/10/02
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 部長・ディレクター

人事業務の効率化や意味ある整備は必要である。「管理」に評価が加味されるものであるなら、評価方法・視点も重要。やはり経営戦略を支え遂行するためには、「目的」の明確化が不可欠。機械的にできることと、人事自ら見極めることができるかがポイント。

iwa-mas
2020/10/01
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

AIは未だ発展途上であり、データの蓄積が必要となるツールであるため取り扱いは慎重であるべき。特に人を扱う人事部門の人を見る力が重要であることは言うまでもない。現状ではHRTは人事課題を解決する手法の一つの側面に過ぎないことを関係者が自覚することである。

matsu0330
2020/09/30
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

将来的にAIが導入されてくると思われるため、ITに強くならないといけない。

tokuyan
2020/09/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

現在人事部門にではありませんが私の職場においても今まで勘や経験で対処してきた事案をIOTを活用して客観的な判断基準で進めて行く必要性を感じています。

toshiyuki_h
2020/09/27
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

採用のシーンでは、書類選考や面接対応における効率化や見極め精度の向上が今後期待出来そうである。

tk1982
2020/09/25
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

aiを導入しても100%の答えは出ないと理解した。

mh_dear15
2020/09/24
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techの効果については理解できるが、すべてがConceptどおりに行くわけではなく、特にTalent Managentは経営陣からの要望は強いがどのような要素をデータ化していくか、そもそもデータ化できるかなど難易度が高い、というのが実感。もう少し、具体的なノウハウが紹介されていると有用な研修だと思いました。

kahuka
2020/09/23
インフラ・公共・その他 その他 その他

HR techを活用して得られた多くのデータをどのくらいに信用・反映させるのか、まだ発展途中なので現段階では出された全ての情報を鵜吞みにはできないかと。あと、その情報と結論はどこから導かれたのかも大体でよいのでAIから聞きたい、、。

machan_8
2020/09/22
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

HR techにより、人事制度の見直しを図り、より戦力的な人材獲得や人材配置が求められている事が分かった。ただし、そのデータ獲得方法についてはイメージし難く、質問内容等によっては主観的な要素を排除し切れない部分もありそう。

masashigenosue
2020/09/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

AIを活用するための過去の人事データは、派閥や上層部の個人的判断による過去の人財配置に基づいている。それなりに成果を出している場合、その誤った判断に基づいた人事データを使用したAIがより良い答えを出せるかはまだ未知数であると考えた。

kenichiro118
2020/09/22
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

HRTechが発展しても、人の目線を通じた人材開発の必要性は変わらない。むしろAIにはできないことは何かを見極めて対応する必要がある。

ryosexy2
2020/09/21
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

HRtechの導入により、採用・管理・育成定着各段階で業務の効率化や新たな価値の提供を可能にすることは分かったが、一方で、頼り過ぎないように注意する必要があると思った。
人に関する分野なので、AIはあくまで補助であり、人のチェックによる人材配置、人の手による目的設定、従業員への適切なフォロー等々が大切だ。決してHRtechが独り歩きをしてはならない。

nishi_ken3
2020/09/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 その他

HR Techは人の感覚を最小限として、人事評価、業務への適性を導き出せると感じたが、最終的にはHR Techのデータを人が確認しなければならないことも理解した。

eri_1015
2020/09/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

AIが採用・管理・育成定着の骨子を担い、人がサポートするという体制にするにはAIに与える情報は膨大なものになるのだろう。
また、移動後の活躍を予測したり、社員の適正までAIが判断し、その精度があがるとなると、人間がいらない世界が来るのかもしれない。

willow007
2020/09/17
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

採用、管理、貢献定着において、幅広く活用できるということ。ただ、こうした技術を使いこなせるか、使うための目的を考えておかないと宝の持ち腐れになるか。

tateito
2020/09/17
メーカー 専門職 一般社員

メールの内容からモチベーションを把握して離職を予測するというAIの利用方法が面白いと感じた。実際はメールの書き方には個性が大きいから簡単ではないような気はするが。

doberman21
2020/09/16
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事評価はますます結果だけでなくプロセスも大事であり、これまでのような人付き合いで昇進は少なくなると考えられる。

naka_2020
2020/09/13
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

人事部にもHRtechが使われる時代になり、採用、管理、育成などに活用され始めている。将来どのように変化していくのか理解することが大切。

karha_05
2020/09/13
金融・不動産・建設 営業 一般社員

HR techという言葉を初めて知りました。AIなど有効性があるものの、最後は人が入ることが重要。ただし、客観的に人事配置ができることはいいことだと思いました。

kikuichi
2020/09/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

これまでは会社がこの人はこの部署に配属して仕事をさせれば成長すると、過去の経験や担当者の意向で決まることが多かった。
その結果人材のアンマッチがおき、モチベーションの低下や離職に繋がり、会社として損をしてしまっていた。
今後はタレントマネジメントの様にその人が何が得意なのかを分析したうえで、適切なポジションに配置して行くことが必要だと思う。
コロナで話題になったジョブ型採用も通ずるところがあると思う。

emerald
2020/09/12
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

説明のなかで「期待できる」という結びが多く、まだまだ進化の途中ということが伺えた。
確かに客観性・公平性という面では一理あるのかもしれないですが、伸びしろ部分までIAで分析できるのか等々、疑問が残ります。

portellenislay
2020/09/12
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

正直初めて聞く言葉であった。内容は以前からなんとなく知っている事だった。

shibuya_01
2020/09/08
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

AIやビッグデータなどのテクノロジーを自分の仕事にも積極的に取り入れて、効率化や新たな技術革新に繋げていく。

aki_8745
2020/09/05
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

人事部が従業員の最適配置を実施する際に役立ちそう。

t_164
2020/09/05
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

AIを人事に活用することの利点がよくわかりました。

nobukince
2020/09/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

AIは仕事の色々なところにはいりこんでいますが、あくまでもアクションと修正をしっかりとすること、人間の判断が最後に求められることは必要だということがよくわかりました。

tani44
2020/08/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

私の所属は人事部門ではないが、HRtechが進み皆が働きやすい職場になれば良いと思った。一方でデータ化する評価項目を精査する必要があるとも考える。

s_takimoto
2020/08/30
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

HR techという言葉はよく耳にしていたが、改めて定義から理解することができた。人材データの整備は特に課題だと感じているので、今あるデータを分析可能な形に整理し、定量的な分析からはじめたいと感じた。

sunsunsun
2020/08/29
メーカー 専門職 一般社員

得意だけどあまりやりたくない業務。あまり得意でないけどやりたい業務。
短期ではなく長期視点で見たときの、社員/組織にとっての【適正】な人材配置。

z043168
2020/08/27
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

なんでもAIの導入が進んでいると感じた。

roberto
2020/08/25
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 その他

HRとの関わりの中で提案が出来ればと考えています。
採用・配置、人材育成、評価、報酬がHRの基幹業務と認識しております。プロセスと結果の可視化を実現するシステムがHRテックと理解しました。HRの目的に即した議論をしてみたい。

masaha
2020/08/25
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人事労務の変革について理解することができました。

user-370e13d27e
2020/08/25
  

人員を新たに募集する際は、有効かと思う。
既存の人員の配置転換等には、慎重に活用すべきかと。
ただ、上司の一存や、偏りがある状況の精査には、ある程度活用してゆくべき。

shizhi
2020/08/19
メーカー その他 一般社員

社内の業績システムには様々な項目について入力することを求めらますが、この情報が人事異動の材料になることがよくわかりました。入力は手間ですが、自分をPRするためには適切に入力することが必要だと改めて実感しました。

whiteishi
2020/08/17
インフラ・公共・その他 経理・財務 一般社員

評価するにおいては我々は人事の方からの評価が占める割合はとても大きく、これからAI導入により軽減されることは良いことだと思った

tm03
2020/08/16
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

客観性・公平性を担保できるものの、それがうまくいっているかは人間が判断する必要がある。人事部として、配置転換の是非は永遠のテーマであるが、人とAIの両方から最適解を見つけていきたい。

ta-yamada
2020/08/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事に限らずITテクノロジーをいかに活用するかが大事になってきた。
その中で今まで主観的な判断が多かった人事において客観的な判断を求める為に
テクノロジーを活用する動きがでてきているのだろう。

ishii_12345
2020/08/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

・今後の現場管理職が期待される職務は大きく変わるものと考えます。(管理WT↓人材育成WT↑など)

yoshi-2000
2020/08/13
メーカー IT・WEB・エンジニア 部長・ディレクター

HR Techを活用する上で人材の採用⇒育成までの
パイプラインの中でどういう活用方法があるのかが
体系立てて把握できました

kazu168
2020/08/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

ベースとなるデータとしてどのようなものを利用するのが良いか、今あるデータの活用の仕方から考える必要があると感じました。

s_nari
2020/08/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techが導入されることで、より納得性のある採用が増えることが期待できる一方で、仕組みとして、人材の多様性をどのように確保するかの設計が重要になると感じる。

hepburn
2020/08/11
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

現在、教師の業務は異常なぐらいの種類の量になっている。HR techを活用することで、教師が適材適所で自分の力を存分に発揮できるようになり、そのことが生徒の成長に大きく貢献できると考える。

m-sigeta
2020/08/11
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人材活用だけでなく、リストラ対象リスト作成にも活用できそう

toyoyuki
2020/08/11
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

どのようなデータを収集し与えるか、という点で現時点ではまだ疑問の残る仕組み。部下を持つ身としても個々人の適正や希望もアップデートされており、人事情報にインプットできているものは僅か。

uppop
2020/08/11
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 一般社員

人と職場の関係性は、人生の充実度にも関わってくるから、HR テックで良い方向に導けると、世の中平和な方へ向かうかなと思いました。

toshikamo
2020/08/07
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人事業務のなかで、採用、管理、育成という分類にわけ、
テクノロジー活用を図る視点が斬新でした。

tmon
2020/08/04
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックを取り入れる際には、どうテクノロジーを活用しているか、従業員にも共有した方が良いと感じました。

jun_iwashita_46
2020/08/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

AIで人材採用や管理までできるようになると、下手に人間が絡まない方が良い気がしてきました。
その結果のアウトプットをフィードバックしていくと、どんどん最適化が進んでいくと思われます。人間の仕事はどうなるのでしょうか?

mirai100
2020/08/03
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

AIを活用した戦略的な人事システムの考え方と活用、注意点を学んだ。

aezy
2020/08/01
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

今後も様々な分野でAIが採用されるとは思いますが、人の採用までその領域が拡がっていることに驚きです。

ruimasiko
2020/07/25
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

HR Techの導入で本当に成果が出るのか。他社での導入事例を見たい。主観的なバイアスがかからないのは良いが、誰がバイアスがかかっていないと判断するのか。不透明感がある。

toko42
2020/07/24
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

入社後、人事部門への配属時点からシステムによる社員情報管理、スキル把握をどう行っていくのかということ腐心してきましたが、昨今の技術進化、とりわけAI技術の進歩をみると隔世の感があります

charlie-k
2020/07/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックを活用して組織の活性化を進めつつも
人間だからこそ持ち得る部分 AI=人間ではない(当たり前のようだが見過ごしがち)にも観点を変えて着眼していく必要性を感じました。

masatada
2020/07/18
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

HR techを学びました。

takummt
2020/07/18
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

戦略的な人事の必要性は知っていたがA Iの活用が進んでいることは知らなかった。当社がどこまで達しているのか気になりました。

k_y_76
2020/07/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

社内でHRTechらしき、自分の経験をインポート用のExcelに記載する対応が年1回あるが、何に使われているかも分からず、ただ面倒なだけなので、ただ集めるより目的を意識して、何を集め/どう使うかが大事だと感じた。

uh
2020/07/13
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

より効率的に、より精度高く出きるようになるが、一方でAIの活用においては、人間の判断を織り込んでいくことも忘れてはならない点である。

gremlins
2020/07/09
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自分は人事部ではないが属人的な仕事のように見えるところや不公平に思われるところがこうした技術で払拭されていくことに期待したい。

kaiyodai
2020/07/09
医薬・医療・バイオ・メディカル 専門職 部長・ディレクター

自社でどれだけ活用されているかわかりませんが、昨年の専門ポジションへの異動時に、入社からの25年のデータベースに基づいて今のポジションが適正と判断されていると聞いていました。具体的なデータベースの仕組みは聞いていませんでいたが、何となく活用されているイメージが理解できました。管理職となってから常に、人事部門に評価や異動の相談をしてきましたが、現在のHRTechの水準から、データを把握する部門とタイアップすることが重要であることを再認識しました。ただ、外部にそのデータが漏れているリスク(時にチャンス)が常に潜んでますね。

kenji_0103
2020/07/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

経営層への客観的なデータが迅速に提供が可能になる反面、経営層が人事面での細部まで判断するようになり、特に中小企業などにおいて、人事部門の中間層の人材が不要になると判断されるケースが出てくるのではないか。
長期的にみて、人事のなんかるかを理解する人間が社内にいなくなる。などという状況が起こらないように、テクニカルな面のみ推し進めるのでなく、人材育成と両輪で進めて行く必要があると感じる

k_ushiroda
2020/07/04
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

個人情報には十分留意することが大前提であるが、現場作業におけるミスの傾向といったものを一元的に管理できないかを考えている。非現業部門ではなく現業部門における人材の適正配置に役立てられるのではないかと感じた。

gaku_0701
2020/07/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 経営者・役員

HR tech 初めて聞く言葉でした。今後の人財活用に有効であることおもいましたが、中小企業ではむずかしいと思います。

tinnsann
2020/07/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techがあることを認識した。それをどのように使用するのかは設定する目的が重要であることも分かった。近いうちに人事評価もHR Techを利用することですっきりするかもしれないと感じた。

yasu104
2020/07/02
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

確かに、今後の人事業務では、膨大なデータをコンプライアンスを保ちながら扱うことが重要で有り、HR Techの活用は、検討すべき技術だと思われる。ただ、一方で、本コンテンツ内で指摘がされていたとおり、人事は今後よりいっそう、人に寄り添いが必要となる。どこまでいっても、、AIが自主的に目的や定義をすることはなく、その目的や定義は、人が人をみる(観る、看る、診る)ことによってしか、創出されないと思う。

kenichi-endo
2020/07/02
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

個人の能力を客観的に分析し配置出来れば効用が最大化できる可能性がある。

hideo_furuta
2020/07/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

人事業務の効率化は何をもたらすのか?人の評価だけでなく、システムの評価も必要。イノベーションは何によってもたらされたのか?組織か個人か?目的は何か?ただ単に効率化したいだけなのか?そんな評価をする企業に魅力を感じるのか?そもそもそれでいいのであれば、すべての作業はAIがやればよいので人は不要となる。そして社長も必要ではなくなる。「人のため」との視点がなくなってはダメ。人は誰しも間違えるのでそれがダメなら、もはやそれは人ではない。しかし間違いを修正しないのも人ではない。謙虚であり感謝ができ人のために働く。こんな評価が本当にできるのか?つまり会社の利益のためやっているに過ぎないのである。

r_konishi
2020/07/01
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

組織運営で大切な『ヒト』。主観や印象だけで判断しない重要な仕組みだと思います。

kolby
2020/07/01
広告・マスコミ・エンターテインメント 経営・経営企画 部長・ディレクター

ビジネストランスフォーメーションや新しい行動様式や働き方が求められる中で、企業と各社員が最適にスキルやモチベーションを高め、チームとしてのシナジーを最大化する過程を見える化して、進化させることが極めて重要である。AIやビックデータ解析がこの分野に適用され、より広範に活用されることで、1企業を超えた「人財の流動性」や「タレントシェアリング」などへの機会が生まれると思う。

ooi_16
2020/06/28
メーカー 経営・経営企画 部長・ディレクター

タレントマネジメントにより、より適材適所の人員配置と人材育成(本人のキャリアプランと会社での活躍推進)を実現できると考える。

rorin310
2020/06/28
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人事、昇級昇格、配置転換をAIにて初期段階で選別されてしまうとその時点で漏れてしまった場合がないのだろうか。

hiro_shindo
2020/06/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人材の適材配置というのは組織の競争力を高める上で非常に重要。
客観的かつ公平に各人のタレントを把握してマネジメント出来る点でAI活用は重宝できると思う。
バイアスがかかっておらずに活用できるデータをどうやって集めるか、そこが分からないので、もう少し学んでいきたい。

shunso
2020/06/24
金融・不動産・建設 営業 一般社員

業者効率化はできると思うが、果たしてAIに異動命令を出され納得できるのかという問題があると考えられる。
人それぞれにキャリアプランがあると考えられるため、その気持ちを汲み取ってあげる必要もある。
現段階では、人の力の方がAIに勝ると考えているが、将来的には業務効率化以上のことを期待したいと感じた。

kaakee
2020/06/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

ふと、思ったが、営利組織と同じ使い方はできないが、非営利組織でも、HRテック、が活用されると、参加メンバーのハッピーに繋がる気がした。

beansuzu1028
2020/06/22
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

人の経験に基づく判断とAIを活用した戦略を掛け合わせた人材戦略が必要。

user-f1dd5fe50c
2020/06/22
  

HRtechについてどういうものであるか、どういった目的でどういった場所で導入されているか分かった。
しかしHRtechを使用しない場合からどのような変化があるのか具体的にはわからなかった。
また選考において公平であることを挙げていたがAIの判断のもととなるデータにそもそも偏り等がないか、その中から適切でない情報をもとにAIが決定を下していないか等を確認する方法もまた問題になる。実際にAI判断であっても公平性がない事例は存在したのでそこも考えたい

shinji342
2020/06/19
医薬・医療・バイオ・メディカル IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

言葉は聞いたことがあったが、意味合いは知らなかったので勉強になった。
具体的にどのような場合に使われているか、使用例を確認してみたい。
採用時のミスマッチが防げるのは非常に良いことだと思う。

daisuke_i
2020/06/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

現在は引き続き勘と経験に頼った採用活動がなされており、ミスマッチは相変わらず多数発生しています。また、本人の意欲、適正等を全く無視した非戦略的人事も続いていますので、客観的な人事を促進するツールとして活用できるとよいと思います。ただし、戦略的な人事配置をそもそも意図していない会社では、使いようもないところではありますが。

s0110032
2020/06/18
広告・マスコミ・エンターテインメント 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

HR techについて振り返りができてよかった。
例えば事例を挙げてこの企業のこういう部分が特徴的、などもあるとより良いような気がしました。
なんでもHR techと括ってしまっていいのか疑問です。

user-8103bd25ee
2020/06/18
  

人材をどういったデータで管理するのかが重要かなと考えます。またデータのみで推進するのは、リスクあり、人の管理については人の判断も必要だと思います。

ayusk
2020/06/17
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

採用や配置の決定、タレントマネジメント、労務リスクの管理に効果的と感じる。しかし、AIの精度を上げるためにも多面的な情報を得ることが必要だと思う。
また人事の業務の1つである、制度設計や法律への対応などはAIではなく人が行う業務なのではないか。人事の業務も人ならではの業務は何かと言うことを考えていく必要性を感じた。

ayaka_0530
2020/06/16
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

実際に、人材採用をAIにまかせっきりにして、選考に偏りが出てしまった例があるので、HR techを実際に業務で活用する際には、そのシステムに頼り切りにならないよう、人の目で確認することが大切だと思います。

papashanshan
2020/06/14
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

古い体質の会社に勤めています。人材DBを活用した育成施策を打つ場合、明示的に差別(例:性別、既婚未婚の有無)だと言われかねない変数を使った「最適化」を回避する必要があるな、と素朴に思いました。人間による判断の場合、そこが「総合的判断」というオブラートに包まれていたから。

otobe711
2020/06/13
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

AIの技術が進んでくると、人の採用、管理、育成業務においても、効率化および品質向上が図れることが見えてきていることが分かった。ただし、人を扱う業務においては、感情を考慮しないと、モチベーションにも影響するため、導入に会ったっては、試行・評価・見直しをして改善する必要があると思う。

spirytus3
2020/06/11
メーカー 経理・財務 一般社員

AIにより社員の適性を分析できるとありますが、適切な基準は結局人による判断に左右されると思います。

poett
2020/06/10
医薬・医療・バイオ・メディカル 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techによる研究部門でのタレントマネジメントは興味がある。

shetake526
2020/06/07
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

HRtechの意味・概要はわかりました。
自分はまだ目の前のHRは活用できてないのかも…

ynf
2020/06/07
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

アフター&ウィズコロナの環境下、経営判断に貢献できる人財データを可視化を推進していきたい。

tonjil
2020/06/05
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 部長・ディレクター

テクノロジー進化もあり、テキストマイニングによって言語からの分析ができるツールを導入したい。従来のコード設定してそれに当てはめたデータ登録では、定義がズレてしまうと蓄積したデータも効果に繋がらなくなってしまう。

morichi
2020/06/03
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

HR Techとは、データに基づいた客観できな数値から、人材戦略を策定し、新しい価値創造を促進しす

ta_d
2020/05/31
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 一般社員

HRTechだけでなくAIによる分析がよい気付きを与えてくれるきっかけにはなるが任せきりにはならない点に注意したい。

user-ae70ace79e
2020/05/31
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

漠然と感じていたことを論理立てて理解できてよかった

penguinqueen
2020/05/26
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

管理する観点からは、情報の収集や、えこひいきの無い判断が期待でき、効果が見込まれると考えます。
一方、管理される側からは、メールが勝手に見られて分析されているかと思うと、素直に受け取れないところがあります。
顧客分析の手法により、人材分析も可能であると考えますが、家族も含めた生活全体としての従業員満足度向上まで図れるようになると、なおいいと考えます。

prsmurotan
2020/05/26
金融・不動産・建設 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

人事評価も投入されたデータによって徐々に影響されることをあらためて認識した。この仕組みを知っているか知らないかで自ずと行動も変化する。評価は見えづらいものでもあり公平性が増すのであれば組織のモチベーションも上がるだろう。

user-2f91c6c33c
2020/05/24
  

難しい内容であったので、しっかり勉強して深めていきたい。

krt
2020/05/23
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

テクノロジーを導入して自動化できるところは任せる。人が介入するべきところに注力する。

himakuru621
2020/05/23
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 一般社員

人事異動については上長の推薦を始めてしており、適正かどうかの判断が分かれるケースが多かった。今後は適材適所の考えが進むと思う。
タレントマネジメントの上でも進化が期待でき企業の成長につながるテクノロジーだと期待できる。

totomo
2020/05/21
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

人事部の業務負担を軽減するためにも導入をすべきだと思う。
そこで、個人のタレントや経歴などの管理とIT任せの人事とならないように、上手に付き合って行くことが必要。

yuriyuri525
2020/05/20
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

今後の組織戦略として人の活用は重要であり、目的をしっかりと定義した上で活用することのニーズを感じた。

yoshi_shio21
2020/05/19
商社・流通・小売・サービス その他 課長・主任・係長・マネージャ

今後の経営戦略、組織開発の面で必要性が高いと感じた。しかし、導入に関しては企業の規模などによっても浸透度が異なりそうだなとも感じた。

genta2020
2020/05/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

HRtechにより人事の透明性が高めることが出来ればよいと思いました。

tama123
2020/05/16
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techについて言葉はよく聞くことはあったが、具体的にどのようなものか理解することが出来た。

hiromi2955
2020/05/15
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人事にもAIが導入されるようになったのだなと思いました。

y-saku
2020/05/13
医薬・医療・バイオ・メディカル IT・WEB・エンジニア 一般社員

HR Techと一言で言っても人事の業務は幅広いのでそれに合わせた様々なアプローチがあることがわかって興味深かった。

g-june
2020/05/13
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

グローバル人材の獲得と育成が当社の課題。HRテクを活用して、グループ企業の人材採用と管理の最適化に生かしたい。

tomoeee
2020/05/12
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

当社においても適正検査が行われたり、HRtechが少なからず進んでいるように思います。ただその結果がまだわからず、加速化してほしいのが要望です。

blue-j
2020/05/11
コンサルティング・専門サービス その他 その他

業務で活用するには、実際に自社で検証してみることが重要である。

masa-1942
2020/05/11
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

明確な目的の定義が必要だと理解しました。企業の目的の為に従業員に求められるパフォーマンスとそれを通じた従業員の満足度のあるべき姿に対してギャップが問題となり、その解決策としてビッグデータを活用したHRTechの活用が共通理解されることがまず前提になるのだと思いました。
会社のためでもあり、従業員のためでもなければならない。

toshiki-suzuki
2020/05/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

AIは人事採用にも進出しているのですね!

ryosuke09
2020/05/09
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

正直まだピント来ない部分がある。

masa_0429
2020/05/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人事部ではない自分からすると、自分自身の評価がどうなっているのかは永遠の謎である。適性などがどのように判断されているのか、ぜひ一度ベーシックな理論を聞いてみたい。

telecastaer_n
2020/05/08
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

HR teachが発展すると、スポーツ選手や他の才能もどのように成長するのかわかるのだろうか?ドラフト対象選手用のアルゴリズムで精度が上がる?(無駄金を投入しなくてもよくなる)多分最終的には遺伝子構造から人の限界値を把握し判断し配置することになる。その判断もAIがする。アルゴリズムはカスタマイズできるとは思うが、企業としてそぐわない人材をあらかじめはじく事が出来ればよりいい会社になるのか?儲かる会社が良い会社ではないが。
実際企業は20%の優秀な人材で引っ張り60%の人材でそれを押していますので結局20%の人材を増やしても60%の人材になってしまうのでは?
人は人との出会いで成長しその逆もあります。目的を誤ると間違った使い方になりますね。AIが判断しましたのでと言い訳する人事担当や機械はこれだからなーという批判的な管理職。これが現実かな。
ビッグデータでどこまで監視をしているのか誰がその情報を管理しているのかまた自社に導入されているのか興味がある。導入していながら社員に黙っているようではだめな会社ですけどね。

nori1543
2020/05/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

仕組みと考え方は有効だと思います。結局は元になるデータの整備(鮮度含め)が重要になる気がします。

k_s_0127
2020/05/07
金融・不動産・建設 その他 一般社員

HR techをどの範囲でどういった目的で使うかが重要だと思った。

nozomi_0315
2020/05/07
メーカー 営業 一般社員

HR techを活用し社員の適切な人材配置が行えるのは画期的だと感じた。

ryu09
2020/05/07
金融・不動産・建設 その他 一般社員

目的を把握して、有効活用することが大切だとわかった

skmrdy
2020/05/07
金融・不動産・建設 その他 一般社員

多様な人材が求められている今日、客観的に人事評価することができるこのシステムの必要性は高まっていると思う。どの様に導入されているかに興味がわいた。

kazu9808
2020/05/07
金融・不動産・建設 その他 一般社員

内容は理解することができたが、実際にそれがどこまで正確なものかについては疑問が残る。

metona
2020/05/07
金融・不動産・建設 その他 一般社員

HRtechをなぜ使うのか、その目的をきちんと踏まえた上で有効活用することが大切。

hihiyama
2020/05/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

HR techと言う言葉に馴染みがなかったので、その基礎を把握できたのは良かったです。
また、より上を目指すなら、導入事例や導入の留意点なども把握していく必要があると感じました。

会社の都合上、入社5日を待たずにほぼ片道切符の人事にあった自分としては、こういう客観的なシステムがあったら救いがあると感じます。

koki_0812
2020/05/06
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

闇雲に使うのではなく、目的意識を持って活用するべきだと感じた。

kitaguninnoreds
2020/05/06
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 経営者・役員

このスステムが導入されれば
効率的な人事異動が実現して生産性向上
に繋がりそう。

tanaka_natsumi
2020/05/04
メーカー 営業 一般社員

HR techがを用いることで評価基準・個々の能力の可視化ができる。

m-masaki
2020/05/03
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

人事部を取り巻く環境変化は凄まじいスピードで起きている。それは、人事部の重要性がこれまでにも増して高まってきていることが背景にある。目標達成のために、いかにして優秀な人材を獲得するか、またその人材が他に移ってしまわないようにいかにして自社で活躍の場を与え、育てていくか、真に適正な評価など、考えなければならないことは山積している。HR Techは今後、避けて通れない道。しっかり学んでいきたい。

ryu-777
2020/05/03
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

HRtechは大変便利なものだが、何の目的で導入するのか
→会社を戦略にどう結びつけるかが、重要だと思いました!

getting-better
2020/05/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

一企業が求める人材だけでなく、ある業界のある職種に求められる能力についてHRテックによって導き出せるのではないかと思った。

jun15575
2020/04/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techの導入は、適正配置と適性に則したやりがいを客観的な視点をもとに実現するための手法であり、人材の活躍を予測し、組織パフォーマンスの向上
につなげることが大事である。

betafunction
2020/04/29
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 一般社員

採用活動では一部AIが導入されていると聞くが、どれだけ適切なのだろうか。

takumi_sagara
2020/04/28
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 一般社員

HRtechを業務で活かすには、HRtechをどう使うか判断することが重要と言っていた。判断するためには使ったことがある人の意見を聞くこともよい参考になるのではないかと感じた。自分が使ってみるのが一番だが、簡単には手をだせないと思うので、利用者の意見は活かせると思う。

user-48a80f2984
2020/04/28
  

IT化が進む現代で人事にもITを活用することは有効であると感じた。しかし、人を扱うことであるため、ITは参考程度に活用し、特に採用では最終的には人事の感というものも必要な気がする。

tokki515
2020/04/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

動画内でAIが過大評価されている.AIを用いるリスクについて述べられていない.また,AIを使うことで必ずしも公平性が保たれることはない.学習データ次第である.

sa_r_m
2020/04/28
商社・流通・小売・サービス 営業 一般社員

HRTechは分析を得意とするが、人が実際に見て、どれだけのギャップが生じてしまうかが鍵。そこのミスマッチが改善されれば、大幅に仕事量と経費削減につながると思う。

tomoaki-0528
2020/04/27
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

HR Techは論理上非常に便利なものですが、実際の運用においては、動画内にもあった「目的の定義」が重要だと常々感じます。
単なるデータ集めに終始せず、どのように活かしていきたいかを見据えたものにするためには、人事は経営に資するものである必要があることから、経営者との対話やすり合わせが重要だと思いました。

tomorrow2020
2020/04/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

お客様HR Techを勧める立場なので、お客様の経営戦略の理解や目的への適合性の確認を心がけたいと思います。

kinchan11
2020/04/25
コンサルティング・専門サービス 経営・経営企画 経営者・役員

HR-techについてベースを学習することができました。

mg_4271
2020/04/24
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

HR techによって人事部は変革すると感じた。もたらす恩恵が大きい分そこだけを注視するのではなく、生じる副作用を常にチェックする必要があるだろう。

manya
2020/04/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

HR Tech により、募集要綱や従業員の管理が簡単にはなるが、それはあくまで使えるデータが十分に揃っていることが前提である。
使えるデータを集めるためには、そのデータの収集方法や環境を整える必要があり、なおかつ従業員一人一人がしっかりとパフォーマンスを出せているのかを把握する必要がある。
HR tech を使うことは業務の効率化や優秀な人材の確保につながるが、使う際には注意が必要であると思った。

uno-daddy
2020/04/22
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

手塚治虫のマンガや往年のSF映画で
近未来の人工知能が全世界を支配して
人類は衰退しましたというお話ちょこっと思い出しました w

ネットやAIの時代
人事の領域も「テクノベート」ということですね
客観的に解析して適材適所の人員配置が可能となるとは素晴らしい
更に任命された者は任命された事でモチベーションアップするとは

HR techに、どれだけ本人の意向や達成感の拠り所を反映させるのか
人事の主観的経験値が不可欠ですね  w

shiver
2020/04/22
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

近年のAIの発達は目覚ましいものがあり、今後もチェックを怠らないようにしたい。

yasukosasa
2020/04/22
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

書いてあることは確かに納得であるが、具体的にどんなデータを管理するのか決めるのが難しいと思う。所詮システムはデータの入れ物でしかないし、入力するのを人事部任せにすると忙しい中、なかなか活用されず終わってしまう可能性もある。

crook
2020/04/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

成功例をベースにAIの学習を行なった場合,データ数が少なすぎると成功した人を完全に踏襲(マネ)した人が評価され,中身が伴わない可能性がある.また,今まで経験にないタイプの優秀な人材を見逃す可能性があるので,評価基準についてはしっかりと見極める必要性を感じた.
AI評価導入前のデータで,AI評価導入後の評価を行えるかどうかが疑問である.AIによる評価が人に与える影響を考慮し,取り組む必要がある.
いづれにせよ"AI"という技術自体が発達途中であることを強く認識する必要がある.

wada315
2020/04/20
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

HRTechとはITを活用した人事業務の効率化や新たな価値を生み出す取り組みやサービスである。
AIを導入することでコストが削減できたり平等性は生まれるかもしれないが、学習するデータによっては男性ばかりをAIが採用してしまうといった事例もあったと聞いたことがあるので使い方には注意が必要だと感じた。

kkats
2020/04/20
メーカー その他 一般社員

HRTechの中身や仕組みを知らずして無暗に使うのではなく、理解した上で活用を検討するとよい

kouhei-2317
2020/04/20
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 一般社員

AIはあくまでツール、それをどう活用するかが大切

fukuyama-fujii
2020/04/20
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

戦略的人事の必要性を最近感じる
HRTechで業務効率化をしても 今まで以上の個人に寄り添う(個別対応)が必要になる事が大切

takosan
2020/04/19
メーカー 経理・財務 一般社員

実際に応募者のESなどをAIが選考している企業があることは知っているが、その精度がどのくらいなのかを知りたくなった。ブラックボックス問題が解明されれば、更なる応用範囲が増えるだろう。

ktkt_1
2020/04/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

ITを活用し、人事業務の効率化や新しい価値を生み出す取り組み、サービス。
※採用:AIによる募集要項の作成・選考
 管理:労務管理、タレントマネジメント
 育成:eラーニング

nakka
2020/04/18
メーカー 専門職 一般社員

HR techで評価されるのか怖いが、自分が役に立つように指示してくれるのであれば有難いと思う。

cba70happy
2020/04/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

HR techの概要は理解できた.ビッグデータやAIを用いた客観的な人事移動を可能とする.ただ,その方式は様々で正解はないように思えた.自社で導入されているHR techについて追究したい.

kenkenboo
2020/04/17
医薬・医療・バイオ・メディカル メディカル 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックを使う人のセンスにより、結果は変わるので、人の重要性は変わらないと思う。実務において、参考となるデータが増えることは判断材料が増えることにつながるので、判断材料を増やし、業務を効率化する位置づけで考えたい。

morikun01
2020/04/16
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

参考になりましたが、少し内容が簡単過ぎた。

px_0001
2020/04/15
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

人事業務と最先端のITを駆使することで,より効率的で柔軟な組織形成への可能性が開ける.

sssttt
2020/04/15
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

HTテックにおいてもまずは目的(どんな問題をなぜ解決する必要があるのか)を考える必要があるのだと感じた。

wsato0430
2020/04/11
金融・不動産・建設 営業 部長・ディレクター

HRTechの活用は、会社全般の人事制度だけでなく、部門内や部門間での協業の際に、より優れたチームづくりにも活用できるので、人事部門だけが理解すれば良い領域ではない。

cier
2020/04/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

HR techによる効率化は便利であると思うが、精度に関しては完璧ではないので人間の主観情報と組み合わせて活用することで、より良い効果が得られるのではないかと思った。

kenpin
2020/04/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

常にHRに分析されているかも

kenichi0522
2020/04/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

このプログラムを見て思い出したのがリクルート社が出した「内定辞退率予想ツール」です。リクナビ利用学生の許可を取らずにデータ外部提供していた点を非難されていたように記憶していますが、データを元に客観的に決められた結果に人間は納得するのかということに非常に興味が湧きました。

rx701sksf
2020/04/10
メーカー マーケティング 一般社員

責任感やリーダーシップなどそういったものもデータ化されていくのでこれまでのようになんとなく業務に取り組むのではなく明確に意識した状態で取り組むべきだと思う。

mamo222
2020/04/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

HRtechにより、より効率的な人材配置が期待できる反面、従業員のプライバシー保護といった面を慎重に考えるべきだと思った。

rukuro
2020/04/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

労働人口が減り続ける中でいかにしてより良い人材を効率的に取得していくかを考えた時,このHR techは大変役立つものであると感じた.
AIによる選考,e-ラーニングは最近でもよく耳にするようになっているのでイメージしやすかったが,人材管理におけるタレントマネジメントでのHR techの事例は具体的に思いつくことができなかった.

globishsho
2020/04/03
メーカー 営業 一般社員

HR techを導入することで得られるメリットはあるが、効果が期待できるのか疑問に感じた事例もあった。例えばメール内容の解析による定着率の向上策については、社員の同意もいるし、解析されると思いながら打つメール内容に本当のことは書きづらいのではないかと思った。

kkkkkk
2020/04/01
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

ここまで来ているのかというのが正直な感想。ITを使って個別の情報管理というベネフィットの享受までは容認出来るが、個人のSNSなどのメールの内容や、社内でのメールの「言葉」による心理状態の把握により動くまでとなると、乱暴な宗教にすら思えてくる。最適化を効率面で切っていくとこうなるのだろう。もちろん全てを任せて良いとは言っていないが、時間の問題だと思う。

20200225
2020/03/25
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

どれほどの精度で分析されるのか気になる。

circlerock5768
2020/03/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

AIは過去の事例を学習し、最適解を導くもの。
なので、自社で閉じてしまうと、結局あまり良い成果は得られないかも。
積極的に他社事例を学習する必要を感じる。
もちろん、AIを使う側の人間も含めて。

yuki_2014
2020/03/20
メーカー 資材・購買・物流 一般社員

HRtechというワードを初めて認識した。言われてみると、会社の人事の変化も、これに関連する動きだ。

katsu0311
2020/03/17
インフラ・公共・その他 資材・購買・物流 部長・ディレクター

AIが発展途上という点には大きく同調できる。データ分析はもちろん大切だが、自分たちの人材を見る目を養うことはもっと重要であると感じた。

iwanori
2020/03/10
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

導入までのイメージができなかったため、タレントマネジメントシステム等のHR Tech製品を知る必要があると思いました。

masarukanno
2020/03/08
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

Eラーニングは社員個人の能力開発、維持のためのものと思っていましたが、マネージメントの側面、評価基準として活用できることに気づけて良かったです。

rie_4323
2020/02/25
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

HRtechという言葉は聞いたことがあったが、実際に活用されていると感じたことがない。
実際どのように判定されても、それを生かすも殺すも結局は人間であることには変わりがないと学んだ

syohei
2020/02/18
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

AIを活用して、人材の最適配置が可能であるならば、客観的な評価と、個々人の能力発揮が可能になる可能性があると思う。

juniida80
2020/02/15
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 一般社員

人だからこそできること、人でなくとも出来ることを改めて考えることも重要。

rei_1986
2020/02/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

面接も人材配置も機械の目と人の目の両方を使う時代が長引きそう。人を適材適所に導くのは単純に困難であることと、アルゴリズムを構築する方向性によっては偏りもあり得る。これらのリスクから両方を使うと判断する企業は多そう。

shinji1972
2020/02/03
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 経営者・役員

HR techを導入し人事部門が戦略的に経営に携わり貢献できるということは、人事部のモチベーションアップにもつながると思う。

naoki-1967
2020/01/24
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

参考になった。直接、現在の業務には結び付かないが。

yoshida0123
2020/01/22
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

AIによる業務効率化・膨大な情報の最大活用が見込まれる。AI技術等と既存の方法との、バランスのとれた活用が必要。

jc61grom
2020/01/22
メーカー 営業 部長・ディレクター

向き不向き、バイアスなど有効性と可能性を感じ 自社での導入に期待したいツールと思いました。

umo
2020/01/19
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

データをベースとした 人事は客観的で効率的であると感じました。多面的なデータ収集が必要と感じました。

endoumame
2020/01/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

具体的な事も知ってみたくなった。

kinu0404
2020/01/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

A Iによってどうダイバーシティに対応していくのか。までは見えない。

退会したユーザーです
2020/01/13
  

社員のスキル、モチベーション、離職率予測のデータ化に興味あり

atsuko_0816
2020/01/13
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 課長・主任・係長・マネージャ

まさに、<AIによる採用選考のシステムを導入しても、その結果が目的に適ったものかは人の目でも確かめ、検証と修正を続ける必要がある>と、強く感じました。

taki2
2020/01/11
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人事業務の効率化や適正な人材の配置にとって,HRtechが重要であることは頭では理解できるが,感情の面で居心地が悪い。効率化を追い求めすぎてはないかと思ってしまう。

tariki
2020/01/10
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

日本的な忖度のもとでどう採用定着させていけるものだろうか

ongongong
2020/01/09
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

私が務める会社でも人事管理系システムを作っているが、HR Techと呼べるものか謎。
もし作っているのなら、まずは社内で活用してほしい。

AIによる判断は、人事配置などでは有効と思われるが、評価となると難しいところがあると思われる。
やっている仕事やプロジェクトが異なるので、機械的な判断は難しい。人が得意な所と上手く協業できると良いと思う。

chimi
2020/01/08
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 一般社員

ふんわり理解していたことを体系化して説明してもらえ、頭の中の整理ができました。

piya0502
2020/01/07
インフラ・公共・その他 営業 一般社員

タレントマネジメントにおいて、適正やスキルなどを可視化し部署異動などに活用できるとあったが、同時に従業員自身が自分の数値などを見ることによって個人のキャリア形成に役立てることも重要と感じました

ryoken
2020/01/06
商社・流通・小売・サービス 専門職 一般社員

今まさに必要な手法だと思える。

manabist123
2020/01/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

人事において、すでに採用されているように感じますが、データをとられている期間が長く感じてやや受け身な感覚が強い状況です。慎重にならざるを得ないと思いますが、前例踏襲で行き詰まった制度改革に向かっているように思い、活用されるよう、願っています。

ripo_100
2020/01/02
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

どの部分に活用して、どの部分は人主導で行うのか明確にしていく必要がある。ヒトの心情までも考慮したものなのか否かも考えるべきと感じた。

tomo1000
2019/12/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 一般社員

日本にむけた企業活動をしている会社の人事に導入する場合、そもそもなぜ多様な人材活用が今の経営戦略上必要なのかという、根本的な理解が必要。
やはりダイバーシティ教育が有用で、改革に伴う活動を支える基盤になると感じた。

tomy_m
2019/12/20
メーカー コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

もう少し具体的なことを期待していたのだが、期待外れだった。

masahiko0921
2019/12/20
コンサルティング・専門サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人事部門が人を採用する上で客観的にHRtechを活用するが、必要なのは直接人に寄り添い問題を解決する事が大事です。

michael_0625
2019/12/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックの活用は、蓄積するデータの定義にかかっていると思う。従来のデータをそのまま活用すると、ガベージイン・ガベージアウトに陥ってしまう。従来データは、参考程度にとどめ、これから何をするために、どういうデータがどういう粒度が必要かということを設計することが必要で、人事もデータサイエンティストを入れて(もしくは自分がなって)、自らデータの定義に関与する必要があると思います。

vegitaberu
2019/12/17
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

今までの日本的な組織が、大きく変わりそうだと感じます。
ウェットからドライへ、プロスポーツチームのように、より実力主義になるのかもしれません。
それだけに、忘れてはいけないものもある気がします。

massive_dinamic
2019/12/10
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

HRTechの概要は理解すことができたが、定性的なデータをどのように扱い生かし運用されているのかが見えてこなかった。

ryu_a
2019/12/05
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

自分が採用部に配属された際には「HR tech」を用いた採用・管理が出来ているのか確認したい。また、どこまでを人の目で見て、どこまでをAIで判断するのかの境目も自分の中で常に持ち続けたい。

owh_jinji_ex
2019/11/27
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

Tecでできる部分と、ヒトでないとできない部分の分け目をどうするか?

knhk
2019/11/24
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

AIを作るのも人、アルゴリズムが正しいか、目的に沿っているかまでは、人事にはわからないと思います。そこに落とし穴がありそうな気がします。

alpsbike
2019/11/15
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事とは、ひとごと、といわれるが、HRTECHの活用で見方が変わり、組織のあり方も変革できそうであるが、前提をどうするかを勉強していきたい。

mtgood
2019/11/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

AIをベースにした人事管理の必要性を感じた。一方で人の目による判断も大切だと思う。

nasu1976
2019/11/12
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

特性はわかりました。ですが最終的には、人の目を通して、その人の人柄を判断する必要もあるかと思います。

edo
2019/11/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

書類選考の際にとても役立つと考えます。
また、面接の際のQ&Aについても
人の特性を除外し、一定の基準で評価できるのではないかとも考えます。

kusanagi
2019/11/09
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

AIが採用活動に採用されている状況に複雑な印象でした。今後の就職活動対象者は大変なのか、変化に適応する必要があると思います。

no-1105
2019/11/06
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

特性は理解することが出来まさした。ただ、やはり人間の目で見て考えて判断する事が一番大切だと思います。

090
2019/10/30
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

今後の従業員マネジメントへの活用

lado
2019/10/30
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

仮説生成という観点でHR tecを活用したい

hirata_eriko
2019/10/16
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

HRテックは自社に本当に必要なのか?という問いを持ちながら学習しました。答えとしてはYESです。ただし、目的を明確にして活用しなければなりません。また業務が増え、より一層公平な人事を目指すためにも「人事の可視化」は大切であり、HTテックはとても有効なのだと、ネガティブなイメージからポジティブなものへと変わりました。

hide0024
2019/10/12
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事管理情報をAIと結びつけて分析・活用することは必要だと思うが、どこまでいってもやはり最後は人間が判断すべき。

tre_alberi
2019/10/11
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

育成でAIが役立つ。とはいえAIでどんな分析をするのかも知りたい

norinorichan
2019/10/09
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

戦略的、客観的、コスト面で効率的な人事が可能になるなどの点で、飛躍的な進歩が期待される一方、評価される側からすれば「客観的」という錦の御旗のもとに勤怠等の低評価や解雇につながるわけでだから、非常なツールでもあると思いました。現在の小生は、HR-Techを使われたらリストラ要員の筆頭になりそうですね(汗)

masa926
2019/10/07
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックという手法があることを認識できた。

h1_takahashi
2019/10/05
金融・不動産・建設 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

新規事業に投入する人事情報にAIを活用したいと思いました

ayako-kuro
2019/10/05
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

若手メンバーがすぐ辞めてしまい、人員不足が問題であるため、
AIを活用し、把握していけたら、解決できるのではないかと思った。

bintang
2019/10/05
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

AIを妄信しないよう注意が必要だと思います。

masuda9000360
2019/10/03
メーカー 経理・財務 部長・ディレクター

企業規模が大きくなるほど、人事業務のAI化は必要ですね。

urara0227
2019/09/29
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人自部門にも大きな技術学院が起きている事を知らず勉強になった。

pepupkuri
2019/09/28
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

HRtechの概念を経営、人事トップ、担当者が把握した上で経営戦略に基づいた活用をしていかないとただの手段になり、手段の目的化にならないように進める事が大切だと感じました。

bayan
2019/09/22
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

最近HRtechと思われるCMが多くなってきた理由が分かった。

yuki-35
2019/09/16
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

私は人事部ではありませんが、例えば部内で新規プロジェクトを立ち上げる際、だれをメンバーにするか考えるにあたって、直観で人選するよりも、AIに基づくデータを参照することは意義がある。

nekoduck
2019/09/07
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

HR テックを導入するかどうかはわからないが、各従業員の特性把握を日頃から意識しておかなければ、経営戦略の実現に貢献出来るような人事は行えないと思い、普段からの人を見方を改めようと思いました。

m1111
2019/09/01
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

AI人事部門の導入により、同質性の高い人員採用や配置が発生する可能性がある

gojiro
2019/08/25
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

言葉自体今まで馴染みのなかった言葉で新鮮な気持ちで学べました。客観的な人事評価や選考を進めるうえで大変有効かと思います。

hajime68
2019/08/24
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

社内の人材を如何に有効活用するかが今後ますます重要になってくるのがわかった

shinya11
2019/08/15
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

テクノロジーの進化により、効率化が可能な業務は増加している。
効率化した上で、人事として何をしたいのか、目的・ゴール設定が重要になると感じた。
また、AIで判断できることと、採用担当としての直観や表現が難しい何かという点はあるはずであり、AIをあくまでも1つの判断ツールとして、活用することが大切である。

kawa_189
2019/08/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 部長・ディレクター

HR techの有効性は理解したものの、自社ではどこまで実現できるか想像もつかない

yatsu2011
2019/08/12
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

人を総合的に評価するのは非常に難しい為、AIのサポートが必要な領域と言う認識ができました。

etoutad
2019/08/06
IT・インターネット・ゲーム・通信 その他 一般社員

多くの社員を評価するのは時間も要するだけでなく、その判断はとても難しいものと思います。そうした中で、大量データをある種フラットな見方ができるテクノロジーというのは、正しいデータと人(人事担当者)とのコラボレーションによって非常に有益なものとなると思います。自身の人事データ登録にあたってはそんなことを考えながら入力します。

yuuu
2019/08/04
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRテックの導入により採用や異動のミスマッチを防ぐことができるのはよいと思う。人事が今後何をしようとしているのか、どうデータが使われるのかは注視していかなければならないとおもう。

masa564
2019/08/04
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

あくまで手段であって、どう使いたいかをよく考え、検証する必要があると感じました。

red_pine
2019/07/29
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 一般社員

AIの活用事例として、採用や人材管理で使われるユースケースを確認することができた。自分の現場では、そこまでAIが浸透してきている感じはしないが・・。

akiakiaki
2019/07/28
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

人事評価においての、HRテックのメリット、データ化と言語化、そしてそこにバイアスがかからないこと。そのためには、そもそもデータの素となる要素を多面的に個を把握する必要性がある。
会社にも、バイアスだらけの主観的人事のときもあれば、
個の特性診断のようなものによるデータ重視の人事もある。
どちらも完ぺきではないという自覚が必要。

hacco
2019/07/22
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

最近覚えたHR。
techを何でも付けるの、流行りか。
分類を数値化して管理すること、そのルールを定義するのは人。

02110310
2019/07/17
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

HRテックの活用で、人事がさらに企業経営に貢献できる具合が高まる。

taka_kikuta
2019/07/15
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

AIでできることは、AIな任せて人間にしか出来ないことを対応できるよう、早くに習慣づけたいと考えます。

sugi0602
2019/07/12
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

人事異動において、能力に合わない部署への異動を減らすことができるのはとても期待できます。自身の能力の傾向を自分でも見えるようになると自己育成の方向性も見えてくると思います。

kenichi1982
2019/07/10
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

自組織に活かしたいと思います

kos
2019/07/08
金融・不動産・建設 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

主観や経験に基づく人事への不満や非効率を解消する解決策としてHR techは不可欠であるが、それを活用する目的や活用方法によっては組織を良くも悪くもする諸刃のヤイバ。しっかりした理念が必要。

shin_555
2019/07/08
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

HR Techを導入する事でその人にあう配置ができるので、ミスマッチは今までよりも少し減りそう。今後1番注目すべきなのはHR Techですね。日本の人事制度に確信が起こる事を期待しどんどん導入していきたいです。

matsu1212
2019/07/07
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

人事の仕事は書類作成等、むだな仕事が多い。
それを省き、必要な場所にヒト・時間をかけるためにHRは必要なのだと思った。

yoshikawa0521
2019/07/04
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

AIに代表されるテクノロジーは便利だがそれに頼り切るのではなく、人間の判断を入れつつ付き合っていくのがよいと感じた。

muu20070330
2019/07/02
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 一般社員

HRテックとは?という基礎を学ぶ事が出来た。

mr_mr
2019/07/02
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 一般社員

Technologyを活用することにより、これまで見えていなかった人材データの見える化ができるのは、組織をより強くするために必要であると感じる。一方でTechnologyとはあくまでツールであり、このコースでも強調されていたように「目的」を明確にすることが何よりも重要。また、「人」を理解するためのデータとは何かを考えることも大切だと思う。

dm
2019/07/01
広告・マスコミ・エンターテインメント 経理・財務 部長・ディレクター

テクノロジーへの投資と効果の関係も知りたい。

yammy
2019/06/30
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

多数の従業員がいる会社では、HRtechを有効に活用することが業務の有効性・効率性を向上することにつながると感じた。

退会したユーザーです
2019/06/29
  

データ上である業務の適正が示されれば、意見や考えだけでなく公平で納得のいく人事施策を打てると感じます。ただ、データから出された答えが実情とあっているかは検証して使用すべきですね。人に関する様々な事柄を頭の中で整理して置いておいて、何かを判断のは難しいので、技術の力を使っていくのはいいですね。

kamito
2019/06/28
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

まずは、散在している人事情報を束ねる取り組みを進めたい。

yamada_no
2019/06/24
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

HRの領域でもAIが活用されていることを踏まえ、どのような領域でも積極的に活用していかなくてはいけないことを、改めて認識した。

kotta
2019/06/24
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

AIに判断させることでバイアスをなくすことは大事だが、真の目的に沿っているかどうかは人の目で判断しなければならないと感じた。

naka2011001
2019/06/23
インフラ・公共・その他 経理・財務 一般社員

概念的なことは理解できたが、具体的にどう活用されるのか見えず、知らないところで人事に監視されている様で不快な印象も受ける。

kazu87
2019/06/18
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

AIというフレーズが出すぎているような気がしました。

aki7
2019/06/16
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

すごいことになっていますね、

hiroya14
2019/06/16
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 一般社員

バイアスがかからないのはよい。

gosaku1961
2019/06/13
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

テクノロジーは適切な目的をもって利用されなければならない。

eri_i
2019/06/08
コンサルティング・専門サービス マーケティング 一般社員

HRテックとは、人材マネジメントのためのテクノロジー。AIやビッグデータの発達により進化が進んでいる技術。しかし、人間が全く目を離して良いわけではない。優先順位や課題など、人が考えるべき部分は人が行うべきだ。人に寄り添う経営を心掛ける必要がある。

ushio
2019/06/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 人事・労務・法務 一般社員

・HRテックを使うことが目的にならないように、常に何故このデータを活用する必要があるのか、活用することで何を成し遂げたいのかという根本的な目的を意識することが大切だと思った。

_kengo_
2019/06/07
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

人的リソースの枯渇状況とそのポジションを望む社員もしくは応募者をaiでマッチングできるようになれば幸せだね。
逆に過剰な人的リソースのチームからから一番ミスマッチ人材をaiで抽出して除外することも大事。

shota0607
2019/06/05
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

便利な世の中になった一方、能力をAIで判断されるのには少し抵抗がある

santanafr
2019/05/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

要求に対する最適解をあたえてくれる点はよいかもしれないが、要求自体の妥当性は自分たちで考えるしかない。

caligostlo
2019/05/27
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

人事領域でもテクノロジーが活用できることが、具体例をもとに理解できた。

shinya923
2019/05/26
金融・不動産・建設 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

より知識を身に付けたいと思いました

yamato2016
2019/05/25
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

今まで以上に人事の仕事が経営に大きな
影響を及ぼすことが、今回の講義の内容で
理解することができた。

hamacho
2019/05/25
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

数年前から社内のHR間では話題になっていましたが、グロービスの初級教材として組み込まれるほど一般的な内容というのとに驚きました。

himetono
2019/05/22
商社・流通・小売・サービス 金融・不動産 関連職 部長・ディレクター

人事も主観的でない方法で評価することは、いいと思います。

tokiyo
2019/05/17
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

旧態依然の人事が変わることに期待します

coffee_break
2019/05/15
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

HR Techについて具体的に説明できるようになった。

sho1011
2019/05/12
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

自動化やAI導入によって人事業務が時短できるという点は良いと思った。疑問点は、人を評価・配置する際にその人物をどう評価するのか、その基準をどう決定するのかという点である。基準を人間が作るならば、(人間の判断は主観的だとのことなので、)基準が主観的ならば結果も主観的になるのではないかと思った。

p-bone
2019/05/09
メーカー コンサルタント 部長・ディレクター

テクノロジーで解決できる部分とそうでない部分との見極めが重要だと思います。

nobi
2019/05/06
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

テクノロジーの進歩と共に経営にも関わる戦略的な人事という視点と、従業員個々人のあらゆるデータを管理するという意味で高い倫理観が必要であることが分かった。

hayato0708
2019/05/06
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

HRTechは人事の透明化にも寄与出来ると思いました。

yu-yo
2019/05/04
コンサルティング・専門サービス 人事・労務・法務 経営者・役員

これから取り入れてみたい。

nao11
2019/05/04
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

初めて知り、今後 我々も検討しなければと思いました。

ui_imaiti
2019/04/30
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

業界によっては実際に活用されていることが想像できました。

yusuke_17
2019/04/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

まず、データ収集が難しそうだと思った。上司の評価や、あの分野で活躍しそうなどは完全に主観なので、そのような点をどうするのかがわからなかった。
あと、採用、不採用に関しては、不採用にした人のその後のデータがないので、実は超有能になりえる素材だったという判定が難しそうかな。

s_iizuka
2019/04/29
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 経営者・役員

採用管理の効率化や、人事データの整理・分析に使用できると考えていたが、AIの活用をそこまで推進するものなのかが疑問。AIになにをやらせるということなのか、今一つイメージがわかなかった。

yama2yks
2019/04/27
メーカー 営業 部長・ディレクター

人事とAIとの関連性を理解できました。

mutsuo
2019/04/25
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

HRTechそのものは便利であるが、それを管理・活用するのは人であり、活用する人次第ではその利便性は左右されることを認識した。

user-15d95b117a
2019/04/17
  

HR Techの全貌について理解することができました。今後はどのシステムやアプリケーションが自社にあっているのかを確認し、どのように導入、運営していくのかが大きな課題となると思いました。

salt2703
2019/04/10
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

人事の世界にもAI/ビッグデータが関係し始めていること、またその期待効果をイメージすることができた。

masato84
2019/04/03
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

人事情報までデータで可視化でき、分析できる時代になったのだとつくづく進化を思い知らされた。

komori0710
2019/04/02
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

評価において、データに基づいた分析を行う事で個人の主観が入りにくくなる事はとても良いと思います。
その他にも人材配置、育成など人事部門の様々な事に活かせる技術と感じました。

user-32cc154615
2019/04/01
金融・不動産・建設 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

AIが得意なものと人間が得意なものを見極め、正しく運用していくことが大切だと感じた。

shimajiro
2019/03/30
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

データが大量にあってもそのデータから求めている解を導き出す事ステップが重要かつ最大のノウハウであり、そのノウハウをソフト化する、アプリ化できているかどうかがのほうが大事に思う。。。

eiji_0106
2019/03/27
金融・不動産・建設 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

インプットするデータの質が重要

manmaru-62
2019/03/23
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

AI 技術の活用で、今までの人事評価も変わります。

unda
2019/03/17
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

AIと人事が学べます

slamdunk
2019/03/12
広告・マスコミ・エンターテインメント 資材・購買・物流 部長・ディレクター

ありがとうございます。確認含めわかりやすかったと思います。

aspen_2019
2019/03/10
メーカー IT・WEB・エンジニア 一般社員

人事、情報、経理などが、自分たちの仕事で経営判断に貢献するという意識を持っているか否かがその会社の明暗を分けるのかも知れない。

norinori_hr
2019/03/06
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

自分の会社の人事部には、HR Techという課がありますが、これと新しい概念であるHR Techとは全く別物である事を認識させられた。我が社のHR に如何にHR Techを機能的に融合できるかが、今後10年スパンでは大きく問われるのではないかと思う

ara007
2019/03/02
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

参考になった

reiwa
2019/03/01
メーカー メディカル 関連職 一般社員

わかりやすかったです

ishii201
2019/03/01
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

人財です

akimz1978
2019/02/17
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

TECHの導入に異論はないが、誤った過去データによるミスリードやイノベーションのジレンマには気を付けたいと感じる。