ネットワークが接続されていません
初級

CAPM

投資家の期待収益を推計する方法を知る

00:10:330/11

概要

このコースについて

CAPM(Capital Asset Pricing Model:資本資産価格モデル)とは、金融商品に投資をしている投資家がどのくらいの収益率を期待するのかを関係づけたフレームワークで、頭文字を取って「キャップエム」と読みます。
投資家が期待する収益率は企業にとっては資金調達のコストともいえますが、それでは具体的に何%を投資家は期待しているのか、これを推計するためにCAPMはとても重要な役割を果たします。
ファイナンスの基礎知識として理解しておきましょう。

※このコースを学習する前に、以下のコースを視聴することを推奨します。
・金銭の時間的価値
・割引率
・WACC

コース内容

  • CAPM
  • 株主資本コストをどう推計する?
  • CAPMとは
  • CAPMの考え方①
  • CAPMの考え方②
  • ベータ(β)とは
  • 事例:CAPMを用いたrEの計算
  • まとめ
  • 野中さんの例
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・ファイナンスの基本的な知識を学びたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

takato_s
2020/04/12
メーカー 営業 一般社員

大枠は分かったような気がしました。この、「わかった気がする」状態でいいのかが非常に不安。笑

umo
2020/01/12
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

株主の期待収益率=株主資本コストの算出方法が理解できました。必要なデータの入手方法が理解できていないので学びたいと思います。

minosan
2020/07/05
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

有償で提供されている、というβ値が
作成する側のねぶり方ひとつでどうにでも変わるんだろう
企業は常に状態が変化するから、期間の取り方だけでも、結果はずいぶん変わるのではないか

理論式はあっても、正しく評価できるツールかどうかは分からないのが現実
と思われます

もっと見る