ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

CAGE

自国と他国の隔たりを理解し、グローバル事業の戦略立案に役立てる

概要

このコースについて

CAGEは、パンカジュ・ゲマワット教授が提唱した、グローバル経営において地域の固有性や他地域との隔たりを理解するために活用できるフレームワークです。文化的(Cultural)、政治的(Administrative)、地理的(Geographical)、経済的(Economical)の頭文字をとっています。グローバルに事業を展開する際に、国や地域ごとに留意する点やマネジメント上のヒントを得るのに役立てることができます。

コース内容

  • CAGEとは
  • 文化的(C)・政治的(A)の着眼点
  • 地理的(G)・経済的(E)の着眼点
  • 事例(ビール工場のベトナム進出)
  • CAGEのまとめ
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・グローバルな市場でビジネスを展開している方
・海外赴任の可能性(希望)がある方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2019/03/28
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

初めて聞く言葉であったが、自国と他国を比較する有用なフレームワークであると感じた。人件費が安い(E)ことから、中国に進出した企業が政治的な問題(A)で撤退せざるを得なくなったり、より勤勉で人件費が安い(C、E)ベトナムに進出するなど、世の中のニュースと結びつけて考えてみるのも面白いように思った。

kaz3900
2019/04/03
インフラ・公共・その他 専門職 一般社員

CAGEの意味を理解することで、視野の広がりが変わった!

naohiko
2019/04/01
メーカー 人事・労務・法務 一般社員

CAGEの重要性をよく理解できた気がします

もっと見る