ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

リスク・失敗を乗り越えて、世界で勝てるテクノロジーの国へ~山崎直子×山中伸弥×鈴木寛

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2017
第11部全体会「世界の模範となる日本のテクノロジー戦略~今何が必要か?~」
(2017年3月20日開催/北海道ルスツリゾート)

人工知能、ロボット、iPS細胞、宇宙の領域において、事業化と競争優位の構築を実現することを目的に発足した「G1テクノロジー研究所」。「魔の川、死の谷、ダーウィンの海」を乗り越えて、日本のテクノロジーが世界の模範たることを目指して、現在では「G1宇宙研究会」「G1ディープラーニング研究会」「G1Fintech研究会」が発足している。日本が研究・事業化の分野において、世界で勝てるための方策とは何か。科学技術分野で、世界模範たる日本を実現するための行動を議論する。(肩書きは2017年3月20日登壇当時のもの)。

山崎 直子 宇宙飛行士
山中 伸弥 京都大学 教授 iPS細胞研究所 所長
鈴木 寛 東京大学 教授/慶應義塾大学 教授

コース内容

  • リスク・失敗を乗り越えて、世界で勝てるテクノロジーの国へ~山崎直子×山中伸弥×鈴木寛
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

kendo0601
2019/02/18
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

イノベーションとリスク・お金。とても理解ができました。世界と戦い新しいものが生まれる環境に一人一人が努力する必要があるなと感じました。

sk-t
2019/10/01
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

ポイントは長期的視点とリスクを恐れない文化醸成だと理解できた。成功体験があるとその部分だけクローズアップされるが、そこに至るまでの失敗体験も取り上げることで世間に成功を生むための必要なプロセスだと理解されると思う。

shige1964
2019/09/22
インフラ・公共・その他 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

これ以上科学技術に予算が付けられないとされていますが、政府がやっている行政事業を精査し、不必要な部分を削れば、科学技術に予算が増額できると思います。その予算を若手研究者の研究予算に使うべきです。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています