ネットワークが接続されていません
中級

AI・データ時代のビジネス~顧客価値の創り方(前編)

概要

このコースについて

みなさんは、日ごろどれくらい人工知能(AI)を意識していますか?私たちが普段から慣れ親しんでいるネットショッピングや動画サービスなどには、既に多くのAIが利用されています。
この動画の前編では、今私たちの身の回りで起こっている「顧客価値」の変化を読み解くことから始め、新しい価値の源泉となる「データとAI」のインパクトについて学びます。
後編では、AI・データ時代の価値創りのポイントをおさえながら、その問題解決の特徴を学びます。
すべて見終わったら、あなたも新しい時代の価値の担い手として、自信を深めていることでしょう。
(参考:初級「ビッグデータ」)

監修:森谷 和弘
データ解析設計事務所 代表、データアナリティクスラボ株式会社 取締役 CTO、データサイエンティスト協会 スキル定義委員
株式会社富士通金融システムズ(現 富士通株式会社)でデータベースエンジニアとしてのキャリアを積み、その後データ・フォアビジョン株式会社にてデータベースソリューションや金融工学系ソフトウェアの開発、データサイエンス、人事等の役員を担当。2018年よりフリーランスとして独立し、AIコンサルタント、機械学習エンジニア、データサイエンティスト、データアーキテクトとして活動。2019年、データアナリティクスラボ株式会社を共同経営者として起業し、データサイエンティストを未経験者から実践経験者へと育成する事業に従事。

コース内容

  • コース紹介
  • 第1回 はじめに
  • 第2回 デジタル社会に求められる顧客価値
  • 第3回 価値の源泉となるデータとAI

こんな人におすすめ

・AI・データ時代の顧客価値の変化やビジネスインパクトについて学びたい方
・自社のAI・データ活用についてビジネス側から主体的な関与が求められるリーダーの方
・自社のAI・データ活用についてビジネス要件を企画する立場の方
・ビジネス部門を代表してデータサイエンティストや外部のAIコンサルと協働する立場の方

講師プロフィール

鈴木 健一 グロービス講師

東京大学大学院工学系研究科修了、米国シカゴ大学経営大学院修士課程修了。
野村総合研究所を経た後、A.T.カーニー社にてマネージャーとして経営コンサルティング業務に従事。メーカー、通信事業者の新規事業戦略、マーケティング戦略、オペレーション戦略などの分野で幅広いコンサルティング経験を有する。グロービスでは2006年の大学院設置認可、さらに2008年の学校法人設立など、開学から2016年3月まで10年にわたり事務局長として大学院運営にたずさわってきた。現在は教員としてテクノベートシンキング、ビジネスアナリティクス、ビジネスデータサイエンスをはじめとする思考系、テクノベート系科目の科目開発、授業を担当するほか、グロービスAI経営教育研究所(GAiMERi)の所長としてAIを使った次世代の経営教育を創るべく研究開発に時間とエネルギーを使っている。

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

srst
2022/04/05
メーカー 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

業務で活用するには、講座で学習した「顧客体験価値」を自ら実践する事であると考えられる。
具体的には、自分自身や前後工程のステークホルダーを顧客として考え、業務で使われる重要品質不具合などの「構造化データ」と、上司や部下、同僚などの同じ部門や業務上での他部門の人間の表情や行動など「非構造化データ」をAIにできないかなど、業務効率化に対してAIやビックデータを意識しながら、効率化だけでなく、予測(回帰や分類)によるBPR、さらには新価値創造(顧客価値創造)を実践していきたい。

kfujimu_0630
2022/04/03
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

ビッグデータとAIの組み合わせで、ビジネスの可能性は無限に広がると思うと同時に、これまでの20世紀に確立された枠組みで事業していても衰退していくだけだと感じました。後編も楽しみです。

mm9425
2022/04/03
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

現在取り組んでいる開発において、AIによる変化の認識を改めて洗い出し、定義し直したい。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています