ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

大阿闍梨 塩沼亮潤が死の手前で見つけた「生き方」

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

あすか会議2018
第4部分科会B-1「極限の世界で見つけた人生の歩み方」
(2018年7月7日開催/国立京都国際会館)

1300年間で2人目となる大峯千日回峰行満行を果たした塩沼亮潤大阿闍梨。48キロの山道を1日16時間掛けて歩き、それを千日間に亘って続ける過酷な行の中で、どのような悟りを得たのか。そして、9日間、断食・断水・不眠・不臥を続ける四無行満行という極限の世界で何を見つけたのか。塩沼氏が「創造と変革の志士」へ贈る「人生の歩み方」とは。(肩書きは2018年7月7日登壇当時のもの)

塩沼 亮潤 慈眼寺 住職

コース内容

  • 大阿闍梨 塩沼亮潤が死の手前で見つけた「生き方」
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

sarasa0401
2020/10/24
金融・不動産・建設 販売・サービス・事務 一般社員

職場での人間関係に悩んでいます。ですが、「嫌なことがあると そちらにひきづられて それが軸となり明るい方向に行きたくても進めなくなるものだ。」と聞いて 自分の軸というものを太くしっかり持つよう心がけていこうと思いました。
仕事の進み方、人への接し方に生かしていきたいです。

yuki-sato
2019/06/17
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

仏教。とりわけ壮絶な修行から学んだ考えに感銘を受けました!
一日1mmとてもいい表現なのでこれから多用します。

kami5
2019/06/14
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

大自然の中で生かされている。自分自身の在り方。心の持ちようで人生が変わって行く。とてもシンプルであるが、とても難しいこと。人間は極限を超えると境地に達する。すなわち悟りを得るのだろう、とお話を聞いて、感じました。
まだまだ小さい器だが、まだまだ大きくなる可能性を自分自身に感じ、今日この今から心の持ちようを変えます。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています