ネットワークが接続されていません
user-0839c0ca47
2021/06/18
  

あるべき姿を定めて、そこに向かって進んでいく、改革の例として、非常に勉強になった。一方で講義のタイトルであるDXについては、それほどフォーカスされていなかったように思う。次回は情報技術を用いた業務の劇的な改革の部分について、もう少し深堀した内容を期待します。

jun7887
2021/06/13
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

具体例があったので非常にわかりやすかった。
今までの常識を捨てて、DX化に適応していくべきだと思った

sphsph
2021/06/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

会社としての本気度をあらゆる方法で表現し、メンバーに納得させる。
そして必要な投資はもちろん社内の種々の改革にも行き過ぎかなぐらいやるのが良いのかなと感じました。
まわり始めと回り出してからと、ハードルは幾重にもありますが、やらないと未来はない、必ずやり切る!そんな意思を全員で共有できればそこからが本当のスタートと感じました。

udon1330
2021/10/16
インフラ・公共・その他 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

顧客志向で働くということは、顧客が求めていることを文章化すること。印象的

johnny_j
2021/10/16
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

経験を基にした講義であり貴重な内容であると思った。
ただ、Dwango、Kadokawaの具体的な業を詳しく知らないこともあり、Dwango、Kadokawaが交互に出てきたりし、前半の内容についていくのが難しかった。最後になってKadokawa Connectedという子会社がDXを進めたという全体像がみえた。また、SAKURA Townも最初に突然現れ、その知識がなかったので、当初何のことか理解できなかった。

sugimoto-ta
2021/10/14
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

ゴールを明確に、チームでできることを話し合って曖昧にせずに進めていくことが大切であると理解しました。

mike_1006
2021/10/13
コンサルティング・専門サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

自身の業務においてデータ利活用の促進に取り組んでいるが、DXの文脈でやってきたわけではないものの、DXの文脈に位置付けることもできると感じた。

なので、自分がやろうとしていることが必ずしもDXではなかったとしても、ここで語られていることを自身のデータ利活用の促進に活かすことができると捉えた。
例えばアーリーアダプターへの浸透をはかるフェーズでの取り組み方など。

orezon
2021/10/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

デジタル化することを考えるのではなく、何をアナログとして残すかを意識します。

fujikami
2021/09/26
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

アナログ思考からデジタル思考、顧客の要望を活動の背景にすること・文章化、変わるべき姿の明確なイメージ、客観的に状況をみて足りない部分に注力特に弱点の可視化(個人、組織)、人材ランクアッププログラム、縦組織と横組織との連動制を持てるようなコミュニケーションの構築、内部と外部のコミュニケーション、役割の明確化、デジタルツールの活用、やる気のある人材への人的投資。エンジニアリング思考とは、以上のような明確なミッションを、現事業を破綻させず、推進力を持って改善するための計画を描くということなのかなと思いました。

kozykozy
2021/09/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

経営層のビジョンを現場に落とす際にも4K解像度が維持できる環境にすべきと考えました。

yuji_345
2021/09/22
インフラ・公共・その他 その他 その他

目標をイメージする。ここが最も難しいと感じた。講和を聴いて自分の現在の業務に具体的に結び付けることがまだできない。もっと理解を深めたい。

yasuto2021
2021/09/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

DXで会社のアーキテクチャを改革する重要性がわかりました。一方で人材育成や役割の明確化、特に『課長やリーダーという曖昧な役割にサービスオーナーとしての研修を行なう』は、自社でも必要だと感じました。

nhirose0910
2021/09/09
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

組織だった行動が必要

19620320
2021/09/01
商社・流通・小売・サービス メーカー技術・研究・開発 一般社員

後半は少し自社のPR的な部分が目立ちましたが,大変参考になる内容でした.

hiro_54602
2021/08/30
インフラ・公共・その他 建設・土木 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

目的なきDXはただのIT化。明確な目的の設定が必要と再認識しました。

kenichiro118
2021/08/24
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

DXを進める上で実力主義で多様性を目指さなくてはならないこと、また人材育成の重要性について改めて認識した。

kfujimu_0630
2021/08/17
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

デジタル化が目的ではなく、あくまで手法であり、トランスフォーメーションをすることが重要であると考えさせられました。ありがとうございました。

y-takashima
2021/08/14
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

DXをうまく機能させるには
①組織間のコミュニケーションを円滑にすること、ICTツール活用
②組織・個人の役割と権限は社内規定で明確化、
 権限と給与のマッチング、人事評価の仕組み
③連携する手段が明確化
④業務情報の可視化
⑤顧客志向の徹底
⑥クリアなゴール

yohichi
2021/08/11
メーカー マーケティング 部長・ディレクター

自分自身に当てはめて考えたい。

ynomurauk001
2021/07/26
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

👍「謎の組織」あるあるですね。名は体を表す、とはいえども名前つけただけ??という違和感、身近にありますね。’タスクフォース’に至っては「何の?」が省かれて連呼されていると正直言って関わりたくもなくなります。

既に言い古された感のある「プロセスアプローチ」という言葉ですが、これを引き続き徹底して進めてゆくこと、と自分の中で咀嚼してみました。
背中押してもらった感じです。頑張ります。

barakhan
2021/07/24
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

大変貴重な説明でした。
ただ語られることのなかった既得権益層や反対論者とはどう対峙し、あるいは説き伏せ、場合によっては切り捨てたのか?
著書には書かれているのかも知れません。

berukue
2021/07/24
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

DXというと、手作業の様なアナログな仕事をデジタルに置換するようなイメージでしかなかった。業務効率化、改善、生産性向上につながったような事例を参考にしたかった。

kyc
2021/07/21
医薬・医療・バイオ・メディカル IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

課長でもリーダーでもなく、どのサービスのオーナーであるかを明確にするという仕組みは早速社内で工夫してみたいと思いました。

yoshy23
2021/07/20
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

とても刺激的で勉強になりました。

aqui_19dec
2021/07/11
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

入門編としての位置付けのためか概要の紹介になっていたが、各社でのDX施策を紹介していただきたかった。

ishida_m
2021/07/11
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

多くの企業で課題となってるコミュニケーションや評価については参考になることがあると思いましたが、どういった点がDXなのか不明確でコースのタイトルと内容が一致していないと感じました。

koji0419
2021/07/10
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

サービスオーナーが集結するミッションが参考になった。プロジェクトのコミニュケーションを従来の思考の延長で考えないと言うことだと思いました

sha-to
2021/06/28
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

DXとは、デジタル思考で顧客満足度を上げると同時に組織内部を改革し実力主義を進めること。これからの社会で生き残るための会社としての戦略のようで、個人として必要な思考方法だと考えました。
顧客思考と社内コミュニケーションは、実力がないと実現は難しい課題です

k_fukushima1971
2021/06/27
メーカー 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

・経営層がDXの目的とゴールを決める
・ミドル層がDXの目的とゴールをしっかり理解した上で、構造化・仕組み化して現場に落とし込む
・現場層がDXの目的とゴールをしっかり理解した上で、遅滞なく実行しながら経営層にフィードバックする
これらが大事なことは理解出来たが、学んだ内容はDXに限らず様々な改革に共通のフレームワークではないかと感じた。もう少し「DX」に特化した事例等があると良かったと思う。

gs51
2021/06/26
金融・不動産・建設 その他 一般社員

KADOKAWAの事例の「アナログの良さを残すところを決めて、デジタル思考を注入する」は、デジタル一辺倒ではない、各企業の文化・実情を踏まえたDXがあるということで印象的であった。DXは「顧客志向」「コミュニケーション」「人材育成(それを支える制度・仕組み)」を明確化し、徹底して実践していくことがポイントであると理解した。

toshikoizumi
2021/06/26
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

エンジニアリング思考による、経営改革がDXであるというのは、とても響いた。
会社のアーキテクチャを見直し、ヒト、モノ、カネの経営視点をミックスする事で最適化していく。モヤモヤとしていたDXを具体的にイメージできた。

norinorichan
2021/06/23
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

DXラガードでも楽しく拝聴いたしました。

職場は規模が大きく組織文化も浸透しきれない中でのDX化は「組織作れど、機能せず」状態に陥る可能性が大。他の職場やコミュニティで活かせるように頑張りたいと思います。

akikom1
2021/06/21
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

たしかに今、同じテーマの打合せを役職単位で行っていたりするので、それをサービスオーナー会議で縦横一体でできると、フラットな組織づくりにも繋げられるのかなと思いました。DXのようなスピード感を持って改革していくようなプロジェクトでは、それらを助けるコミュニケーション環境の構築も必要であると気づかされました。

ilovetosucity3
2021/06/21
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

DXというと、ハードやシステムなどに目が行きがちで、どう使うか?使ってどうするか?という発想になりがち。
人材育成など、ヒトが大切である。また、風土改革が重要である。ということを再認識できた。

naka0011
2021/06/19
IT・インターネット・ゲーム・通信 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

攻めのDX,守りのDXと、コミュニケーション

bonjours
2021/06/18
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

私が働く会社はDXは重要と言いながらも、組織の役割が不明確。システムを強靭化するためには、それぞれの役割をどう明確化していくかが課題になりそうです。

ruimasiko
2021/06/18
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

いつまでに何をやる、DXアーリーアダプターの活用、顧客が求めていることを文章化することが印象に残った。
何の為に何をするのか、自分が理解し、廻りにも理解させ、進めていく。

muneon
2021/06/16
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

当たり前のことを当たり前にやっていくのが1番難しいですね。

yuzuriha62778
2021/06/15
コンサルティング・専門サービス 営業 一般社員

個人的には攻めのDXの話が実例交えて知りたかった。特にKADOKAWA社は攻めのDXにも注力しているイメージだったので、そこの話が知りたい。

ryo_murakami
2021/06/15
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

トップダウン視点なのだと思いました。エンジニアに経営スキルを学んでもらうというのは面白いですね。一方、ミドル層にエンジニアスキルが無い場合が課題ではないかと思います。いずれにしても学びが大切なのかなと思いました。

nishizawa_1220
2021/06/13
メーカー 営業 一般社員

これから進めていこうと思っているのが社外のサービスソフトであり攻めのDXの部類に入ると思いますが、そちらもやっていただけたら嬉しいです。

otobe711
2021/06/13
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

DXの基礎編で学んだことを、KADOKAWAグループ(Dowango, KADOKAWA CONNECTED、KADOKAWA本社)でどのように実践してこられたかを例に、大事なコトをおしえていただきました。 あらためて御礼申し上げます。

特にだいじなのは、実力主義にもとづいた、社内、社外の人を融合して進めるチーム作りだと思いました。
具体的には、
 縦組織と横組織の衝突を吸収する、サービスオーナー会議、および、カスタマーサクセスチームを通じた、顧客志向の関係者への徹底した埋め込み
だと思いました。
まずは、自分でできるところから実践し、成功体験を積み、賛同者が自然に集まり、アーリーアダプターから アーリーマジョリティが続くことを目指して取り組んでいきたいと思います。

重ねて御礼申し上げます。

hiro_19
2021/06/13
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

絵に描いた餅、開発の失敗
危惧だらけであると同時に、一体何割程度の会社が自社情報システムと二人三脚で実行できるのか?アウトソースに開発費だけかかって、、、
失敗例があふれる前にやれることを考えたい。

ki_bo
2021/06/13
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

DXは、トップダウンとボトムアップの両方が必要なことが分かった。もう少し具体礼があると良かった。

h-kondo
2021/06/13
コンサルティング・専門サービス メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

業務で活用するためには、社員一人一人の意識が大事だと思います。

kojirokun
2021/06/13
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

社内で変革を起こしたい人x社外のノウハウを持った人でDXは推進される