ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

パレート分析

構成要素の全体への影響を分析し、優先順位付けや判断に生かす

概要

このコースについて

パレート分析とは、構成要素を大きい順に並べた棒グラフと、それらの累積量(全体に対する百分率)を示す折れ線グラフを組み合わせることで、上位の一部要素が全体にどのくらい貢献しているかをみる分析方法です。
ビジネスにおいて物事を重要なものから処理する、あるいは改善感度の大きいものから手をつけるといった優先順位付けや判断に役立てることができます。

コース内容

  • イントロダクション
  • パレート分析とは
  • どういう場面で使うのでしょう?
  • 実際に分析してみましょう
  • コツ・留意点
もっと見る

コメント

issi0822
2019/03/03
金融・不動産・建設 経営・経営企画 一般社員

ロングテールを生かすか生かさないかを判断する基準は、それをサービス提供するにあたりコストがかかるか、という点。

r-koyama
2019/02/03
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

パレート分析での重み付けの重要性は基本としつつも、ロングテールという相反する小さな要素の集合が新たなビジネスになりえる、というのは抑えておきたい話!

yu-kawata
2019/04/10
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

数値の大きいものから並べることは行っていたが、折れ線グラフと組み合わせることはしていなかった。今後に活用したい。

もっと見る