ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

「宇宙ビジネス」起業家・政府が取るべき戦略とは~岡島礼奈×中村友哉×袴田武史×平将明

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

第12回 G1サミット
第8部分科会T「動き出す宇宙産業~夢からビジネスへ~」
(2021年3月20日開催/仙台秋保温泉)

折しも第12回G1サミットの第1日目、2021年3月20日に、中村友哉氏が率いるアクセルスペースは、超小型衛星「GRUS」4機を同時に打ち上げる。日本で量産された同型衛星が同時に打ち上げられるのは、国内初の事例になるという。はるか昔、夢やアニメの世界だった宇宙は、20世紀後半、国家の威信をかけたプロジェクトの領域へと移行し、今やベンチャー企業の主戦場へとその姿を変えつつある。マネタイズを実現する宇宙ベンチャーも現れ、宇宙が現実のビジネスとなるこれからの時代に、起業家・政府が取るべき戦略とは。(肩書きは登壇当時のもの)


岡島 礼奈 株式会社ALE 代表取締役社長
中村 友哉 株式会社アクセルスペース 代表取締役 CEO
袴田 武史 株式会社ispace Founder & CEO
平 将明 衆議院議員

コース内容

  • 「宇宙ビジネス」起業家・政府が取るべき戦略とは~岡島礼奈×中村友哉×袴田武史×平将明
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

test_
2021/12/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

これから宇宙が明確にビジネスに結びついていく、そんな印象を持ちました。科学技術の発展といった少し抽象的な目的から、目的が具体化していくことでしっかりと利益を出していける、利益が出ることで投資も増えるといった良い循環ができていくと可能性がどんどん広がっていくように感じました。

babasan
2022/04/20
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

地球のために宇宙を使う。

ma2022
2022/02/04
商社・流通・小売・サービス 営業 課長・主任・係長・マネージャ

技術力という強みを活かして、日本が宇宙ビジネスでどのようにイニシアチブを発揮できるのか?期待が膨らむ内容のお話でした。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています