ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

日本が今取り組むべき「エネルギー政策」「気候変動対策」~飯田祐二×行木美弥×水野弘道×竹内純子

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2019第4部分科会E「気候変動とエネルギー政策」
(2019年2月9日開催/星野リゾート青森屋)

ESG投資のため企業の環境情報開示を進める、G20の要請を受け金融安定理事会(FSB)が設置した「気候関連財務開示タスクフォース(TCFD)」の取組、英国本部の国際NGO「CDP」や企業が使用する電力を100%自然エネルギーに転換することを支援する国際的なイニシアティブ「RE100」など、昨今、企業の気候変動対策についての情報開示・評価の国際的なイニシアティブの影響力は益々大きくなっており、日本と日本企業もこうした動きに対応することが求められている。エネルギーはライフラインであり、特に人口減少や過疎化に直面する日本は世界に先駆けて社会インフラとしてのエネルギーを気候変動問題と整合的に解決していく政策をとっていくことが必要だ。エネルギーインフラの維持をエネルギー事業だけで解決できる時代は終焉した。エネルギーとモビリティ、エネルギーと農業、エネルギーと金融といったクロスセクターの取り組みによる社会変革はどうすれば可能なのか、徹底討論する。(肩書きは2019年2月9日登壇当時のもの)

飯田 祐二 経済産業省 産業技術環境局長
行木 美弥 国立研究開発法人国立環境研究所 気候変動適応センター 副センター長
水野 弘道 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 理事 兼 CIO(最高投資責任者)
竹内 純子 国際環境経済研究所 理事・主席研究員

コース内容

  • 日本が今取り組むべき「エネルギー政策」「気候変動対策」~飯田祐二×行木美弥×水野弘道×竹内純子
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ryo_0520
2019/12/12
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

大きな目標を掲げてリーダーシップをとるということも納得できるが、あまりにも現実的でない目標であれば逆に批判されるだけというのも理解できた。

hryk2020
2020/04/10
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

温暖化対策に寄与する技術イノベーションを起こすことが一番大切であり難しいことを理解した。

117pinbu
2020/03/28
メーカー 人事・労務・法務 その他

エネルギーと気候変動の問題は重要さは認識しているが、やっぱり手詰まり感があることにがっかりする。お母さんは部屋を汚したら本人の責任で片付けろという女子高生という話は、モノを壊したら壊した人の責任というのに某国が戦争をはじめ何の責任をとらないという現実によく似ている。無責任なのが人類の本質なのだろうか。たぶん、トゥンベリちゃんに叱られるかもしれないが、気候変動を抑えられず、5回目の生命大絶滅は人間が引き起こすかもしれないと思っているので、この議論、個人的になるべくかかわりたくない。ちなみに、現役の時、自動車会社で、水素・燃料電池を開発していましたが、未だに技術開発が容易で、経済性にちょっと我慢すればいいEVにばかり関心が行く消費者も問題だと思う。20年前、在る欧州メーカー主催の講演会で、ディーゼル車には二酸化炭素の削減のポテンシャルがあると言い切った消費生活者代表の主婦の言葉が忘れられない。その欧州メーカーはディーゼル車の排ガスデータ改ざんで世界的な問題をおこし、欧州がクリーンディーゼル車から、電動化に舵をきったきっかけになった。

もっと見る