ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

日本の「水産業」の未来と課題~臼井壯太朗×阪口功×平将明×野本良平×勝川俊雄

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1海洋環境・水産フォーラム
第1部全体会「海外の事例から考える日本の水産業の未来~水産業を成長産業化する方策とは~」
(2018年11月4日開催/グロービス経営大学院 東京校)

世界では水産業の成長産業化に多くの国が成功している中、日本では、世界6位の排他的経済水域(EEZ)など、豊かな海洋環境にめぐまれているにもかかわらず、漁獲量は減少の一途をたどっている。これは、漁獲枠制度の未整備に起因する乱獲競争や漁協のあり方など「制度の失敗」ともいわれる。水産業先進国と呼ばれるノルウェーでは、事業者ごとの個別割当制度(IQ)導入や水産物の付加価値化による水産業の成長産業化を実現しているなど成功事例は多い。海外の先進的な取り組みと成果を多様な観点から紐解き、持続可能な日本の水産業の未来を描き出す。(肩書きは2018年11月4日登壇当時のもの)

臼井 壯太朗 株式会社臼福本店 代表取締役社長
阪口 功 学習院大学法学部 教授
平 将明 衆議院議員
野本 良平 羽田市場株式会社 取締役会長
勝川 俊雄 東京海洋大学 産学・地域連携推進機構 准教授

コース内容

  • 日本の「水産業」の未来と課題~臼井壯太朗×阪口功×平将明×野本良平×勝川俊雄
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

ryo_0520
2019/10/15
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

モデレーターがしゃしゃり出すぎ。

kanketusen
2019/10/13
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 経営者・役員

他国の魚食文化と日本の魚食文化では大きく違いますよね、カレイの種類一つとっても、ひとつひとつに味わい方あって、四季や風習、儀式なんかとも緻密に関わっていますよね、その中での現実的なルールづくりは本当に難しいだろうと思いました!また、ルール先行で資源管理をしてしまうと網の中で死んだ魚も海に投棄しなければならないなどどちらにも良くない事も生じてますよね。代替の輸入と生活保証の制度で、良い循環になるまで国が財政出動すべきなんですかね

chokoma
2019/08/02
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

業務に活かせるよう意識して取り組みたい

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています