ネットワークが接続されていません
実践 | ビジネス実践知

新規事業7つのあるある

新規事業で陥りがちな場面とそれを乗り越えるスキルを知る

概要

このコースについて

「新規事業」 と聞くと華やかな仕事、といったイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。
自ら希望して新規事業に携わる場合も、また会社からの「新しいことを考えてほしい」「新しいことを始めよう」といった要望を受けて新規事業に携わる場合も、アイデアの発想から実現まで、様々な壁に直面するのが実情です。
このコースでは、グロービス経営大学院の卒業生でもある澁谷氏に、新規事業で「あるある」と思われるポイントと、それを乗り越えるコツについてご経験を踏まえてお話しいただきます。
また、そのスキルを身につけるにはどのような知識が必要かについても触れていただきます。

澁谷裕子 株式会社髙島屋 営業推進部営業開発グループ長
青山学院大学文学部英米文学科卒業後株式会社髙島屋に入社。横浜店で販売、セールスマネージャーを経て2001年から2012年8月まで婦人服DVのバイヤー職に従事。途中2005年~2006年海外研修生としてNYのFIT(Fashion Institute of Technology)で学ぶ。2012年9月からMD本部MD政策マーチャンダイジングディレクター、2013年3月からMD本部特選・宝飾品DV長を経て現職。
グロービス経営大学院 2011年卒業。
(肩書きは2017年5月撮影当時のもの)

コース内容

  • コース紹介
  • 「とにかく新しいことをやれ」と言われる
  • やったらいいよね、でも予算はあまりないよ
  • 既存事業/顧客/価値観の呪縛
  • 合意を取らなきゃいけない人が多すぎる、「聞いてない」という人が沢山出てくる
  • 全てを兼ね備えているメンバーはいない
  • 経営は「やれ」と言っているが、現場はやりたがらない
  • パートナー企業との意思決定スピードの違い
  • スペシャルインタビュー
もっと見る

コメント

ishii201
2019/02/22
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

新規事業は、社内政治、キャッシュで価値評価し、これでもかという関係者に理解、協力を得ることが肝要

aki7
2019/06/16
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

あるあるなんですね、

msk24gm
2019/06/15
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 一般社員

既存部署から合意を得られない、取引先(特にベンチャー企業)とのスピード感の違いなど、新規事業を進めるうえでの障壁を理解できた。

もっと見る