ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

サステイナブルな成長実現のための「リーダーのあるべき姿」「後継者育成」とは?~小柴満信×BT Slingsby×平手晴彦×深野誠

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2019
第5部分科会B「日本・グローバルの後継者育成と戦略的サステイナビリティ」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

CEOの選出、長期のサクセションは、企業の持続的成長に極めて大きな影響をもたらす重要な戦略的意思決定である。グローバリゼーション、デジタルトランスフォーメーションによる破壊的なイノベーションの波が押し寄せ、経営課題が複雑化する時代において、サステイナブルな成長の実現のために、経営陣は事業戦略だけでなく、後継者育成・人材育成を含めた改革のリードが求められる。企業がサステイナブルに成長するために、後継者の選考要件はどのような点を注視すべきなのか、どのような変化を予想するべきか。実際に、後継者や経営体制に日本人以外のリーダーを登用し、大きな変化をもたらした企業事例を元に、後継者育成において押さえるべき論点を提示しながら議論を行う。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

小柴 満信 JSR株式会社 代表取締役会長
BT Slingsby Catalys Pacific, LLC Founder & Managing Partner
平手 晴彦 武田薬品工業株式会社 コーポレート・オフィサー
深野 誠 MF consulting 代表

コース内容

  • サステイナブルな成長実現のための「リーダーのあるべき姿」「後継者育成」とは?~小柴満信×BT Slingsby×平手晴彦×深野誠
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

user-f22ce53b6a
2020/09/01
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

主に三つの事が印象に残りました。

目的志向とリスク回避の思考だけだと何も生み出せない
リーダーに必要なのは新しいことわからないことに挑戦してみること

プロジェクトの成功確率が65%でも三つやれば3回に2回は成功する多くの経営者が85%以上の成功確率じゃないと実行しない

36から46の間に経営者として経験を積ませることで10年後に活躍できる人材に育てることもできる

shu-he-
2020/08/30
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

各拠点の社長について、効率のみを考えるならば、現地の社長が良いが、人の育成という点を考えると、人選は変わってくるという言葉が強く印象に残った。人を育てるためにはどこかで非効率に目をつぶる必要がある。
多くの場面で当てはまることで、人の育成においては長期的な視点が重要であることを再認識した。

zzr400winered
2020/10/26
医薬・医療・バイオ・メディカル 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

本当のTop人材の話なので、私のような一般的な中堅どころの者には、あまり参考にはならなかった気がします。
私の意識が低いのが主因なのでしょうが。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています