ネットワークが接続されていません
初級

効率性分析

資産を効率的に活用し売上につなげるための指標分析を学ぶ

概要

このコースについて

効率性分析とは、同じ売上高を上げるために、投入あるいは拘束されている資金をどれだけ減らすことができているかを分析することで、資金的な効率性を測定する指標分析です。
効率性分析の4つの指標となる総資産回転率、売上債権回転率、たな卸資産回転率、仕入債務回転率について理解を深めていきます。

コース内容

  • 効率性分析とは
  • どういう場面で使うのでしょう?
  • 効率性分析の4指標
  • 総資産回転率
  • 売上債権/たな卸資産/仕入債務回転率
  • 同業界の2社を比較分析!
  • コツ・留意点

こんな人におすすめ

・会社の財務諸表を読めるようになりたい方
・財務分析の基礎知識を身につけたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

mokumin100
2019/06/12
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

感覚的に効率の良い経営は感じ取れたが、
実態として回転率が期末のBSやPLにどれだけ効いてくるのかを、
示してくれると、その重要性をより実感できると思う。

hajime55
2019/12/31
メーカー 営業 部長・ディレクター

難しくなってきた。相対比較しないと良し悪しが分からないので、実例分析のトレーニングが必要。

seinosuke1031
2020/04/17
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

効率性分析とは、企業が無駄な資産を抱え込まず効率的に売上高等を実現しているかを見る分析である。その中で、4指標あり、総資産回転率、売上債権回転率、たな卸し資産回転率、仕入債務回転率が挙げられる。これにより、真の無駄を見極めることができる。

もっと見る