ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

これからの医療体制、病院経営、医療保険制度を含めた「医療の在り方」~稲垣精二×鈴木英敬×高木邦彰×古川俊治×麻生巖

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

第12回G1サミット
第5部分科会E「コロナを機に考える医療体制と病院経営の在り方」
(2021年3月20日開催/仙台秋保温泉)

新型コロナの感染拡大は、地域における医療提供体制、特に病院経営の極めて厳しい現状を国民に知らしめた。パンデミックを乗り越え、医療提供体制を安定的に維持するための方法論とはなにか。コロナ対応から見えた医療現場の厳しい実情と課題を把握し、コロナ対応にとどまらず、これからの日本の医療体制、病院経営、医療保険制度を含めた「医療の在り方」を根本的に議論する。(肩書きは登壇当時のもの)


稲垣 精二 第一生命ホールディングス株式会社 代表取締役社長
鈴木 英敬 三重県知事
高木 邦彰 国際医療福祉大学・高邦会グループ 専務理事
古川 俊治 参議院議員/慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授/医学部外科 教授(兼担)/弁護士
麻生 巖 株式会社麻生 代表取締役社長

コース内容

  • これからの医療体制、病院経営、医療保険制度を含めた「医療の在り方」~稲垣精二×鈴木英敬×高木邦彰×古川俊治×麻生巖
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

norinorichan
2021/09/20
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

医療法で都道府県知事が策定を義務付けられている「(地域医療構想を含む)保健医療計画」とDXについて、コメントさせていただきます。

地域医療構想では、都道府県域及びそれらの圏域(都道府県にもよるが、殆どはの都道府県の保健所単位)の両方で全体の病床数及びカテゴリー(急性期、回復期、慢性期、介護)別の病床数の上限が決められており、これを超えて新たな病床を作ろうとすると病院名を公表されるといったことがあるというのは古川先生がおっしゃるとおりで、これがためにコロナ感染対応の病床が増えない(厚労省が減らそうと躍起になっている急性期病床の増加だから)のではないでしょうか? 

また、3年後の次期保健医療計画では感染症について新たに計画を立てることになることから、都道府県をはじめとする自治体に丸投げする項目が増える結果となることで厚労省の通知行政が増幅されることが危惧されるところです、さらに、呼吸器、循環器といった診療科別の病院再編や統合等が進むことによる、いわゆる「サイロ化」が進まないよう、患者の病状についてどこが悪いのかを的確に把握できる「プライマリー機能」を持つ病院は必要だと思いますし、合併症を併発している患者を救えなくなる可能性が高くなるなら、それは患者の都合を無視或いは軽視した単なる病院経営という医療供給側の論理にすぎないでしょう。

DXについては、今回はバックヤードとオンライン診療に関して主に言及されていましたが、母子手帳、お薬手帳、診察履歴などの紙で個別に記録されている健康に関する詳細履歴を健康保険証のデジタル化により管理し、個人情報の漏洩に留意しながら医療施設間で利活用ができれば、オンライン診療が円滑に進むのではないかと思いました。

[追記]
都道府県及び県内の地域(或いは圏域)で開催される地域医療構想会議は一般にも公開されており、医薬品業界、福祉業界などの方々に留まらず会議を傍聴することができますので、身近な場所で開催される会議に参加されてみてはいかがでしょうか。

hayashi_desu
2021/09/20
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 部長・ディレクター

ぶっちゃけトークもあり、よってもいい企画でした。

gomamisozui
2021/09/17
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

患者さんのための医療連携が急務です

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています