ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

MaaSがもたらす「モビリティ革命」!日本企業が取るべき戦略とは?~鯉渕健×平将明×守安功×柴沼俊一

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1ベンチャー2019
第4部分科会A「モビリティ革命と自動車産業の近未来・産業創出と社会変革の戦略的サステイナビリティ」
(2019年10月27日開催/グロービス経営大学院 東京校)

注目のビジネスキーワードとして注目を集めている「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」。あらゆる交通手段を統合し、シームレスな移動体験をもたらす概念で、2030年には世界で100兆円以上に達すると予測される巨大市場。自動車メーカーや公共交通など既存プレーヤーのみならず、全産業を巻き込む、まさに「モビリティ革命」ともいえる時代。本セッションでは、それぞれの立場から、日本・世界でどのような未来を描いていくのか、業界をこえて生まれる新サービス・産業の創出や社会変革について議論する。(肩書きは2019年10月27日登壇当時のもの)

鯉渕 健 トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー 先進安全領域 領域長
平 将明 内閣府副大臣(IT政策・サイバーセキュリティー戦略本部・科学技術イノベーション政策担当) 衆議院議員
守安 功 株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO
柴沼 俊一 株式会社シグマクシス 常務執行役員

コース内容

  • MaaSがもたらす「モビリティ革命」!日本企業が取るべき戦略とは?~鯉渕健×平将明×守安功×柴沼俊一
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

tom046
2020/08/23
コンサルティング・専門サービス 専門職 経営者・役員

細かい部分までは難しいものの、想像力を掻き立てられる話ではあるので、普段新聞などを読むときに考え方の一つの軸として持っておくと役に立つと思います。

llasu_ito_0502
2022/06/13
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

興味はありますが、日頃業務として携わっていないので、アタマの中のトレーニングみたいになってしまいました。しかし、世界、日本の最新の動向を理解して、”自動化”の言葉以上に、自分の想像しているコトと、企業と政府、学会(理論、原理原則)が考えているコトにギャップ(差)があるのを感じました。(いきなり、SFの世界の様にはならないのですね。)現実の世界は、革新、変化の仕方も競争(売上、利益)なので、各社、各国、バラバラ(法体系?)なのですね。バリエーションがあるのですね。田舎に住んでいると、変化を感じ難いのですが、産業の中身が”自動化”の掛け声の下、大きく変わりつつあるのを理解しました。ありがとうございます。感謝申し上げます。

saito-yoshitaka
2022/05/14
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

具体的な将来予測を講話頂き、非常にイメージつきました。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています