ネットワークが接続されていません
aztecs77
2021/02/24
商社・流通・小売・サービス 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

ベンチャーと大企業、平時と有事、また会社と組織の理念・考え方によって今話題のジョブ型も合う合わないがあることを知り、自分の頭で良し悪しを考える必要がある事を学べた。
コロナ禍の過ごし方で数年後の業界が大きく変わる事も頭に留めておきたい。

rechte-arm1413
2021/01/28
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

相対する経営者の考えに触れ、勉強になりました。「コロナはベンチャーにとっては下剋上のチャンス」が印象に残りました。毎日が決戦の菌曜日ですね。

yuri_go
2021/06/17
商社・流通・小売・サービス その他 その他

お二人の考え方の違いが対比できる対談で非常に面白かった。
企業の成長はわかりやすいが、個人の成長は見えにくい。
私自身は自分の成長実感をどう感じればよいのかと思っている。
また、管理職になったときにはメンバーにどう成長実感を感じてもらうか悩むことになるだろうと思う。

masao4115
2021/01/27
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

一人一人の成長を促すためにも変化が必要
変化に対応し、イノベーションを起こせる人財に
「働きやすさ」よりも「働きがい」を追求する考えに共感。

shu4
2021/07/23
商社・流通・小売・サービス IT・WEB・エンジニア 一般社員

人を成長させる企業である事に共感。ジォブ型を取り入れつつ、チームとして成長できる組織を作りたい。

tamu_satsu
2021/07/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

丸井の方の、長期的なパートナーシップの考え方、コロナ時にテナント料を全額免除した話が印象的でした。自社ビジネスでもそうしたパートナーシップを顧客と築いていく意識を大切にしたいと思います。

daddyveroo
2021/07/10
メーカー 経営・経営企画 経営者・役員

人の成長が企業の成長である、人が成長した分しか企業は成長できない、という言葉はとても共感ができました。そのために企業の理念があり、社員が企業理念を理解してその理念に共感することで、企業自体が成長していくものだと思います。
欧米では労働市場の流動性が高く、平常的に人が入れ替わっても企業が清涼していく素地があるということですが、同時に共感できる企業理念があるからこそ、欧米の企業は人を惹きつけて、ジョブ型の働き方であっても人として企業として結果を出し続けているだと私は理解しました。

tomiyoshi
2021/06/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

ジョブ型・メンバーシップ型も適する業態とそうでない業態があることが分かった。
また有事におけるマネジメントについても勉強になった。

ryo_murakami
2021/06/03
IT・インターネット・ゲーム・通信 メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

ジョブ型とメンバシップ型の本質的な違いはなんだろう。主体性だろうか。

911carrera
2021/05/24
インフラ・公共・その他 その他 その他

どちらなのかは、経営判断と思います。

tsukasa_1496
2021/04/13
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

経営者のジョブ型とメンバーシップ型の考え方を聞くことができ、どちらの型でも従業員には「成長し続ける」ことが求められているのだと感じました。日々の歩みを止めず、常に新しいことを考えていきたいと思いました。

jet1104
2021/03/24
メーカー 人事・労務・法務 経営者・役員

ウィズコロナ、アフターコロナと大変な苦難を会社として経験する中で新しい働き方への対応で従業員が成長を実感出来る企業が生き残っていくのではないか、と思う。個々の従業員に会社生活を通じての成長ということがキーワードだ。

kanakoishige
2021/03/20
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 部長・ディレクター

ポジションがら働きやすさをいかに提供出来るかに重きをおいていたが、経営者意識を持って、働きがいにつながる施策、提案を考えて見ようと思った。

kuma0707
2021/03/09
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

社内異動のメリットは、社内に変革をもたらすことと、変革に強い社員を育てること。

私の部署は社内異動がほとんどないため、変革、改善をもたらす新しい視点が少なくなっていたかも。

みんながしているから、ではなく自分の頭で考えて、より良いパフォーマンスを発揮したい。

自分の勤務時間に見合うだけの成果を出しているか?非効率な仕事で時間泥棒していないか?自問しながら緊張感持って仕事するべき。

経営者の考えを聞ける、とてもいい講座でした。

ssiwadate
2021/03/03
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ジョブ型、メンバー型、どちらにもメリットがあり、使い分けしていければ良いと感じました。

kfujimu_0630
2021/03/02
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

コロナ禍における社会、働き方、自身の変化をチャンスと捉えて行動できる人が今後も生き残っていくと思った。変化を拒む人、元通りに戻ろうとする人からは、新しい価値、ビジネスは生まれないと思う。変化をチャンスにして仕事していく思いがさらに強まった。

tk1982
2021/02/28
金融・不動産・建設 金融・不動産 関連職 課長・主任・係長・マネージャ

コロナで常識と思われていた事が崩れ、変化に対応しなければならない時代において大企業とベンチャー企業では対応での違いが顕著であった。
後お題にあるジョブ型かメンバーシップ型どちらが今後良いか?とあるが、オンライン化され社屋で会議をしなくても良い時代で個人の技能が重視されるジョブ型の方が好まれそうだが、企業はいつの時代にあっても人を育てそれが繁栄につながるという観点からしてメンバーシップ型の働き方の方がいつの時代も必要不可欠であると思う。

tomo1007
2021/02/27
メーカー 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

ジョブ型雇用、メンバーシップ雇用についての経営者の考え方が参考になった

fukuwarai772
2021/02/20
商社・流通・小売・サービス マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

強い危機意識を持ちつつも、有事をチャンスと捉えられるかどうかが重要。また、単純にメンバーシップ型かジョブ型、どっちが優れているかという事ではなく、人の成長が企業の成長に繋がるという考えの下、自社をどうして行きたいかという方向性を導き出すことが大切だと感じました。

危機のときこそ、解像度の高い明確なビジョンを描くことが大切だと思います。

muneon
2021/02/17
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 経営者・役員

戦時と平時、得意なポイントでやる。

sumire0006
2021/02/17
メーカー 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

自分のあり方、仕事のあり方、会社のあり方を考えつつ、
戦時のビジネスを意識して、ベンチャーマインドでチャレンジして行きたい。

satomiiii
2021/02/16
金融・不動産・建設 その他 一般社員

勤めている会社では、適材適所の人材配置ということが言われる様になってきたが、成長していくには変化を恐れず楽しむくらいでないといけないと思いました。働きやすさと働きがいの話は大変興味深く、自分の職場や仕事について一度じっくり考えてみようと思います。

ishida_m
2021/02/14
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

有事の際に早く決断する力がある人は本当に力がある人だと感じました。
また、ジョブ型雇用、メンバーシップ雇用のどちらが良いかではなく、どちらでも選べる働き方があると良いなあと思いました。

migiwakako
2021/02/09
金融・不動産・建設 その他 一般社員

コロナはベンチャーにとっては下剋上のチャンス

まさに戦国の世ですね。

sumikkogurasi
2021/02/07
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

2020年が分かれ目の年になる、を肝に銘じて組織がどうなるのがいいのか考えてみたい。

mmmmmttttt
2021/02/06
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

冒頭にジョブ型、メンバーシップ型の定義があっての議論が必要だと感じた。ジョブ型は人材を簡単に切るが、メンバーシップ型は受け入れるというような認識での議論だったのではないか。

yuichiro-1985
2021/02/06
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

経営者の言葉の力に感動しました。
エッセンシャルワーカのメンバーシップ化は組織のいい変化と同時にビジネスチャンスと理解しました。

otobe711
2021/02/03
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

有事の際の経営では、
 ・トップ一人に情報集中して判断する(高島)
 ・そのときリーダーシップを発揮できる人に任せればよい(青井)
とベンチャーと大企業で違いがあるが、大企業ではいろいろなリソーセスがあるためその時のベストの人材に任せるが、ベンチャーは人も少なく、トップしかできないからなのではと思った。大事なのはベストの人材に任せることだと思う。

elmo1210
2021/02/01
インフラ・公共・その他 専門職 課長・主任・係長・マネージャ

コロナ禍におけるジョブ型、メンバーシップ型の捉え方について、異なった見方からの経営者の考え方を知れてよかった。

nishi0024
2021/02/01
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 経営者・役員

コロナ禍の非常時においても、個を活かすリーダーシップを実践されている青井さんの経験談はとても心に刺さりました。非常時においても、トップにしかできないことに自らはフォーカスし、柔軟にチームを活性化することで、より強固なチームワークが醸成できることを学びました。

shiro-tk
2021/01/31
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ジョブ型の考えに同意します

unja2700144
2021/01/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

ジョブ型の人がこれからの未来は強いとは最近強く感じていた。その中で自分の強みは何なのかを再度見つめ直したいと思った。

krt
2021/01/30
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 一般社員

メンバーシップガタピシと丈夫型は対立するものではない

ilovetosucity3
2021/01/29
メーカー メーカー技術・研究・開発 部長・ディレクター

新型コロナは、エッセンシャルワーカーとは誰か、どこの部門か?を再認識させたと思います。業務シェアは進み、エッセンシャルワーカーのパフォーマンスを最大限に活かす人材配置が不可欠になります。
一方、リモートワークでパフォーマンスの差が明らかになって、選別される職種の人材も出てくると思います。

suichi
2021/01/28
広告・マスコミ・エンターテインメント 人事・労務・法務 一般社員

人事の仕事をしていますが、「働き方」には「働き甲斐」と「働きやすさ」があるという整理は、当たり前と言えば当たり前ですが、この2要素の整理を根底にもって、自社が企業文化も踏まえ、どういうバランスで形を見出すかが大事だと感じました。なので、人事の現在の私のタスクの中で、対外的なアピールや社内の制度改革において生かしていきたい。

t-sugisaki
2021/01/28
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

yい

masa_0125
2021/01/27
IT・インターネット・ゲーム・通信 IT・WEB・エンジニア 課長・主任・係長・マネージャ

右にならえ、あそこがやってるからでなく、自分で考え、行動する。

dm1010
2021/01/26
商社・流通・小売・サービス マーケティング 一般社員

タイトルにもあるジョブ型・メンバーシップ型いろいろな言葉が出てくるが、本質を自分の頭で考えることが大事。以下書き留めたトピック

働きやすさより働きがい。
zsy(ぜったいすぐやる)チームw
平時と有事の戦い方の違い。
家賃免除のお話。得意なことを得意な人がやる。
2・3年後の日本を盛り上げていく。

satoru_3106
2021/01/26
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

エッセンシャルワーカーの囲い込みが強まる。
知らない人、不特定多数の人を倉庫で働かせることのリスクを取らなくなる。
人が流出すると困る状況になってる、特に物流。

一部ジョブ型雇用は加速すると思う。
メンバーシップ型のいいところは組織文化を育てやすい。たしかにね。組織のカルチャーってすごい大事だよね。

meguro2020
2021/01/25
メーカー マーケティング 一般社員

ジョブ型雇用とメンバーシップ雇用は2項対立するものではなく、メンバーシップを大切にして働く中で、個々人の専門性となるジョブを身に着けられるのが理想だと感じた。

sphsph
2021/01/25
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

色々なパターンがあって良いと改めて感じました。
その中で各人が自分の存在感を発揮できればいいし、雇う側もそれをしっかりと尊重できればどちらかに固執する必要は無い。
あくまで前向きに。

cozyhayakawa
2021/01/24
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

有事のときの経営の瞬発力。
大企業にはピンチであるが、そのなかでも小さな組織単位で変革を起こすマネジメントを行いたい。
仕事の根幹を見つめ直すまたとない機会なのでまずはその推進。

hiro302
2021/01/24
金融・不動産・建設 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

働きがい、働き易さの切り口は、非常に参考になりました。自律したメンバーが多く育つよういするには、働きがいのある組織である必要があると感じた。愛すると決めたメンバーと同じ方向を向いて、戦時モードでこの難局を乗り切れたらよいと思いました。

sugasyo
2021/01/24
メーカー 営業 一般社員

大企業は戦時に弱いという言葉刺さりました。自分の頭で考え答えを出します。

shinya0928
2021/01/24
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

ジョブ型とメンバーシップ型という話がありましたが、本質的には働く私たちがやりがいを持って取り組めるかどうか、またそのような風土を作ったいけるかが大事ではないかということに気付きました。

kinaco_mochi
2021/01/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 営業 課長・主任・係長・マネージャ

青井さんも高嶋さんも社員、広くはステークホルダーへの愛が深く本当に素敵な経営者だと思った。働きやすさと働きがい、両方だとベストだがどちらかでもいい。社員含めたステークホルダーが魅力を感じて働ける組織にしたい。まずは方向性を示すべきというのもその通りだと思いました。

shin_gssky
2021/01/24
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 経営者・役員

メンバーシップ型であるが、それぞれのジョブのプロとして成長してもらう。
社員を愛することを決めた!
同感です。

yatian
2021/01/23
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 課長・主任・係長・マネージャ

「ジョブ型かメンバーシップ型かではなく、社員の成長を考える」肝に銘じたいと思います!