ネットワークが接続されていません
知見録 Premium

ミレニアル世代・Z世代が考える「人生観」「職業観」~赤川隼一×小泉文明×米良はるか×関灘茂

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1経営者会議2020
第4部 分科会 社会・文化「U40世代/Z世代が考える2050年までの人生観・職業観・ライフスタイルの変化
(2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校)

1981年~2012年生まれのミレニアル世代・Z世代。この世代には、多感な10代を1990年代に過ごした世代から2020年代に過ごす世代が含まれ、人生観・職業観・ライフスタイルを一括りに語ることは難しい。Over40世代に比べて、デジタルネイティブとも言われるU40世代/Z世代は、一般的には、社会課題への意識や行動力の高さ、モノの所有欲や消費欲の低さ、シェアリングやサブスクリプションなどの活用度の高さ、オンラインでの新たな出会いや関係構築力の高さなどの特徴があると言われる。オンラインでのコミュニケーションの場づくり、シェアリングやクラウドファンディングの場づくりをリードするU40世代が考える2050年までの人生観・職業観・ライフスタイルの変化に耳を傾け、Over40世代のリーダーにとっても、未来を見据えた経営の在り方や事業機会の捉え方を見直すきっかけを提供したい。(肩書きは2020年11月23日登壇当時のもの)

赤川 隼一 株式会社ミラティブ 代表取締役
小泉 文明 株式会社メルカリ 取締役会長
米良 はるか READYFOR株式会社 代表取締役 CEO
関灘 茂 A.T.カーニー マネージングディレクタージャパン(日本代表)/グロービス経営大学院 教員

コース内容

  • ミレニアル世代・Z世代が考える「人生観」「職業観」~赤川隼一×小泉文明×米良はるか×関灘茂
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

nobereds
2021/05/29
医薬・医療・バイオ・メディカル マーケティング 経営者・役員

会社組織のあり方についてかんがえされられました。
会社のあるべき姿・ビジョン・方向性をおさえながら
若手社員と向き合う(考えを押しつけない)事が重要であると思った。
やはりこの3名のかたは悩みながらいまに至っていると思う。
平坦な道はないので自身も壁にぶつかりながら組織をまとめていく。

cocococo
2021/06/19
金融・不動産・建設 営業 一般社員

いくつかのヒントが得られました。

•会社のビジョンなどと共感できるところを探さなきゃ。
そういうことを自分の中で理解できれば、自分の芯も強くなるし、仕事のモチベーションも上がるのではないかと思った。うまく行かない時にやってられないと思いながらも、私は何のためにここで働いているのか思い出せると思う。

•心理的安全性を持つこと。
自分にも周りの人にもそうですが、メンタルはすごく仕事に影響が出るんだと日々感じています。
安全感がないと、変な方向にいったり、余計なことが起きたりになりやすい。評価軸という言葉がビデオに出たんですが、要は公平かどうかとのことですね。私もこの辺りすごく気になります。
絶対の公平はないですが、なるべく公平な状態にするスタンスが重要だと思う。そして、誰かに求めるだけでなく、自らそれを作る必要があると思った。

•優しい社会を作ってみたいこと。
人生って、失敗は付き物でしょう。日本社会は失敗許さない、完璧にしなきゃとの印象はあるが、ギスギスしないで、お互いに温かい目で見て、助け合えたらいいなあと思いました。
私もその優しい社会ができるため、何か貢献したいと思います。

osm1106
2021/06/19
メーカー その他 一般社員

年功序列の重い企業にいる自分にとって、年代の近い経営者の皆さんの言葉は刺激になったし、終始共感でした。
「好きなことで仕事をしよう」が広まりつつある時代、心理的安全確保の考え、他者に自信と存在価値を与えられる存在の必要性が、もっと広がってくれればと願うばかり。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています