ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

収益性分析

企業の利益を生み出す力を構造的に分析する方法を学ぶ

概要

このコースについて

売上高総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率、売上高当期純利益率などの指標から、企業の利益を生み出す力を構造的に分析します。
収益構造を他社比較や期間比較することで、企業の収益構造の特徴を把握したり、収益性の改善に役立てることができます。

コース内容

  • 収益性分析とは
  • どういう場面で使うのでしょう?
  • B/SとP/Lをおさらい
  • 総合的な収益性
  • 売上高に対する収益性
  • 同分野の製品を扱う2社を比較分析!
  • コツ・留意点
もっと見る

コメント

shoji_1971
2019/02/16
インフラ・公共・その他 その他 課長・主任・係長・マネージャ

総合的な収益性と売上高に対する収益性についての分析手法を学ぶことができた。収益性が低い事業を分析しテコ入れしていきたい。

yoshihiroe
2019/02/10
メーカー その他 一般社員

収益性という観点で、同業他社と自社を比較することが重要だと思った。

ishii201
2019/02/22
商社・流通・小売・サービス 営業 部長・ディレクター

収益率の指標は事業、会社の特性があり、経営方針、事業活動と照らして、一喜一憂しない。

もっと見る