ネットワークが接続されていません
初級

アンゾフのマトリクス

企業の成長戦略の方向性を知る

概要

このコースについて

企業が事業拡大やさらなる成長を目指す際には、「市場」「製品」において「既存」「新規」のどこで勝負をするのか検討する必要があります。
アンゾフのマトリクスは、経営学者のイゴール・アンゾフによって提唱された、企業における成長戦略の方向性を探るためのフレームワークです。このマトリクスを使うことで、実現可能性のある施策を網羅的に洗い出すことができます。また自社のこれまでの事業拡大の傾向、強み・弱みを確認する際にも役立ちます。
アンゾフのマトリクスを理解し、自社の事業拡大の検討に活用できるようにしましょう。
 
 
☆関連情報
フレームワークでニュースを読み解く、日経電子版の記事もぜひご覧ください。
「日本コカ・コーラ、米本社が売らない酒を売るワケ」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48234540V00C19A8000000/?n_cid=DSPRM5277

「駐車場シェア、SOMPOが描く成長戦略」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50741870Y9A001C1I00000/?n_cid=DSPRM5277

「富士フイルム「アビガン」で透ける難路の医薬品事業」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57204540V20C20A3000000/?n_cid=DSPRM5277

コース内容

  • アンゾフのマトリクスとは
  • 分類①:市場浸透と新製品開発
  • 分類②:新市場開拓と多角化
  • 事例:紳士服専門店A社
  • まとめ
  • 留意点

こんな人におすすめ

・戦略の基礎知識を身につけたい方
・自社の事業拡大を分析・検討したい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

niito
2019/03/13
医薬・医療・バイオ・メディカル メーカー技術・研究・開発 一般社員

アンゾフのマトリックスは、事業展開の方向性を、市場および製品の新規性という切り口で4つのカテゴリーに分類する方法であり、自社の事業展開の傾向を理解したり、新たな事業を洗い出したりする際に有効である。アンゾフのマトリックスで新規事業を考える際は、既存事業とのシナジーを意識すると良い。

実現可能性などを意識しすぎると、創造的な案を出すのは難しくなるが、多角化のカテゴリーでは無限に案が出てきてしまいそうなので、どこまで広げるかという点が逆に難しいのではないかと感じた。

shu-he-
2019/05/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

事業を製品と市場で分類したシンプルでわかりやすいフレームワーク。シンプルな分、検討する人の力量・センスが重要だと思った。

tarimo
2020/02/18
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

相乗効果のある新しいアイデアを考えてみたい。

もっと見る