ネットワークが接続されていません
実践知

意志ある先に道は拓ける 新規事業×DXの実例をひもとく

概要

このコースについて

新規事業家を肩書きに持つ守屋実氏が、成功したスタートアップの実例を用いて、どのように新規事業を立ち上げ、困難に立ち向かっているのか、Before/Afterの形で解説します。特に、「DX×スタートアップ」のジャンルにおける象徴的な3つの事例を挙げ、成功後どのように産業構造を変えたのかを詳しく見ていきます。
企業内起業を考えている/週末起業を考えている/本格的な起業を考えている全ての人にヒントが多く詰まっています。守屋氏の長年の経験によって培われた考え方を学んで、新規事業に取り組む際に、ぜひお役立てください。

※以下の関連コースも合わせて視聴することをおすすめします。
・実践知「新規事業開発マネジメントのエッセンス」

コース内容

  • コース紹介
  • 起業・新規事業を行う時に必要な3つの数字
  • リソースの揃え方
  • 多くの現象の起因構造
  • DXの定義
  • 象徴的な事例1:伝統産業へのデジタル技術投入
  • 象徴的な事例2:岩盤市場のデジタル変革
  • 象徴的な事例3:逆手のイノベーション(コロナ禍)
  • 最後に伝えたいこと

講師プロフィール

守屋 実 新規事業家
1992年ミスミ入社、新市場開発室で新規事業開発に従事。2002年新規事業の専門会社エムアウトを、ミスミ創業オーナーの田口氏とともに創業、複数事業の立上げおよび売却を実施。2010年に守屋実事務所を設立。新規事業家として活動。ラクスル、ケアプロの立上げに参画、副社長を歴任後、ジーンクエスト(ユーグレナグループ)、サウンドファン、ブティックス、SEEDATA(博報堂グループ)、AuB、みらい創造機構、ミーミル(UZABASEグループ)、JCC、テックフィード、キャディ、フリーランス協会、セルム、FVC、日本農業、ガラパゴス、JAXA、博報堂、リクルートホールディングス、JR東日本スタートアップなどの取締役、フェロー、理事アドバイザー、内閣府の有識者委員、山东省工业和信息化厅の人工智能高档顾问を歴任。2018年4月ブティックス、5月ラクスルを2か月連続で上場に導く。近著に『起業は意志が10割』(講談社)、『DXスタートアップ革命』(日本経済新聞出版)、がある。
(肩書きは2021年8月撮影時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

fukamidori
2022/07/18
メーカー その他 課長・主任・係長・マネージャ

新規事業のカギを説明していただき、ビジネスの可能性の広がりを感じました。DXこそ、新規ビジネスのチャンスであり、種がそこら中にあるのだと思いました。

moritti
2022/07/13
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 一般社員

何か問題を抱えた時に、
問題は「何か」を特定することで、
前進することが出来ると理解しました。
その過程にDXが有用なカギを握っていることも、
併せて理解しました。

kfujimu_0630
2022/08/06
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

3つの事例、非常に分かりやすかったです。大企業の事例も紹介していただいて、自分も今の会社で何か変革を起こせるのではないかと勇気が湧きました。まずは、意思と事業計画ですね。ありがとうございました。

もっと見る