ネットワークが接続されていません
実践 | Trend Pickup

日本の「科学技術力」未来はどこにある?~落合陽一×柴山昌彦×西川徹×山崎直子×山中伸弥

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1サミット2019
第10部全体会「世界をリードする日本の科学技術戦略とは~危機感を共有し、行動する~」
(2019年2月11日開催/星野リゾート青森屋)

日本の科学技術の低迷が叫ばれている。研究の影響力の指標とされる論文引用数で、東京大学は392位、京大は518位にとどまり、中国勢や欧米に大きく水を開けられている。日本の科学技術関係予算がほぼ横ばいの間に、米国や中国は潤沢な予算をAIや宇宙開発など最先端の研究に投資してきた。このままでは、日本の科学技術は世界から取り残されてしまうだろう。新たな時代の日本の科学技術・イノベーション戦略とは。(肩書きは2019年2月11日登壇当時のもの)

落合 陽一 メディアアーティスト
柴山 昌彦 文部科学大臣/衆議院議員
西川 徹 株式会社Preferred Networks 代表取締役社長 最高経営責任者
山崎 直子 宇宙飛行士
山中 伸弥 京都大学 教授 iPS細胞研究所 所長

コース内容

  • 日本の「科学技術力」未来はどこにある?~落合陽一×柴山昌彦×西川徹×山崎直子×山中伸弥
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

kojikoji-555
2019/12/08
メーカー コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

企業側と大学側のお互いからのアプローチが大切で互いに情報を出していくことが必要と感じました。

sha-to
2019/11/23
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

暮らしを豊かにしていくことや、生活を向上させていくために、研究機関として大学院の評価の基準をどう考えていくのか。稼ぐ事を目的に短期間の成果を目指す人と時間がかかっても研究を続け結果を出していく人を分ける事で、インセンティブがあがる人がいて学生にとって魅力のひとつになるのではと言うのは、研究者間の溝が深まるはないかと思った。研究成果の所属が個人に所属稼げる人はは、大学いて研究する目的は何か分からなかった。

kentaro760302
2019/11/21
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 一般社員

役所、大学、企業での人材交流が少ないため、各所がお互いにあまり信頼していないので現状となっている印象を受けた。まずは人材交流であり、そのための組織の透明化(何をやっているのか外部からわかりやすい)ことが必要と感じる。

もっと見る

このコースを学習した人はこんなコースも学習しています