ネットワークが接続されていません
shu-he-
2020/05/31
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

落合さんが言われた、「Academicなことって楽しいよね」という言葉が非常に印象に残った。単純なようだが、日本の科学技術の発展のためには大切なように感じた。

ruimasiko
2020/06/05
インフラ・公共・その他 その他 一般社員

1時間を無駄にした内容。見る価値なし。

katsu42
2020/05/22
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 一般社員

自身も大学院修士まで波の研究を行っていましたが、理系と文系のつながりは皆無、理系の中でも情報系、自然科学系、物理系などの枠を超えたつながりはなかった。
経営では「何と何を掛け合わせる」といった組み合わせを考えることは当たり前のことであり、そういったことで新たな価値が生まれることが多々あると思っています。
こういった考え方が大学の組織連携に入っていないのはやはり経営者、企業の人間が大学にあまり在籍していないからでしょうか。
また、私自身博士まで行けば研究の道以外には行けないと思っていましたが、今考えれば別になんでもできたと思います。アントレプレナーが少なく、大企業や公営企業に勤めることが良いとされる日本の風習がこういった考えを想起させるのかもしれませんね。

ashimokoshi
2020/05/05
コンサルティング・専門サービス コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

日本社会の人材の流動性が低いことも要因のひとつではないかと思う。産学の人材交流の話が上がっていたが、産学だけでなく産業界の中だけでも、他国と比較して雇用の流動性は低い。まずは、産業界で一括新卒採用と終身雇用をやめよう。
学校から出たら自動的に就職するのではなく、学校にいる間も、自分に何が出来るのか。出来るようになるのかを意識させて、それを学び、学びを活かして、稼ぐ。
就職してからも次に自分自身の仕事に活かすことを学ぶ場として、学校が再度活用できるようになれば、自ずと産業界とアカデミックの交流になっていくのではないか。
活用できない企業や、学校は淘汰されれば、良いと思う。
また、国としての成長、活力を目指すのであれば、制度としては人材交流や研究支援をしている企業を税制面含めて優遇措置を設けてはどうだろうと思う。

nakka
2020/05/01
メーカー 専門職 一般社員

私も博士から逃げて企業に入った。確かに今は論文の数や国際学会の数で卒業ができるかどうかというのが決まっている。しかし世の中の研究にはすぐに出るものと、出にくい研究がある。それを大学側のトップが理解し、論文=実力ではなく、研究力=実力という認識にしてもらえると、すくなくとも私のいた研究室は博士へ行く人が出るような気がする。

miyamanishiki
2020/05/01
メーカー 人事・労務・法務 部長・ディレクター

大学院生・博士後取得者の減少が日本の科学技術の将来に対するリスクであり、その背景には大学に魅力が無い、博士号取得のメリットがない、という事実があるとの因果関係は理解できた。
私は民間企業に勤務しているが企業でも実は似たようなことが起こっている。管理職を目指す人が女性や若手が少なくなっているように思え、それは管理職の姿を見て魅力的に映らないからという説明を聞いたことがあるがそれはたぶん真実であると思う。
中間管理職はその上から無理難題を突き付けられ、またそれを部下に上手くブレークダウンできずに疲弊している現実がある。原因は複雑で、その中間管理職がかみ砕いて部下に伝達する言語能力に問題があったり、またはトップからの指示事項自体が現実離れしていたりする。
方策の一つは風通しのよさを確保することであろう。企業においても外部の血を入れることは重要である。大学においても社会人経験者を入れることは想像であるが活性化につながると思う。

_yamazaki
2020/04/10
メーカー その他 その他

話の中にもありましたが、研究室の教授が雑務に追われている現状を見てきました。教員と大学運営者は区別する必要があると感じています。大学教員は雑務を終わらせるために、長時間の労働を強いられており、その姿を見た学生が大学で頑張りたいという意識を持つとは思えません。企業においては、学会参加を積極的に行うべきであると感じています。企業としてもグローバル化した競争社会の中で存続していくために利益を追求する気持ちはわかりますが、日本の発展を考えた行動を行う姿勢を見せていく必要があると感じました。

duffy_a
2020/04/10
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

大学と企業でお互いに刺激を与えられる関係性になることが大切だと思った。
教授が企業へ出向き視点を与えることも大切だし、企業が大学へきて新たな風を吹かすことも大切。学生にとってとても刺激的な環境になると思う。

chibibei
2020/04/03
医薬・医療・バイオ・メディカル 営業 課長・主任・係長・マネージャ

産学連携はさることながら、大学内の多様な人材が見える化されていることが大事だと思いました。

patachan
2020/03/22
商社・流通・小売・サービス 資材・購買・物流 課長・主任・係長・マネージャ

なるほどそういうことですね

kazu33012
2020/02/23
金融・不動産・建設 経営・経営企画 部長・ディレクター

一流の科学者は世の為人の為にひたすら研究を深めている一方で、国民に対して明確な目標を示すと同時に敢えて厳しいことも明言する政治家が少ないように思います。
日本の国民性には長いものには巻かれろという曖昧性があり、その特徴が現在の政治家には顕著に表れていると思いますが、逆に科学者の研究に対する信念や熱情や姿勢からは真摯なものを感じます。

staken
2020/02/02
メーカー マーケティング 一般社員

もっと研究が「面白くて楽しいことである」と実感できる場にしなくてはならない。

kojikoji-555
2019/12/08
メーカー コンサルタント 課長・主任・係長・マネージャ

企業側と大学側のお互いからのアプローチが大切で互いに情報を出していくことが必要と感じました。

sha-to
2019/11/23
インフラ・公共・その他 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

暮らしを豊かにしていくことや、生活を向上させていくために、研究機関として大学院の評価の基準をどう考えていくのか。稼ぐ事を目的に短期間の成果を目指す人と時間がかかっても研究を続け結果を出していく人を分ける事で、インセンティブがあがる人がいて学生にとって魅力のひとつになるのではと言うのは、研究者間の溝が深まるはないかと思った。研究成果の所属が個人に所属稼げる人はは、大学いて研究する目的は何か分からなかった。

kentaro760302
2019/11/21
インフラ・公共・その他 経営・経営企画 一般社員

役所、大学、企業での人材交流が少ないため、各所がお互いにあまり信頼していないので現状となっている印象を受けた。まずは人材交流であり、そのための組織の透明化(何をやっているのか外部からわかりやすい)ことが必要と感じる。

opal
2019/11/19
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

大学は道を選ぶための指針。大学に入らないと就職できないので皆行ってはいるが入ったらそこで何をするかが大事。企業側がそこを確認せず、大学名だけで選ぶ、そこの大学ならほとんど似たような学生ばかりという認識。

hiroabe
2019/11/10
金融・不動産・建設 その他 課長・主任・係長・マネージャ

大学院へ行くと就職できない。大学生は遊んでいるという決めつけ。大学のブランドで採用する。これらは、団塊の世代の行動様式や日本の民間企業の採用方針の悪弊でしょう。この辺の構造を変えていく必要がありますね。

maechan
2019/11/04
メーカー 営業 一般社員

科学技術力
 3位 アメリカ/イギリス:10年前
 8位 2位中国(国策あり):今はイタリアと同じ位
日本:研究者も多く、お金もあるのになぜ下がっている
  →大学院生が減っている。若い優秀な人が研究に行かないい
1.科学研究費をもっと高くする
2.短気的な視点でしか物事を考えない
大学に残るのではなく、起業するようになったのはなぜか
大学行くと、価値が一元化してしまう、価値尺度が低い
起業した方が、多元的に活動が出きる
沢山ロールモデルを作っていきたい
中国:月の裏側に降りた、計画的実験(国策)
visionを掲げる事が重要
魅力のある大学にする為には何が必要か?
将来のvision:一度就職しても、また大学院に戻れるようにできれば
タコ壺化している事を変えたい
二極化した研究
大学の経営・マネジメントが出来る人が必要
若手が辞めていく→一般企業に就職:大学が面白いって事を言いたい
まぐれ当たりのイノベーションが生まれてこない
「産学連携」
長期ビジョン・危険性が高いものに、税金をかける
企業側が大学に沢山入ってきて欲しい(大学側の既得権益があるから難しいが。。)

ryo_0520
2019/11/04
メーカー 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

自分の中に価値軸を複数持つというのは重要だと感じた。

883
2019/11/04
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

大学に残っての未来に魅力を見いだせないと若い人は入らないかと

knhk
2019/11/02
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

未来は、今解決できてないことを如何にして、という身近なことに潜んでいると思う