ネットワークが接続されていません

Learn How to Learn ~自分にあった学習法を見つけるための4つのステップ~

(57:44)

自分にあった学習法を見つけるための4つのステップ

Section1

続きを見るには会員登録をお願いします

10日間の無料体験を始める

「スキルアップしたいけど、何を学んだら良いかわからない」「社会人になってまで学ぶ必要があるのだろうか」など社会人になってからの学習方法に疑問や悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。
環境が目まぐるしく変化する今日、社会人に求められるスキルも変化しています。このコースでは、そのような環境の中で自分にあった学習法を見つけるための4つのステップを紹介します。

0.イントロダクション
なぜ、学ぶ必要があるのか? / 学校教育と社会人教育の違い / VUCAな世の中 / PDCAからOODAへ / これから必要なスキル
1.目標設定
目標設定時のポイント / キャリアの考え方 / ロバート・M・ガニエが提唱した学びの5分類 
2.インプット
知能分類 / 学び方について / インプット方法
3.アウトプット
エビングハウスの忘却曲線 / アウトプットの3つのポイント
4.ふり返り
コルブの経験学習モデル / 内省の方法 / 学習動機の2要因モデル

鳥潟 幸志 グロービス経営大学院 教員

サイバーエージェントでインターネットマーケティングのコンサルタントとして、金融・旅行・サービス業のネットマーケティングを支援。その後、デジタル・PR会社のビルコム株式会社を共同創業。取締役COOとして、新規事業開発、海外支社マネジメント、営業、人事、オペレーション等、経営全般に10年間携わる。
グロービスに参画後は小売・グローバルチームに所属し、コンサルタントとして国内外での研修設計支援を行う。現在は、法人向けオンライン教育部門にて、オンライン研修の新サービス立上げのマネージャーを務める。グロービス経営大学院や企業研修において思考系、ベンチャー系等のプログラムの講師や、大手企業での新規事業立案を目的にしたコンサルティングセッションを講師としてファシリテーションを行う。