ネットワークが接続されていません
実践知

選ばれ続ける営業の「質問力」

選ばれ続ける営業の「質問力」を身につける

概要

このコースについて

営業をしていると何らかの理由で顧客に断られてしまう、競合他社に勝てない、希望通りの価格で受注できない、といった壁に直面することがあるでしょう。
その時に問われるのが営業における「質問力」です。
質問力とは「やみくもに聞けばいい」というものではありません。その質問を投げかけられたときに、お客様がどう考え、どう判断するかの構造を捉えて聞いていくことが重要になります。

このコースでは、「人を巻き込む仕事のやり方」「バカ売れ営業トーク1000」の著者でもある高橋浩一氏に、質問力を上げるための質問を具体的な営業シーンに沿って紹介、解説いただきます。

コース内容

  • コース紹介
  • 顧客は何を重視して選んでいるのか
  • 提案中、常にウォッチするべきことは
  • 発注を迷う顧客の建前と本音を考える
  • 発注理由を聞いて満足してはいけない
  • 顧客の背景が見えると世界が変わる
  • 質問力をどうやって高めていくか

こんな人におすすめ

・営業スキルを高めたい方
・営業力を上げ組織の力を高めたい方

講師プロフィール

高橋 浩一 TORiX株式会社 代表取締役CEO

東京大学経済学部卒。ジェミニコンサルティング(その後ブーズ・アンド・カンパニーに)で勤務した後、アルーを創業、取締役及び副社長として組織マネジメントに従事。新卒を戦力化して業界平均よりパフォーマンスの高い受注を獲得する営業組織を構築。2011年にTORiXを設立して代表取締役に就任。 自らがプレゼンしたコンペの勝率は100%(現在も8年以上継続中)。その経験を基にしたメソッドが好評で、年間200件以上の研修登壇、800件以上のコンサルティングを実施。『ワールドビジネスサテライト』『日本経済新聞』『日経BP』など取材実績多数。
(肩書きは2018年9月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

sugi690
2019/04/14
金融・不動産・建設 営業 課長・主任・係長・マネージャ

質問力は、営業にとって確実に必要な武器の1つと思っています。
スキルアップは、日々の中で考える事や振り返ることが、階段を上る基礎と思う。ただし、コミュニケーションの得手不得手で大きく質問力に差があることも認識しています。コミュニケーションが上手な営業マンは、おのずと自然に質問力が高いことが多い。優秀な上司や同僚、後輩ともに、質問力が高い人間は、コミュニケーションスキルが高い。相手がどう思っているかの心理戦を楽しみながらそして、考えながら対応している。センスという言葉もありますが、少なからず、スキルアップはしていけると思う。だが、人間力の差は埋まることはないかなともおもっています。ちょっと、二転三転してしまいましたが、質問力はコミュニケーション能力の優劣でやや差がでてしまうかな?という感じです。動画で学んだことは非常に有益な情報でした。

buddyz
2020/01/07
広告・マスコミ・エンターテインメント クリエイティブ 経営者・役員

今までは感覚的に顧客の事をわかった気になっていました。。ですが、戦略的に学ぶ事で、より相手の事が深く知れ、お客さまの要望に近づき満足いただけるようになり、また自身がお客さまを思う気持ちがより伝わりやすいと感じました。
営業と言うと受注を取る目的と思ってしまいますが、営業の中で自分の勝ちパターンを築く、どう選ばれるかの仮説を検証できる場であるとも捉えると、成長の糧になる学びの場でもあると感じました。

選ばれ続ける営業の質問力
【3つの質問】
1、接戦状況を問う質問
あっさり決まりそうか?決まらないとなると、何がネックなのか?当社の順番?順位は?
2、決定の場面を問う質問(決定理由でなく、決定場面!)
どの瞬間に決まったのか?
3、背景を深掘りする質問
質問力(間とタイミング どう聞くか どこまで踏み込んで聞くのか)
お客さまの発言の裏にある背景や事情、個人的な思いや感情

konomu
2020/04/07
商社・流通・小売・サービス 営業 その他

良い反応ばかりで悪い意見が出ていませんが、削除されているのですか?
今回の質問力の内容は「質問力」という言葉を変えることで、キーワードを増やし、簡単な営業付加価値理論を長時間に引き伸ばし解説しているように感じられます。決定過程における比較思考は相手のレベル(認識度)によっても変わってきます。例えば、わかりやすいケースですが動画の中で「良い例」として出ていました「なるほど」という言葉がどのレベルのお得意先に対して発せられているのか、わかりにくい点がありますね。

もっと見る