ネットワークが接続されていません
実践知

意味のイノベーション

物が溢れる時代にイノベーションを起こす方法

概要

このコースについて

物が溢れる時代である現代において、イノベーションを起こす難易度は高まっているとも言われます。しかし、これからの時代は「意味」のイノベーションを起こすことで新しいビジョンを提供できるという考えもあります。
「意味のイノベーション」という言葉はイタリア・ミラノ工科大学のロベルト・ベルガンティ教授が著した「デザイン・ドリブン・イノベーション」に登場する言葉で、極端な言い方をすれば、製品の仕様やパッケージをまったく変えることなくイノベーションを起こす方法と言われています。

このコースでは、「デザインの次に来るもの」の著者であり、ロベルト・ベルガンティ著「突破するデザイン」の監訳者でもある安西洋之氏に「意味のイノベーション」をテーマに語っていただきます。
「電気がある時代に、ヨーロッパではなぜロウソクが売れ続けるのか?」
この問いに対する答えが気になる方は、ぜひこのコースをご覧ください。

コース内容

  • コース紹介
  • なぜ今「意味のイノベーション」なのか
  • 「意味のイノベーション」との出会い
  • 実践のプロセスと事例
  • メッセージ

こんな人におすすめ

・イノベーションに関心のある方
・プロダクト、ビジネスの企画に携わっている、または関心のある方

講師プロフィール

安西 洋之 モバイルクルーズ株式会社 代表取締役

いすゞ自動車に勤務後、1990年よりミラノと東京を拠点としたビジネスプランナー。多くのデザインプロジェクトに参画。また、異文化理解アプローチ「ローカリゼーションマップ」を考案し、執筆や講演等の活動を行う。著書に『デザインの次に来るもの』『世界の伸びる中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』、共著に『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』。「突破するデザイン」(ロベルト・ベルガンティ著)の日本語版監訳・解説。
(肩書きは2018年6月撮影当時のもの)

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

teruo_2000
2020/06/10
メーカー マーケティング 課長・主任・係長・マネージャ

何を言いたいのかよくわかりませんでした。

k-m-2
2018/12/20
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 部長・ディレクター

ビジネスにおける意味のイノベーションとは、コモディティ化しやすい問題解決型ではなく、モノの意味を再定義し、新しい価値をもたらすこと。

例として挙げられている企業は、ユーザー中心のデザインでも、外見のデザインでもなく、「意味」をデザインすることで成功を収めている。
また、必ずしもテクノロジー依存型ではないイノベーションということで、様々な可能性を見出すことができるポジティブな内容だと思う。

k_k_k_k
2020/07/11
メーカー 経理・財務 一般社員

終始何を伝えたいのかが分かりませんでした。
ろうそくは技術的には不要であるが、いやしを求めてある程度の市場規模があるとのことでしたが、それがイノベーションと何の関係があるのか?と疑問です。海外では停電も良く起こると聞くので、単純に市場のニーズがあったからでは?としか思えませんでした。。
商品にストーリー性を持たせて、それをアピールしていくという意味合いでしょうか?

もっと見る