ネットワークが接続されていません
Trend Pickup

日本発ハードウェアベンチャーが世界で勝つための戦略とは?~河瀬航大×中島徳至×林要×島田太郎

※本動画は出演者への事前許諾のもと、GLOBIS知見録より転載させて頂いています。ご協力頂き感謝申し上げます。

概要

このコースについて

G1ベンチャー2019
第6部分科会B「日本発IoTハードウェアベンチャーが世界で勝つための戦略とは」
(2019年6月16日開催/グロービス経営大学院 東京校)

2011年にマーク・アンドリーセンが「Software Is Eating The World」と予測して以来、ソフトウェアが世界を飲み込んできた。しかし、IoTの発展によって、今独自のハードウェアを開発するスタートアップが躍進しつつある。古来「ものづくり」をお家芸としてきた日本から世界で勝てる革新的なプラットフォームは生まれるのか。IoT事業の本質と事業としての課題、これからの展望を議論する。(肩書きは2019年6月16日登壇当時のもの)

河瀬 航大 株式会社フォトシンス 代表取締役社長
中島 徳至 Global Mobility Service株式会社 代表取締役 社長執行役員 CEO
林 要 GROOVE X株式会社 代表取締役
島田 太郎 株式会社東芝 執行役常務 最高デジタル責任者

コース内容

  • 日本発ハードウェアベンチャーが世界で勝つための戦略とは?~河瀬航大×中島徳至×林要×島田太郎
もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

shu-he-
2020/03/01
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

経緯や考え方が三社三様で非常に興味深い内容であった。ハードウェアベンチャーの概要を知ることができ、非常に良かった。
特に全体にある程度精通していないと、お金がどんどん溶けていくけどモノはできないという話は非常にハードウェアベンチャーならではだと思いました。
内容として、それほど深いところまではいってはいなかったので、より深堀した議論を今後の講座として、期待します。

nakka
2020/04/30
メーカー 専門職 一般社員

無いから作るという考え方は非常に好感であり、ウォークマンなどのように新しい何かを作り出すのはいいことだと思う。それにハードウェアの技術は日本がリードしているという発言から、アイディアがでたら作りやすい環境であることが有難い。

masa3132
2020/03/19
メーカー メーカー技術・研究・開発 課長・主任・係長・マネージャ

人が話してるところで話を割って入ってくる右から2番目の人が気になる

もっと見る