ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

感度分析

不確実性の時代に求められる計画の安定性や危険度をあらかじめ分析する方法を身につける

概要

このコースについて

感度分析は、計画や予想を立てる際に、ある数値が現状または予測値から変動したとき、連動して動く別の数値がどれだけ変化するかを見るものです。
ビジネスの数値は、計算式で表現できるものが多くあります。計算式の数値の変化を考えながら、最終的な計算結果の振れ幅を分析するのが、感度分析です。

最終的な利益やキャッシュフローなどへの影響、計画のリスクを知り、改善を図るのに役立ちます。

※2019年8月、一部内容をリニューアルいたしました。
旧版でコースを修了している場合、本コースは未視聴・未修了の状態となります。
旧版の修了証はマイページの「学習の履歴」より引き続き発行いただけます。

コース内容

  • 感度分析とは
  • ビジネスの数値を計算式で表現する
  • 感度分析の手法①:データのモデル化を行う
  • 感度分析の手法②:数値の振れ幅を見る
  • 感度分析の応用①:ベストケース・ワーストケース分析
  • 感度分析の応用②:トルネードチャート
  • まとめ
  • 留意点

こんな人におすすめ

・事業を数字で分析したい方
・最終的なアウトプットに影響を与えるリスク要因を知り、対策を立てたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

c2019
2019/11/27
メーカー 経理・財務 課長・主任・係長・マネージャ

モデル化して考え、その変数を動かして影響を示し、対処する優先順位をつける。説得力の高い説明が出来そうです。

sesame
2019/11/06
商社・流通・小売・サービス 人事・労務・法務 一般社員

心配性なので起こりうる範囲の設定が難しそう。

kyabetsu-taro
2019/12/08
広告・マスコミ・エンターテインメント 営業 一般社員

ベストパターンとワーストパターンについては、意思決定の際に、役に立ちそうです。
特に、賛成の場合のワーストパターンは、甘くなりがちなので。
また、影響を与える要素についても、冷静に判断したいです。

もっと見る