ネットワークが接続されていません
初級 | フレームワーク

MECE

物事を分解し、構造化して考える際の必須コンセプトを学ぶ

00:08:010/10

概要

このコースについて

MECEは物事を分解し、構造化する際に役立つ考え方です。
例えば、状況を調べて問題箇所を特定する必要がある場合に、いくつかのポイントに分解して考えることが重要になります。その際に、モレやダブリなく分解することができれば、分析や問題解決の効率性が高まります。
ロジックツリーやマトリックス、あるいはその他のフレームワークなどにも応用できる基本となるコンセプトであるMECEを理解しましょう。

※2018年2月15日にコース内容を一部リニューアルいたしました。
リニューアルに伴い、コース動画一覧は全て未視聴の状態となります。
なお、リニューアル前に当コースを修了している方は、コース修了済のステータスに変更は発生いたしません。

コース内容

  • MECE
  • 木村リーダーの伝えたいことは?
  • MECEとは
  • MECEに分解する:層別分解
  • MECEに分解する:変数分解
  • MECEに分解できていない例
  • MECEに考えられないと・・・
  • 中井さんの例
  • コツ・留意点
もっと見る

コメント

xxxx555
2018/12/17
インフラ・公共・その他 IT・WEB・エンジニア 一般社員

エンジニアとして、テストケースの洗い出しにも使えると思います!

k
2018/12/17
IT・インターネット・ゲーム・通信 経営・経営企画 課長・主任・係長・マネージャ

データ分析において分析した結果次のアクションをどうするかが重要であるのと同じで、ビジネス的に意味のある分け方をして、次のアクションにつなげることが重要だと感じました。

tj
2018/12/18
メーカー メーカー技術・研究・開発 一般社員

MECE。実際にパーフェクトを目指そうと思うと、存外難しい。
適度なMECEさというのがあるのだと思う。
「問題特定や新しい発見をするための分析」が目的という、最後の動画でのコメントが深いと感じた。