ネットワークが接続されていません
初級

イノベーションのジレンマ

イノベーションに立ち遅れ革新性を失うメカニズムを理解する

概要

このコースについて

かつては誰もが持っていた製品が、あるイノベーションによって、あっという間に他の新製品に取って代わられてしまうといったことは、いつの時代も起こっていますが、その背景には「イノベーションのジレンマ」が潜んでいるかもしれません。「イノベーションのジレンマ」とは、業界トップの既存プレーヤーが破壊的イノベーションを持つ新興プレーヤーを前に力を失うメカニズムを説明した経営理論で、ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が提唱しました。
イノベーションのジレンマが起こる理由や、言葉の定義を正確に理解し、自社にとってのイノベーションとは何かを考える際に役立てましょう。

コース内容

  • 事例①-1:楢崎さんの報告
  • 事例①-2:田辺課長が伝えたいことは?
  • イノベーションのジレンマとは
  • 持続的イノベーションと破壊的イノベーション
  • イノベーションのジレンマが起こる理由
  • まとめ
  • 事例①-3:楢崎さんの気づき
  • 留意点

こんな人におすすめ

・経営戦略の基本的な知識を学びたい方
・ビジネスとイノベーション(技術革新や新ビジネスの創造)の関係について知りたい方

もっと見る

このコースを見たユーザーの学び

torakichi
2019/02/17
メーカー 資材・購買・物流 部長・ディレクター

持続的イノベーターが破壊的イノベーターに気づいたとしても、対抗の仕方は難しいなぁ。

yumie_1218
2019/02/17
商社・流通・小売・サービス 販売・サービス・事務 課長・主任・係長・マネージャ

既存サービス・製品の技術向上などにフォーカスすると同時に、イノベーションのジレンマになりうるものを調査し、破壊的イノベーションを起こす方向性も常に考えることが大事だと思いました。

kami5
2019/05/15
メーカー 営業 課長・主任・係長・マネージャ

まだ今一つ理解しきれていない。頭の中でイメージが固まるまで学習し、自分のBusinessに活用しようと思う。

もっと見る